• 2017年1月24日 スキンケア
    角質粒を除去したい人必読!主な原因と取り方・対策まとめ
  • 2017年1月4日 症状別
    頭がふわふわする原因は何?気になるめまいの原因と改善・予防法まとめ
  • 2016年12月29日 サプリメント
    人気脂肪燃焼サプリの成分比較・口コミまとめ!気になるダイエット効果も徹底調査!
  • 2016年12月27日 髪の毛
    髪がゴワゴワする原因とその対処法。ツヤツヤ髪を取り戻す方法とは?
  • 2016年10月25日 サプリメント
    アミノ酸ダイエットサプリはどれが効果的?効果的なやり方・摂取のタイミングでガンガン脂肪燃焼!
  • 2016年9月8日 サプリメント
    基礎代謝を上げるサプリメントはこれ!代謝を上げてダイエット効果を最大限に!
  • 2016年4月28日 酵素
    こうじ酵素990円モニター募集中!話題のこうじ酵素の効果と口コミを検証してみました。


妊娠している時って体の管理が難しいですよね。

  • 赤ちゃんにもしっかりと栄養が届くようにしたい!
  • 今の食事内容で栄養は足りているの?
  • つわりのせいで思うように栄養バランスが取れない!

そんなことを悩みつつ過ごして気がついたら結構、体重が増えていた…という状況になってるお母さんも多いはずです。
とはいえまずはお腹の赤ちゃんを優先して元気に生まれてきてもらう事が重要です。

ただその後の問題は産後の体重管理についてです。
なかなかスムーズに妊娠前の体重に戻す事って難しいですよね・・・。
子供の世話で手いっぱいになるから自分のダイエットまで実践するのはとても大変です。
何か良い体重の戻し方はないのでしょうか。

妊娠中はどうして体重が増えやすいの?

妊娠をすると一般的に体重は10㎏前後の増加が考えられます

妊娠している初期はつわりなどで思うように食べ物が食べれなくて充分に栄養が摂れないのでは?というイメージがありますよね。
でも、妊娠している時期というのは色々な原因が重なって体重が増えやすくなっています。

血液の量が増える


赤ちゃんが出来ると子宮が大きくなり、おなかの中で赤ちゃんを育てる準備をします。
赤ちゃんに充分な栄養を届けるのは血液です。
このように赤ちゃんを育てる事で多くの血液が必要になるため、血液量自体が1.4倍から1.5倍ぐらいに増えていくのです。

体内の水分量も増える


これは妊娠した事で黄体ホルモンが影響してきます。
プロゲステロンという黄体ホルモンが体に水分や脂肪分をため込もうとする働きがあるので、脂肪と水分量の増加に伴う体重の増加も出てきます。

便秘になりやすくなった!


妊娠をする事でこれまで特に問題がなかった人でも便秘気味になってしまう事があります。
これは先ほどもご紹介したプロゲステロンという黄体ホルモンの分泌によって胃腸の働きが弱くなる傾向があります
胃腸の働き自体が落ちると腸内の活動も鈍くなりがちになるので便秘になりやすいのです。
お通じが悪くなると代謝も悪くなるので、太りやすくなります。

食べづわりの人もいます


つわりというと食欲もなくて吐き気がするといったつわりのイメージが強いですが、食べづわりというのもあります。
この場合、何かを食べていないと逆に気持ち悪くなったり吐き気がでてきてしまうといった症状です。
食べづわりの人は食べ過ぎによるカロリーオーバーの心配もあります。
そして妊娠中はこれまでと比べプロゲステロンの影響で脂肪がつきやすくなっているという事から体重が更に増えやすくなっているので注意が必要です。

薬の影響が出る事も


妊娠をした後に医師の方で必要だと判断した場合、デュファストンという薬を処方される事があります。
デュファストンは妊娠中に多く分泌されるプロゲステロンと同じ働きをしてくれる事から流産予防に使われる事があります。
そのため、デュファストンの服用に伴って副作用の一つで体重増加が起きる事もあります。

妊娠中の体重の増加は仕方ないとしても、体重が増えすぎた場合、血圧が高めになると「妊娠高血圧症候群」という疾患になったり、血糖値も高い状態が続くようになると「妊娠糖尿病」と診断される事もあります。
それだけではなく出産時にも難産の状態になる可能性が出てきます

