• 2017年1月24日 スキンケア
    角質粒を除去したい人必読!主な原因と取り方・対策まとめ
  • 2017年1月4日 症状別
    頭がふわふわする原因は何?気になるめまいの原因と改善・予防法まとめ
  • 2016年12月29日 サプリメント
    人気脂肪燃焼サプリの成分比較・口コミまとめ!気になるダイエット効果も徹底調査!
  • 2016年12月27日 髪の毛
    髪がゴワゴワする原因とその対処法。ツヤツヤ髪を取り戻す方法とは?
  • 2016年10月25日 サプリメント
    アミノ酸ダイエットサプリはどれが効果的?効果的なやり方・摂取のタイミングでガンガン脂肪燃焼!
  • 2016年9月8日 サプリメント
    基礎代謝を上げるサプリメントはこれ!代謝を上げてダイエット効果を最大限に!
  • 2016年4月28日 酵素
    こうじ酵素990円モニター募集中!話題のこうじ酵素の効果と口コミを検証してみました。


全体的にスタイルはキープしているのになぜかお腹だけポッコリでてしまっている……なんて方、多いのではないでしょうか。
もしかしたらそれは内臓脂肪のせいかもしれません。
よく耳にする内臓脂肪。どうしてついてしまうのか?そしてどうすれば落とすことができるのか。
今日は内臓脂肪について調べてみました!

そもそも内臓脂肪とは?


内臓脂肪とは、内臓の周りや腸などの腹膜につく脂肪のことを言います。手足や身体の線が細いのにお腹だけボコッと出るタイプの肥満の方は、内臓脂肪がつきすぎていることが多いです。
近年急増しているメタボリックシンドローム(判断基準はウエストサイズが男性の場合85cm以上、女性の場合90cm以上)も、内臓脂肪を蓄積することで引き起こされると言われています。

そもそも、脂肪は「内臓脂肪」と皮膚の下にある「皮下脂肪」の2種類に分かれます。
「内臓脂肪」主に生活習慣・不規則な食生活、あるいはダイエットを辞めてリバウンドをしたことが原因で蓄積され、「皮下脂肪」身体を動かすエネルギーにするために貯蔵し、身体を保温するために蓄積します。
そのため、肥満の原因となる脂肪は「皮下脂肪」より「内臓脂肪」であることが多いです。

また、内臓脂肪は生活習慣病の一因になる可能性が高く、高血圧症や動脈硬化・糖尿病を起こすリスクがあります。更に内臓脂肪には血栓ができやすい性質が含まれているので、心筋梗塞や脳梗塞を起こす可能性もあります。
このように蓄積されると身体に負担をかける内臓脂肪ですが、実はつきやすく・落としやすい脂肪なのです。
脂肪と言えば落ちにくいイメージがありますが、内臓脂肪は代謝が活発なので落としやすい特徴があります。

内蔵脂肪がついてしまう原因は?

内臓脂肪がついてしまう原因は3つあります。

不規則な食生活をしていること


内臓脂肪がつくのは、脂が多い食事やハイカロリーな食事、毎日たくさんのお酒を飲むことなどが原因です。
毎日仕事が忙しいと外食やコンビニ食が多くなってしまいます。その結果、1日に必要な野菜の摂取量が不足し、不規則な食生活になります。
不規則な食生活をすると、身体を動かすために必要なエネルギーに変換した脂肪以外は、身体に蓄積されてしまいます。

毎日朝食をとっていない方も多いのではないでしょうか?
朝食をとっていないと、昼食を食べた際に身体がエネルギー不足になり、無意識に朝の分までカロリー摂取をしようとします。その結果、朝食を抜くと身体にカロリー蓄積がされやすく、内臓脂肪がついてしまう原因となってしまいます

また、内臓脂肪がつくのは脂物やお酒だけではありません
チョコレートなどの甘いものには、たくさんの砂糖が含まれています。現代の日本人は毎日仕事や家事・育児が忙しく、疲労が蓄積しストレスを溜めやすいです。ストレス解消で甘いものを食べ過ぎてしまった…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。甘いものをたくさん摂取すると、内臓脂肪がつく原因になります

ストレスが溜まっていること


ストレスが溜まると、過食になる方が多いです。その結果、先ほどご説明した不規則な食生活になり内臓脂肪を溜めてしまいます。
また、ストレスを溜めて最も影響があるのは睡眠不足になることです。ストレスが溜まると不眠気味になったり、眠れていても眠りが浅く、起きたときに疲れが取れない…と感じた経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

