• 2017年1月24日 スキンケア
    角質粒を除去したい人必読!主な原因と取り方・対策まとめ
  • 2017年1月4日 症状別
    頭がふわふわする原因は何?気になるめまいの原因と改善・予防法まとめ
  • 2016年12月29日 サプリメント
    人気脂肪燃焼サプリの成分比較・口コミまとめ!気になるダイエット効果も徹底調査!
  • 2016年12月27日 髪の毛
    髪がゴワゴワする原因とその対処法。ツヤツヤ髪を取り戻す方法とは?
  • 2016年10月25日 サプリメント
    アミノ酸ダイエットサプリはどれが効果的?効果的なやり方・摂取のタイミングでガンガン脂肪燃焼!
  • 2016年9月8日 サプリメント
    基礎代謝を上げるサプリメントはこれ!代謝を上げてダイエット効果を最大限に!
  • 2016年4月28日 酵素
    こうじ酵素990円モニター募集中!話題のこうじ酵素の効果と口コミを検証してみました。


妊娠中や授乳中は成分の関係で飲み物や食べ物が制限されてしまいますよね。
カフェインは良くないと有名ですが、実は緑茶などにも入ってしまっているので、飲み物に苦労される方もいるのでは?
そんな妊婦さんでも飲むことができる『たんぽぽ茶』実は栄養豊富なお茶だということ、ご存知でしょうか?
そこで今回はたんぽぽ茶について調査してみました!

そもそもたんぽぽ茶とは?


たんぽぽ茶とは、名前の通りたんぽぽで作られたお茶のことを言います。
基本的にはたんぽぽの根、商品によっては茎や葉を乾燥させ、焙煎して作られています。
たんぽぽ茶はノンカフェインなので、妊娠前の方はもちろん、妊婦さん・母乳育児中のママにも安心して飲むことができます。
また、ミネラルや鉄分が豊富に含まれており、血流がよくなり貧血予防になることから、健康面でもメリットが多いお茶として特に妊婦さんや母乳育児中のママから注目されています。

たんぽぽ茶に含まれる主な栄養成分は?

たんぽぽ茶には主に4つの栄養成分が含まれています。

カルシウム


カルシウムは生きていくために必要な「ミネラル」の一種です。カルシウムは体内にあるミネラルの中でも重要な役割で、全体重の1.5%から2%を占めています。また、カルシウムは骨を作る栄養素としてよく知られていますが、それだけでなく生理機能を調節して心を安定させる効果もあります。

また、カルシウムは筋肉が伸び縮みをするときに必要な栄養素で、興奮や緊張を緩和し、血液の流れを良くします
「イライラしたらカルシウムを摂りなさい!」と言われた経験はありませんか?
これは、カルシウムは心の興奮や緊張(イライラ)を緩和してくれる効果があることと、血液の流れを良くすることで、興奮や緊張でコリ固まった筋肉をほぐしてくれます。

特に妊娠中は赤ちゃんをお腹の中で健康に育てるために、また、授乳中は健康な母乳を出すためにカルシウムが必要です。しかし妊娠中や授乳中は、ママの骨からカルシウムが溶けてしまう現象が起こります。そのため、赤ちゃんを作ろうと決めたときから妊娠中・授乳中まで、カルシウムを摂取することが大切になります。

鉄分


よく『鉄分が少ないと貧血になりやすい』と言われます。特に妊娠中はお腹の中で赤ちゃんを育てるために鉄分の需要が高まります。その結果、ママに鉄分が足らない状態「鉄欠乏症」、つまり貧血状態になることも多いのです。
鉄分を豊富に含む食材と言えばレバーやほうれん草、大豆や魚などが挙げられますが、どれも毎日大量に食べられるものではありません。たんぽぽ茶には鉄分が多く含まれているため、お茶を飲むだけで鉄分を摂取することができます。

カリウム


カリウムには強い利尿作用があります。利尿作用が強いと、むくみや体内の水分バランスをを整えてくれます。
特に妊娠中・授乳中は、女性ホルモンが乱れてむくみやすくなったり、妊娠中はお腹が大きくなり、足を圧迫してむくみやすくなるものです。そこでカリウムによる利尿作用により、身体に不要な老廃物をどんどん排出するため、むくみが少ない身体を作ることができます。