そのため、体重はある程度増えすぎないように体重管理を行う必要が出てきます。

目安としてはまずBMI値を出します。

BMI=妊娠前の体重÷(身長(m)×身長(m)) です。

例えば身長160㎝、体重57㎏の人の場合、
57÷(1.6×1.6)=22.2656・・・
となり、約22.3となります。

そして以下の数値を参考にしてみましょう。

  • BMIが18.5未満だった場合   9~12kg
  • BMIが18.5~24以下だった場合   7~12kg
  • BMIが25以上だった場合   妊娠前+5kgが目安となり、詳しくは医師との相談も含む

BMI値が22.3の場合、7~12kgまでが目安という事になります。

ずばり!出産直後の体重の減り方の目安・平均は?


出産をしてから赤ちゃんの分の体重は減るなというのはわかってはいるけど、実際、出産をしてからどのぐらい体重が減るものなのか、気になりますよね。

最近の赤ちゃんは3000g前後の大きさで生まれてくることが多いので、3㎏ぐらいしか減らないのだろうか?と思ってしまいますが、実際には5kgから6kgぐらい減っていくという事が多いです。
胎盤、そして羊水などが両方合わせて1kgぐらいあります。
これで大体、4kgぐらいになりますが、他にも出産時の体力の消耗があったり、妊娠中に体にたまっていた水分が出て行っている物を含めて5~6kgぐらい減るというお母さんたちも多くいます。

このように考えると10㎏ぐらい増えて5、6㎏ぐらいしか減らなかったら増加分のダイエットが大変そう!と思ってしまうかもしれませんが、出産後には他にも体重が落ちやすいポイントがあるのです。

母乳は痩せるってほんと?


赤ちゃんが生まれてから一定時間ごとに与える母乳。
赤ちゃんの免疫機能を強くする意味もあるのでしっかりと与えてあげたいですよね。
実はこの母乳を赤ちゃんにあげているだけでかなり体重の減り方に大きな変化があった!痩せた!というお話を聞いた事がありませんか?
中にはこの産後の体重の減り方を「母乳ダイエット」と呼んでいるお母さんもいるぐらいです。

妊娠している間は赤ちゃんを育てるための卵巣から分泌されるエストロゲンと、先ほどもご紹介しているプロゲステロンという黄体ホルモンの2種類が分泌されています。
そして出産をした後は赤ちゃんを育てるために多く分泌されていたエストロゲンとプロゲステロンの分泌量は減っていきます。
一気に減少するぐらいの変化なので髪が抜けたり肌あれなども起こしやすくなるぐらいです。

その後、プロラクチンという脳から分泌されていくホルモンが分泌されるようになってきます。
プロラクチンは乳腺を発達させるため、母乳が良く出るようになります。
良い母乳作りには欠かせないホルモンです。

そして、赤ちゃんが母乳を吸う際に刺激を与える事でオキシトシンというホルモンが分泌され、乳腺の周辺の筋肉を動かす事で母乳が押し出すような働きをして出るようになるのです。
母乳を与えているだけでも筋肉の働きが多くなるという事ですね。
そのためカロリー消費も多く、1日の授乳で大体、500kcalも消費するといわれています。
これだけではなくオキシトシンはリラックス効果もあるので癒しのホルモンともいわれています。

ミルクによる授乳ではなく母乳育児をしていく事で体重が落ちやすくなっているお母さんも多くいるのです。

この母乳ダイエットに興味を持って実践してみたい!と思っても、実際には「母乳の出があまり良くない」と悩んでいるママたちもいます。
妊娠中は食事に気を使っていたけど出産後も母乳の出を良くするために引き続き食事に気を使うようにしてみましょう。
なぜかというと母乳は血液から出来ているためです。

炭水化物は食べましょう!


食事などで糖質は控えめにした方が良いのですが、ご飯やうどんなどの炭水化物は必要です。
炭水化物はエネルギー源になるだけでなく、母乳が作り出される材料にもなります。

野菜をたっぷりと!


ビタミンやミネラルの摂取になりますので野菜は色々と使うようにしましょう。
毎食、野菜は組み込めるようにしておくと良いです。
時間がない時のために乾燥野菜を常備したり、下ごしらえをして1回分ごとに冷凍しておくと便利です。

海藻類も常備して!