なぜストレスによる睡眠不足が内臓脂肪をつけるのかというと、睡眠中に分泌される成長ホルモンが関係しています。

睡眠不足だと代謝が悪くなる


人は、睡眠中に満腹を感じる成長ホルモン「レプチン」と、空腹を感じる成長ホルモン「グレリン」が分泌されます。
普段はレプチンとグレリンのバランスが整っているのですが、睡眠不足の場合、この2つのホルモンバランスが崩れてしまい代謝が悪くなります。その結果、満腹ホルモン・レプチンが減り、空腹ホルモン・グレリンが増えます。そうすると、空腹感が増し、食欲も増えてしまいます。

成長ホルモンが分泌される時間帯に睡眠をしてないと内臓脂肪がつく

先述したレプチン・グレリンなどの成長ホルモンがバランスよく分泌される時間帯は22時~2時ころだと言われています。この時間帯に睡眠をしていないと、さらに成長ホルモンの分泌バランスが崩れて代謝が悪くなり、脂肪を分解せず内臓脂肪をつける原因になります。

運動不足であること


よく、ダイエットに運動は効果があると言われます。つまり運動不足だと、内臓脂肪も他の脂肪と同じように脂肪を蓄積してしまいます
また、運動不足だと筋肉がどんどん落ちていきます。そして、筋肉が少なくなると身体を動かすためのエネルギー分解しづらくなり、体内に入った脂肪がエネルギーに分解されず、内臓脂肪として蓄積されるようになります。
そのため、運動不足は内臓脂肪がつく原因になります。
内臓脂肪を減らすために効果的な運動方法は、この後ご紹介します。

内臓脂肪を減らすサプリ・漢方5選と口コミまとめ

ここまで、内臓脂肪がついてしまう原因についてご紹介しました。内臓脂肪を減らすためには、脂肪がつく原因と逆のことをしなければなりません。

  • 規則正しい食生活をすること(野菜を摂取すること)
  • ストレスを溜めない生活をすること・睡眠をしっかりとること
  • 適度な運動をすること(内臓脂肪を減らすためには有酸素運動が効果的)

しかし、これらを忙しい仕事や毎日の家事・育児の合間に実践することはとても難しいですよね。そこで今回は、忙しい毎日を過ごしている方向けに内臓脂肪を減らすサプリを5つご紹介します。

ミドリムシナチュラルリッチ


ミドリムシナチュラルリッチは、3つの特徴があります。

完全無添加の原材料で作られていること

健康に良いと言われている「ミドリムシ」、熱・酸に強い「有胞子性乳酸菌」、アルカリの王様と言われる「クロレラ」、身体のバランスを整えて善玉菌の活力源である「フラクトオリゴ糖」合計4つの成分で作られています。

国産原料・国内生産で製造されているため、確かな安全性があること

原材料のメインになるミドリムシは、100%石垣島で生産・製造されています。そのため、ミドリムシの育成は、「豊かな太陽」「澄んだ空気」「ミネラルが豊富に含まれる水」3つの好条件が揃った石垣島の環境でされています。

小粒タイプで飲みやすいこと

ミドリムシナチュラルリッチは、1錠あたり6mmの小粒タイプの錠剤です。そのため、錠剤やカプセルが喉に詰まったような感じがして苦手だという方も安心して飲むことができます。

ミドリムシナチュラルリッチの口コミは?
ミドリムシナチュラルリッチは、妹に勧められて飲み始めました。ここ数年で内臓脂肪が増えたこと、便秘と野菜不足を解消するために始めました。即効性はないけど、飲み始めて1か月くらい経過したころから便秘が解消され、体重も2㎏ダウンしました!これからも継続しようと思います。
本格的にダイエットを始めようと思い、ミドリムシナチュラルリッチと夕食後の食事を野菜中心に、毎日のウォーキングも併用して使い始めました。ミドリムシナチュラルリッチのみでダイエットをしていないので、直接的な効果は分かりませんが、2か月で4㎏の減量に成功しました。リバウンドしないために、これからも継続していきます。

インターネット広告や雑誌で話題になっていたので、ミドリムシナチュラルリッチを購入しました。仕事が毎日忙しく、睡眠不足やすぐにイライラすることで悩んでいました。イライラを紛らわすために、毎晩晩酌をしていて、気づけば1年間で8kg増。生活習慣を改善しながらダイエットをしたいと思い、藁にもすがる思いで飲み始めました。飲み始めてまだ1か月ですが、まずは便通が良くなりました。ダイエット効果はまだないですが、期待して続けようと思います。


防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)


