• サプリメント
    アミノ酸ダイエットサプリはどれが効果的?効果的なやり方・摂取のタイミングでガンガン脂肪燃焼!
    2016年10月25日
  • 症状別
    頭がふわふわする原因は何?気になるめまいの原因と改善・予防法まとめ
    2017年1月4日
  • 悩み別
    乳首がカサカサで痒い…乳首の乾燥の原因と対策法を徹底調査!
    2017年5月11日
  • 酵素
    こうじ酵素990円モニター募集中!話題のこうじ酵素の効果と口コミを検証してみました。
    2016年4月28日
  • 髪の毛
    髪がゴワゴワする原因とその対処法。ツヤツヤ髪を取り戻す方法とは?
    2016年12月27日
  • サプリメント
    基礎代謝を上げるサプリメントはこれ!代謝を上げてダイエット効果を最大限に!
    2016年9月8日
  • スキンケア
    角質粒を除去したい人必読!主な原因と取り方・対策まとめ
    2017年1月24日
  • サプリメント
    人気脂肪燃焼サプリの成分比較・口コミまとめ!気になるダイエット効果も徹底調査!
    2016年12月29日
  • まつ毛/眉毛
    眉毛が生えてこない人は必読!効果の高い眉育毛剤はこれ!
    2017年2月13日
  • ホットヨガ
    ホットヨガカルドの口コミ・体験レッスンレポート!ホットヨガを始めるなら寒い今の季節がチャンス?!
    2016年11月25日


毎日の食事に欠かせないのが主食となる炭水化物。
最近では健康の事も考えて白米に他の雑穀などを一緒に炊き込む方法でご飯を食べているというご家庭も増えてきています。
普段の食事から健康は作られていきますから、色々な栄養が摂取できるように食べるものには気を使いたいものです。
雑穀米もオススメなのですが、発芽米は使ってみた事、ありますか?
発芽米は名前自体は聞いたことあるし、最近ではスーパーなどでも見かけるようにはなっていますよね。
まだ使ってみた事がないという人もいると思います。
発芽米がどのようなお米なのかを見ていきましょう。

発芽米とは?白米や玄米とは何が違う?


発芽米は一般的に少しだけ発芽させた玄米の事を言います。
とはいえ、白米と玄米との違いがあまりわからないという人も多いと思います。

まず、玄米は収穫されたお米から固い外側の殻の部分のもみ殻だけを取り除いたものをいいます。
ぬかや胚芽がお米の外側にそのままついているので、白米に比べるとビタミン、ミネラルなどの栄養がとても豊富です。
ですが、玄米の場合、炊飯しても硬めに炊きあがってしまうといった欠点があり、食べてみてもボソボソした触感やクセが気になりあまり好まないという人も多いです。

そしてこの玄米からぬかを取り除く精米加工をしていく具合で更に種類が分かれます。

  • 3割精米しているのが三分づき
  • 5割精米したのが5分づき
  • 7割精米したのが7分づき

のお米になります。
また、胚芽が残っている状態の胚芽米なども流通しています。
そして白米はぬかをしっかりと取り除き、胚芽もほとんど残っていない状態のお米になります。
玄米や〇割精米している分つき米に比べるとクセも少なく食べやすいのが特徴です。
ですが、お米の栄養というのはほとんどが精米の時に取り除かれる米ぬかや胚芽に含まれているのでほとんどお米の栄養というのが期待できなくなってしまいます。

発芽米は発芽をする際、発芽に必要となる栄養素などが増えている状態になっているので、玄米よりも更に栄養価がUPしています
発芽する段階で酵素の量が増えています。
そのため玄米に含まれているタンパク質が酵素で分解されてアミノ酸に変わっています。
玄米の時に含まれていなかったアミノ酸の量も増えるために玄米に比べて甘みが出てきます。
そしてぬかの部分も柔らかく変化するために炊飯もしやすくなり、食べやすいお米に変わっているのが発芽米の特徴です。

発芽米に含まれる栄養成分がとにかく凄い!


