夕方になると気になってしまうのが脚のむくみ。
それに足の疲れも感じて重いな~、つらいな~と感じる事もありますよね。

何か良い改善方法ってないの?って思っていた時に見つけたのが着圧ソックスです。
使った事がないけど、使った事がある人から「締め付けが強い!」と聞いた事もあるので安心して利用できるのかも気になりました。
そこで今回は着圧ソックスについて色々と調べてみたので皆さんも参考にしてみて下さい!

【スポンサードサーチ】




そもそも着圧ソックスとは?

脚の悩みで多いのがむくみだと思いますが、皆さんも経験されたことがあると思います。
そんな悩みの解決として着圧ソックスが活用されています。

ここでちょっと足のむくみについて説明しますね。
通常、心臓から送り出された血液は体中を巡ってまた心臓に戻ってきます。
この時に脚にも血液が廻るのですが、脚は心臓から離れた場所になりますし、下の部分という事もあり血液の流れがスムーズにいかないという状態になりやすいのです。
そのためリンパ液や老廃物といった水分が残りやすくなり、脚はむくみやすくなってしまうのです。
そして脚の血液をスムーズに行うには筋肉も関係してきます。
筋肉が収縮と弛緩を繰り返す事で血液を送り出すポンプ的な役割をしてくれるのですが、特に女性の場合、ふくらはぎ部分の筋力が少ないので血液をスムーズに送り出しにくいという理由もあるのです。

これらのむくみの改善として着圧ソックスが利用されます。
着圧ソックスはふくらはぎや足首など、場所によって適した着圧にして作られています。
これらの圧によって血液を送り出す筋力のサポートをしてくれるのです。
元々、着圧ソックスはリンパ浮腫や下肢静脈瘤、静脈血栓などの予防対策として医療用で使われていたのですが、むくみ対策や美脚効果があるという事で注目され、一般用の着圧ソックスが普及してきました。

着圧ソックスの効果は?


着圧ソックスを使う事によって色々とうれしい効果を実感することが出来ます!

  • 脚のむくみを改善できる
  • 夕方に脚が重くだるい症状を改善できる
  • 脚のラインが良い状態に維持できるので美脚効果もある
  • むくみ対策が出来るのでセルライト対策にもなる
  • 同じくむくみ対策が出来るので、むくみからくる脂肪対策、脚太り対策にもなる
  • 夜に履いて寝るだけで翌朝にむくみと疲れを持ち越さずに過ごせる!
  • 妊娠中に起きるむくみ対策にも使える
  • エコノミー症候群対策に使えるから便利
  • 下肢静脈瘤の予防にも

このように着圧ソックスで脚のむくみ改善をするだけでこんなに色々な効果が実感できるようになるんですね!

スポンサーリンク

自分に合った着圧ソックスの選び方

着圧ソックスに興味をもって『買ってみようかな?』と色々探してみると、今では需要が多いからか、たくさんの種類の着圧ソックスが販売されています。
メーカーによって設計している圧力、サイズなども違いがありますので、自分の使用状況にあった着圧ソックスを選ぶようにするのがより効果的になります。

サイズを確認する

着圧ソックスを利用する前にサイズを確認するようにします。
例えばS、M、L、LLなどサイズ別に種類がある場合、サイズごとに適した寸法が記載されています。

  • オープントゥ(つま先が開いたタイプ)ではない場合は足のサイズ
  • 足首周りのサイズ
  • ふくらはぎ周り
  • 太ももまでカバーするタイプの場合太もも周り

といった具合にサイズが書かれているものが多いので、自分の脚のサイズを測定して自分に合ったサイズのものを選ぶようにしましょう。

圧力を確認する

着圧ソックスは商品によって圧力に違いがあります。
ふくらはぎ部分や足首部分はそれぞれ圧力を変えて作られているのでどのくらいの圧力設計なのかを確認するようにして下さい。

