コーヒーはちょっと疲れたなーと思った時や一息入れたいなと思った時に飲むのに適した飲み物。
休憩の時に飲むとほっとした気分になり、リラックスできますよね!

それにコーヒーを飲む事で気分も切り替えることが出来るし頭も冴えるから好んで飲んでいる人もいると思います。
そういえばこの普段から何気なく飲んでいるコーヒーですが、ダイエットにも活用できるって知っていましたか?
うまく飲む事でダイエットにも利用している人もいますので興味のある人は試してみて下さいね!

【スポンサードサーチ】




コーヒーはダイエット中に飲んでも大丈夫?


いつもコーヒーを好きで飲んでいるという人にとって、「普段飲んでいても特に痩せないしダイエットには関係ないんじゃないの?」と思ってしまいますよね。
でも、実はコーヒーはダイエットに向いている成分を含んでいるんです!
注目したい成分は以下の2つです。

カフェイン

カフェインはコーヒーに多く含まれている成分です。
カフェインを摂取する事で体の中でアドレナリン、そしてノルアドレナリンといったホルモンが分泌されるようになります。
これらのホルモンが分泌されることで内臓脂肪が分解されやすい状況になるので、適度なカフェイン摂取というのは内臓脂肪対策になるのです。

クロロゲン酸

コーヒーに多く含まれている成分でポリフェノールの仲間になります。
クロロゲン酸は脂肪燃焼効果や血糖値が上がるのを抑えてくれる働きがある事がわかっているので、今体についている脂肪対策に、そして血糖値上昇を抑える事で脂肪の合成も抑える事につながりますので予防対策にもなるので、ダイエット中は摂取したい成分です。
更に抗酸化成分にもなるので、体の活性酸素を取り除く働きもしてくれるのでアンチエイジング対策にも役立ちます。
クロロゲン酸は熱に弱い性質があるので、焙煎豆よりも焙煎前の生豆に多く含まれています。

ダイエット中に控えたほうが良いコーヒーの種類とは?

『コーヒーならダイエットの強い味方だからたくさん飲んだ方がいいんじゃない?』
と思って色々なコーヒーを飲んでみたけど、効果がなかった!という人や逆に太ったかも?という人がいたり、これまでコーヒーは好きだから飲んでいるのに痩せない・・・という人はもしかしたら間違ったコーヒーの飲み方をしているかもしれません。
コーヒーの中でもダイエットに向いていないコーヒーの種類がありますので当てはまったものを飲んでいなかったか、確認してみて下さい。

加糖の缶コーヒー


普通に砂糖とミルクが入っているタイプの缶コーヒーはおいしいのですが、結構糖質の量が多いです。
わかりやすく言うと角砂糖3個分から4個分の糖分が入っているものが多いです。
それに最近ではペットボトルのタイプのコーヒーが販売されるようになりましたが、量が多くなるため角砂糖10個分以上の糖分が入っているものもあります。
微糖コーヒーでも缶で角砂糖2個分ぐらいは入っていますし、糖質を多くとってしまう事になりますから加糖コーヒーはダイエット向きではありません。
1日に何本も飲むという場合、コーヒーだけでものすごい量の糖質を摂る事にもなります。
もし、缶コーヒーを選ぶ場合は無糖のブラックコーヒーを選ぶようにしましょう。

カフェラテ、カフェオレ、カプチーノ、カフェモカ


カフェラテは牛乳がたっぷりと8割ほど使用されます。
カフェオレは牛乳の量がカフェラテより少ない5割ぐらいの割合になります。
カプチーノは泡立てた牛乳をプラスします。
カフェモカもコーヒーにチョコレートシロップ(またはココア)、スキムミルクで作られます。
このように名前によって作り方に若干の違いがあります。
 
これらの種類はシロップなどを加えて飲みやすくするものが多く糖分が多くなりがちなので、ダイエット中はあまり向いていない種類になります。
同様にこれらのタイプのスティックコーヒーも、あらかじめ砂糖がプラスされている状態なので糖分が多くなります。
控えるようにした方が良いでしょう。
 