防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)は、溜まった脂肪を分解・燃焼・排出促進をする漢方薬です。
漢方薬と言えば日本国外で生産されているものも多いので「安全面は大丈夫なのか?」「副作用はないのか?」など、心配に思う方も多いかもしれません。しかし防風通聖散は、第2類医薬品に認定され、満量処方されている漢方なので安心して飲むことができます。
防風通聖散の特徴は2つあります。

原生薬を満量処方していること

漢方薬の処方は、1日で必要な摂取量に応じて漢方の配合バランスが決められます。1日に必要な漢方薬がすべて配合されているものが「満量処方」、1日に必要な量の半分のものを「1/2処方」と呼びます。もちろん、1日に必要な漢方量がすべて入っている「満量処方」をする漢方薬を使用することがベストです。

脂肪を落とすための18種類の生薬を配合していること

防風通聖散は脂肪を落とすために18種類の生薬を配合し、代謝を高め便通を促し、清熱させ利尿させるデトックス効果が抜群の生薬がたくさん含まれています。漢方の効果は体質・体調によって異なりますが、これだけの成分が含まれているため、ほとんどの方が身体に合う生薬があり漢方の効果が実感できます。

防風通聖散の口コミは?
今までダイエットサプリメントをたくさん試してきたのですが、結果はでず…。雑誌で取り上げられていたのを見て、ダメ元で購入しました。2か月で60キロ→54キロまで、6キロの減量に成功!今でも信じられません。これを機に、自分の食生活もちゃんとして、健康な体を手に入れようと思います。
使用4回目のリピーターです(笑)軽い食事制限(夜6時以降に食べないなど)とあわせて毎日飲んでいます。使用1か月で5キロ減。久しぶりに会う友人にも「なんか痩せた?」と言われました。錠剤は、正直漢方っぽい独特の味とニオイがしますが、すぐに飲めるので特に気になりません。漢方が苦手な方にもおすすめします。

とにかく便通がよくなる。常に下腹がポッコリしているのが悩みでしたが、続けて便通が良いので、下腹のお肉が消えました!ただ、しばらく飲むのを辞めたら元通りに…サボらずに続けようと思います。


三黒の美酢


三黒の美酢は、2015年度黒酢にんにくランキングで第1位を受賞した黒酢・黒にんにく・黒卵黄脂の3つの成分から作られたサプリメントです。
体重が減らない、常に身体がだる重い、毎日目覚めがスッキリしない、健康診断の数値にひっかかったなど、不規則な生活習慣で身体のバランスを崩している方、ダイエットをしたい方向けに作られました。

三黒の美酢の特徴は、

  • 宮崎県の有機的な土地で4代続く黒酢職人がこだわって作った「濃厚黒酢もろみ」
  • 鹿児島県で作られた、普通のにんにくの30倍のポリフェノールを含む「完熟黒にんにく」
  • 鹿児島県で有機野菜を食べて、放し飼いで育った地鶏の「有精卵黄油」

この3つの上質な原材料からできている点です。

三黒の美酢の口コミは?
社会人5年目、仕事が充実していて「大事な時に体調を崩したくない!」といつも思っていました。しかし、26歳を過ぎたころから、疲れが取れにくくなってしまって…週末にはヘトヘトで外出もできない…そんな日が続いて、私生活が全然楽しくない!と思うようにさえなりました。そんなときに、3歳上の姉から三黒の美酢を紹介されて飲み始めました。飲み始めて3週間経ったころから、睡眠をとると疲れが取れるようになり、週末に寝込むこともなくなりました。サプリメントを飲んでいる分、生活習慣にも気を遣うようになり、身体が元気になりました!
看護師なので、1か月のうち1/3は夜勤という不規則な生活をしています。加齢とともに体がきつくなり、体重が増え、すぐに体調を崩すようになりました。にんにくが身体に良いことを知っており、ネットで調べていたら、にんにく卵黄の口コミで三黒の美酢が1位だったので、購入しました。飲み始めて2ヶ月ですが、体重は3㎏減、身体も元気になったような気がします。

主人の食生活が心配でネットで探して三黒の美酢を見つけました。主人が中性脂肪が健康診断で引っかかったので、心配をしていました。飲み会も多く、夕食も遅い時間ばかりで…。身体が少しでも良くなるようにと三黒の美酢を飲ませ始めましたが、飲み始めて半年くらい経った頃から朝の目覚めが良くなったというようになりました。気になっていた体重も2か月で2キロ近く落ちたようで、まずは来年の健康診断の結果がよくなるよう、これからも飲ませたいと思います