  • hPa ヘクトパスカル
  • mmHg 水銀柱ミリメートル

この2種類で表示されていることが多いですが、多くの商品で表示されている圧力表示はhpaが多いです。

選ぶ目安として

  • 足首    20~30hPa
  • ふくらはぎ 10~20hPa
  • 太もも    5~15hPa

このぐらいの圧力があればむくみ対策としては充分です。
無理に圧力が強いものを履いて体に合わなかった場合、かえって体調不良の原因になる事もあります。

最初に選ぶ際には圧力が弱めのものから試していくと体に無理もかかりにくいので、参考にしてみて下さい。

外反母趾や巻き爪対策にはオープントゥがおすすめ!

着圧ソックスの中にはオープントゥタイプ(つま先がないタイプ)があります。
外反母趾などで悩んでいる人にとっては足指に無理のかからないデザインになりますし、巻き爪の予防にもなります。
それにオープントゥだと足先の締め付け感がないので快適に過ごせるからおすすめです!
おやすみ用やリラックス時に履くタイプでは多いですが、日中の活動時に履くタイプもオープントゥを選べばつま先の締め付け感がなくなりますし、5本指ソックスなども履くことが出来ます。

着圧ソックスの正しい履き方

着圧ソックスを初めて履く時に「え?これってちゃんと履けるの?」とちょっと心配になってしまったという人もいると思います。

まず普通の靴下を履く時に全部まとめてから脚を通そうとしますよね。
この状態だと輪ゴムを何本もまとめたような状態と同じような感じになるので圧力がかなり強い状態になっています。
当然、うまく履くのは難しくなります。
なので普通の靴下と同じ感覚で履くのはNGです。
正しい履き方を覚えておけば大丈夫ですよ!

着圧ソックスの正しい履き方
  1. 着圧ソックスのふくらはぎ側から手を入れてかかとのあたりから裏返し(ひっくり返すように)します。
  2. ちょうどかかとのあたりで折れてつま先部分と裏返したふくらはぎ部分が重なっているような状態になっているので、かかと部分を両手で広げながらつま先を入れていきます。
  3. ゆっくりとかかと部分まではいるように履いていきます。
  4. かかと部分がちゃんと収まったなというのを確認したら、あとはひっくり返してあるふくらはぎ部分を徐々に引っぱりつつ履いていくような感じです。

履きにくい!という人が実践している方法で、スーパーのポリ袋を利用する方法があります。

ポリ袋の底部分に10cmぐらいの穴を開けるように切って、着圧ソックスのつま先部分に袋を入れます。
そしてポリ袋の内側に足のつま先を入れます。
つま先がちゃんとソックスのつま先部分まで入った時点でポリ袋を引き抜くという方法です。
慣れないうちはこの方法で履いてみるのもいいですね!

着圧ソックスを着用するにあたって注意点

ただ履いているだけでむくみの悩みを解消してくれる着圧ソックスですが、注意しておきたい事もあります。

夜用と昼用は別々に


昼用は活動中に着用するタイプで、ある程度むくまない圧力設計のものを愛用しているという人も多くいると思います。
一方、夜用の場合、就寝時に着用するものになりますのであまり強い締め付けは良くありません。
なので夜用の着圧ソックスは別に準備するようにしましょう。
圧力の目安は先ほどご紹介した圧力程度か、それより若干弱めのものから挑戦してみて下さい。

また、夜用の着圧ソックスでは太ももまでカバーするロングタイプが多いので慣れないと就寝時に違和感を感じてしまう人もいると思います。
そんな場合は最初に膝下タイプのものから始めていくと良いでしょう。

疾患がある人は必ず医師にご相談を!