このように、コーヒーでも加糖の状態で飲んでしまうと、糖分の摂り過ぎになってしまうというデメリットがあるという事がわかりました。
コーヒーの苦みとかがある分、糖分が結構入っていてもわかりにくいですよね。
美味しいのでついつい手が出てしまいそうになりますが、ダイエット中はこれらのコーヒーを飲むのは控えるようにしておきましょう。
 
ダイエット中のコーヒーは無糖のブラックで飲むようにしてみましょう。
ブラックで飲む習慣をつけるだけで、これまで加糖コーヒーを飲むのも控える事になりますから、これだけでもダイエット効果が期待できますね!
もしブラックだと物足りないと感じるようであればバニラやマカダミアナッツ、チョコなどのフレーバーが入ったコーヒーを利用するのもおすすめです。

スポンサーリンク

ダイエット中にはこんなコーヒーを選ぼう

  • ダイエットをしようとしてもなかなかスムーズにスタートできない
  • 毎日疲れてしまってダイエットどころじゃないし、ついつい明日から始めようと思ってしまう
  • ダイエットをしてもなかなか効果が出ない
  • 体重計に乗るのが怖い

そんな悩みを持っている人が多いと思います。
コーヒーを活用するダイエットであれば、コーヒーを飲む習慣をつけるだけで実践できるから忙しい人でも出来そうですよね!
 
『ダイエット中でもおいしくコーヒーを飲みたい!』
そう思っている人が多いと思います。
そこでダイエット中に愛用している人が多いコーヒーがあるのでご紹介します!

エクササイズコーヒー

ダイエットで重要視したいのが「脂肪を効率よく燃やす事」だと思います。
エクササイズコーヒーには脂肪を燃やすサポート成分の

  • クロロゲン酸
  • L-カルチニン
  • コエンザイムQ10

を配合しています!

クロロゲン酸
クロロゲン酸はコーヒーを焙煎した際に熱で量が減ってしまっているのですが、エクササイズコーヒーは生豆状態、つまり焙煎前のコーヒー豆のクロロゲン酸を配合しているので通常のコーヒーより多くのクロロゲン酸を摂取できます!
 
人気の秘密はブラジル産の焙煎豆を使って作られているところです。
そしてスプレードライ製法にする事でホットでもアイスでもおいしくコーヒーを楽しむことが出来ます。
L-カルチニン
そしてL-カルチニンといえばダイエットサプリメントに入っている成分としておなじみですよね。
ダイエット成分の中でも脂肪燃焼効果が期待できます。
実はこのL-カルチニン、体の中に含まれている成分なのですが、年齢に伴って段々と減少してしまうんです。
なので失った分のL-カルチニンをエクササイズコーヒーで手軽に摂取することが出来ます!
コエンザイムQ10
更にダイエットする時に一緒に出てくる悩みが「キレイに痩せることが出来ない!」という点です。
痩せることが出来たけどお肌がカサカサ、シワシワになってしまったという経験を持っている人も多いと思います。
エクササイズコーヒーに配合されているコエンザイムQ10は体に吸収されやすい還元型のコエンザイムQ10になりますので、ダイエットしつつも美容面も気遣う事が出来るのでうれしいですね!

ダイエット用のコーヒーなのに普通にドリップコーヒーのおいしさを味わうことが出来るので人気なんですね!
モンドセレクションの金賞を受賞するだけでなく、楽天でもダイエットコーヒー部門でリアルタイムランキングの1位を獲得した事がある位なのでおいしさが評価されている事はわかります。
1日あたり1杯から3杯が目安量になります。

エクササイズコーヒーの口コミはどう?