タラキサシン


タラキサシンにはエストロゲンの過剰分泌を抑える効果があります
エストロゲンとは女性ホルモンの1種で、心身両面を安定させる効果があります。エストロゲンの働きを見ると良いものに感じますが、過剰分泌をした場合、生理痛がひどくなったり、生理不順になる、ホルモンバランスが乱れて体調を崩すなどの症状が起こるリスクがあります。また他にも、母乳が出にくくなるということもあります。

そこで、たんぽぽ茶に含まれるタラキサシンという成分を摂取すると、エストロゲンの過剰分泌を抑えて、生理痛や生理不順の緩和、妊娠中や産後のホルモンバランスを整える、母乳育児中のママの体調を整え、母乳を出やすくする効果が期待できます。
そうすることで、心身両面が安定し、ストレスも緩和されます

たんぽぽ茶を飲むことで期待できる効果・効能まとめ

むくみが改善すること


たんぽぽ茶には利尿作用があり、老廃物を身体に溜めずに外に出す効果があります。そのため、たんぽぽ茶を飲むとむくみを改善してくれるのです。更に、老廃物を身体に溜めないので腎臓の負担を軽くし、腎臓も健康になります
特に、妊娠中や授乳中はむくみやすい体質になるので、むくみ改善効果が高いたんぽぽ茶はおすすめです。

血流促進効果があること


たんぽぽ茶は血流促進効果があります。血流がよくなると、貧血の緩和、コリの改善、冷え性の緩和が期待できます。
また、血流が良くなると老廃物の排出を促進します。その結果、利尿作用と同じくむくみ解消につながります。

疲労回復効果があること


よくコーヒーなどのカフェインが含まれた飲み物を飲むと眠くなくなると言われます。これは、カフェインが持つ覚醒効果が原因です。
たんぽぽ茶はカフェインが含まれていないため、飲んでも覚醒することはありません。そして、血流促進の効果があることから疲れを溜め込まず、疲労回復効果が高いと言われています。

母乳が出やすくなること


母乳は、血液がうまく循環することで作られます。そのため、血流促進効果があるたんぽぽ茶を飲むと母乳が出やすくなると言われています。
生まれてきた赤ちゃんを母乳で育てたいけど、母乳が出ずミルクで育てているママも多いです。そんなママが母乳が出ないことによるストレスから解放される効果が期待できます。

赤ちゃんを授かりやすくなる・不妊解消効果が期待できること


赤ちゃんが授かりにくい、あるいは不妊に悩んでいる方も多いです。不妊の原因はさまざまですが、生活習慣の乱れにより排卵がスムーズに行われない、生理不順で授かりやすいサイクルがつかみにくい、血流が悪く、必要な場所に女性ホルモンや栄養が届きにくい、日々のストレスなどが大きく関わっていると言われています。
たんぽぽ茶を飲むことで血流と新陳代謝をよくして、身体を内面から元気にすること、そしてストレス・疲労解消効果により、赤ちゃんを授かりやすい体質へと改善します。

乳腺炎を防ぐこと


乳腺炎は、体内の脂肪分が多いことが原因で母乳が出る乳腺がつまり、炎症を起こす症状のことを言います。たんぽぽ茶は血液中のコレステロール値を下げ、体内の脂肪を減らす作用があるため、乳腺炎になるリスクを減らし乳腺炎を予防してくれます。

新陳代謝をアップすること


たんぽぽの根には、新陳代謝をアップする栄養素が含まれます。新陳代謝がアップすると、太りにくく痩せやすい(老廃物を身体に溜めずに排出するため)身体ができます。
また、新陳代謝がアップすると便秘解消にもつながります。特に妊娠中は便秘になりやすいので、たんぽぽ茶を飲むことで便秘予防・解消もできます。

たんぽぽ茶を選ぶ際のポイントは?

