• 2017年1月24日 スキンケア
    角質粒を除去したい人必読!主な原因と取り方・対策まとめ
  • 2017年1月4日 症状別
    頭がふわふわする原因は何?気になるめまいの原因と改善・予防法まとめ
  • 2016年12月29日 サプリメント
    人気脂肪燃焼サプリの成分比較・口コミまとめ!気になるダイエット効果も徹底調査!
  • 2016年12月27日 髪の毛
    髪がゴワゴワする原因とその対処法。ツヤツヤ髪を取り戻す方法とは?
  • 2016年10月25日 サプリメント
    アミノ酸ダイエットサプリはどれが効果的?効果的なやり方・摂取のタイミングでガンガン脂肪燃焼!
  • 2016年9月8日 サプリメント
    基礎代謝を上げるサプリメントはこれ!代謝を上げてダイエット効果を最大限に!
  • 2016年4月28日 酵素
    こうじ酵素990円モニター募集中!話題のこうじ酵素の効果と口コミを検証してみました。


暖かくなってきて気になりだす足やワキのムダ毛たち……
「手軽に自宅でカミソリで処理してしまおう!」と処理をしても、すぐに生えてきてチクチクしてしまったりする上に、黒ずみの原因になるなんてことも聞きますよね。
これからの暖かい季節には欠かせないムダ毛処理について、それぞれのメリット・デメリットを調査してみました!
ぜひこの記事を参考に、ご自身にあったムダ毛処理の方法を見つけてくださいね♪

自分の合ったムダ毛処理方法を選ぶポイントは?


自分に合ったムダ毛処理方法を選ぶ際には、

  1. どの程度の仕上がりを求めるか
  2. コストはどれくらいかけられるか
  3. どれくらい手間をかけられるか
  4. 肌質はどうか
  5. 毛質はどうか

などを基準にしましょう。では、主なムダ毛処理方法をご紹介します。

カミソリ&毛抜きでムダ毛処理


手軽で簡単にできるカミソリや毛抜きでのムダ毛処理をしている方はとても多いですよね。そんなカミソリや毛抜きによるムダ毛処理のメリットとデメリットを考えてみましょう。

カミソリは、どこのドラッグストアでも購入でき、脇用や背中用、脚用など種類が豊富で、剃りたい場所に適した商品を見つけやすいです。テレビCMなどでも様々な商品が紹介されていて、種類も豊富です。
カミソリには主にT字型のものとI字型のもの2種類があります。T字型は手足や背中など広範囲の部位、I字のものは指や顔など細かい部分に使用します。最近では5枚刃のカミソリや、ソープ付きのカミソリなど様々な商品が販売されています。家庭でできるムダ毛処理方法の中でも最も一般的ともいえるのがカミソリでの処理ではないでしょうか。

まずはカミソリのメリット・デメリットについて紹介します。

メリット
自宅で、痛みを感じずに手早く広範囲を処理できることが最大のメリットだといえます。ほとんどの商品は1000円ほどと安価です。とはいえ消耗品なのでこれはメリットとはいいがたいですね。
デメリット
刃で毛を切るわけなので、その断面はとがった状態になります。そのため、剃った後は肌がチクチクし、見た目にもあまり美しくありません。さらに、すぐに生えてくるので2~3日に一度は剃らなくてはいけません。結構めんどうくさいですよね。

さらに、カミソリの刃が肌に当たり肌の表面をそぎ取ってしまうので、カミソリ負けをする方もいらっしゃいます。とくに乾燥肌・敏感肌の方は注意が必要です。また、カミソリは水回りに置いておくことが多く、菌が繁殖することもあります。

カミソリによってできた傷に菌が入り込まないとも言い切れません。さらに、買い替えるのが面倒だからと同じカミソリをずっと使っていると、切れ味が悪くなます。すると強い力で押し当ててしまいがちなので、肌への負担も大きくなります。カミソリは、適切な方法での保管、定期的な買い替えが必要です。


毛抜きは、100円ショップでも購入できる身近で手軽なムダ毛処理グッズです。高いものでは、なんと2万円もする毛抜きがあるそうです。そんな毛抜きによるムダ毛処理のメリット・デメリットをご紹介します。