ナットウキナーゼ


ナットウキナーゼは、大手製薬会社である小林製薬(株)が研究・開発した、納豆から抽出・精製される酵素を補充する栄養補助サプリメントです。
ナットウキナーゼは

  • 血液をサラサラにしたい
  • 脂肪や血圧の数値がきになる
  • 不規則な食生活をしている

このような悩み・問題をもつ方向けに作られました。
納豆に含まれる酵素であるナットウキナーゼの効果により、血液中の中性脂肪を減らしコレステロール値を下げます。また、血液をサラサラにするさらさらレッド(通常のたまねぎの1.5倍~3倍の抗酸パワーを含んだ赤たまねぎ)、魚に含まれるDHA・EPA(血液をサラサラにして、身体を健康にする成分)が豊富に含まれています。
これらの成分により、

  • 心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病の予防
  • 便秘の改善
  • 代謝の促進を行うため、余分な脂肪を除去
  • 血液の流れをよくして身体の内側から健康にする

などの効果が期待できます。

ナットウキナーゼの口コミは?
毎年の健康診断で血圧検査にひっかかり、「高血圧気味」と言われてきました。今までは特に気にせずに不規則な生活をしていましたが、30代後半になると、やっぱり心配になるもの。ナットウキナーゼを飲み始めてから血圧の数値も通常になったので、これからも続けたいと思います。
納豆が身体に良いことは分かっているのですが、苦手でどうしても食べられません。ここ数年、食生活が不規則で体重も5キロ近く増えたので、そろそろ何とかしないと…と思ってインターネットで調べて、ナットウキナーゼを購入しました。サプリメントなので、苦手な納豆の臭いもなく、安心して飲んでいます。

最近太ったなぁ…と悩んでいたときに、同じくコレステロール値が高いことで悩んでいた上司に紹介されて飲み始めました。飲み始めて1か月経ちますが、まだ体重減少はありません。ただ、今年の健康診断では高めだと言われていたコレステロール値と中性脂肪のレベルが下がり、「これはナットウキナーゼの効果では?」と思っています。あとは、自分でも食生活を改善して、健康な体づくりをしようと思います。


きなり


きなりは、健康な生活を維持するために必要だけど不足しがちなDHA・EPAを補給する栄養補助サプリメントです。主に、中性脂肪・高血圧・コレステロール値が気になる方がよく飲んでいます。

DHA・EPAは青魚に豊富に含まれていますが、毎日の食事で青魚を食べ続けることは難しく、健康を維持するために必要な栄養が足りないことが多いのが現状です。
例えば、成人のDHA・EPAの1日の摂取目安量は1000mgに対して、クロマグロの赤身のお刺身×5人前分に含まれるDHA・EPAの含有量は約500mgです。つまり、成人1日クロマグロの赤身のお刺身を10人前食べて、ようやく1日分の目安摂取量が摂取できるという計算になります。

そこで、きなりの特徴は2つあります。

DHA・EPAを酸化させない「アスタキサンチン」が含まれていること

中性脂肪・高血圧・コレステロール値を少なくして健康な身体に近づける効果があるDHA・EPAは酸化しやすく、酸化すると効果が薄れてしまいます。しかし「アスタキサンチン」という酸化を防ぐ成分によって、DHA・EPAはしっかりガードされています。そのため、これらのパワーを損なうことなく身体に栄養を届けることができます。
ちなみに、アスタキサンチンに守られたDHAとEPAは、強い抗酸化作用があるビタミンEの1000倍ものパワーがあると言われています。

DHA・EPAの生臭さをブロックしていること

DHA・EPAは魚のエキスをもとに作られています。そのため、どうしても魚臭さは出てきてしまいます。きなりは特殊製法によって独特の魚臭さをブロックしていますので、臭いが苦手な方も安心して飲むことができます。

きなりの口コミは?
1年ほど前から健康診断の結果が気になっていて、ネットで良いサプリはないか?と探していた時に、クチコミが良いきなりのことを知り、購入しました。飲み始めて、まず便通がよくなったことと、寝起きの疲労感が減りました。初めて3か月なので、次は体重が減ることを期待しようと思います。
病院の先生に「このままの食生活をしていたら、確実に生活習慣病になる」と忠告されました。そのことを友人に相談すると、私と同じようにコレステロールを気にしていて、最近きなりを始めたと聞き、私も購入しました。飲み始めて1か月ですが、体重は1キロ落ちました。サプリを飲むことで「サプリだけじゃなく、生活面も気をつけなきゃ」と引き締まり、生活習慣も改善してきました。

40代に入って、中年太りが気になり、そろそろ健康管理をちゃんとしないと…と思い、サプリを探しているときに、きなりを見つけました。飲み始めて1週間後から目覚めがよくなり、1週間過ぎ位から私には利尿作用があったのか、デトックス効果があって、むくみがなくなりました。体重も減ってきたので、内臓脂肪が減ったような気がします。


サプリメントだけでなく生活習慣の見直しも大事!