タンポポ茶を選ぶ際のポイントは4つあります。

3か月使用した際の価格を計算して、継続できる価格かどうかを見極めること


たんぽぽ茶は、さまざまなメーカーが販売しています。もちろん、商品によって価格は異なりますが、特にインターネット通販で販売する場合は

  • 単品販売
  • 定期便販売(1か月~2か月ごとに30日分まとめて届くシステム、定期便を利用すると単品価格よりも1個あたりの価格が安くなる設定をされているもののことを指します)
  • 初回限定価格(初めて使用する場合、割引されるもの)

この3つの価格システムをとられることが多いです。
そのため、『初回限定価格だと価格がリーズナブルに感じるけど、3か月継続したら1か月目のみ初回限定か価格で2か月目以降は通常単品価格となり、結果価格が高くなる…ということもあり得ます。

タンポポ茶の効果を実感できるのは、飲み始めてスグではなく平均1か月~3か月使用してからが多いです。
そのため、初回限定価格が安いから選ぶのではなく、3か月使用した場合の価格を計算して『この金額で継続することができるか?』を購入前にチェックし、見極めることをおすすめします。

どんな栄養・成分がブレンドされているかをチェックすること


先述したように、たんぽぽ茶は商品によってたんぽぽの根以外にブレンドされている栄養や成分が異なります
例えば、黒豆がブレンドされたものもあれば、ザクロエキスやプエラリアがブレンドされたものもあります。
そのため、たんぽぽの根以外にどんな栄養・成分がブレンドチェックし、自分が求めている効果に近いたんぽぽ茶を選ぶことをおすすめします。

購入者の口コミをチェックすること


最近インターネットの口コミサイトにある口コミは正直、信ぴょう性が薄いものも多いです。しかし中には良いことも悪いことも含んだ、本当に飲んで感じた口コミを書いている人もたくさんいます。
そういった口コミをチェックして、他商品と比較することをおすすめします。

日本での健康・安全基準を満たした商品かどうか?


最近「品質にこだわっている」「この商品は安全」などと記載があるものを目にすることも多いと思います。しかし、実際は海外で生産された原材料を使用し製造していて、日本での健康・安全基準ではなく海外で基準を満たしている商品が販売されていることもあります。
ほとんどの商品が品質にこだわり安全なたんぽぽ茶を提供していますが、中には安全基準を満たしていないものもありますから、商品紹介で

  • どのように品質にこだわっているのか?
  • 安全を満たしているのか?

を明確に説明しているものを購入することをおすすめします。

おすすめのたんぽぽ茶はこれ!

ノンカフェインたんぽぽ茶


ノンカフェインたんぽぽ茶は、“母乳で子育てをしたいママのために作られたたんぽぽ茶”です。発売から平成25年10月8日までで購入者が10万人を超えた人気のたんぽぽ茶です。

ノンカフェインたんぽぽ茶の特徴は、原材料の品質と安全に徹底的にこだわっていることです。
まず、メインで使用されているタンポポの根は中国・吉林省に限定されています。ここは家もなければ、人も動物も入れないタンポポだけを育てている採取地として知られていいます。また、冬にはマイナス40度まで気温が下がる過酷な環境ですが、そこで生き残ったたくましいたんぽぽの根を使用しています。
次に安全面ですが、中国からたんぽぽを輸出する際に義務付けられている製品の品質安全検査を徹底して行っており、この安全検査に合格しなかったものは輸出されていません。使用されているタンポポ根は農薬を使用されていませんが、念のために輸入後日本でも定期的に残留農薬検査が実施されています
ここまで安全管理が徹底されているので、妊娠前の方、妊娠中・授乳中のママも安心して飲むことができます。

栄養面ですが、ノンカフェインたんぽぽ茶はたんぽぽ根以外にも北海道産の黒豆、醗酵ギンネム(カルシウム・鉄分を豊富に含んだもの)を含んでいるため、たんぽぽ根以外の栄養も摂取できます。

ノンカフェインたんぽぽ茶の口コミ
1人目の出産のときに、母に紹介され飲み始めました。ノンカフェインたんぽぽ茶を飲み始めるまでは麦茶を作って飲んでいたのですが、これを飲み始めてからはおいしくて、たんぽぽ茶ばかり飲むようになりました(笑)また、 1人目妊娠の時は貧血がひどくて、妊娠中何度も点滴をしていましたが、2人目を妊娠した今回はたんぽぽ茶を妊娠中から飲み続けていたからか、貧血にならなくて、安心しました。
初めての妊娠でたんぽぽ茶を飲み始めました。私の体質に合っているからか、油っぽいものや甘いもの食べた後は母乳が出づらくなるのですが、たんぽぽ茶を飲むと、つまりがほぼない、サラサラとした母乳が出てくれるのでとても助かっています。値段もリーズナブルなのでこれからも続けて飲もうと思います。
不妊に悩んでいて、別メーカーさんのたんぽぽ茶を飲んでいました。赤ちゃんを授かるために…と頑張って飲んでいましたが美味しくなくて…。そこで友人にノンカフェインたんぽぽ茶を教えてもらって飲み始めました。ティーライフさんのたんぽぽ茶はクセがなくて飲みやすいので、グイグイいけます(笑)産後もお世話になろうと思います。