エクササイズコーヒー、脂肪燃焼成分も期待できるし普通のドリップコーヒーのおいしさを味わうことが出来るので飲んでみたいですよね!
でも実際買ってみて味が残念だった、思うように痩せなかった・・・という事がもあるかもしれませんから、しっかりと口コミも見てみましょう。

良い口コミ
もうダイエット商品とは思えないおいしさ、普通にドリップコーヒーの味です!
特に癖も無いのでこれなら続けて飲むことが出来ます!
このコーヒー飲んでからウォーキングに行くようにしてたんですが、汗をかく量が増えました。
停滞期で変化なしだったのが1か月で今2㎏程減っています。
コーヒー飲んでお風呂に入ったりしていました。
汗をかくようになったし、周りの人からも痩せた?って聞かれるようになりました。
悪い口コミ
普段コーヒー飲んでいたのでこのコーヒーに変えたら痩せるのかな?と思いつつ飲んでいたのですが特に変化なしです。
味はおいしんですが、飲んでいても特に痩せません。
運動もしないとダメなんでしょうか。
まだ1週間しか飲んでいないけど特に体重を含め体に変化なし。
続けて飲もうとするとちょっとコスト面がかかるからどうしようって思っています。

このように色々な人がエクササイズコーヒーを飲んで評価しています。
良い口コミでは味がおいしい!汗の量が増えた!体重にも変化があった!というものが多かったです。
一方、悪い口コミの場合は体重に特に変化なしというものでしたが、まだ飲んで期間が経っていない人からの口コミも含まれていたり、コスト面を考えて続けようか迷っている人もいました。
エクササイズコーヒーは即効性はないので、ある程度継続して飲んでみたり、脂肪燃焼につながりやすい行動をしてみると効果の実感がしやすいのかもしれないと感じました。

コーヒーは工夫次第でダイエットの強い味方にも♪

コーヒーを飲む時、皆さんはインスタントやドリップ、缶などを利用すると思います。
ダイエットの時におすすめしたいのがドリップを利用する方法です。

ドリップコーヒーはダイエット向きの成分の「クロロゲン酸」が多く含まれているからです。
 
ドリップがない時にはインスタントコーヒーでも構いません。
この時に、ただなんとなくコーヒーを淹れるだけでなく温度に注意してみて下さい。
お湯の温度は80℃超えないようにします。
80℃以上の温度の熱湯を使ってしまうとクロロゲン酸の成分が壊れてしまうため、効率よくクロロゲン酸の摂取が出来なくなってしまうからです。
なので、お湯の温度にちょっと気をつけるだけで、クロロゲン酸の量をなるべく減らさないで飲む事が出来るようになりますよ!

ダイエット中におすすめしたいコーヒーの飲み方

ダイエット中に糖分を使わないブラックコーヒーを飲めば、うまく脂肪燃焼につながる可能性があるんですね!
でもどうせ飲むならより効果的な飲み方をしたいものです。
ここでは、ダイエット中にプラスする事でより効果が期待できる飲み方をご紹介するので試してみて下さい!

飲む温度はホット?アイス?

通常、コーヒーを楽しむ時にはアイスコーヒーかホットコーヒーを利用する事が多いと思います。
ダイエット中は出来ればホットコーヒーがおすすめなんです。

なぜかというと、食べ物が体に与える作用というのがそれぞれあるのですが、「体を温める食品」と「体を冷やす作用のある食品」というのがあります。
体を冷やす作用のある食品の特徴の中に「暑い地域で収穫された食べ物」という条件があります。
コーヒーの産地は多くが暑い地域で収穫されており、分類的には体を冷やす作用のある食べ物という事になるのです。
冷たい飲み物を飲むと身体を冷やしてしまう傾向があるだけでなくアイスコーヒーで飲むと更にその作用が出てしまう可能性があるのです。
 
体を冷やすと血行が悪くなってエネルギー代謝も悪くなってしまうという理由からも、ダイエット中にコーヒーを活用する場合はアイスコーヒーを避け、ホットで飲むようにしてみましょう。

