「ポリフェノールが凄い!ダイエットや健康、アンチエイジングケアまでしてくれる栄養素!」
なんて騒がれたのは、だいぶ前のことですね。
今でもポリフェノールは多くの女性たちに嬉しい効果があるとして、赤ワインやチョコレートが注目されています。
確かに赤ワインやチョコレートにはポリフェノールはたくさんあります。
でも、それ以外のものにもポリフェノールが含まれているって知ってますか?
今回注目したいのはその名も「コーヒーポリフェノール」!

コーヒーポリフェノールには色々な効果効能があって、ダイエットや健康にも効果的なんです☆
そこでコーヒーポリフェノールにどんな効果や効能があるのか、どんな風に効果的なのか、そこを皆さんに解説していきたいと思います(*’ω’*)

【スポンサードサーチ】




そもそもポリフェノールとは?

そもそもコーヒーポリフェノールの「ポリフェノール」って何でしょうか?

皆さんもポリフェノールが良いとは知っていても、どんな風に効果があるのかしっかり分かっていない人もいると思います。
そこでまずはポリフェノールにどんな効果があるのか、ポリフェノールって何なのか、それを説明しましょう。
 
ポリフェノールとは言っても、そのポリフェノールがそのまま栄養素として存在するわけではありません。
ポリフェノールと言うのは数多くある成分の総称で、主に色素や苦み、渋みなどの成分のことを呼びます。
その中には豆腐に含まれている女性ホルモンと似た働きをすると話題になっているイソフラボン、緑茶などの苦み成分であるタンニン、ブルーベリーなどに含まれている目に効くというアントシアニンなどがあります。
なのでポリフェノールに分類される成分は、この世界にとても多くあるのです。
そんなポリフェノールは、植物が持っている成分でもあります。
そのポリフェノールを使って植物たちは、紫外線や光合成、外部からの刺激によって生成される活性酸素から体を守っています。
 
実際にポリフェノールはアンチエイジングケア効果があるとして有名ですね。
ですが皆さん、活性酸素は老化を引き起こす悪いもの、と思っていませんか?
でも活性酸素は実は、私たちの体内で高い殺菌能力を持っていて、体内に侵入してきた細菌やがん細胞と戦うために生成されているのです。
なので活性酸素そのものが絶対に悪いわけではありません。
そんな活性酸素が悪影響になるのは、必要以上に体内で作られた時です。
必要以上に作られた活性酸素は、がん細胞や細菌だけでなく正常な細胞まで攻撃するようになってしまい、それが老化……細胞の劣化を招く原因になってしまうのです。
このため、ポリフェノールの活性酸素の働きを抑えてくれる作用が重要になってくるんですね。

またポリフェノールはコレステロールを低下させる働きもあることから、アンチエイジングケア以外の面でも注目されている成分でもあります。
 
そんなポリフェノールは、例えばチョコレートや緑茶にも含まれています。
このポリフェノールを「カカオポリフェノール」と呼んだり「緑茶ポリフェノール」と呼んだりしていますが、含まれている食べ物の名前が付けられているだけでそういう種類のポリフェノールがあるわけではないので、注意して下さいね。
 
ではそんなポリフェノールの中でもコーヒーポリフェノールがどんな効果があるのか、それを次に説明しましょう。

コーヒーのポリフェノールの効果がすごい!

アンチエイジング効果!

活性酸素が増えすぎると細胞を傷つけてしまうことは説明しましたね。
そして傷つけられた細胞は劣化して、シミやシワの原因になってしまうのです。

それを防ぐためには増えすぎた活性酸素を取り除く……いわゆる抗酸化作用があるもので対処しなければいけません。
そこでコーヒーポリフェノールの出番です。
コーヒーポリフェノールには他のポリフェノールと同じで、高い抗酸化作用があります。
なので肌や体全体の老化を防ぎ、シミやシワの予防もしてくれます。

ダイエット効果!

コーヒーポリフェノールには女性に嬉しいダイエット効果もあります。

これはコーヒーポリフェノールにある働きの、摂取した糖分や脂肪分をエネルギーとして使いやすくし、エネルギー消費を促進してくれる働きにあります。
また取り過ぎた糖分は体が脂肪として蓄積してしまうので、太る原因になります。
しかしコーヒーポリフェノールはこの脂肪蓄積を防いでくれる効果もあるので、痩せやすい体作り、太りにくい体作りにダブルでアプローチしてくれるんですね。

糖新生抑制作用!

