• 2017年1月24日 スキンケア
    角質粒を除去したい人必読!主な原因と取り方・対策まとめ
  • 2017年1月4日 症状別
    頭がふわふわする原因は何?気になるめまいの原因と改善・予防法まとめ
  • 2016年12月29日 サプリメント
    人気脂肪燃焼サプリの成分比較・口コミまとめ!気になるダイエット効果も徹底調査!
  • 2016年12月27日 髪の毛
    髪がゴワゴワする原因とその対処法。ツヤツヤ髪を取り戻す方法とは?
  • 2016年10月25日 サプリメント
    アミノ酸ダイエットサプリはどれが効果的?効果的なやり方・摂取のタイミングでガンガン脂肪燃焼!
  • 2016年9月8日 サプリメント
    基礎代謝を上げるサプリメントはこれ!代謝を上げてダイエット効果を最大限に!
  • 2016年4月28日 酵素
    こうじ酵素990円モニター募集中!話題のこうじ酵素の効果と口コミを検証してみました。


歳を重ねるごとになんだか首に小さなイボができてきた…しかもちょっとずつ増えている?これも年だから仕方ないのかしら?そもそも、これは一体なんなの?
そんな風に思っている方はたくさんいるのではないでしょうか。
その首イボはスキンタッグと言われているものなのですが、今回はスキンタッグを自分で治療する方法はないのか?そして、その原因や予防・改善方法を徹底調査しましたので、ご紹介していきます!

スキンタッグとは?


スキンタッグって聞いたことありますか?首にできる小さなイボといったら、ピンとくる人が多いのではないでしょうか。
スキンタッグはただのイボではなく、実は古い角質が固まってできたものなんです。

その大きさはさまざまですが、1~3mmほどのポツポツと首周りにできているイボがスキンダックと呼ばれていて、中高年に多く発症しているイボです。

なぜ、古い角質が固まってイボになるのかそのメカニズムは解明されていませんが、いまのところ加齢からくる皮膚疾患のひとつとされており、皮膚科にてさまざまな治療方法が行なわれています。
また、イボにはウイルス性のものと非ウイルス性のものとがありますが、スキンタッグは古い角質の塊なので非ウイルス性に属するイボになります。

スキンタッグはいわゆる良性の腫瘍になるので、放っておいても害はありませんが、見た目の問題やアクセサリーを付けるときなど、そのままにしておくのも気持ちの良い物ではありませんよね。

スキンタッグの主な原因は?


スキンタッグが古い角質の塊ということはわかりましたが、なぜ古い角質が固まってスキンタッグになってしまうのでしょうか?

古い角質といって思い付くのはターンオーバーですよね。ターンオーバーとは、皮膚細胞の生まれ変わりの事で、古い皮膚から新しい皮膚に生まれ変わるまでの期間が乱れていると、乾燥やニキビ、肌のごわつきなどさまざまな肌トラブルを引き起こします。

つまり、スキンタッグもターンオーバーの乱れによって起こるため、ターンオーバーを正常にできていればスキンタッグを予防することができるのです。

そして、ターンオーバーの乱れは年齢だけではなく、生活習慣や紫外線のダメージの蓄積などにもよって乱れるので、その結果古い角質がはがれにくくなり蓄積し、それがスキンタッグへと変身していってしまいます。
また、首の周りにできるといった特徴からの原因の一つとして、ネックレスなどのアクセサリーによる摩擦も関わっているとされています。
そのため、あくまで中高年以降の発症が多いとは言っても、ターンオーバーが乱れる事でできてしまうため、20代でも出来てしまうケースだってあります。

ただ、まだ若いうちはターンオーバーがまだ正常に働けている状態であり、古い角質も溜まりにくいためスキンタッグが顔を出していないのです。
しかし、まだ若いから大丈夫とケアを怠れば歳を重ねていったときに、小さなイボイボが徐々に現れてきます。

このように、肌はとてもデリケートなため、紫外線やアクセサリーの摩擦といったダメージが蓄積されることでスキンタッグを作り出してしまうので、首元も顔と同じようにターンオーバー含め日頃のケアが大事なのです。

スキンタッグは首以外にも出来るって本当?