糖尿病や心臓疾患など疾患を抱えている人の場合、着圧ソックスの利用はむくみ改善にもなるのですが、その一方で思わぬ症状の悪化が出てくる可能性もあります。
疾患を抱えている人の場合、必ず医師に相談をしてから検討する事をおすすめします。

妊娠している人や下肢静脈瘤などを抱えている人も、状況によっては医療用ストッキングを使った方が良いとおすすめされる事もありますので、使用する前に一度、相談するようにしてみて下さい。

履く時に折り曲げない

サイズが合っていない着圧ソックスを買った時に『ちょっと長すぎるかな?』という状況でそのまま履いているという人もいるかもしれません。
この時に注意してほしいのは長いからと言って端部分を折り曲げる事はしないようにして下さい。
折り曲げるとその分高い圧力がピンポイントでかかる状態になりますので、血行不良や体調不良の原因となってしまう事があります。

冷え取りにはおすすめできません


身体の冷えを改善する目的で靴下を何重にも重ね履きする冷え取りを実践している人もいると思います。
この時に着圧ソックスを取り入れると必要以上に締め付けてしまう事になってしまいます。
そのため、重ね履きする際には着圧ソックスは使用しないようにしましょう。

長時間履きっぱなしはおすすめできません

日中のむくみ対策になる!と効果を実感するとやめられなくなるのが着圧ソックス。
脚がスッキリして美脚効果があるならと日中も履いていたいし、夜も寝ている間にむくみケアしてほしい!とついつい履きっぱなしになってしまう人もいます。

ただ、着圧ソックスは足に圧力をかける事で血液やリンパの流れを良くしてはくれるのですが、本当は筋肉が行う役割になります。

あまり頻繁に使うと脚の筋肉も血液を送り出す働きは少しでいいんだと思いしっかりと働いてくれなくなる可能性があります。
そうなるとかえってむくみを引き起こしやすくなってしまうのです。

それに圧力のあるものを履きっぱなしにする事で湿疹ができたり、肌トラブルが起きやすくなるという心配もあります。
そのため長時間、着圧ソックスに頼りっぱなし、履きっぱなしというのは避けた方が良いです。

夜に履いてむくみケアするという人は日中の着用を避けるという方法もおすすめです。
また、夜に着圧ソックスを履いてかえってむくみが起きてしまうという人もいるので、そういった人は日中にむくみ予防的に着用するという方法でも良いでしょう。
他にも立ち時間が長くなりそうな日や歩く時間が長くなりそうな日、飛行機など長時間の移動がある時、生理前でむくみやすいといった時にむくみ対策として着圧ソックスを使うと効果的です。

着圧ソックスはこんな人におすすめ!

  • 脚のむくみがひどい
  • 脚がだるくなる
  • 脚のラインが気になる
  • 生理前、妊娠中のむくみ対策をしたい
  • 飛行機、列車など長時間の移動が多い

このように足のむくみからくる悩みがある時に是非、活用してみて下さい!

人気の着圧ソックスはこれ!口コミとともに紹介

着圧ソックスは今、使用している繊維にこだわっていたり、使うシーンごとにおすすめできるものがあったりと種類も豊富、どれを使えばいいのか迷ってしまうというのが本音だと思います。
そこで選ぶ時におすすめしたい着圧ソックスのシリーズを3種類、ご紹介します。

メディキュット

菜々緒さんのCMでお馴染みのドクターショールメディキュットです。
レキットベンキーザー・ジャパン株式会社が販売しています。
英国の医療用ソックスを元に設計されており、1997年から多く人に愛用されている段階圧力ソックスです。
日中に履くのに適している高圧力のソックスから夜間用の優しい圧力設計のもの、そしてストッキングタイプやあったかタイプ、骨盤サポート、履くだけで筋肉活動量をUPさせるタイプもあります。
特に就寝用の寝るだけメディキュットは着圧ソックスなのにはきやすいといった特徴があり、抗菌防臭加工もされています。
タック編み&ソフト編みの効果で足首から太ももまでしっかりと押し上げる効果があります。
適度な加圧効果で寝ている間に美脚サポートしてくれるソックスです。