玄米を発芽米にする事で栄養価が上がる事を先ほどちょっとお話しました。
どのような栄養素がUPしているのかが気になりますよね。
白米に比べて増えている栄養素を見てみましょう。

・食物繊維 白米の5倍
・カルシウム 白米の1.5倍
・マグネシウム 白米の5.1倍
・ビタミンB1 白米の4.4倍
・ビタミンE 白米の10倍

食物繊維が多いのは納得できますが、糖質の代謝に良いビタミンB1や抗酸化作用が高く良い肌を作るのに役立つビタミンEの栄養価がとても高くなっています
このように私たちの健康維持や美容面に欠かせない栄養素が白米に比べて多く入っているのです。
そしてビタミン、ミネラル以外で注目しておきたい成分をご紹介します。

ガンマアミノ酪酸

玄米が発芽する事によって注目したい成分はガンマアミノ酪酸の量が増える事です。
ガンマアミノ酪酸というと聞きなれないかもしれませんが、一時期、GABA(ギャバ)という成分が注目されましたよね。
GABA入りのチョコレート商品などを見かけた事があると思います。
ガンマアミノ酪酸(GABA)はリラックス効果があるのでイライラした時やストレス対策にも利用できますし、血圧やコレステロール、中性脂肪などの数値を下げる事もあるため、生活習慣病対策にも活用できる成分です。
このGABAが発芽玄米の状態では白米の10倍にも増えています。

ガンマオリザノール

ガンマオリザノールはポリフェノールの仲間になります。
ポリフェノール類は高酸化力が高いので活性酸素の除去にも役立ちます。
他にも血行を良くしたりコレステロールを減らす、脳の機能をサポートする働きがあるのが特徴です。
発芽玄米にする事で白米の10.4倍にも増えています。

フィチン酸(IP6)

抗ガン作用が高いことがわかっているため、がんの予防や動脈硬化や糖尿病などの予防にも役立てる事が出来ます。
発芽玄米にする事で白米の4.6倍に増えています。

イノシトール

ビタミンB複合体に当てはまります。
脂肪やコレステロールの代謝に役立ちますので、特定検診などでコレステロールの数値が高いと指摘された人の改善、そして脂肪肝や動脈硬化の予防にも役立ちます。
先ほどご紹介しているIP6と一緒に摂取する事で吸収率が良くなる特徴もありますので、発芽玄米での摂取は同時にIP6とイノシトールを摂取できるというメリットがあるのです。
発芽玄米にする事で白米の4.9倍に量が増えています。

総フェルラ酸

抗酸化力が高いので活性酸素の除去に役立ちます
発芽玄米にする事で白米の2.9倍に増えています。

発芽米を食べることで期待できる効果は?

これだけ体に良い成分を摂取できる事によってどのような効果が期待できるのでしょうか。

生活習慣病の予防につながる


食物繊維やGABAがコレステロールの対策に役立ちます。
他にもイノシトールはコレステロールの代謝を良くしてくれるので、脂質異常症に。
カリウムやGABAが高血圧対策に。
更に食物繊維が豊富でGI値(血糖値が上がりやすい値)が低い事から糖尿病の対策にとトータル的に生活習慣病の予防や改善に役立ち、生活習慣病からくる動脈硬化の予防にもつながっていきます

ダイエットのサポートにもなる


発芽米に豊富に含まれているビタミンB1は糖質の代謝に役立ちます。
そしてマグネシウムがビタミンB1を吸収しやすくする事から、発芽玄米のビタミンB1の吸収率も上がるのです。
糖質の代謝を良くするのでダイエットに活用する事が出来ます
また発芽米は先ほどご紹介したようにGI値も低いので血糖値の上昇を抑える事も出来、脂肪燃焼をしやすい身体づくりにも役立ちます。
食物繊維が多いという特徴もありますので余分な糖質や脂質を体の外に排出する働きもあるのでダイエットには積極的に取り入れたい食品となります。

便秘の改善


発芽米には食物繊維が豊富なのと、便の水分を多く含む働きがあるマグネシウムが多く含まれている事から、便通が良くなる傾向があります
発芽米を食べる事によって便秘が改善する事も期待できます。

肌の改善


先ほどご紹介をした便秘の改善があった場合、腸内環境のバランスにも変化が出てくることがあります
便秘で悩んでいる時の腸内環境は善玉菌が減り、悪玉菌が優勢となっている状態です。
便秘を改善していく事によって徐々に腸内の悪玉菌が減っていき、段々と善玉菌が優勢になってくるのです。
そのような状況まで改善されると腸内の老廃物や毒素がどんどん排出されやすくなります。
そのため肌に出来ていた吹き出物などの肌トラブルが改善にもつながります
他にも発芽米には抗酸化作用が高いビタミンEやIP6総、フェルラ酸なども多く含まれていますので、肌の老化につながる活性酸素の除去をしてくれ、シミやシワなどの予防にも役立ちます
更にガンマオリザノールは血行が良くなる働きがあるため、肌の代謝自体も良くなる事も期待できるのです。

