• 2017年1月24日 スキンケア
    角質粒を除去したい人必読!主な原因と取り方・対策まとめ
  • 2017年1月4日 症状別
    頭がふわふわする原因は何?気になるめまいの原因と改善・予防法まとめ
  • 2016年12月29日 サプリメント
    人気脂肪燃焼サプリの成分比較・口コミまとめ!気になるダイエット効果も徹底調査!
  • 2016年12月27日 髪の毛
    髪がゴワゴワする原因とその対処法。ツヤツヤ髪を取り戻す方法とは?
  • 2016年10月25日 サプリメント
    アミノ酸ダイエットサプリはどれが効果的?効果的なやり方・摂取のタイミングでガンガン脂肪燃焼!
  • 2016年9月8日 サプリメント
    基礎代謝を上げるサプリメントはこれ!代謝を上げてダイエット効果を最大限に!
  • 2016年4月28日 酵素
    こうじ酵素990円モニター募集中!話題のこうじ酵素の効果と口コミを検証してみました。

先日、菜々緒さんが投稿したインスタが話題になりましたね!


あんなにスタイル抜群の菜々緒さんがなんと二重あごがコンプレックス!小顔でシャープな印象があるのに、意外だなと思った方も多いのでは?
実はわたし自身も二重あごコンプレックスなのです……なんと8割ちかくの女性があごのたるみに悩んでいるそうです。
というわけで、今回は二重あご解消について調べてみました!

二重あごの原因は脂肪だけではない!本当の二重あごの原因を知ろう

多くの女性が悩んでいる二重あごですが、菜々緒さんのように痩せているのに二重あごがコンプレックスになっている方もいます。
実は二重あごの原因は様々で、必ずしも肥満や脂肪が原因とは限らないんです。
まずは自分の二重あごの本当の原因を特定しましょう!

筋力の低下による二重あご・あごのたるみ

あまり筋力低下といわれてもピンとこないかもしれませんが、あご近辺の筋力の低下も二重あごの原因となります。
特に「オトガイ筋(頤筋)」の低下が影響すると考えられています。
オトガイ筋は図の赤丸の部分。
450786
オトガイ筋を鍛えることによって、小顔効果も期待できると言われています。
食事のときにかむ回数が少なかったり、柔らかいものばかりを好んで食べている人は要注意です。
オトガイ筋だけではなく日本語の発音では「舌骨筋」をあまり使わないために二重あごに悩む人が多いとも言われています。

また、あごの周辺にはリンパ管やリンパ節が集中しているため、筋力の低下によってリンパの流れが滞ってしまうことも。そのためむくみやすく、二重あごになってしまいやすいそうです。

姿勢やかみ合わせによる二重あご・あごのたるみ

103558
スマホやパソコンを長時間使用していて、無意識に前かがみだったり猫背になっていませんか?
このような姿勢はあごの周辺の筋肉の動きを妨げてしまいます。老廃物もたまりやすくなってしまうので、姿勢を正すよう気をつけましょう。

また、歯のかみ合わせが悪かったり左右の歯を均等に使っていないと二重あごの原因になってしまいます。
片方の歯でばかり噛む癖がある人は注意しましょう。

口呼吸による二重あご・あごのたるみ

口で呼吸をすると、目元や口角が下がってしまいます。
更には頬がゆるんで顔全体がたるみ、二重あごになってしまう可能性があります。

肥満による二重あご・あごのたるみ

089205
肥満による二重あごの場合、さらなるたるみやむくみの原因になる可能性があります。
首の周りの脂肪が気道を塞ぐことで「睡眠時無呼吸症候群」を引き起こす可能性も……。

二重あごはダイエットで解消できる?

二重あごがダイエットで解消できるか、というと必ずしも解消できるとは限りません。
もちろん肥満による二重あごだったり、リンパの流れが悪くて二重あごになっている場合はダイエットによる効果も期待ができますが、そうではない場合はいくらダイエットをして身体が痩せても二重あごだけが解消されないということもあり得ます。

自分の二重あごが何の原因によるものなのかを見極めて、それにあった対処をすることが大切です

二重あご解消!日常生活で二重あごを改善しよう!

「二重あごを解消したいけど、なかなかエクササイズなどは続けられない…」
そんな方は日常生活で工夫をして二重あご解消を目指しましょう!