スキンタッグは首だけにできると思っていませんか?確かに、スキンタッグは首元に出来ることが多いですが、実は首以外の場所にもできるんです。

スキンタッグは皮膚が柔らかい場所に出来ることは先に述べましたが、皮膚が柔らかい場所といえば首以外にもまぶた・おしり・ワキの下・鼠径部・胸などに現れます
年を取ると首元に小さなイボが出来ている人はよく見かけますが、実はこんなにも多くの場所にスキンタッグはできるんですね。

しかも、まぶたやおしり、ワキの下といった場所はちょっと意外なんじゃないでしょうか。しかしどの場所も共通していることは、下着や動きによって摩擦が起こっているということです。
そして、更に皮膚が薄いということもあってスキンタッグができてしまうんですね。

首元に出来るのもイヤですが、まぶたなんかは特に目立つので首元以上に出来たくない場所でもあり、出来てしまったらどうにかしたいものです。

スキンタッグは放っておくと大きくなることも・・・


スキンタッグは非ウイルス性であり良性の腫瘍とはいえ、放っておくと摩擦などによってだんだん大きくなっていきます。
大きくなって1cm以上になると軟性繊維腫と呼ばれるようになり、これがさらに大きくなってついに皮膚から垂れ下がるまでになると、懸垂性繊維腫と呼ばれるようになります。

名前は変わっていきますが、ターンオーバーや摩擦が原因でできたものであることは変わりがなく、名前を変える事で種類を区別しているだけにはなりますが、皮膚が垂れ下がるまでにはなりたくないですね。

しかし、いくら大きくなることがあるとはいっても、長い時間をかけて徐々に大きくなる分には問題はありません。
ですが、これが1ヶ月もしないうちに急激に大きくなるようであれば、良性の腫瘍と思われていたものが悪性の可能性もあるので、サイズが大きくなるスピードは気にしておくようにしましょう

また、もし急激に大きくなっているようであったり、痛みを伴っているようであれば速やかに病院へ行くようにしてください。
痛みもなく大きさも変わらない、もしくはゆっくりと大きくなっている程度であれば心配しなくてもいいでしょう。

スキンタッグを自分で治す!オススメケアはこれ!

艶つや習慣

できてしまったスキンタッグ。放っておいても問題はありませんが、気分的にも見た目的にも治せるなら治したいですよね。
だけど、イボは病院に行って切除しないと取れないと思って諦めていませんか?
そうして諦めてしまっているうちに、1個や2個だったイボが気付けば数個以上も増えてしまった!なんてことになっていませんか?

そんなスキンタッグの除去を、仕方がないと諦めてしまっているあなたにオススメしたいのが『艶つや習慣』です。

艶つや習慣は、お肌にできてしまったポツポツを、たっぷりのあんずエキスとハトムギエキスのチカラで、柔らかくして自然にポロリと落としてくれるのです。
さらに、プラセンタエキス・アロエベラ・ヒアルロン酸も配合されているので、肌にハリと潤いを与えキメ細かでしなやかな肌質へと導いてくれます。
つまり、艶つや習慣1つで角質ケアからスキンケアまで、まるまる全部できてしまうんです。

これまで、いろいろなオールインワン化粧品が世の中に出てきましたが、スキンタッグの除去とスキンケアの両方をしてくれるものは初めてです。
諦めていたスキンタッグを、艶つや習慣で一網打尽にして、美しい素肌へ生まれ変わっちゃいましょう。

艶つや習慣 ~50代向けクリエイティブ

「使って1ヶ月くらいの頃は特にこれと言った変化はなく、強いて言うなら肌がスベスベになったくらいでしょうか。肝心のポツポツには効果が見られませんでした。でも、説明には3ヶ月は使ってくださいとあったので、ある程度長期戦を覚悟して使って2ヶ月半くらいしたときに、ポツポツが黒く枯れてきて、お風呂に入っているときにいつの間にか取れていました。」
「首元や背中にできたポツポツがずっと気になっていて、かといって病院に行くのも大変だし自宅でケアできないかと思っていたので、これを見つけて早速購入してみました。定期コースで申し込んで3回目を使い終わる頃に、ポロッと取れてきたのです。取れた後も特に跡が残っているわけでもなく、綺麗な状態でした。まだいくつか残っているので、どんどん取れる事を期待して使っていきたいです。」
「たっぷり入ってるのにコスパがすごくいいのがまず魅力です!おかげで、全身に惜しみなく使えるのでお風呂でパックして使っています。首周りや背中、ヒジなどにポツポツとザラつきがありましたが、1ヶ月くらいでだんだんすべすべなってきて3ヶ月経つ頃にはポツポツも減っていました!コスパも良くてしっかり効果も実感できるので、今後も愛用します!」

手っ取り早く取り除きたい場合は病院へ。主な治療法は?