糖新生抑制、と言うと難しく聞こえるかもしれません。
簡単に言うと、体は食べ物をそのまま栄養素として使えるわけではないのです。
食べ物を細かく分解していって、栄養素として使える状態にしていくのです。
これが「消化」と呼ばれるプロセスですね。

分解された栄養素は一つではなく、色々な成分になります。
その中でもアミノ酸と呼ばれる成分たちは、肝臓で糖分の材料になってしまいます。
糖質制限をしている人は血糖値と言う言葉をよく耳にすると思いますが、食事をして血糖値があがるのはただカロリーや糖分を摂取するからだけではありません。
この糖新生システムでも血糖値は上がってしまいます。
すると膵臓からインスリンが分泌され、血液中の糖分は吸収されカロリーになったり脂肪として蓄積されたりするんですね。
 
そこでコーヒーポリフェノールの働きですが、この糖新生システムの働きを抑えてくれる働きをしてくれるのです。
なので血糖値が急上昇しなくなり、インスリンの分泌も抑えられて糖尿病の予防やメタボリックシンドロームの予防、同時にダイエット効果も期待できるというわけです。
 
見れば見るほど、コーヒーポリフェノールがどんな働きをして、それがどれだけ凄いか分かって貰えると思います。
見ているだけでコーヒーが飲みたくなってきますね!
そんなコーヒーポリフェノール、色々な効果があることから食品業界、美容業界も注目している成分です。
今ではコーヒーポリフェノールに注目したダイエット飲料も出ているんですよ!

スポンサーリンク

コーヒーのポリフェノール効果に着目したダイエット飲料も登場!

コーヒーポリフェノールに着目したダイエット飲料……だけど皆さん

「コーヒーポリフェノールを取るならコーヒーを飲めばいいんじゃない?」
「別にダイエット飲料を買わなくてもコーヒーなら簡単に手に入るし……」

そんな風に思っていませんか?
もちろんコーヒーポリフェノールは、コーヒーを飲めば摂取できます。
しかしコーヒーポリフェノールに着目したダイエット飲料のポイントは、コーヒーポリフェノールだけではありません。
 
ダイエットにはコーヒーポリフェノールだけでなく、色々な他の要素も関係してきます。
例えばよりダイエット効果を高めたり、ダイエットしつつ体調を良くしたり、綺麗に痩せることができるように美容成分も配合したり……それがコーヒーポリフェノールをダイエット飲料で摂取するメリットです。
そこでコーヒーポリフェノールをたっぷりと、その他の栄養素も取れるダイエット飲料として「エクササイズコーヒー」をご紹介したいと思います!

エクササイズコーヒー


エクササイズコーヒーには、コーヒーポリフェノールと呼ばれる「クロロゲン酸」がたっぷりと配合されています。
実はコーヒーポリフェノールは焙煎したコーヒー豆よりも、焙煎する前の生のままのコーヒー豆に多く含まれているんです。
また焙煎が浅いほどコーヒーポリフェノールが多く含まれているので、コーヒーポリフェノールを多く取りたい時にはできるだけ焙煎具合にも気を回しましょう。
 
さてそんなコーヒーポリフェノールをたっぷりと配合したというエクササイズコーヒーのコーヒーポリフェノール……なんと通常のコーヒー豆の10倍もの量が配合されています。
そして一緒に配合されているのは吸収率の良いコエンザイムQ10!
このコエンザイムQ10 もまた、アンチエイジング効果が高いことで知られている成分ですね。
しかしコエンザイムQ10には、なんとダイエット効果もあるのです。
なぜならコエンザイムQ10には細胞を活性化させてくれる働きがあります。
これによって筋肉の細胞も活性化され、鍛えやすくしてくれるのです。
筋肉量は上がれば消費カロリーが大きくなり、痩せやすく太りにくい体になることができます。
 
そういう意味でも、エクササイズコーヒーは通常のコーヒーよりもよりダイエットに特化したコーヒーポリフェノールを含む飲料と言えるでしょう。

そのエクササイズコーヒーを試してみた人たちの口コミもピックアップしてみました。

ダイエットはしたいのですが、どうしてもきつい運動ができない性格です。でもエクササイズコーヒーを飲みだしてから、自然と体重が落ちていくようになりました。二ヶ月ほど飲んでいますが、リバウンドなし、2.5キロほど落ちています。
運動はウォーキングを軽くやっているくらいで、そこまで頻繁にやっているわけではありません。私にはあっているダイエット方法だと思いました。
エクササイズコーヒーを飲み始めてから、何だかとてもトイレに行くようになりました。それと少し歩いただけでも汗をとてもかきます。そのせいか最初の一か月で三キロもダイエットできちゃいました!
現在は三ヶ月くらいすぎて、あれから落ちたのは1キロくらいです。でもリバウンドもしていないし、エクササイズコーヒーはダイエット飲料とは思えないくらい美味しいし、ストレスなくてとても良いです。
置き換えダイエットに使っています。でも置き換えダイエットしているのは食事じゃなくておやつ(笑)でもお菓子を食べなくなったからか体重は順調に落ちています。
エクササイズコーヒーを飲み始めてからむくみがなくなった。以前はとても酷くて夕方にはパンパンだったのに、すっと靴が脱げるようになっている。特に制限などもせず、一か月で一キロ落ちた。
即効性はないけど、ゆっくり落ちていくから体に負担はなさそう。

皆さん、エクササイズコーヒーを飲み始めてからダイエットだけでなく、色々と体に良い効果が出ていますね。
もちろん飲むだけで痩せるわけではありませんが、飲むだけで効率的にダイエットができるエクササイズコーヒー。
もし試してみたい人がいましたら、こちらでエクササイズコーヒーをチェックしてみて下さいね!

