皆さんは「便秘」で悩んだことがありますか?
悩んだことがある人は分かると思いますが、本当に辛いですよね……何だか気分が優れないし、お腹もポッコリでみっともない……しかも体重も増える!お肌も荒れてしまう!良い所が全然ありません!

だからできるだけ便秘にならないようにしているつもりで、便秘解消に良いというものはできるだけチェックしています。
しかし最近「便秘解消にコーヒーがいい!」と聞いて驚きました。
コーヒーがどうして便秘解消につながるのか、ちょっと想像が付かなかったからです。
でもその一方で聞いたのが「コーヒー飲むと便秘になっちゃうよ!」というもの。
んんん?一体どういうこと?どっちが本当なの?そもそもどうしてコーヒーが便秘に関係してくるの?
そこで今回はコーヒーが便秘にどう関わってくるのか、それを調査していきたいと思います(^^♪

【スポンサードサーチ】




コーヒーを飲むと便秘解消になるってほんと?

そもそもコーヒーを飲むと便秘解消になるって本当なのでしょうか?

それを調べてみると「コーヒーのカフェインが便秘に効く」というのを見かけました。
カフェインにそんな効果があるなんて初めて聞きましたが……その一方で、コーヒーを飲むと「カフェインで便秘する」という話もありました。
どちらが本当なのでしょうか……?

これだけを見ても判断をするのは難しいですよね。
そこで「コーヒーが便秘解消につながる理由」と「コーヒーが便秘に繋がる理由」どちらも調べてみました。
その2つを比較しながら、コーヒーが便秘にどんな影響を及ぼすのかどうか、それを考えていきましょう。

コーヒーが便秘解消につながる理由

カフェインが便秘解消につながる?

コーヒーと言われるとカフェインを想像する人は多いと思います。
実際にコーヒーにはカフェインが含まれていて、このカフェインの覚醒作用で目が覚めるので「眠気覚まし」としてコーヒーを利用する人も多いでしょう。
そんなカフェインですが、もう一つの働きとして胃の働きを良くしたり、大腸の収縮運動を促す働きがあると言われています。

なのでコーヒーを飲むことで胃腸が刺激されて動き、溜まっている老廃物を排出してくれるんですね。

オリゴ糖が便秘解消につながる?

オリゴ糖は便秘解消に良い、と言われています。
私たちの腸内には腸内細菌というものがいて、この腸内細菌には善玉、悪玉、そしてどちらでもない日和見菌というものが存在しています。

日和見菌は善玉菌が増えると善玉菌、悪玉菌が増えると悪玉菌の側に傾いて動き始めるので、腸内環境が悪玉菌に傾いてしまうと一気に腸内環境が悪くなり、便秘を引き起こす原因にもなります。
なので善玉菌を常に増やしてあげる必要、そして善玉菌が動きやすい環境を整えて上げることが大事なのですが、ここでポイントになるのがオリゴ糖。
オリゴ糖は善玉菌の食べ物になるので、善玉菌のサポートアイテムとして最適です。
そんなオリゴ糖にはいくつかの種類があり、コーヒーに含まれているのは「コーヒーオリゴ糖」と言います。
このコーヒーオリゴ糖が善玉菌をサポート、そして腸内環境を整えることでコーヒーが便秘解消につながるということです。

コーヒーにプラスするものが便秘解消につながる……?

コーヒーは皆さんどうやって飲んでいますか?
もちろんブラックで、という人もいるでしょうが、カフェオレやカフェラテのように、ミルクをプラスして飲む飲み方が多いですよね。

コーヒーは苦手でも、ミルクをプラスすると飲めるという人もいるでしょう。
コーヒーに乳製品は良く使われます。
そして乳製品は腸の動きを活発にする働きがあるので、便秘を改善してくれる働きが期待できるのです。
これもまた、コーヒーで便秘解消できると言われる理由の一つでしょう。

こういった理由が、コーヒーが便秘解消につながると言われる理由です。
確かにこれを見ているとかなり便秘に効果がありそうですね。
では次に、逆にコーヒーが便秘につながるという理由の方も見ていきましょう。

スポンサーリンク

コーヒーが逆に便秘につながることも…

コーヒーポリフェノールが便秘を引き起こす?

コーヒーにはクロロゲン酸という成分が含まれています。
このクロロゲン酸はダイエット効果があるとして、最近ではコーヒーがダイエット飲料として注目される理由の一つにもなった「コーヒーポリフェノール」とも呼ばれる成分です。
と言ってもそういう名前のポリフェノールではなく、コーヒーに含まれているポリフェノールなのでコーヒーポリフェノールと呼ばれているんです。
そしてこのコーヒーポリフェノールは過剰に摂取すると、胃腸の動きを抑えてしまう働きがあることが発見されました。
なのでコーヒーを過剰摂取すると胃腸の動きが悪くなって、便秘になってしまうことがあるということです。

コーヒーを飲んで水分不足?そこから便秘に……?