更年期の対策に役立つ

ガンマオリザノールに更年期の症状を緩和させる働きがあるのと、GABAには気持ちを落ち着かせる働きがありますので更年期に伴うイライラなどを抑える働きがあります

貧血の改善に

発芽米には鉄分が豊富に含まれていますので貧血の改善に役立ちます
ビタミンCと一緒に摂取する事で吸収率が良くなるので、キャベツやブロッコリーなど、ビタミンCが多く含まれた食材を一緒に組み合わせると良いでしょう。

がんの予防に

IP6に強い抗ガン作用がある事がわかっています。
更に体内で発生する活性酸素は正常な細胞を攻撃するためにがんの原因の一つとしても考えられます。
発芽米にはIP6だけではなく活性酸素を取り除く抗酸化作用があるビタミンEや総フェルラ酸が多く含まれている事からがん予防に役立てる事も出来ます。

発芽米はこんな人におすすめ!


発芽米は基本的にどのような人にも向いていますので多くの人に食べてほしい食品ですが、特にこんな人におすすめしたいです。

  • これまでに玄米食にチャレンジして挫折した人
  • 玄米食は大変そうだと思って試したことがない
  • 玄米食に興味がある
  • 毎日の食事の栄養価を上げたい!
  • 普段から便秘で悩んでいる
  • 特定検診の結果、血糖値の数値が良くなかった
  • 血圧が高めで悩んでいる
  • コレステロール数値が高いと指摘された
  • 年を取ったせいか、最近、イライラしがちだ
  • ストレスが最近、多くなっているように感じる
  • 空腹に耐えるダイエットは嫌だ!
  • 肌の調子を整えたい
  • 老化につながる活性酸素が気になる
  • 健康を気遣った食生活がしたい

など、健康面、美容面で改善したいと考えている人におすすめです。
自分でも当てはまるものがありましたか?
もし当てはまるものがあって改善したいなと思ったらまず、食生活の改善、そして発芽米を利用した食事に挑戦してみませんか?

おすすめの発芽米はこれ!

発芽米の栄養面は優れている事が知られているので今では色々な会社が発芽米を製造、販売しています。
ただ、買ってみようかなと思った時に「どれを選んだら良いの?」という疑問も出てくると思います。
なので多くの人が利用しているおすすめの発芽米をご紹介します。

ファンケルの発芽米


北海道産の玄米を100%使用。
放射能検査も玄米の段階と発芽米にした段階の2回、行っているので、最近、食べ物に関する放射能の不安を持っている人にも安心して利用できます。
これまで使用していたごはんに混ぜて炊くだけで手軽に栄養豊富なご飯を炊き上げることが出来ます。
自分に合うかわからない・・・という人でも安心して利用できるように返品、交換に応じてくれます。
返品交換は開封後でも大丈夫ですし、送料もファンケルが負担してくれます。
それだけ商品に自信があるというのも伝わってきますよね。
売り上げに関してはNo1のファンケルの発芽玄米、まず試してみて下さい。

プチプチした触感にはまってもう何年も利用しています。
切らしてしまって普通の白米だけ食べても物足りなさを感じるようになっていますので、無くならないようにストックは欠かせません。体調も良い状態を維持できています。

普通のご飯と混ぜて炊くだけで便利です。白米よりぷちっとした触感があるのでこっちの方が好きです。
発芽米を混ぜるようになってから便秘が改善されるようになってきました。
そのおかげか吹き出物も減ってきているのでこれからも食べ続けようと思います。

色々な種類の発芽米を試してみたのですが、ファンケルの発芽米はクセや臭みとかがあまり感じないので子供も一緒に食べています。
というより私より子供の方が発芽米を気に入っているみたいです。
冷めてもおいしいです。