ママナチュレたんぽぽ茶


ママナチュレのたんぽぽ茶は、近年女性に急増している不妊の悩みや出産後の授乳に関する悩みを持つママの味方となり、助けになりたいという思いから生まれたたんぽぽ茶です。

ママナチュレのたんぽぽ茶の特徴は、たんぽぽの根の栄養成分だけでなく

  • ポリフェノールが豊富に含まれる赤ぶどうの皮のエキス
  • バストアップサプリなどによく使われていて、女性ホルモンを増やし、体のバランスを整えるプエラリア
  • ルイボスティーとしても有名な健康茶の原料であるルイボスエキス
  • 体の調子を整えることで近年注目され、健康食品や化粧品にもよく配合されているプラセンタ
  • 身体に必要な必須アミノ酸であり、タンパク質が豊富に含まれる大豆
  • 美容と健康に効果があると言われているザクロエキス

など6種類以上の成分が配合され、身体が健康になり安定するような栄養が多く配合されている点です。

ママナチュレたんぽぽ茶の口コミ
授乳中に母乳の量が減ったため、友人の紹介でママナチュレのたんぽぽ茶を購入しました。飲み始めて2~3週間経ったころからバストが張って、母乳量が増えた気がしました。今まで自分の食べ物や飲み物に気を遣っていなかったのですが、たんぽぽ茶を飲み始めてから、身体を温める食べ物・飲み物を意識して取り入れるようになり、身体も健康になりました。これもママナチュレのたんぽぽ茶のおかげです。
ママナチュレのたんぽぽ茶は、妊娠中のママ友に分けてもらい飲み始めました。出産後2か月までミルクを使っていましたが、たんぽぽ茶を飲み始めてからは完母で育てられるようになりました。たんぽぽ茶を飲み始めてからは、寒い日も血行が良くなったからか、寒く感じなくなりました。
2人目を出産してから、1人目と同様で完母で育てたいと思っていたのですが、明らかに母乳がドロドロとしていて、とても完母で育てられないな…と諦めかけていました。そんなときに、ママ友にたんぽぽ茶を紹介してもらって飲み始めました。飲み始めて2か月くらい経ったころから、母乳がサラサラとしてきて、母乳で育てることができました。

たんぽぽコーヒー「ぽぽたん」


たんぽぽコーヒー「ぽぽたん」は、先ほどご紹介した「ノンカフェインたんぽぽ茶」と同じメーカー・ティーライフが販売している商品です。ノンカフェインたんぽぽ茶と異なり、ぽぽたんはコーヒー風味の飲み物です。
妊娠前はコーヒーや緑茶などカフェインが好きだった方も、妊娠中や授乳中はカフェインを含んだ飲み物を避けなければなりません。しかし、毎日カフェインレスの飲み物ばかりのんでいてもストレスも溜まりますし、飽きてしまいます。そこで、ぽぽたんを飲むことでコーヒーに近い味を楽しむことができます。

ぽぽたんの特徴は、原料とおいしさにこだわっていることです。
たんぽぽコーヒーのメインであるたんぽぽは、農薬とは無縁の地中国・吉林省で栽培されています。そして、中国から日本国内に輸入する際は厳しい輸出製品の安全検査を行っており、合格しなかったものは中国国外に持ち出せないようにされています。
また、日本に輸入してからも再度「日本食品分析センター」に、食品衛生法で定められた制度に基づいて残留農薬検査を受けて、安心安全が確認された原料のみを使用しています。そのため不妊治療中の方や妊娠中・授乳中のママも安心して飲むことができます。
妊娠前にコーヒーを頻繁に飲んでいた方には特にオススメしたい商品です。

