コーヒーって香りが良いから飲むと気分の切り替えにもなりますよね。
朝に飲んだり食事の合間の休憩の時に飲んだりと色々と飲む機会があると思います。

美味しいからついつい飲んでしまっているけど、コーヒーって体に良いの?美容にも何か影響あるの?という疑問ってふと出てきませんか?
コーヒーは美容に良くないという噂を聞いたり、逆にコーヒーは美容に良いという話を聞いたり・・・。
実際のところはどっちなんでしょうか?
今回はコーヒーと美容の関係について色々と調べてみました!

【スポンサードサーチ】




コーヒーは美容に良いとされる理由

最近、コーヒーへの健康効果がわかったり、ダイエットにも利用できるという話を聞いたりしますよね。
以前はコーヒーは美容にも健康にも良くない!といわれていましたが、そんなことはありません!コーヒーは美容にもメリットがあるので、どんな点が良いのかをまず見てみましょう。

ダイエットに活用できる!


コーヒーにはダイエットに向いている成分としてカフェインとクロロゲン酸を含んでいます。
カフェインには脂肪を分解、燃焼させる脂肪分解酵素のリパーゼの働きを良くする効果があったり、クロロゲン酸も脂肪燃焼効果がありますので、ダイエットの効果が期待できるのです。

ニキビを予防する


コーヒーに含まれているクロロゲン酸は抗酸化作用が高い事でも知られていますが、抗炎症作用もあります。
肌トラブルで困るのが炎症。炎症がひどいと跡が残ったりするので困りますよね。
クロロゲン酸の働きによりニキビの炎症を抑えてくれる効果も期待できるのです。

むくみの改善に!

コーヒーに含まれているカフェインは利尿作用があります。
そのため、余分な水分の排出に役立つので、むくみの改善も期待できます。

デトックス効果も

カフェインには利尿効果があるとご紹介しましたが、この時に体にたまっていた老廃物を体の外に一緒に出すことが出来るのでデトックス効果も期待できます。

美白効果


コーヒーに含まれているクロロゲン酸はポリフェノールの仲間になります。
抗酸化作用が高い成分になりますので、活性酸素の影響によってメラニンが作り出されるのを抑える働きをしてくれます。
このためシミの予防にもつながり、メラニンが沈着しにくいキレイな肌を作る事も期待できます。

アンチエイジング効果

クロロゲン酸は抗酸化作用が高いというのは先ほどご説明しました。
さっきのシミ同様、活性酸素が発生するとコラーゲンが破壊され、お肌のハリが無くなったり、シワが出来やすくなるという劣化をしてしまいます。
抗酸化作用があるクロロゲン酸の働きでこの活性酸素の働きを抑える事が出来るのでコラーゲンを劣化させずにシワの予防、お肌のハリを保つなど、アンチエイジング効果を期待することが出来ます。

血流を良くする

カフェインの作用で血流を良くする働きがあります。
血流が良くなるとお肌に栄養をスムーズに運ぶことが出来るようになりますし、血色も良くなります。

コーヒーは美容に悪いとされる理由

コーヒーって色々と美容効果があるんですね。
でもその一方、コーヒーは美容に良くないという噂もありますがどうなのでしょうか?

実はコーヒーを飲む事でお肌の調子が悪くなる可能性があります。
ニキビなどの肌トラブルです。
なぜこのような肌トラブルが起きるのか、考えられる原因はこのようになります。

糖分、脂肪分の摂り過ぎ


コーヒーでも砂糖、ミルク入りを好んで飲んでいる人は糖分と脂肪分を余分に摂取している状態になります。
脂肪分と糖分を一緒に摂取する事で、皮脂の分泌が起きやすい状態になるのでニキビの原因にもなりかねません。
それにカロリーも結構あるので何杯も飲んだり、缶を何本と飲む事でそれだけ余分なカロリーを摂取する事にもなります。
 