コーヒーを飲むとトイレに行きたくなるという経験はありませんか?
コーヒーを飲むと、利尿作用からトイレに行きたくなります。

つまり体内の水分が失われてしまうのです。
なのでコーヒーを飲むとむくみが改善される……というメリットもありますが、問題が起こるのは腸内。
便には適度な水分があり、この水分で柔らかい便は体外にも排出されやすくなります。
水分を取ることで便秘が改善されるのはこれが理由ですね。
しかし水分が失われてしまうと便が固くなり、体の外に排出しにくくなってしまって便秘になるのです。
これもまた、コーヒーを飲むと便秘になってしまうと言われてしまう理由になっていますね。

これらの理由から、コーヒーは便秘の原因になると言われることがあります。
確かにこちらも、納得のいく理由です。
しかし理由の一つ一つを見ていくと、対処できそうな原因でもあります。
またコーヒーが便秘を解消するという理由も、きちんとした理由がありました。
そこでこれらの理由と原因を踏まえて、便秘の人がコーヒーを飲む時、飲む場合には気を付けなければいけないことをアドバイスしていきたいと思います。

便秘の人がコーヒーを飲む時に気をつけたいことは?

コーヒーは節度を持って、飲み過ぎないようにすること

コーヒーを飲んで便秘になる理由に、クロロゲン酸、つまりコーヒーポリフェノールが原因だとありましたね。
そしてコーヒーポリフェノールで便秘になる原因は、過剰に摂取したコーヒーポリフェノールによって腸の動きが悪くなって、便が外に排出されにくくなることです。
つまり過剰に摂取しなければ、この便秘の原因は起きないということにもなります。
そこでコーヒーを飲む時にはまず、飲み過ぎないようにすることが大事です。
因みにコーヒーの過剰摂取の目安としては、1日にカップ三杯くらいが限度です。

これ以上を飲むとコーヒーポリフェノール過剰摂取になることがあるそうです。
とは言っても、もちろん個人差があります。
大人や子供、体重や身長、その日の体調なども影響を及ぼすでしょう。
だからこれはあくまで目安にして「何だか便秘かも……」と思ったら減らす、そういった柔軟な対応も必要になりますね。

甘味料にも気を配ってみる

コーヒーを飲む時には、何か入れていますか?
ブラックは無理、砂糖かミルクを……そういう人もいますよね。
またコーヒーは濃いものをそのまま飲むと胃への刺激が大きく、負担になってしまうので実はミルクなどで割って飲む方が体への負担を避けられます。
そして甘味ですが、そこでも便秘に配慮してみましょう。
おススメなのはオリゴ糖。
前述したように、オリゴ糖は腸内で善玉菌の食べ物になって、増やすサポートをしてくれます。

つまり腸内環境を整えて、便秘の解消、改善に一役買ってくれるのです。
なのでコーヒーの便秘改善効果を、より高めることができるのです。
コーヒーを飲む時に甘さをプラスしたい人は、ぜひオリゴ糖をパートナーにしてみて下さいね。

水分も一緒に取る

コーヒーを飲むと利尿作用からトイレが近くなります。
そうすると体の水分が排出されて、便秘になりやすくなります。
これを防ぐためにもコーヒーを飲む時には適度に飲むことが大事ですが、同時にコーヒーを飲む時には水分も一緒に飲むようにしましょう。

コーヒーをカップで飲んだら、次の一杯……ではなく、お水を一杯飲んでみましょう。
そうすることでコーヒーを飲み過ぎてしまうこともなくなります。
この時に注意したいのは、水分補給のための飲み物はノンカフェインにすること。
紅茶や緑茶ではコーヒーよりもカフェインが多いことが多く、余計に水分不足になってしまいます。
もちろんデカフェなどのノンカフェインドリンクもありますが、できればお水が理想です。
コーヒーのお口直しも兼ねて、常温のお水や白湯などを飲むようにして下さい。

飲み物は温かい状態にして飲もう

先ほど水分補給の時に「常温のお水や白湯など」と言いましたね。
ここにも実は便秘を防ぐポイントがありました。
これはお水やお湯だけでなくコーヒーを飲む時にも言えることですが、できるだけ温かい飲み物を飲みましょう。
冷たい状態で飲むと体内が冷えてしまって縮こまり、体の循環にも良くありません。

もちろん氷をたっぷり入れたアイスコーヒーを飲んで、その後に冷たいお水を一気飲み……逆にトイレに行きたくなりそうですが、そういった便秘改善は体に負担がかかるだけで根本的な解決にはなってないので避けるようにして下さいね。

また冷たい飲み物というのは結構喉を通りやすく、するすると飲んでしまうことにもなります。
これが水分補給ならまだ良いのですが、のど越しが良いからと二杯三杯とコーヒーを飲んでしまうのは、コーヒーポリフェノールの過剰摂取にもつながります。
なので飲み物は温めた状態で、体を冷やさないように飲んでみて下さい。

コーヒーを飲んで便秘になる理由がある、原因があるなら、そこに気を付ければいいのです。
その最大のポイントは節度を持って飲むこと。
またその他のポイントにも気を付けながら、コーヒーを飲んで下さいね。