乾燥わかめやひじきなどの海藻類もいつでも使えるように準備しておきましょう。
海藻類には母乳の出を良くする働きがあります。

このように食事にも配慮して母乳の出を良くしてみましょう。
母乳を出す事で乳腺炎などの辛い症状を防ぐ事にもつながりますよ!

母乳を与える事で体重をある程度、減らす事は出来たけどまだ、出産前の体重に戻れない!そんな時、「産後ダイエット」という言葉がとても気になるようになってきます。
でもまだ授乳をしているし、授乳時期には食事も気をつけたい、具体的に産後ダイエットというのはいつ頃がベストなのでしょうか?

産後ダイエットを始めるのはいつ頃からいつまで?


出産後にすぐ、ダイエットを始めようとするのは出産後の体の回復を優先させた方が良いのでおすすめできません。
まずは1か月ぐらいはゆっくりと休んで母乳で育ててあげましょう
大体、1か月検診などがありますから、この時にかかりつけの医師に産後のダイエットについて相談してみると良いでしょう。
この時に体調的に問題ないといわれた場合、産後1か月過ぎたあたりからダイエットを始めるお母さんもいます。
大体、産後6か月ぐらいまでは体重が戻りやすいともいわれていますので目安にしてみて下さい。
この時期までに体調が戻ってきた時に産後ダイエットを検討してみて下さい。

産後の体重・体型の戻し方まとめ

妊娠時の体型を元に戻す産後ダイエットには色々な方法があります。
自分で実践できそうなものがあったらお試しください。

ウォーキング


春とか秋ぐらいの寒くない時期にある程度赤ちゃんが大きくなってきたらベビーカーを使ってお散歩に出かけると良い運動になります。
歩き始めて20分経過をしたあたりで脂肪燃焼し始めますので30分ぐらいは続けるようにしましょう。

骨盤矯正


出産をした際に骨盤が広がってしまいます。
そして広がった骨盤は3か月ぐらいかけて元に戻っていくのですが、体のゆがみなどの影響で骨盤のゆがみがあるとうまく戻らないという問題点が出てきます。
骨盤がうまく戻らないと血流が悪くなるので代謝が落ち太りやすくなります
骨盤ベルトなどを巻いたり、骨盤調整効果のある補正下着などを利用したりヨガやピラティスなどを取り入れても良いですね。

食事はしっかりと食べましょう


産後のダイエットとはいえまだ授乳中という人もいますので食事内容的には脂質や糖質を控えた食事を摂るようにしましょう。
どちらかというと高たんぱくで低脂質、低糖の食事をポイントに考えてみて下さい。
おすすめは焼き魚などをメインに献立を込みたてた和食がおススメです。
パン食だと組み合わせのメニューは脂質が多くなりがちになるのでおすすめできません。

運動と食事を上手に組み合わせる事で産後ダイエットに成功しているお母さんたちが多いです。
またスムーズにダイエットできるように、そして腰痛防止にもなりますから骨盤調整は試すようにしてみて下さい。

産後ダイエットにオススメなのは酵素ドリンク

  • 産後ダイエットはしたいけど、子供優先での生活でなかなか難しい!
  • 実践したいけど出来ない!

という問題点が出てくることも多いですよね。
そんなお母さんたちにおすすめしたいのが酵素ドリンクです。
酵素ドリンクは原材料となっている多くの食品の酵素や栄養を摂取できる点と置き換えダイエットとして出来るので水で割って飲むだけ、手間もかからないので育児の合間でも実践しやすいといったメリットがあります。

優光泉


佐賀県のエリカ健康道場から生まれ、完全無添加で作られた産後ダイエットにぴったりな酵素ドリンクになります。
材料も安心の九州産野菜を使い、梅味、スタンダード味の2種類があるので好みの味でファスティングできます。

梅味とスタンダード味、両方試してみました!どちらも飲みやすくて続けやすいです!
産後ダイエットって忙しくてできなかったけどこれなら栄養バランスをとりつつ、実践する事が出来ます。
夕食だけのプチ断食で試してみました。
水で割るだけだから準備が楽だし、食事の代わりに飲むだけ、体重の減り方も1か月で3㎏落とすことが出来ました!
食欲があまりない朝食に置き換えをしてみました。
味もおいしいし、空腹感がきついとは感じませんでした。
甘さがあるのでダイエット時の「甘いものが食べたい!」といった気持に悩まされる事もなく出来たので良かったです!