特に缶コーヒーなどあらかじめ砂糖、ミルクが入っているものは糖分の量が意外に多いです。
最近では「糖化」という言葉もあるように糖質の摂り過ぎはコラーゲンの糖化によりハリが無くなってきたリお肌がくすむ原因にもなってしまいます。

胃腸の調子が悪くなる


コーヒーは胃に刺激を与え、働きを促進するというメリットがあるのですが、その反面、飲みすぎると胃を荒らしてしまうので、胃腸の調子の悪さからくる肌トラブルが起きる可能性があります。

栄養面が不足する可能性

カフェインには利尿作用があります。
適度に飲む程度なら利尿作用のおかげでむくみの改善になりますが、飲みすぎると体の水分が余分に排出されるようになります。
この時、老廃物だけでなく、ビタミンやミネラル類も一緒に排出されている状態なので、栄養面の不足からくる肌トラブルも起きやすくなる可能性があります。

自律神経にも影響が

コーヒーにはカフェインが含まれており、覚醒作用もある事から、夜間に飲むと思うように睡眠がとれずに睡眠不足の原因になる事があります。
睡眠不足が続くと体にストレスがかかる状態が続くので、自律神経のバランスを乱してしまう原因となります。
また、コーヒーを飲みすぎてしまうと交感神経が優位な状態が多く続き、自律神経のバランスが乱れる事もあるのです。
 
このようにコーヒーの飲み過ぎが原因で自律神経のバランスに影響が出る事によって免疫機能が落ち、肌トラブルも起きやすくなる可能性があるのです。

スポンサーリンク

最近ではコーヒーを使ったダイエットも話題に!

コーヒーは美容面で見てみると良い部分も悪い部分もあるんだなとわかりました。
そういえば最近、美容面も気にしつつダイエットすることが出来るコーヒーが話題になっているのを知っていますか?
どんなコーヒーなのか、ご紹介します!

エクササイズコーヒー


コーヒーにはダイエット成分が含まれています。
ここ最近のダイエット商品というとファスティング(減量)などで一時的につらい思いをしたり、食事置き換えダイエットをするといったものが話題になっていますよね。
エクササイズコーヒーの場合は、コーヒーを飲む事によって脂肪燃焼しやすい成分を摂取することが出来るので、ダイエットしやすい体を作ることが出来るというものです。
日本第一製薬から販売されているので品質的にも安心できるダイエットコーヒーです。
 
エクササイズコーヒーに含まれている成分で注目したいのは3つの成分です。

クロロゲン酸
クロロゲン酸はコーヒーの香りや苦み成分の一つでもありますが、ポリフェノールの仲間になります。
クロロゲン酸には脂肪を燃焼する働きがあるのですが熱に弱いため、焙煎した豆になると生豆の状態に比べて1/10のクロロゲン酸の量になってしまいます。
エクササイズコーヒーでは生豆の状態、つまり私たちが普段から飲む焙煎後のコーヒーの約10倍ものクロロゲン酸のエキスを配合しているので普通にコーヒーを飲むよりもさらに脂肪燃焼効果が期待できるのです。
L-カルチニン
私たちの体にも含まれているアミノ酸の仲間になります。
脂肪酸をミトコンドリアに運ぶ働きをしてくれます。
そのため、エネルギーを作り出す事が出来るので脂肪燃焼にも役立つという事なんです。
よくダイエットサプリメントでも脂肪燃焼するタイプのものでもL-カルチニンは大抵配合されている成分です。
そういえばL-カルチニンって年齢と共に体から減っていってしまうって知っていましたか?
年齢を重ねる度にだんだん代謝自体も落ちていってしまうのに、脂肪燃焼の効果成分も減っていってしまうなんてショックですよね。
エクササイズコーヒーにL-カルチニンを配合する事で体の不足分も補う事も出来ますし、クロロゲン酸と一緒に摂取する事で更に脂肪燃焼を相乗効果的にサポートしてくれます。
コエンザイムQ10
コエンザイムQ10といえば美容に良いという事で注目された成分です。
というのもコエンザイムQ10は抗酸化作用が強い成分なので、お肌にとって老化をすすめたり肌トラブルの元となる活性酸素の働きを抑えてくれるので、アンチエンジンぐ対策に利用できる成分になります。
そしてコエンザイムQ10は細胞の中のミトコンドリアで利用される事でエネルギーを作り出してくれます。
つまりエネルギー代謝も良くなる事が期待できるのです。
美容面とダイエットの両方で効果が期待できそうですよね!
このコエンザイムQ10には酸化型と還元型があります。
酸化型だと体の中に入ってから還元型に変わるので全てうまく利用されない可能性があります。
還元型を摂取するとそのまま体の中で活用されるので、どうせ摂るなら還元型がオススメ。
エクササイズコーヒーで使われているコエンザイムQ10は還元型になりますので、体の中で使われやすい成分になります。