メリット
毛抜き以外に必要なものがなく、コストが安いといえます。また、場所を選ばずに行うことができるのもいいところですね。最大のメリットは仕上がりがいいこと。毛根から除去するのでチクチクすることなくすべすべの肌になることができます。根から抜くのでお手入れの頻度も1~2週間に一度くらいで済みます。
デメリット
一本ずつ抜くので、時間と手間がかかる、痛みがあることがデメリットです。また、毛抜きは無理に引っこ抜く作業なので、ムダ毛処理の中でも最も肌が痛む方法だといわれています。毛抜きでの処理を繰り返していると「埋没毛」になりやすくなります。
埋没毛とは、毛穴が角質で覆われ次に生えてくる毛が皮膚の中に埋もれてしまう状態のことを言います。埋没毛になってしまうとカミソリなどでも処理しにくくなりますし、数が増えると黒いプツプツがたくさんある肌になってしまいます。要注意ですね。埋没毛は、特に脇などにできやすいので毛抜きでの処理は控えましょう。

電気シェーバーでムダ毛処理


電気シェーバーは電機メーカー各社から発売されている商品で、女性用のものをレディースシェーバーなどと呼ぶこともあります。防水のものやVゾーンや脇用のアタッチメントが付属しているものなどがあります。そんな電気シェーバーのメリット・デメリット比較してみました。

メリット
電気シェーバーは安いものだと1000円台から購入できます。電池を入れ替えるなどすれば長く使えるのでコストパフォーマンスに優れた処理方法だといえます。どこでもすぐに使えて、気づいたときにさっと処理できるのも魅力です。旅行先にも持っていけます。カミソリと同様に広範囲を一度に痛みなく、処理できます。

さらにカミソリと異なり、直接肌に刃があたらないので、カミソリ負けのリスクが低く肌に優しい処理方法だといえます。
デメリット
カミソリよりも浅く剃るので、毛穴が目立ちやすく黒いポツポツが残ってしまうことがあります。肌を触った際には、つるつるしておらず、チクチクと感じられます。

浅剃りなので、次の毛がすぐに生えてしまいます。ほぼ毎日、処理を行わなければならないというのが最大のデメリットです。

除毛クリームでムダ毛処理


アルカリ性の専用クリームが毛を溶かすことでムダ毛を処理するのが除毛クリームです。ドラッグストアなどで売られています。お風呂場で使用するものが多いです。保湿成分が配合された敏感肌用などの商品もあります。安いものだと数百円から、高いものでは数千円のものまであります。そんな除毛クリームのメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット
除毛クリームの最大の魅力は、仕上がりの良さ。カミソリとは比べ物にならないほどつるつるに仕上がります。アルカリ成分で毛を溶かすので、とがった毛の断面が生じません。毛が生えてきても断面が丸いのでチクチクしません。

毛の根元までしっかりと溶かしているので、次の毛が生えてくるまでの時間がカミソリよりも長いです。処理の頻度としては週に2~3回くらいです。

また塗ってシャワーで流すだけという手軽さも人気の秘訣です。塗るだけなので、背中などカミソリだと危ない部位も安全に処理できます。待ち時間も5分ほどなのでかかる時間も短いですね。痛みもありません。
デメリット
毛を溶かすほど強い薬品なので、肌へのダメージは当然あります。除毛クリームはpH10~13という強いアルカリ性を示します。肌の表面は弱酸性になっていますが、除毛クリームによってバランスが崩れ、肌のバリア機能が失われてしまうことが考えられます

ほんの少しですが、肌の表面が除毛クリームによって溶けてしまい、肌が弱い方はかぶれてしまうこともあるので要注意。また、薬品にアレルギー反応を起こすこともあります。使用する前のパッチテストを必ず行ってください。

ブラジリアンワックスでムダ毛処理


海外では一般的なブラジリアンワックスでのムダ毛処理。日本でも専用サロンが少しずつ増えてきていますよね。ブラジリアンワックスの元々の原料は砂糖とはちみつ。ワックスをシートに塗り、ムダ毛処理したい部分に貼って、勢いよくはがすという使い方をします。最近ではシートにワックスが塗ってあるものも売っています。そんなブラジリアンワックスのメリット・デメリットです。

メリット
ブラジリアンワックスは、一度に広範囲の処理ができるというメリットがあります。また、毛根から抜いてしまうので仕上がりが美しいです。また、次に生えてくるまでの期間が長いので処理の頻度が少なく済みます