寝ている時に履いて起きたら脱ぐだけというケアなのでとても手軽に使えます。
通気性も良いので使っていて蒸れるという事もありません。
作りもしっかりしているので3年も使えました。
ちょっとお値段がするので洗い替えに手軽に買える価格だったらいいのにって思います。
立ち仕事で毎日足が重苦しい状態でつらかったのに履いて寝るようになってから朝にはスッキリ解消しているという点がうれしいです。
締め付けも強くないのでちょうど良いです。
脚のむくみ解消にはなるのですが、私の場合、脚が太いからでしょうか、太もも部分は勝手にくるくる巻いて下がってしまうような感じで何回も夜間、引っ張りなおしている状態です。
脚が細い人はそうならないんだろうなと思います。

スリムウォーク

エレキバンでお馴染みのピップから販売されている着圧ソックス。
種類も豊富で、レッグケアをはじめとして一般医療機器、骨盤ケア、デオドラント、インナー、男性用とシリーズも豊富にあり、レッグケアはおやすみ用の美脚ケアやかかとケア、あったかタイプや燃焼タイプなど多くの種類が揃っているので自分に合った製品を見つけやすいです。
特におやすみ美脚は人気があり、寝ながらでも快適な美脚リフト構造を採用して作られています。
内側にパイル編みを取り入れているので寝ている時にずれてしまうという事がないようになっています。
蒸れにくく跡残りもしにくいので愛用している人が多いです。

座りっぱなしの仕事柄、夕方には脚がむくんでしまうので夜寝る時に欠かせなくなっています。
朝、しっかりとむくみが改善できているし、変な締め付けもない、快適に使えます。
大体1年に1回か2回ほど買い替えてリピートしています。
毎日寝る前に着圧ソックスを履けば次の日にはむくみにも効果がでているのでずっと使っています。
この前海外旅行の際に飛行機移動時のエコノミークラス対策で使ってみたけど、むくんでしまいました。
なので就寝時には良いけど、飛行機の時は別途、違う着圧ソックスにした方が良いなと思いました。
これを履いているとむくみがなくなってすごく調子が良いのでお風呂から上がってすぐに履くようにしています。
ただ、ずっと履いていると段々くるくると丸まったような感じになるので何回も引き上げて履いています。
でも、履くようになってから脚が細くなったのでこれがないと無理です。

ムクミキュア

「こんな商品があったら良いのに」というユーザーが求めている商品を販売しているイメージがすっかり定着している小林製薬から販売されている着圧ソックスです。
デコボコ編みで刺激を与え圧力段階の締め付け効果がありますのでむくみの予防対策に役立ちます。
更に土踏まず部分はパイル編みになっているので足の裏をマッサージしてくれます。
30分ほど履くだけでむくみの解消に役立ちます。

評判通り結構締め付けが強いなと感じます。
なので30分ぐらいで本当にちょうど良いかもしれません。
でも履いた後は結構脚がスッキリしたのがわかる位変わったのでびっくりしました。
友達は締め付けが強すぎる!という理由で譲ってもらったのですが、以前から着圧ソックスは愛用していたので私にはとてもちょうど良い使用感です。
履いていてめくれあがってしまうという事もなくしっかりと圧力を加えてくれるのでむくみにはとても効果があります。
他の着圧ソックスに比べたらかなり効果的ではないかと思いました。
しっかりと圧力設計されているので足のむくみに関する悩みはこれを履けば大体解消されています。
ただ、圧が強いからでしょうか。
脱ぐと内側の凸凹編みが跡になって残っているぐらいです。
圧力が強いのでかゆくなったりしないかと心配していますが、今のところそういった心配はないようなので愛用しています。

気になる着圧ソックスは見つかりましたか?
最初は圧力が少ないものを選んでみて様子を見ながら自分に合った着圧ソックスを選ぶようにしてみて下さい。


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事