これらの成分を効率よく摂取することが出来ます。
そして品質も気になりますよね。
エクササイズコーヒーは国内のGMP認定工場で作られているので、原材料の管理から製造~出荷まで安心できる品質を保ちながら作られていますから、安心して飲むことが出来ますよ。
 
でもこれだけで話題のコーヒーになるわけありませんよね。
多くの人が購入して人気になっている理由として味が評価されています。
ダイエット食品でコーヒーというと「コーヒー風味の味がする」といった程度のものが多かったと思います。
でも、エクササイズコーヒーの場合、ちゃんとコーヒー豆を使って作られています。

それもコーヒー原産国として有名なブラジル産の焙煎豆を使って作られてるんです。
 
更にアイスでもホットでも、いつでもおいしく飲めるようにスプレードライ製法を採用しています。
つまり飲んでみるとちゃんとドリップしたコーヒーを飲んでいるのと同じ味。
いつもと同じようにコーヒーを飲む感覚でダイエットできるっていうのがうれしいですよね!
この味のおいしさは2016年のモンドセレクション金賞を受賞していますし、優れた食品を表彰するiTQi2017の優秀味覚賞も受賞しています。
そして楽天でもダイエットコーヒー部門のリアルタイムランキングで1位を獲得しています。
 
これだけ味の面でも評価されているエクササイズコーヒー、最近、太ってきたなと気になっている人、痩せにくくなってきたと気になっている人、そして何よりコーヒーが好きという人も是非、お試しください。

エクササイズコーヒーの口コミはどう?

エクササイズコーヒーを飲んでどのようなダイエット効果があったのか、それに本当においしいのか、気になりますよね。
そこで既にエクササイズコーヒーを飲んだ人の口コミや評価を見てみる事にしました。

良い口コミ
このコーヒーを飲むようになってから体の冷えも改善しました。
なので脂肪燃焼効果を期待してウォーキングしたら期間こそかかってはいますが5㎏ぐらい落ちています。
私には合っているようなので続けてみようと思います。
コーヒーが好きなので飲み続けてみたのですが、段々とお腹周りがスッキリしてきたし、家族にも痩せたよね!って言ってもらえたので気に入っています。
エクササイズコーヒーを飲むようになってビックリしたのはむくみの悩みが解消されつつある点です。
トイレ自体は近くなってしまっていますが、これまでむくんでいた分、ちょっとすっきりしたので脂肪も燃焼させたくて今、飲み続けています。
悪い口コミ
ちょっと高いかなって思ったので毎日1杯ずつ続けて飲んでみたのですが、特に効果は感じられませんでした。
毎日コーヒーを飲むようにしていたのですが特に変化がありません。
お通じは良くなった気がするんですけど体重はまだ減っていません。
2か月ぐらい飲んでいるけど体重があまり減っていません。
3か月以上飲んだ方が良いという意見もあるのでもうちょっと飲み続けてみようと思います。

このように色々な人がエクササイズコーヒーを飲んでみて口コミをしていました。
良い口コミでは運動時の効果アップや飲み続ける事で痩せた、普通にコーヒーの味がしておいしいといったものが多かったです。
一方、悪い口コミでは効果がないというものになりますが、あまり効果が実感できなかった人の場合、忙しくて毎日飲み続ける事が出来ない!とか、飲む量が少ないという人もいました。
 
エクササイズコーヒーの場合、脂肪燃焼効果が大いに期待できるので飲んでからある程度体を動かす習慣をつけると効果的にダイエット効果を得る事ができそうですね!
 
