• サプリメント
    基礎代謝を上げるサプリメントはこれ!代謝を上げてダイエット効果を最大限に!
    2016年9月8日
  • 酵素
    こうじ酵素990円モニター募集中!話題のこうじ酵素の効果と口コミを検証してみました。
    2016年4月28日
  • まつ毛/眉毛
    眉毛が生えてこない人は必読!効果の高い眉育毛剤はこれ!
    2017年2月13日
  • 悩み別
    乳首がカサカサで痒い…乳首の乾燥の原因と対策法を徹底調査!
    2017年5月11日
  • ホットヨガ
    ホットヨガカルドの口コミ・体験レッスンレポート!ホットヨガを始めるなら寒い今の季節がチャンス?!
    2016年11月25日
  • サプリメント
    人気脂肪燃焼サプリの成分比較・口コミまとめ!気になるダイエット効果も徹底調査!
    2016年12月29日
  • 症状別
    頭がふわふわする原因は何?気になるめまいの原因と改善・予防法まとめ
    2017年1月4日
  • サプリメント
    アミノ酸ダイエットサプリはどれが効果的?効果的なやり方・摂取のタイミングでガンガン脂肪燃焼!
    2016年10月25日
  • スキンケア
    角質粒を除去したい人必読!主な原因と取り方・対策まとめ
    2017年1月24日
  • 髪の毛
    髪がゴワゴワする原因とその対処法。ツヤツヤ髪を取り戻す方法とは?
    2016年12月27日


ここ数年、暑い夏が続いていますよね。
暑い時期の悩みといえば汗をものすごくかくようになってしまった!という人も増えてきているのではないでしょうか。
人によっては夏の空調が原因で体の冷えを起こし、汗をかきにくくなったという人も増えてきていると聞きますが、そういった体調の人に比べると体温調節をしてくれているのかな?と思うかもしれません。
ですが、汗をたくさんかくことによって気がついた時にはしっかりと汗ジミが服に出ていて目立ってしまっているという経験を持っている人も多いはずです。
腕を上げる事が出来なくなったり、電車やバスでもつり革につかまるのにものすごく抵抗が出てきてしまいます。
汗ジミは状況によって変色する事もありますし、他の人にも見られてしまう事を考えると出来れば出来ないようにしたいですよね。
出来ないのが無理だったとしても、せめて目立たないようにしたいものです。
汗ジミに対して不利な服装などを避け、出来る限りの対策をしてみましょう。

要注意!汗ジミが目立ちやすい色・素材は?

乾きにくい生地で作られた服は注意!


綿や麻などで出来た服は汗ジミが出来やすい生地になります。
綿や麻の素材は昔から多くの人に利用されている生地ですが、汗をかいた時に吸湿性は良いというメリットがあります
ところがその吸った水分を含んだまま、乾きにくいといったデメリットがあるので汗ジミが出来やすくなるのです。
また、ウール素材の服も吸湿性がありますので同様に汗ジミが目立ちやすい素材となります。
汗をかきやすい時期にこれらの素材を避けて服を選ぶようにしてみましょう。

注意したい色はどんな色?


服はもともと、繊維のでこぼこがある都合で光が反射しているのですが、汗などで水分を含むと光の反射具合や色の明るさが変わってしまう事から色が濃くなるように見えてしまい、汗ジミが目立つようになるのです。
特にこのような要領で汗ジミが目立ちやすくなるのはグレーやカーキなどが当てはまります。
水色やピンクなども水分を含んだ部分が暗めの色合いになります。
汗ジミが目立ちやすくなるので注意した方が良いでしょう。
汗ジミが気になる時期はこれらの色の服は避けるようにしてみて下さい。
他にも赤や青、緑といった原色系の服も目立ちやすくなるので同様に避けた方が良いでしょう。

今すぐできる簡単汗ジミ対策法まとめ

汗ジミが出来なくなるようにするポイントはいくつかあります。
比較的簡単に出来るもの、そして簡単に入手できるものばかりなので実践しやすいと思います。

光沢のある素材を選ぶ


服の素材で目立ちにくいものは絹やサテンといったテロンとした生地です。
これらの生地は光沢がある分、反射しやすい素材になるので汗ジミが目立ちにくくなります。

化学繊維でできた素材も変色しません

レーヨンやポリエステルで作られたシャツなどは乾きやすいといった特徴があるので色の変化を起こしにくく、汗ジミが目立ちにくい素材になります。

柄物の服を選ぶ


小さめの柄が入った服を選ぶと汗ジミが目立ちにくくなるのでおすすめです。
他にも白黒の細かめのボーダー柄も同様に目立ちにくくなります。
ただし、グレーや水色、ピンクなどの汗ジミが目立ちやすい色で出来ている幅が広めのボーダー柄だと汗ジミは目立ちやすくなりますので注意して下さい。

汗ジミしにくい服


最近では「汗ジミしにくいシャツ」といった名前でシャツやTシャツなどが販売されていますので、これらのシリーズの服も取り入れるようにすると良いでしょう。

色はこの色がおすすめ!