艶つや習慣を毎日たっぷり使えば、あのスキンタッグが自然にポロポロ取れてお肌もつやつやになれるなんてまさに一石二鳥ですね。
ですが、口コミでも多く見られたようにスキンタッグが実際にポロポロ取れ始めるのは、3ヶ月は使い続けることが前提と言ってもいい感じです。
もちろん、肌に潤いやハリなどがでてくるなど肌質の変化自体は1ヶ月ほどで感じるようですが、出来てしまったり角質の塊が取れるという点では、一定の時間がどうしても必要になるのも仕方ないかもしれません。

しかし、そんな3ヶ月もしくはそれ以上も待てない!もっと早く取りたい!といった方も少なくないと思います。

となると、あとの選択肢としてあげられるのは病院への受診となります。スキンタッグは皮膚科へ行けば、スキンタッグの状態やあなたの肌質などから判断して、一番適した方法で切除してくれます。
病院だと通院になったりするので、ある程度時間を調整したりしなければいけない分、仕事をしている方など時間の融通が効き難い人は大変かも知れませんが、一番手っ取り早くスキンタッグを取ることはできます。

また、確実に専門家の手によって処置が行なわれるため、ちゃんと綺麗に取れるんだろうか?跡は残らないかしら?そもそもこのイボは本当にスキンタッグなのか?など、さまざまな不安や心配に対してきちんと答えが見えている状態なので、安心感はとても強いでしょう。

では、病院でスキンタッグを取る場合にはどのような治療方法がなされるのか、いくつかその方法があるのでご紹介していきます。

剪除法(せんじょほう)


これは外科用のハサミを使ってスキンタッグを切り取る方法です。切り取るというとすごく痛そうな印象がありますが、もともとスキンタッグは角質が固まってできた塊なので、思ったよりも痛くありません。

痛みはゼロではありませんが、瞬間的に若干の痛みを感じる程度なので麻酔の必要もなく、スキンタッグの切除処置として広く行なわれている方法でもあります。
出血はほんのわずかにありますが、縫ったりするような傷でもなければ大きな出血はでもないので、絆創膏を貼っていれば自然に止まる程度のものです。

切除の後は切除部分から細菌感染をしないように、抗生剤などをもらって自宅でケアをするといった流れがほとんどのようです。

電気焼却(電気メス切除)


これは電気メスを使って、スキンタッグを焼き切ることで患部を切除する処置になります。
電気メスとは普通のメスとは違い、単に切るのではなく焼きながら切るため出血もありません

ただし、剪除法とは違い焼くことにより痛みを伴うので、事前の麻酔処置が必要となります。処置の後は剪除法と同じように、細菌感染予防のために抗生剤を処方されます。

凍結療法


これは、マイナス200度ほどに冷やしたピンセットなどでスキンタッグを挟むことで、患部のみを壊死させて取る方法です。

壊死といっても腐ったりするようなものではなく、黒いかさぶたのようになって自然に落ちていきます。こちらも若干の痛みはありますが、その感じ方は個人差がありあまり痛くないという方もいれば、結構痛みを感じたという方もいますが麻酔処置を施すほどではないようです。

主にこういった治療方法で病院ではスキンタッグを取ってくれます。スキンタッグ1つ取る分には数秒しか時間を使わないので、全体数にもよりますが処置のために数時間もかかることはありません。

事前に問診や診察をして処置を行い、処置後は自宅で細菌感染予防のケアと、場合によっては経過観察のために再診する必要なども出てきますが、すぐにスキンタッグを無くしたいのであれば病院で正しく処置をしてもらいましょう。

スキンタッグを予防・改善するために気をつけるべき生活習慣は?