ブラジリアンワックスをずっと続けているとその期間がどんどん長くなるという話もあります。初心者は、10日から3週間くらいに一度の処理が必要ですが、何度もやっていると、最大で6週間に1度くらいの頻度で済むようになるそうです。
デメリット
ワックスを塗ってはがすので痛みがかなり強いです。ブラジリアンワックスというと海外の方がビキニラインの処理に使っているというイメージがありますよね。ですが、ビキニラインやIラインなどは痛みが強く、肌が弱く、毛が濃い日本人には耐えがたいそうです。

また、毛抜きと同様に肌へのダメージが強いです。埋没毛のリスクも高いです。肌が弱い方は、処理後に肌が赤くなってしまうこともあります。無理に続けていると、毛穴が盛り上がってしまい、肌が常に「鳥肌」の状態になってしまうことがあります。

ブラジリアンワックスを行う場合は、自己処理としてではなく、サロンで相談してから行った方がいいでしょう。ですが、ブラジリアンワックスは永久脱毛ではないので、何年サロンに通っても毛はなくなりません。それならば永久脱毛のサロンに通った方がいいかもしれませんね。

家庭用脱毛器でムダ毛処理


家庭用の脱毛器は、レーザー方式の商品やフラッシュ方式の商品がありますが、フラッシュ方式のものが一般的です。数万円から数十万円のものまであります。価格が安いものではないので「脱毛器ってどうなの?」とお思いの方も多いのではないでしょうか。そんな家庭用脱毛器のメリットとデメリットです。

メリット
家庭用脱毛器はサロンに比べて時間はかかりますが、ずっと使っていれば、しだいにムダ毛が少なくなります。これは他の自己処理とは違う点ですよね。また、サロンに行かずに好きな時に自分のペースで行うことができます。サロンの予約が取りにくい、交通費がかかるなどと悩む必要がありません。

自分でできるので「サロンのスタッフに体を見られるのが恥ずかしい」という方は家庭用脱毛器がいいかもしれませんね。

脱毛器自体が数万円するので高いと思われるかもしれませんが、サロンに比べるとやはり安いです。脱毛したい部位すべてに何回も使えます。交換用のカートリッジがある商品もあります。美顔器モードがついている商品もあるので、一台で脱毛と美顔ができてお得です。
デメリット
サロンと比べると、出力が弱く効果がでるのにかなりの期間がかかるというデメリットがあります。毛が濃い部位をつるつるにするというのは難しいかもしれません。また、一か所ずつ脱毛器を肌に当てていくので全身隈なくやろうと思うと結構時間がかかります。

サロンと違いスタッフにやってもらえないので出力を強くし過ぎてやけどをしたりすることもあるようです。出力は弱めで、よく冷やしてから行い、終わった後はしっかりと保湿をするように心がけましょう。

【おすすめ家庭用脱毛器】脱毛器ケノン


脱毛器ケノンは、通信販売限定ながら大人気のフラッシュ方式脱毛器です。現在までに40万個売れています。出力を10段階から選べること、使い勝手が良いことが人気の秘訣です。

照射範囲は家庭用脱毛器トップクラスの広さで、2.5×3.7cm。1つのカートリッジで最大20万回照射することができます。1ショット、3連射、6連射、自動のモードが選べます。 目の回り、Iライン、Oライン以外、全身に使用できます。2週間以上あけて使い、15~30回ほどで毛が少なくなったと実感できる方が多いようです。

もともと毛がそこまで濃くないうなじや背中は2週間に1度の照射で、半年くらいで気にならないくらい薄くなってきました!処理が楽になりました!手足はまだありますが、するっと抜けるので弱くなってきたのかなと思います。
最大出力にしたら痛かったので、レベル6で使っています。普通に効果があって驚きました。顔に使えるのがうれしい!。
娘と一緒に使っています!娘はコンプレックスが無くなったのかミニスカートをよく履くようになりました!私は美顔器としても重宝しています。明らかに化粧ノリが良くなりました。

脱毛サロンでムダ毛処理

メリット
サロンによる脱毛はプロによって行われるのでムラなくきれいに仕上げてもらえます。安全面も自己処理よりも優れています。

しばらく通えば、永久に無毛とまではいきませんが、かなり毛が少なくなります。ほとんどの人はクリニックでの医療脱毛をするまでもなく、サロンでの脱毛で十分なのだとか。毛が少なくなると日々のお手入れが楽になりますよね。