ファンケルの発芽米

発芽米の美味しい炊き方はとても簡単♪


発芽米と言えども玄米という事は硬さがあって炊きにくいんじゃないの?って思うかもしれませんが、発芽米は白米と一緒に混ぜて普通に炊飯器で炊くことが出来るお米です。

また、お米をとぐ必要もありません。

 注意点:発芽米の栄養が流れ出るのを防ぐためにも発芽米は研がないようにして下さい。


まず白米を準備します。
発芽米との割合は白米2:1発芽米という割合がおススメです。
白米だけを洗って研ぎます。

その後発芽米をプラスします。

水加減はファンケルのサイトにも記載されていますが、通常の水加減プラス、発芽米が1カップにつき1/4カップ分(約45ml)の水をプラスします。
例えば白米2カップ、発芽米1カップだった場合、通常の3カップ分の水に、1/4カップの水を追加した水加減になります。

あとは普通に炊飯器にセットして炊飯するだけ!

水加減がちょっと多くなること以外はほとんどいつものお米の炊飯と変わらないのが手軽ですよね!
炊飯に手間がかからないという点も人気の一つだと思います。

ところで発芽米ってどんな味?


発芽米は食べてみると柔らかいモチモチした触感、それでもってプチプチとした触感です。
これまでに玄米を食べた事がある人が発芽米を食べた感想としてはクセがない、柔らかい、食べやすいといった違いを感じるようです。
逆に白米を食べていた人にとってもクセなどが気になる事がないため、普通に食べている人が多いです。
プチプチ、モチモチとした触感が気に入って続けている人が多くいます。

発芽米は子供や妊婦が食べても大丈夫?


発芽米は玄米から作られているという点から普通に健康面で問題のない大人が食べる分には色々なメリットもあるのですが、子供さんにはどうなのでしょうか?という疑問を持ったお母さん方もいると思います。

発芽米に関しては玄米ほどではないにしてもやや硬めの傾向があるので、赤ちゃんなどに食べさせるのはやめておいた方が良いでしょう。
その場合は大人とご飯を分けて炊くようにすると良いです。
ただ、成長していく上で離乳食に切り替え、更に大きくなって色々な食べ物を食べるようになっていってから食べさせるようにしてみてはどうでしょうか。
発芽玄米は白米よりは消化が良くないという特徴があるので、良く噛んで食べる事を教えてからにしてみましょう。

また、食べ物に色々と気をつかう時期でもある妊娠中も発芽玄米は食事に取り入れて問題ありません
発芽玄米を食べる事で豊富なビタミン、ミネラルを摂取する事が出来ますし、出産後も取り入れて栄養補給にも役立てる事が出来ます。
他にも発芽玄米には食物繊維が豊富なので妊娠中の便秘改善にも役立ちますし、体重コントロールも含めて使っていくと良いでしょう。

気になる発芽米のカロリーは?


発芽米は体に良いという事がわかりましたが、ダイエットをしている人にとって気になるのがカロリーです。

炊いたご飯のカロリーで比較してみましょう。

白米   炊飯後 100g 168Kcal
玄米   炊飯後 100g 165Kcal
発芽玄米 炊飯後 100g 165Kcal

このように比較してみると玄米に比べて発芽玄米の方が栄養価が高くなるのですが、カロリーは玄米とほぼ同じと考えて良いです。
白米はぬかや胚芽などの栄養価が高い部分が精米により失われているためその分、糖分が多くなってしまうので、白米のカロリーが同じ量でも高くなってしまいます。
とはいえ若干の違いになりますのでカロリー計算が必要な人、カロリーが気になる人でも安心して食べる事が出来る食品になります。

まとめ

玄米も健康にいいと有名ですが、発芽米の方が更に健康に良いのが一目瞭然でしたね!
ファンケルの発芽米は初めてなら1.5kgを780円でお試しができるので、初めての発芽米にもおすすめです。
毎日の健康づくりに役立ててみて下さい。

関連キーワード
スーパーフードの関連記事
  • モリンガの効能・効果はとにかく凄い!注目のスーパーフードで体の内側からキレイに
  • ホワイトチアシードの効果・栄養価は?実際に食べた人の口コミ・評判まとめ
  • スピルリナの効果・効能は?主要サプリメントの口コミ・評判を徹底比較!
  • 話題の菊芋の効果・効能は?主要サプリ&パウダーの口コミ・評判を徹底比較!
  • 発芽米の効果・栄養成分がとにかく凄い!白米や玄米との違いを徹底調査!
  • 今話題のカスピ海ヨーグルトとは?気になる健康・美容効果と作り方をご紹介

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事