実際にエクササイズコーヒーを飲んでみたレポートもアップしていますので、気になる方は参考にしてみてください!

【結論】コーヒーは飲み方次第で敵にも味方にもなる!


先ほど、コーヒーを飲んだ時の美容面に対して良い効果、悪い効果をご紹介しましたが、ちょっと読んで気になった事、ありませんか?
それは「飲みすぎると」という言葉です。
コーヒーは色々な健康効果、美容効果があり、適量を飲む事で強い味方になってくれるのですが、実は飲みすぎると胃腸や自律神経、利尿作用の効果の出方などに影響を及ぼし、良くない状態になる事もあるのです。
なので飲む量を気をつけるようにしましょう。
 
それにコーヒーに含まれるカフェインは結構量が多い方なので飲みすぎるとカフェインの過剰摂取にもなり、体調不良の原因となるので良くありません。
なので、大まかな目安量として1日あたり3杯ぐらいを飲むというのを意識するようにしましょう。
多くても4~5杯ぐらいにして、飲みすぎないようにしましょうね。

コーヒーを飲む時に気をつけたいこと

コーヒーって飲む量は意識した方がいいでんすね。
でも実はこれだけではありません。
美容面を意識して飲むようであれば以下の事も気に留めておくとより効果的です。

糖分に注意


コーヒーを飲む時に砂糖を入れた方がおいしく飲めるかもしれませんが、苦みがある分、砂糖を多めに入れてしまいがちです。
糖分が多いと血糖値も上がりやすくなりますし、お肌の糖化の原因にもなってしまいます。
コーヒーを飲む際には砂糖を入れないようにしてみましょう。

空腹時に注意


コーヒーはダイエット目的では食事前に飲むと血糖値の上昇を抑えることが出来るというメリットがあるのですが、空腹時にコーヒーを飲むと胃があれる原因になってしまいます。
なので空腹時にもしコーヒーを飲みたいという場合は牛乳や豆乳をプラスしてブラックで飲まないように工夫をすると良いでしょう。

ホットで飲む

コーヒーを飲む時におすすめしたい飲み方はホットで飲むという事です。
コーヒーは食品的に言うと身体を冷やす働きのある食べ物(飲み物)に当たります。

アイスコーヒーで飲んでしまうと尚更体を冷やし、内臓も冷やしてしまう事になるので、習慣づけてしまうと身体を冷やし、血行も悪くなる、自律神経のバランスも乱れるなど健康面、美容面にもあまり良くありません。
コーヒーを飲む時はホットで飲むようにする事でカフェインの良い効果を引き出すことが出来ます。

お湯は熱すぎない方が良いです!


コーヒーを飲む時にダイエット効果、健康効果、美容効果を引き出したい場合、コーヒーのクロロゲン酸をいかに摂取するかですよね!そうなると、お湯の温度がポイントになります。
クロロゲン酸は熱に弱いという性質があるので熱湯で淹れてしまうとクロロゲン酸の量が減ってしまうんです。
なので、おすすめの温度は80℃位です。
温度を意識して、クロロゲン酸を少しでも多く摂取しましょう。

まとめ

普段飲むコーヒー、ちょっと意識するだけで美容やダイエットにも効果がでてくるんですね!
「そんなに毎日のことに気を使えない・・・」という方は、手軽に多くクロロゲン酸を摂取できるエクササイズコーヒーを利用するのがおすすめ。
暑い季節でも大丈夫!アイスでも楽しむことができますよ♪
実際にホットとアイスで作ってレポートしているので、参考にしてみてくださいね♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事