口呼吸ではなく、鼻呼吸をする

147737
ついつい口呼吸をしてしまっている人は、まず鼻呼吸をするよう意識しましょう。
口呼吸をしているということは、口が開いているということ。
口を閉じる顔の筋肉がゆるんでしまっているので、意識して使う=口を閉じることによって、筋肉を使ってあげましょう。

口呼吸をすることによって起こるデメリットは様々ありますので「あ、口呼吸してるかも…」という方はこの機会に意識をして鼻呼吸を行うようにしてください。

もちろん寝ているときも鼻呼吸であることが理想です。
自分の頭がふとんからちょっと上がるくらいに枕の高さを調整してみましょう。それでもあまり改善しない場合は、市販の口閉じテープなどを利用してみるとよいかもしれません。

よく咀嚼して、固いものも食べる

083756
よく噛むことで筋肉を使いましょう!
1口100回咀嚼が理想ですが、まずは噛む回数を増やすことを意識してみましょう。
柔らかいものばかりを食べていては鍛えられませんので、固いものも意識して食べるようにするとよいでしょう。
また、普段からガムを噛むことも◎
筋肉も使いますし、口臭予防にもなりますので一石二鳥ですね(^^)

正しい姿勢を心がける

310455
正しい姿勢をキープすることで自然とあごや首の周りの筋肉が鍛えられていきます。
最初は正しい姿勢でいることが辛いと思いますが、徐々に鍛えられていきますので日々意識することが大切です。
ふとした時に、背筋をぴんと伸ばして正しい姿勢に戻してあげましょう!

二重あご解消!リンパマッサージで二重あごを改善しよう!

344447
リンパの流れが悪いと老廃物がたまって、むくみやすくなりますし二重あごの原因になってしまいます。
ちょっとしたスキマ時間や入浴中にリンパマッサージをしてリンパの流れを改善しましょう。

  1. 首の根本からあごの下まで押し上げるように10回さすります
  2. 人差し指と中指を曲げたまま、あごの骨をはさみます
  3. あごの骨にそって上から下へ左右一緒に10回スライドさせます
  4. 手をグーにして自分の頬をぐりぐりと回します

また、化粧水やクリームなどを塗った後に首筋のリンパを上から下へさするようにしましょう。

どちらも強くやりすぎてしまうと逆効果になってしまいますので、適度な力で行ってくださいね。

二重あご解消!ベロ回し体操で二重あごを改善しよう!

420870
とにかくすぐに二重あごをなんとかしたい!
そんな方にはベロ回し体操がおすすめです。
やり方はとっても簡単!

口をしっかり閉じたら、歯茎をなぞるように右回り・左回りそれぞれ20回舌を回すだけです。

これならスマホを見ているときでも出来ますね\(^o^)/
この体操は日本歯科大学の先生が発案されて、一時期とても話題になっていたのでご存知の方も多いのはないでしょうか?
なんとこの体操、しっかりやれば3日後には効果が出ると言われています!即効性があるのはとても嬉しいですよね。

更にこの体操の効果は二重あごだけではなく、虫歯や口臭予防にもなりますし、表情筋をとても使うことによって目がすっきりしてぱっちりしてくるのだとか。
とても簡単なのに、女性には嬉しい効果ばかりです(*´ω`*)

最初のころは筋肉痛と同じような症状がでてきますので、無理のない範囲で毎日続けてみてください。

二重あご解消!小顔注射で二重あごを改善しよう!

257761
どうしてもエクササイズやマッサージは続けられない!でもすぐに二重あごをなくしたい!だけど整形はイヤ!!
そんな方は小顔注射を利用するとよいでしょう。
小顔注射も様々な種類がありますが、一番オススメなのはBNLS注射です。
効果が高い上に副作用がなく、そして安価。実際に注射した方からの「後悔している」などの声もないそうです。
ダウンタイムがなく、3日ほどでほとんどの人が効果を実感するとのこと。

この小顔注射は顔の脂肪を融解するので、よほどひどい生活習慣でなければリバウンドははないそうです。

都内近郊にお住まいの方なら、お試し3900円の渋谷DSクリニックがおすすめです。



二重アゴだけではなく、ほうれい線などにも効果があるそうなので興味のある方はまずはお試し1本で予約をしてみてください!

まとめ

212168
いかがでしたか?
悩んでいる女性が多いアゴのたるみ・二重あごですが、普段の心がけやちょっとのエクササイズで改善できそうです!
わたしも今日からさっそくベロ回し体操を実践してスッキリとしたあごを目指したいと思います♪

関連キーワード
ダイエット法】の最新記事
  • ヨーグルトダイエットの効果は?食べる量や時間帯など成功のコツを徹底調査!
  • 自転車ダイエットの効果的な時間や距離・消費カロリー・成功の秘訣を徹底調査!
  • スロージョギングのダイエット効果は?効果的な走り方やルールまとめ
  • 骨盤底筋群の鍛え方とその効果について徹底調査!産後は特に重要!
  • 水中ウォーキングのダイエット効果が凄い!消費カロリー・効果的なやり方など徹底調査!
  • ローカーボ(低炭水化物)ダイエットとは?効果的なやり方・成功のポイントを徹底調査!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。