服の色で汗ジミが目立ちにくいのは黒と白などが当てはまります。
白の場合、濡れても透明になるので目立たず、黒は光を吸収して見た目にも変わらないというメリットがあります。
黒い服は洗濯を繰り返して色が薄くなってくるとグレーの要素が出てくるので、色あせた黒は着ないようにした方が良いです。
ただ、白の服は繰り返し着ていく事で黄ばみなどが出てきやすくなるという特徴もあります。

ゆったりしたラインのデザインを選ぶ


汗ジミが出来やすい服は比較的、体にフィットしたデザインが多い傾向にあります。
暑い時期の服装は体のフィット感が少ないゆるいデザインの服を選ぶようにするのも一つの方法です。
大き目のフリルデザインの服やドルマンタイプのカットソーなどもおすすめです。

インナーを利用する


汗とりインナーを利用する方法もあります。
キャミソールタイプのものはわきに汗取りパッドがついているようなデザインになります。
他にもTシャツタイプもありますので、服装や好み、使いやすさで選ぶと良いでしょう。
多少の汗だと問題ないのですが、汗をかく量が多い場合、インナーだけではカバーしきれない場合もあります。

汗取りパッドを使う


汗をかく量が多い人におすすめなのが市販の汗取りパッドです。
使い捨てなので清潔ですし、かなり効果が高いです。

汗取りシートを使う


最近では直接、わきに貼る事で汗を吸い取るタイプのシートが販売されています。
汗取りパットだとゴワゴワする、邪魔に感じるという人にとってはおすすめです。
汗をかく量が多い人は途中で貼り変える事で対応できます。
ただ直接、肌に貼るものなので肌質によっては合わないという人も出てくる可能性があります。

制汗剤を利用する


手軽に利用できる汗対策としてすっかりおなじみですね。
今ではドラッグストアーやスーパー、コンビニなどでも必要な時にすぐ購入できるといったメリットがあります。

脇汗に効果抜群!おすすめ制汗剤はこれ!

汗対策として多くの人が利用している方法として先ほどご紹介した制汗剤の使用がありますが、一般的に市販されている制汗剤では効果が満足できないという話もよく聞きます。
汗の量が変わらないと感じる人もいるようです。
そこで今回はわき汗対策、汗ジミ対策におすすめな制汗剤を3種類、ご紹介します!
利用した人の口コミなども一緒にチェックしてみたので、選ぶ際の参考にしてみて下さい!

デトランスα


医療先進国のデンマークで作られたデオドラント商品です。
デンマークでは多くの人に使われています。
塗りやすいロールオンタイプで、無香料なので、体のにおいと混ざって周囲の人に不快な思いをさせるという事もありません。
使い方も簡単、お風呂上りの清潔な肌にデトランスαを塗ります。
デトランスαが乾いたら服を着ても大丈夫です。
塗ったデトランスαは次の日の朝にふき取るようにして下さい。

最初は毎晩使用していくのですが、徐々に週5日、そして週3日といった具合に使用頻度を減らしていくという方法で汗とにおい対策が出来ます。

20代/女性
1週間、塗り続けていたらわきの汗が出なくなってきたのにはびっくりしました!
最初に塗ったり塗らなかったりした時には汗が出ていたのに・・・。塗り続けるのがポイントだと思います。

20代/女性
塗るとかゆみがあるのが気になってはいるのですが、汗の対策効果はすごいなって思います。
なのでかゆみくても汗は押さえたいという気持ちが勝ってしまうので我慢して塗るようにしています。

30代/女性
汗をすごくかく方なのですが、デトランスαはすごいと思います!
汗の悩みや心配、ストレスから解放されています。今ではわき汗をかかなくなりました!
ただ、ものすごくかゆいです。