たんぽぽコーヒー「ぽぽたん」の口コミは?
ぽぽたんはとてもオススメです!私は子供が2人いますが、2人とも完母で育てています。1人目の時にはぽぽたんは飲んでおらず、食事に気を遣っていても白斑ができたり、詰まったり…授乳中のトラブルはたくさん起こりました。そこで、母親にぽぽたんを紹介されて飲み始めました。2人目を授かってからも飲み続けていて、出産したのですが、一度も詰まったり、白斑ができていません。ぽぽたんの味はコーヒーに近いような、ほうじ茶に近いような…そんな味ですが、香ばしくて美味しいです。コーヒー味に近づけたいときは、牛乳と混ぜたりして飲んでいます。母乳育児をしたい方にはおすすめです。
授乳中におっぱいの出が気になって飲み始めました。本物のコーヒーとは少し味が違いますが、でもどこかコーヒー風味、ほのかな甘みもあっておいしいです。授乳中の身体のコリも和らいで、健康になれた気がしました。
妊娠と出産を機にたんぽぽコーヒーの存在を知りました。さまざまなメーカーのたんぽぽコーヒーを飲みましたが、ティーライフさんのたんぽぽコーヒーが一番おいしいです。最初は、子供を完母で育ててあげたいという思いで飲み始めましたが、授乳が終わってからも自分の健康面に良いと思い継続しています。

ところでたんぽぽ茶ってどんな味?


たんぽぽ茶は、販売しているメーカーによって味が異なりますが、一般的に「香ばしいお茶の味がする」と言われています。ほうじ茶やハトムギ茶、日本コカ・コーラが発売している爽健美茶の味に似ていると言われることも多いです。

一方、たんぽぽ茶と並んでよく販売されているたんぽぽコーヒーは、たんぽぽ茶よりも香ばしく少し甘みがある、ほうじ茶や漢方で作られたお茶を焙煎したような、独特な風味を感じることが多いです。しかし牛乳や豆乳を入れるなどアレンジをすることで、コーヒー風味で美味しく飲めます。

たんぽぽ茶の副作用・安全性は大丈夫?

基本的にたんぽぽ茶は身体に良い成分や栄養が含まれているため、大きな副作用はほとんどありません。しかし、飲みすぎたり体質に合わない場合は副作用が起きる可能性があります。

頻尿になりすぎること


たんぽぽ茶には利尿作用があるため、この作用が強くでると頻尿になりすぎることがあります。頻尿になるタイミングは人によって異なるので、飲む量や飲むタイミングを調節して、生活に支障がでないようにすることをおすすめします。

低血圧の方は注意をすること


たんぽぽ茶は高血圧を改善する作用があるため、もともと低血圧の方には合わない可能性があります。たんぽぽ茶は、すべての低血圧の方に合わないというわけではありません。
低血圧の方はしばらく飲んでみて、体調・体質に合わない場合は飲むことを控えることをおすすめします。

たんぽぽ茶はいつ飲むのが効果的?

まず、たんぽぽ茶を飲む時期についてですが

  • 生活習慣が不規則で健康面が気になる方
  • 赤ちゃんを授かりたい方(妊娠前の方)
  • 妊娠中の方
  • 授乳中の方
  • 産後で体調が不安定な方

におすすめです。

また飲むタイミングですが、たんぽぽ茶は継続して毎日飲むことで効果を実感することが期待できます
そのため具体的な「いつ飲むべき!」という時間帯はありませんが、利尿作用があるため長時間の移動を伴う外出前は控えることをおすすめします。そして1日に2~5回に分けて、少しずつ飲むことをおすすめします。

まとめ

たんぽぽ茶はカフェインレスなだけではなく、様々な栄養もあわせて摂ることができるお茶です。
妊娠中や授乳中の方はもちろんですが、普段から貧血気味の方やPMSでお悩みの方にもオススメです。
ぜひ一度たんぽぽ茶、試してみてくださいね。

関連キーワード
飲み物】の関連記事
  • たんぽぽ茶の効果・効能まとめ!妊娠前から母乳育児中のママまで嬉しい効果が沢山!
  • ルイボスティーが不妊に効果があるって本当?気になる効果や選ぶポイントなど徹底調査!
  • ノンカフェインたんぽぽ茶で母乳が出やすくなる?効果と口コミ、評判を徹底調査!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。