ここまで、忙しい毎日だとなかなか内臓脂肪を減らすのは難しいことから、手軽に内臓脂肪を減らす効果が期待できるサプリメントについてご説明しました。
しかし内臓脂肪を減らすためには、サプリメントだけの力だと効果を実感するまで時間がかかったり、限界がでてきてしまうこともあります。
もちろん、今回紹介したサプリメントを始め多くのサプリメントは健康効果が高く、身体に働きかけ効果が実感できるものが多いです。
そこでサプリメントと合わせて「生活習慣の見直し」を行うと内臓脂肪の減りが早まったり、サプリメントの効果を高めることができます

具体的に、先述した、

  • 規則正しい食生活をすること(野菜を摂取すること)
  • ストレスを溜めない生活をすること・睡眠をしっかりとること
  • 適度な運動をすること(内臓脂肪を減らすためには有酸素運動が効果的)

これらを実践することで生活習慣が見直され、健康な身体を手に入れることができます。

内臓脂肪を減らすのに効果的な運動は?


内臓脂肪を減らすのに効果的な運動は「有酸素運動」です。有酸素運動をご存じの方も多いのではないでしょうか。有酸素運動とは、身体に取り込んだ酸素を使って余分な脂肪や糖質を燃焼させてエネルギーに変えます。内臓周りに溜まった内臓脂肪をエネルギーに変えて、取り除くというわけです。

具体的な運動は、

  • ウォーキング(30分~60分)
  • ジョギング(軽度なもの)
  • 水泳
  • サイクリング

などです。
理想は毎日30分~60分のウォーキングをすることですが、忙しくて時間がとれないという方は、1週間に1回の水泳から運動を初めてみてください。水泳は短時間でも全身を動かすため、カロリー消費が多く内臓脂肪を減らすのに効果的です。

内臓脂肪を減らす食事内容・食べ方のポイント

内臓脂肪を燃焼・排出する効果がある栄養を摂取すること

具体的に

  • 食物繊維
  • カルシウム
  • ビタミン
  • リコピン
  • ミネラル
  • カフェイン

などが含まれた食材を積極的に食べることです。緑黄色野菜、青魚、豆腐、キノコ類などを意識して食べると、脂肪を燃焼・排出する栄養が豊富に含まれています。

1日3食摂ること


ついつい朝食を抜いてしまう…という方も多いかと思います。
人間の体は3食バランスよく食べることで、栄養が吸収されるようにできています。例えば朝食を抜いた場合、朝食に摂取する予定だった栄養は昼食時にまとめて吸収されます。そのため、1食抜いた食生活をしていると、栄養が吸収されすぎて分解しきれず、内臓脂肪となることが多いです。
3食まんべんなく食べることで栄養過多になることなく身体に吸収されます。

夜食とアルコールを控えること


内臓脂肪は、夕食を夜遅く食べたり、夜食を食べたり、アルコールを飲む機会が多い方によくつきます。飲み会の後に「シメのラーメンを食べに行こう!」なんて話になったことも多いのではないでしょうか?
これは最も内臓脂肪が付きやすい状況です。
そうは言っても、内臓脂肪がつく可能性があるものをすべて控えていてはストレスが溜まってしまいます。ストレスが溜まりすぎない程度に、夜食やアルコールは意識して極力控えることをおすすめします。

まとめ

気がついたらお腹がポヨンとしていた……こんな経験は誰でもあるものです。
簡単についてしまうけれど、落ちやすい内臓脂肪。ついたらすぐに対処してすぐに燃やしてしまいましょうね!

関連キーワード
サプリメント】の最新記事
  • シボヘールの口コミ・評判を徹底調査!効果的な飲み方についても調べてみました
  • シボガードの効果は?実際に試した人の口コミ・評判を徹底調査してみました!
  • ミスココの口コミ・評判を徹底調査!ダイエット効果は本当にある?
  • スリムフォーの口コミ・評判を徹底調査!最安値で購入できる販売店はどこ?
  • 内臓脂肪を減らすサプリ・漢方5選と口コミまとめ!今日から出来る改善方法もご紹介
  • デュアスラリアの効果・口コミ・評判を徹底調査!どこで買うのが最安値?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。