制汗ジェルLapucalm【リサラ】


ジェルタイプの制汗商品で、朝、パール粒ぐらいの大きさのジェルを塗るだけというケアになります。
日中も汗が気になったら軽くふき取ってまた塗るだけといった簡単ケアで汗をかかなくなりサラサラのわきをキープする事ができます。
透明のジェルだから白浮きする心配もありませんし、自然な仕上がりなので誰にも気づかれずに使用できます。
携帯しやすいスリムチューブなので、メイク用のポーチにも楽々入ります。
制汗作用が強い高純度クアルヒドロキシアルミニウム成分を使用しており、茶エキスがにおいもブロックしてくれる優れものです。
I-メンチルグリセリルエーテルでスッキリ感を、そしてプルーン酵素分解物配合で保湿を、アーティーチョークエキスで美白効果なども配合されています。
植物由来成分を使用する事で毛穴の収れんや抑毛の効果を、更に合成香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベンは使用していない無添加の制汗ジェルです。

30代/女性
これまで汗をすごくかいていた方なのですが、リサラを使うようになってから汗の量が減りました!
今では汗の心配や服の汗ジミの心配をすることなく過ごすことが出来ています。

20代/女性
敏感肌で制汗剤でも合わないものが多かったのですが、無添加のリサラを使うようになってからは汗の悩みが無くなっています!
もうちょっと早く知りたかった。肌にも優しい気がします。

20代/女性
汗も多い方でにおいとかも気にしていたのですが、朝に塗るだけで日中も心配することなく過ごす事が出来ました!
思い切って使ってみて良かったなって感じています。

サラフェ+


わきだけじゃなくて汗が気になる背中や胸元、首にも使用できる制汗ジェルです。
VOCEのベストコスメのクリーム部門で1位を獲得しています。
そしてセレブにも使用されているというと気になりますよね。
医薬部外品で朝に塗るだけのケアで気になる汗の悩みを解消できます。
とはいえ、制汗剤では肌への刺激が強いものが多いのですが、刺激も少なく、敏感肌の人でも安心して使用でき、毛穴を塞がない方法で汗を抑えます。
メイクの上からでも使用できるというのもうれしいですよね。
添加物を一切、使用しておらず、フェノールスルホン酸亜鉛が汗を抑え、ワレモコウエキスや茶エキス、ボタンエキス、ナノセラミドなど多くの整肌成分を配合していますので肌に優しい制汗ジェルとして仕上がっています。

30代/女性
塗ってみて完全に汗が止まるという訳でもないのですが、確実に汗の量は少ないというのが実感できました!
メイクの上から塗る事も出来るので、汗によるメイク崩れを防ぐのにも利用できるので便利です!

30代/女性
サラフェを塗ったところと塗り忘れたところの汗の出方が違うなっていうのは実感できました!
顔汗とわきが気になっていたので使っていこうと思っています。
もうちょっと早く出会っておきたかったです。

20代/女性
わき汗対策で買いました!朝に塗っておくと汗の量が少ないので本当にありがたい。塗り忘れた日なんかは本当に大変、その違いは実感しています。
顔も汗がすごいので最近は顔にも使うようになっています。
おでこと鼻の下、口の周辺と首にも塗っています!

万が一汗ジミが洋服についてしまった場合のしみ抜き方法は?


汗をかく量が多くて同じ個所に汗がついてしまうと時間の経過と共に黄色い汗ジミがつきやすくなってしまいます。
お気に入りの服に汗ジミが出来てしまった!という状況はショックですよね。
このような汗ジミの悩みで多いのが白いシャツなどの服です。

わきだけが汗ジミになりやすいのには理由があって、わきの毛穴にはアポクリン腺という汗腺があります。
わき以外の場所の汗腺は水分と若干の塩分という構成なのでにおいや色も目立ちにくいのですが、わきや耳、陰部などに存在するアポクリン線の場合は水分だけではなくタンパク質や脂質、糖質、脂肪酸といった他の成分も色々と含まれています。
そしてこれらの成分の中にリポフスチンという成分も含まれています。
リポフスチンは色素成分に当てはまり、白い服を黄ばませる原因となります
アポクリン線の数は個人差があるので、汗ジミがつきやすい人もいればあまりつかないという人もいます。
アポクリン腺が多い人ほど、汗ジミが出やすい傾向にあります
他にも汗を気にしてふき取る頻度によっても汗ジミがつく程度が違ってきます。
女性は比較的、気にしてこまめにふき取る傾向がありますが、男性は特にふき取らないという人も多いので、これらの差から男性の方が汗ジミが出来やすい傾向もあります。
汗ジミは黄ばんだ状態でつきやすいので見た目にも目立ちますし、清潔感がない印象を与えますので汗ジミのような色が目についたら早めに対処した方が楽です。