コンブチャクレンズ


セレブタレントにも注目された話題のコンブチャ、トルラ酵母菌とパン酵母菌が糖質や炭水化物などをエサにしてカロリーカットにつながります。
酵母菌だけでなくダイエットに有効なL-シトルリン、乳酸菌、ビタミンB群、葉酸、リンゴ酢、そして200種類以上の酵素やオーガニックスーパーフードボタニカルも一緒に摂取できるので脂肪の燃焼と排出、ダブルで痩せやすい身体へと変えていきます

1か月ぐらい飲んでみたところ便秘が改善されました!
お腹がスッキリしてきたので続けて飲んだら更にダイエットにつながりそうです!頑張ってみます!
1日1食ずつ飲むと20日ぐらいでなくなってきます。
なので1本だけ買って飲むというよりは定期購入した方が割合的に安いのかなって思いました。
炭酸で割るとお腹もちが良いので気に入っています。
産後ダイエットで使っています。
友達に勧められたのですが飲みやすい!定期購入で買っていますが、そろそろ1本無くなりそうな感じですが、お通じも良くなってお腹がスッキリしてきています。

ベルタ酵素ドリンク


165種類もの種類の酵素を含んだベルタ酵素ドリンク、そしてヒアルロンやプラセンタ、ザクロといった美容成分も配合、美容面もサポートをしながらおいしく酵素を摂取していく事が出来る商品です。
ピーチ味で飲みやすく1食あたり113円とコスパも良いので利用者が多い酵素商品です。

私の場合朝だけ置き換えしてみました。
炭酸水で悪いと満腹感が出て良いのですが、おなかがすぐにすいてしまいました。
置き換えをしていくうちに地味に1㎏、そしてまたしばらくして1㎏と減っていった感じです。
産後ダイエットに良いという事で買ってみました。
ピーチ味で飲みやすいので続けられそう!炭酸水や紅茶で割るのが気に入っています!

やってはいけない産後ダイエットの失敗例

実際に産後ダイエットしようと思っていても失敗してしまったといった意見なども見てみましょう。

全員の分の食事を作ってしまった


食事を作る際に全員の分の食事を作ってしまうと自分の分を食べた上に子供の食べ残しを食べてしまって見事にダイエット失敗しました。

面倒がってしまった


育児が忙しいと感じて家事を結構おろそかにしてしまいました。
家事の労働力って結構あるんですね。
当然、さぼっていた分、太りやすくなりました。

食生活を変える事が出来なかった

妊娠している時に色々と多く食べる癖がついていました。
そのため出産後も食べる習慣を変える事が出来ずにダイエットしようとしても失敗してしまいます。

置き換えが出来なかった

酵素ドリンクダイエットにチャレンジしてみたのですが、物足りなさを感じ、普通の食事プラス酵素ドリンクという食生活に。
当然、痩せる事は出来ませんでした。

授乳が終わってからは要注意

授乳中って結構、多めに食べても太らないんですね。
卒乳した後、急に太ってしまい、ものすごく後悔しました。

低炭水化物ダイエットをやってしまった

炭水化物を控えるダイエットをしていたら母乳の出が悪くなってしまい、乳腺炎にもなってしまいました。
授乳期にはしっかり炭水化物を食べるべきだと思いました。

ストレスをため込む

育児に追われていると段々とストレスが溜まってきてしまいます。
ストレスが溜まると甘いものが食べたくなり、私も多分その流れでついつい色々食べてしまいました。

妊娠中にたくさん食べていたままうまく改善できない場合、ダイエットをしようと思っても失敗してしまう可能性があります。
また育児中はストレスが溜まりやすいのでご家族にも協力してもらいつつ、適度に発散していくと良いですね。
これらの失敗例に気をつけつつ、上手にダイエットと付き合っていきましょう。

まとめ

出産後は体重の変化が気になる時期ではありますが、まずは赤ちゃんとご自身の健康第一!
落ち着いたら少しずつ産後ダイエットを始めるようにしてくださいね。焦りは禁物ですよ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。