キャンペーンや月額払いを行っているサロンもあるのでお財布に余裕がない方でもOK。基本的にサロンは駅近など利便性の良いところにあるので通いやすいです。
メリット
デメリットとしては、数年後に毛が生えてくることがあるということ。サロンでの脱毛は永久脱毛ではないので、要注意です。とはいえ量が減るのは間違いないので処理にかかる時間は確実に減ります。

サロンへ行くには専用サイトや電話から予約する必要があります。人気サロンであればあるほど予約が取りにくい傾向にあります。予約がしやすいところを選びましょう。

サロンによっては他の部位の脱毛、化粧品などの勧誘、販売がしつこいというところもあります。「勧誘ゼロ」と公言しているサロンもありますのでそちらを選ぶようにしましょう。

長い目で見たらやっぱり脱毛サロンで行うのがおすすめ!

自己処理を頻繁にしていると、肌への負担が大きくなってしまいます。サロン脱毛をしてしまえば自己処理が不要になるので楽ですし、お肌にもいいですよね。また費用は掛かりますが、自己処理にかかるカミソリ代などの費用を考えると長い目で見るとトントン、もしくはサロンの方がお得かもしれません。

ミュゼプラチナム

ミュゼプラチナム

テレビCMや雑誌などでおなじみのミュゼプラチナム
こちらは肌に負担のないS.S.C脱毛を採用しています。また、抑毛効果のあるジェルで肌を保護してくれるので、相乗効果が期待できます。
アプリで予約ができるのもとても便利!予約が取りにくいという口コミがありますが、少しずつ改善されているようです。追加支払いや無理な勧誘などありません。途中解約は返金OKです。
お得なキャンペーンが定期的に行われているのでぜひ利用しましょう。

キレイモ

キャンペーンバナー

モデルさんに人気のキレイモ。最大の特徴は冷却ジェルを使用しないスタイルだということ。特殊な機械を使用していて照射しても熱くならず、ひんやりするのです。ジェルでべた付かないのがうれしいですね。
また、一回で半身脱毛できるので通う回数が他のサロンより少なく済みます。終了後にむくみがとれるマッサージをしてもらえるのもポイント。途中解約返金OK、勧誘なしです。

脱毛サロンへ通い始めるのはいつ頃がオススメ?


脱毛中はお肌が紫外線に対して敏感になっています。そのため、紫外線が弱くなり長袖を着用しはじめる秋から通い始めるのがおすすめです。
次の年の夏には薄くなり、さらにその次の年の夏には脱毛が完了していることが期待できますよ♪

脱毛サロンで処理してもらうの恥ずかしくない?


サロンでの脱毛の場合、素っ裸で放置されたり、デリケートゾーンが丸見えになっていたりということはほとんどありません。専用のローブやタオル・紙パンツなどを使い、隠しながら行うことがほとんどです。

スタッフはプロなので恥ずかしがる必要はありませんが、どうしても恥ずかしいという場合はカウンセリングでその旨を伝えましょう!羞恥心を感じにくいよう配慮してもらえる場合があります。

どうしても自己処理で行いたい人におすすめの処理方法は?

基本的にはサロンでの脱毛がおすすめですが、どうしても自己処理がしたいというのであれば

  • 普段は肌へ負担をかけない電気シェーバーをメイン
  • 海や温泉に行くというときは除毛クリームやブラジリアンワックスを利用する

というように使い分けをするのがおすすめです!

まとめ

ムダ毛処理の方法はたくさんありますね。ですが、むやみに処理すると肌を傷つけてしまうことがあります。肌に優しい方法で処理したいですね。
やはり、長い目で見ると脱毛サロンに通うのがおすすめ。ムダ毛が少なくなると、日々の生活にゆとりがうまれますよ。

関連キーワード
脱毛/抑毛】の最新記事
  • エピサラの口コミ・効果・使い方を徹底調査!市販(薬局)では購入出来る?
  • ヤーマン脱毛器『レイボーテグランデ』の口コミ・効果を徹底調査!効果的な使い方は?
  • プリュムインバスリムーバーの口コミまとめ!楽天よりもお得に購入する方法もご紹介♪
  • ムダ毛処理おすすめ方法まとめ!それぞれのメリット・デメリットを徹底比較!
  • パイナップル豆乳ローションの脱毛効果は本当?効果と口コミ・評判について徹底調査!
  • 顔から足先まで全身使える脱毛・抑毛クリーム『ヘアーリデューシングクリーム』の成分、口コミ・評判まとめ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。