ダイエット中の人は”エクササイズコーヒー”に置き換えがおすすめ

コーヒーの便秘改善効果、そうして便秘になってしまう理由は分かりました。
だけどちょっと「コーヒーのダイエット効果」について気になっている人もいるのではないでしょうか?
そう、コーヒーポリフェノールことクロロゲン酸にはダイエット効果があるとして、最近では多くの女性たちが注目しているのです。
またダイエットだけでなくメタボリックシンドロームの予防にもなるということで、女性たちだけでなく男性もそのコーヒーの効果に注目しています。

そんなダイエットにもなるコーヒー、ダイエット飲料としておススメしたいコーヒーが『エクササイズコーヒー』。
こちらは健康のために飲むのはもちろん、置き換えダイエットにもおススメしたいコーヒーです。
そちらを紹介しましょう!

エクササイズコーヒー


ダイエットに効果的と言われるクロロゲン酸を通常のコーヒーよりも多く配合した、エクササイズコーヒー。
クロロゲン酸は体に蓄積する脂肪の燃焼を促進して、また脂肪が体に蓄積することを防いでくれる働きがあります。
そのためダイエットだけでなく、メタボリックシンドロームの予防にも良いと言われているのです。
また食後の血糖値の急上昇も防いでくれることから、成人病にも効果があるといわれてもいます。
そして更に脂肪をより効率よく燃やしてくれるアミノ酸、L-カルニチンを配合することで、脂肪燃焼効果を高め、還元型コエンザイムQ10も配合することでアンチエイジング効果も期待できるのです。

そして注目したいのは、そのまま飲むだけでなくアレンジしたレシピもあること。
特におススメしたいのは公式からもおススメの「きな粉コーヒー」。

こちらはエクササイズコーヒーに豆乳、三温糖、きな粉を加えて飲むアレンジレシピですが、ここでよりおススメしたいのはオリゴ糖!
オリゴ糖ときな粉、豆乳で整腸効果をよりアップ!
しかもイソフラボンも取れるので美容効果もアップ!
何よりお腹への溜まりも良く、おやつやちょっとした食事の置き換えにもおススメの飲み方!
ぜひ皆さんもエクササイズコーヒーをお試しの際はやってみましょう☆

そしてそんなエクササイズコーヒーの口コミも参考にしてみて下さい。

飲むだけで良いし、お手軽なので始めました。どうしても止められなかったおやつをこのエクササイズコーヒーでごまかすようにしています。だけどそれだけでも結構効果的で、まず10日で1キロ痩せました。
一か月もする頃には悪い癖だった口寂しさもなくなって、よりストレスがなくなりました。
エクササイズコーヒー、三ヶ月続けています!リバウンドなしで2.4キロ減りました。最初の一か月が1.5キロ減ったので、そこからはゆるやかです。だけどリバウンドがないというのが一番助かりましたね(今までにダイエット飲料お試しあり。リバウンドで失敗あり)
あとむくみも取れて脚がスッキリ。お腹の調子も良いからポッコリも随分解消されてきました。
エクササイズコーヒーはほとんど普通のコーヒーで飲みやすい。レシピも付いているので味も変えやすい。自分はラテときな粉コーヒーで飲んでいるけど、結構腹持ちが良くておススメ☆
これを運動前に飲むとすんごく汗をかいて良いデトックスしてる~って気になりますよ。

こんな風に、多くの人たちがエクササイズコーヒーの効果を実感しています。
置き換えダイエットにもなるし、もちろん普通のコーヒー代わりにも。
もちろん飲み過ぎてしまえばクロロゲン酸の効果で便秘になってしまうこともあるので、適量を守るようにしましょうね。

筆者も実際にエクササイズコーヒーでダイエットにチャレンジしてみました!
効果はいかに?!

【結論】コーヒーで便秘解消になるかどうかは飲み方次第

いかがでしたでしょうか?
コーヒーを飲むことで便秘が改善される理由と原因、そしてコーヒーを飲むことで便秘になってしまう理由と原因、どちらもちゃんとした理由があって、納得のいくものでした。
しかし調べてみると、その便秘の原因は改善して対処できるものでしたし、逆を言えばコーヒーの飲み方次第では便秘を引き起こしてしまうこともあります。
つまり、コーヒーを飲むことで便秘解消になるかどうかは「飲み方次第」ということなのです。

ただ「コーヒーを飲めば便秘が解消する!」という訳ではありません。
そして「コーヒーを飲めば便秘になる!」ということも、絶対ではありません。
適度に、そして適切な量を飲むことで、便秘を解消することができるし、飲み過ぎれば便秘にもなるのです。
なのでコーヒーで便秘解消になるかどうかは飲み方次第、どうかこれを忘れないで下さいね。

もちろん一日たくさん飲んだからってすぐ便秘にもなりませんし、便秘が解消することもないので、適度にコーヒーを楽しみながら、お腹の具合を解消して下さいね!


関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事