コーヒー以外にポリフェノールが多く含まれる食品・飲み物は?

所でポリフェノールはコーヒー以外にどんなものが多く含まれているのでしょうか。
ここではコーヒー以外にポリフェノールを多く含む、食べ物や飲み物を紹介しましょう。

ゴボウ


野菜の中でポリフェノールを多く含んでいるのはなんとゴボウ!
実はかなりのポリフェノールを含んでいるのです。
ただ注意したいのは、ポリフェノールを一番含んでいるのは「皮の部分」です。
なので皮を落とし過ぎず、できるだけ皮ごとゴボウを食べましょう。
丸ごと買ってきて綺麗に土を落として食べれば、効率良く皮ごと食べることができますよ。

ブルーベリー


ブルーベリーと言えばアントシアニンが有名ですね。
アントシアニンもポリフェノールの一種、つまりブルーベリーにもポリフェノールはたくさん含まれています。
ブルーベリーはそのままお手軽に食べることができるので便利ですね。
因みにそのまま食べる以外にも、サラダに入れても美味しく頂けます。
たっぷりと食べたいなら、ジュースにするのもおススメ!
ちょっと酸っぱい場合は、牛乳も入れて飲むとさっぱりと頂けますよ。

緑茶


コーヒー以外のポリフェノールを含んでいる飲み物では、緑茶がコーヒーに次いでポリフェノールを多く含んでいます。
実は良くポリフェノールを多く含んでいると言われている、赤ワインよりも多いんですよ。
緑茶は抗菌作用のあるカテキンを多く含んでいることもあって、虫歯を予防したり、口臭予防としても優秀な飲み物です。
もしもコーヒーが苦手という人は、緑茶を飲んで一日を始めてみてはいかがでしょうか?
ポイントはちょっと濃い目に入れることです。
 
こういった食べ物や、飲み物にポリフェノールは多く含まれています。
結構、意外なものもありますよね。
これらとコーヒーを組み合わせても良いですし、コーヒーを飲む代わりにこういった食べ物や飲み物でポリフェノールを体に補いましょう。
 
しかしポリフェノールが体にとって良いからと言って、とにかくコーヒーを飲んでいれば健康になるという訳ではありません。
そこで最後に、コーヒーの飲み方についてのポイントをお教えしましょう。

美容と健康のために気をつけたいコーヒーの飲み方について

コーヒーを飲む時は、お腹に何か入れるようにしよう

「コーヒーを飲むとお腹が痛くなる」
「コーヒーを飲むとお腹を壊してしまう」

こういったことがある人はいませんか?
実はコーヒーは消化を助ける効果があります。
コーヒーを飲むことで胃から消化液が出やすくなるんですね。
しかし飲み過ぎれば消化液で胃が刺激されて、荒れてしまいます。
飲み過ぎないようにすると共に、何かお腹に入れてからコーヒーを飲むことにして下さい。

コーヒーを飲むと眠れなくなる


徹夜のお供にコーヒー、と言われているように、コーヒーに含まれているカフェインには覚醒効果があります。
なのでコーヒーを飲むと眠れなくなる……質の良い睡眠を取れなくなってしまうことがあるのです。
 
質の良い睡眠を取るということは疲れを癒すために、体の回復のために、ストレスの緩和にとても重要です。
睡眠を十分にとれていないということは、これらの状態に悪影響を及ぼしてしまいます。
そうなるとダイエットが上手くいかないだけでなく、疲れが取れず、健康にも美容にも悪影響。
なのでカフェインの効果が、寝る時には切れるようにした方が良いでしょう。
 
因みにカフェインの効果が切れるまでには完全で15時間、とも言われています。
もちろんこれには個人差がありますが、それでもある程度の時間を空けて飲みましょう。
またカフェインの効果が一番減りだすのは4時間後から6時間後までです。
このことを踏まえて飲むと「できれば朝飲む」「就寝6時間前には飲まない」ようにするのが、コーヒーの飲み方としてベストな飲み方ですね。

まとめ

カフェインの効果としてもそうですが、どんな食べ物でも飲み物でも、食べ過ぎや飲み過ぎはいけません。
効果が出ないばかりか、場合によっては悪影響の方が出てしまうからです。
なのでコーヒーポリフェノールが体に良いから、ダイエットに良いからと言って、コーヒーを飲み過ぎないようにしましょう。
何事も適量を取ることが一番体に良いですからね。
何よりもコーヒーはし好品でもあるので、できればリラックスして。
痩せたい!ダイエットしたい!と意気込まず、心を落ち着けながらコーヒーを楽しんで下さいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事