できてしまったスキンタッグを、艶つや習慣や病院での処置によって取ることは可能ですが、できればスキンタッグができないように予防・改善するために、日ごろから生活習慣には気を付けたいところですので、これからのためにも以下のことは意識してみてくださいね。

紫外線対策


肌老化の8割は紫外線によるダメージが原因だと言われています。
紫外線によるダメージでシミができるのは知られていますが、そのダメージの蓄積によって肌が老化し、乾燥やシワなどさまざまな症状を引き起こしていることまでは、多くの方はあまり意識が置かれていないのではないでしょうか。

肌が老化していくということは、それだけターンオーバーの乱れにも繋がりスキンタッグを招いてしまうので、夏の日焼け対策だけではなく、通年紫外線に対して対策を立てることをオススメします。

バランスのとれた食事


お肌のコンディションを整えるために必要なのは、化粧品だけではありません。むしろ、私たちの体は食べたものからできているのでしっかりと栄養バランスの整った食事をとり、内側からケアすることがとても重要になります

ダイエットといって野菜だけやフルーツだけ、肉や魚などは食べない、ご飯も少量といっためちゃくちゃなことをしていると、お肌に艶がなくなり乾燥やシワなどを生み出し、美とはかけ離れたものになってしまいます。

カロリーを考えるのではなく、栄養バランスを考えた食事をすれば極端に食べ過ぎない限り、太ることもありませんしむしろ肌質や髪質などいろんな面でキレイができてきますよ。

質のいい睡眠


睡眠というのは本当に大事なもので、寝ている間に成長ホルモンが分泌され、それによって1日のダメージを修復していってくれます。
そして、ターンオーバーも寝ている間に行なわれるので、睡眠がしっかり取れていないということは、お肌の生まれ変わりもちゃんと行なうことができないのと同じなのです。

また、闇雲にたくさん眠ればいいというわけではなく、質のいい睡眠をとることが大事です。質のいい睡眠とは、しっかり眠れて起きた時に気持ちよく起きることができる睡眠のことをいいます。

質のいい睡眠がとれていれば、たとえ短時間であっても疲れを感じずにスッキリと起きることができます。一方で質の悪い睡眠の場合は、6時間や8時間と十分と言える睡眠時間を確保できていたとしても、目覚めが悪くスッキリしない、だるい、なんだか起きれないといった状態になります。

下着などの摩擦


キツイ下着やアクセサリーによって肌に摩擦が起こることで、肌にダメージを与えてしまいスキンタッグのもととなってしまいます。
また、装着物の摩擦にかぎらず目をこすったりすればそれもダメージになり、目元にスキンタッグができてしまうことにもなるので、日常でできるだけ肌をこすったりすることがないように気をつけましょう

肌の保湿


お肌が乾燥していると、それだけで外部刺激から弱くなりさまざまなトラブルを招いてしまいます。そうなると、スキンタッグができやすくなるだけではなく、シワやくすみなど見るからに老けた印象をも作り出してしまうので、しっかりお肌を内側から保湿してあげるようにしましょう。

このように、日頃から生活習慣を気を付けることでお肌のコンディションを整え、ターンオーバーの乱れを改善・予防することにつながり、それが結果としてスキンタッグを作らせないようなお肌の状態にすることになります。

まとめ

スキンタッグは古くなった角質の塊です。だからこそ、お肌の状態を正しく維持し、ターンオーバーがきちんと行われるように心がけることで防ぐことができるので、ぜひ心がけてみてくださいね。

関連キーワード
スキンケア】の最新記事
  • ハウスオブローゼのスクラブ『Oh!Baby(オーベイビー)』の口コミ・効果を徹底調査!
  • ディセンシア『つつむトライアル』口コミ・評判を徹底調査!実店舗はどこで買える?
  • ラピエルナイト美容液の二重効果は本当?口コミ・評判を徹底調査!
  • アスタリフトホワイトトライアルセットの口コミ・効果・評判を徹底調査!
  • ガミラシークレット洗顔石鹸の口コミ・評価を徹底調査!楽天・amazonより安くお試しする方法!
  • ジュリーク美容オイルの口コミ・評判を徹底調査!効果的な使い方もご紹介♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。