スパイスをトッピングして飲む

ダイエット中にコーヒーを飲む時に、スパイスをコーヒーにプラスして楽しむのもおすすめです。
おすすめはシナモンやブラックペッパー、カルダモン、ジンジャーなどです。

粉末のスパイスが手軽に購入できるので、飲む前に一振りして更なる脂肪燃焼効果を期待しましょう。

運動前にコーヒーを飲む


クロロゲン酸やカフェインの脂肪燃焼効果を活用するためにも、ダイエット中の運動前にコーヒーを飲む事をおすすめします。
目安としては運動する30分ぐらい前になります。
コーヒーのカフェインは飲んでから20分ぐらいしてから効果が出てくるからです。
なので運動する30分ぐらい前にコーヒーで一息入れてそれから運動しましょう。
 
「カフェインの効果ってすぐに運動しないとダメ?」と気になる人もいると思いますが、カフェインの効果は2時間から4時間ぐらいはそのまま持続してくれるので大丈夫です!
運動前じゃなくても他にエネルギー消費が期待できる入浴前、買い物などで歩く前とかの体を動かす前に飲むのもおすすめです!

食事の前にコーヒーを飲む


コーヒーと食事で考えると普通、食後にコーヒーを飲むのがイメージ的に強いですよね。
ですが、ダイエット中にコーヒーを飲む場合は食前に飲むようにしてみて下さい。
 
食事の前にコーヒーを飲む理由は「血糖値」が関係しています。
食事をすると血糖値が上がりますよね。
この血糖値、上がりすぎると血糖値を下げようとしてインスリンが分泌されます。
このインスリン、血糖値を下げてくれる働きがあるのですが、このインスリンの分泌量が多いとその分、脂肪が合成されやすくなってしまうという特徴もあるのです。
なので、出来れば血糖値は上がり過ぎないようにしたいものです。
 
コーヒーのクロロゲン酸は血糖値の上昇を抑える働きがある事もわかっているので、この働きを利用するために食前に飲むようにします。
ただ、胃が弱い人は空腹時のブラックはおすすめできないので、無糖のミルク入りにして胃に負担をかけないようにした方が良いでしょう。
ダイエット中は食前のコーヒーで血糖値対策、習慣にしてみて下さい。

ダイエット中にコーヒーを活用する際はここに注意!

よし!コーヒーを飲むポイントもおさえたし、これでうまくダイエット出来るかな?と期待も持ててきました。
ただ、コーヒーを活用するにあたって注意しておきたい点もあります。

飲みすぎないように!

コーヒーを飲めば飲むだけ痩せるきっかけになるんじゃない?健康効果もありそうだし・・・と期待して1日に何杯も飲むようになるのはおすすめできません。
というのもダイエットの味方になってくれるカフェインやクロロゲン酸は胃を荒らす原因にもなるからです。
これらの成分は胃に入ってから胃を刺激して胃液が分泌されやすい状態になります。
そのため胃腸が弱い人は胃が荒れやすくなるという事です。
 
また、カフェインの摂取量が多いと一時的に具合が悪くなってしまう人もいます。
なので、ダイエット中コーヒーは1日の目安量として3杯程度、多くても4、5杯ぐらいで辞めるようにしておきましょう。

水分摂取も忘れずに!


コーヒーを飲むようにしているから水分はこれで大丈夫なんじゃない?と思ってしまう人がいるかもしれませんが、これもあまりお勧めできません。
コーヒーは利尿作用があるのでデトックス効果が期待できるといったメリットがあるのですが、その一方でトイレに行く回数が増える事になります。
それだけ尿として排出しているという事は、その分水分も体から排出してしまっているという事になります。
なので、コーヒーとは別に水分補給をしっかりとするようにして体が脱水状態にならないように気をつけるようにしましょう。

まとめ

普段、何気なく飲んでいるコーヒーですが、上手に活用すればダイエット効果が期待できるということが分かりました!
暑い中、あたたかいコーヒーを飲むのはちょっと・・・という方は、エクササイズコーヒーを利用してみてください。
アイスでも美味しく飲むことができますよ!
レポート記事もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事