 汗ジミが出来てしまって時間がかなり経過してしまった服はクリーニングでも断られる場合があります。

まずは家庭の染み抜き程度でも落とせるか、試してみてはどうでしょうか。
汗ジミは普通に洗濯洗剤、液体洗剤を利用した洗濯だけでは落ちにくいので、漂白剤を利用して落としてみましょう。

準備するのは3つ

  • 食器用洗剤
  • お湯(40℃位)
  • 酸素系漂白剤

とまずはこれらの材料を準備してみて下さい。
注意点として漂白剤に関しては必ず洗濯用の酸素系漂白剤を使うようにしましょう。
漂白剤はどれも同じように見えるかもしれませんが、台所で使用されている塩素系漂白剤や白い服専用で使用される事がある還元剤漂泊剤があります。
両者とも、漂泊力が強いのですが、服の色柄も落としてしまうのでおすすめしません。
色柄に影響しない酸素系漂白剤を使うようにしましょう。

事前に必ずやって!漂白剤の衣類テスト


酸素系漂白剤を使用しても衣類によっては色柄が落ちてしまう事もありますので事前にテストをしておきましょう。
酸素系漂白剤の液体を含ませた綿棒で目立たない箇所(服の裏側の縫いしろや縫い目のあたりなど)に小さく点でつけてみて下さい
その後、ドライヤーで乾かしてみて脱色、変色がない事を確認してからの方が良いです。
ドライヤーを使う理由は温度が上がる事によって効果が出てくるためです。
温度といっても40℃位あれば充分ですので、染み抜きの時には40℃から50℃位のお湯を使う事で充分、効果を発揮してくれます。

もし色が抜けてしまったり、変色してしまった場合は漂白剤を使っての処理はむいていないという事になります。
また、元々洗濯に向いていない生地で作られている服の場合、漂白剤による染み抜き処理に向いていないと考えたほうが良いです。
これらの場合は染み抜きは諦めたほうが良いでしょう。

漂白剤とお湯を必ず組み合わせましょう

まず最初に油分を分解するためにシミの部分を台所用の食器用洗剤を使ってもみ洗いします。
40℃から50℃位のお湯に酸素系漂白剤を入れ、汗ジミがある服を入れます。
一晩置いておいて後は普通に洗濯します。
出来てあまり時間が経っていないシミ、程度がひどくないシミであればこの方法できれいになる事が多いです。

漂白剤できれいにならなかったら


もし、これらの方法で充分に汗ジミが落ちなかった場合は重曹を使用します
重曹はドラッグストアや100円ショップで販売されている物で構いません。
重曹を組み合わせる事でアルカリ性よりにして更に漂白剤の効果を高める事が出来ます。
食器用洗剤で洗った後、漂白剤とお湯を混ぜたものに漬け込む前に重曹を使います。
重曹は汗ジミが出来ている部分に適量、もみ込むようにしてみて下さい。
その後、漂白剤を混ぜたお湯に漬け込んでおいてから洗い流して後は通常の洗濯をします。

このように酸素系漂白剤とお湯でも落ちますし、落ちなかった場合でも重曹をプラスする事である程度、落とす事は出来ますので、事前に必ず漂白テストをして問題がなかった衣類はこの方法で汗ジミを抜くようにしてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?
いつの間にかできてしまった汗じみは、早めに対処すれば自宅でもキレイに落とすことができる場合もあります。
ですが素材によっては落とすことが出来ませんから、普段から制汗剤や汗脇パッドなどを上手に使って対処してくださいね。

関連キーワード
ライフスタイルの関連記事
  • 楽天カードを使えばポイントがどんどん貯まる!楽天カードを作るメリットと賢いポイントの貯め方まとめ
  • 今すぐ出来る簡単汗ジミ対策!汗ジミ防止&シミ抜きの方法を徹底調査!
  • 出産祝いはいつ贈るといい?時期や相場、喜ばれるアイテムまとめ。貰ったらお返しも忘れずに!
  • 今さら聞けない人気のフリマアプリ「メルカリ」について。あなたにおすすめのフリマアプリはどれ?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事