• 酵素
    こうじ酵素990円モニター募集中!話題のこうじ酵素の効果と口コミを検証してみました。
    2016年4月28日
  • 髪の毛
    髪がゴワゴワする原因とその対処法。ツヤツヤ髪を取り戻す方法とは?
    2016年12月27日
  • サプリメント
    人気脂肪燃焼サプリの成分比較・口コミまとめ!気になるダイエット効果も徹底調査!
    2016年12月29日
  • 症状別
    頭がふわふわする原因は何?気になるめまいの原因と改善・予防法まとめ
    2017年1月4日
  • スキンケア
    角質粒を除去したい人必読!主な原因と取り方・対策まとめ
    2017年1月24日
  • サプリメント
    アミノ酸ダイエットサプリはどれが効果的?効果的なやり方・摂取のタイミングでガンガン脂肪燃焼!
    2016年10月25日
  • サプリメント
    基礎代謝を上げるサプリメントはこれ!代謝を上げてダイエット効果を最大限に!
    2016年9月8日

086946
現代人のほとんどが、慢性的な睡眠不足といわれています。
睡眠不足は太ると言われていますが、それは成長ホルモンの分泌が順調におこなわれていないからです。
成長ホルモンは大人にも必要なホルモンで、肌を再生したり、肥満を防ぐなど様々な役目をする大切なホルモンです。
このホルモンの分泌が少ないと、肌トラブルや肥満症状が現れます。

睡眠不足は太る?睡眠不足によるデメリット

089205
睡眠不足になると太りやすい原因の一つに自律神経が関係しています
自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、交感神経は食事からとった栄養素を効率よくエネルギーに変える働きがあり、副交感神経は栄養を体内にため込もうとする働きがあります。
交感神経は昼間に活発になり、夜は副交感神経が優位になります。そのため遅くまで起きていてお腹がすき何かを食べると、肥満になってしまいます。
また、睡眠不足の状態が続くと血液中にインスリンが残り、脂肪がつきやすくなります。すると肥満になるだけでなく、糖尿病になる可能性もでてきます。

睡眠不足はダイエットの大敵どころか糖尿病や高脂血症、高血圧などの生活習慣病の原因にもなってしまうのです。

近年増えている「睡眠不足症候群」について

fusoku
睡眠不足症候群とは、睡眠時間が足りないにも関わらず本人にはその自覚がなく、日中に慢性的なだるさや、疲労感、無気力感、集中力の低下、体の冷えや便秘など様々な症状に悩まされます。睡眠障害が続くとうつ病の引き金になってしまうこともあります。
また、睡眠不足が続くと基礎体温が下がり免疫力が低下し病気にかかりやすくなります

毎日十分な睡眠をとっているにもかかわらず、慢性的な睡眠不足を感じているようなら次の様な病気の疑いもあります。

ナルコプシー

1000人から2000人の1人の割合で10代から発症する病気で、夜に十分な睡眠をとっているにもかかわらず、日中も眠くて辛抱ができない症状が現れます。

副腎機能の低下

腎臓の上の臓器で、機能が低下すると体がだるくなり、寝起きが悪くなります。

睡眠時無呼吸症候群

夜中に自分のいびきで目が覚めたり、朝起きるとのどが乾くなどの症状があります。

きちんと睡眠を取ることのメリット

462443
睡眠がしっかりとれていると、生活がアクティブになります。十分な睡眠は頭の回転を良くするので、判断力や段取り力が働き仕事や勉強がスムーズに運びます。
睡眠を十分にとると、自律神経が正常に働くので、無駄な汗をかきにくくなります。

ミドル臭や加齢臭などの不快な臭いは、疲労やストレスも一因と言われていますが、体臭が睡眠不足からくることは確かなようです。

他にも、睡眠をきちんと取ることのメリットは色々ありますが、ぐっすりと眠ると一晩で300calが消費されます。眠れば眠るほどカロリーが消費されるわけではありませんが、良質な睡眠とダイエットは大いに関係があります

また、年中何かしら体の調子が悪い人は、白血球が作られにくい体質なのかもしれません。
白血球は、睡眠中に作られ、体に侵入したウイルスや体の中にできた悪玉コレステロールを取り去る役目をしています。
睡眠はとても重要です。質の良い睡眠を取ることで体質も改善できることができるのです。

何時間眠ればいい?人間に必要な睡眠時間

年齢によって必要な睡眠時間は違ってきますが大人の場合は、睡眠時間が7時間の人が健康で寿命も長いようです
以前は10時から深夜2時までの間に成長ホルモンが分泌されるので、この時間に眠るのが理想的だとと言われていましたが、何時に寝ても眠りについてからの3時間に成長ホルモンが分泌されることが分かってきました。
また、たとえ睡眠時間が短くても本人に熟睡した実感があり、すっきり目覚められれば、さほど睡眠時間にこだわる必要もないようです。

反対に睡眠時間が長くても眠りが浅いと、日中の集中力が低下してしまいます。
眠れない日が続いてもいつもと同じ時間に起きるようにすると睡眠と覚醒のリズムが整います。 
 

質の良い睡眠のためにおすすめの方法

睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠が90分ごとに交互にくり返されます。
このことから、90の倍数で目覚めるとすっきりと目覚めることができます
眠りについて4時間半、6時間、7時間半に起きれば、睡眠不足を感じることが少ないようです。目覚まし時計をその時間に設定してみましょう。

レム睡眠とは、体は眠っているのに脳は活動している状態です。一方ノンレム睡眠は深い眠りで体も脳も休んでおり、筋肉の修復や免疫機能、神経回路の調整がおこなわれます。
体質にもよりますが、少ない睡眠時間でも眠りのサイクルにそった睡眠をとっていると、日中睡魔に襲われることもなく、快適に過ごすことができます。

寝る前に腹式呼吸で睡眠の質を上げる方法

057955
寝る前に腹式呼吸をすると、リラックス効果が得られ眠りにつきやすく、寝起きもよくなります。
簡単な腹式呼吸のやり方は、お腹に手を当ててゆっくり息を8秒かけて吐き、4秒かけて息を吸います。

寝室の環境を整えて良質な睡眠を得る方法

健やかな睡眠のためには寝室によけいなものを置かないことが大事です。
ベッドの近くに本棚などがあると、無意識のうちに地震などで倒れてくる恐怖感を感じています。
また、寝具のかたさや柔らかさ、枕の高さなどは、個人の体型によって選ぶようにします。
睡眠のための適温は、夏なら25℃、冬なら13℃、湿度は50~60%が目安です。
ぐっすり眠ってすっきり起きるために、寝室の環境を整えるようにしましょう。

まとめ

086945
私たちの健康と美容に欠かせないのが睡眠です。
赤ちゃんは16時間、3~18才は10時間、19~55才は8時間、65才からは6時間が理想の睡眠時間と言われていますが、睡眠は成長を促し老化を遅らせる働きをしています。
質の良い睡眠を取り続けることができれば、健やかな人生を送ることができると言っても過言ではありませんね。

関連キーワード
健康の関連記事
  • 北国の恵みの口コミ評価・効果を徹底調査!最安値は楽天?Amazon?
  • イサゴールの便秘解消効果は本当?実際に使った人の口コミ評判を徹底調査!
  • 女性におすすめのHMBサプリ6選をランキング!効果的な飲み方も調べてみました。
  • 人気エクオールサプリランキング!口コミで最も評価の高かったサプリはどれ?
  • むくみ解消サプリ人気ランキングを徹底比較!口コミで評価が高いサプリはこれ!
  • 血液サラサラサプリ人気7選の口コミ・成分を徹底比較!おすすめはどれ?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事