スキンケアの中で洗顔に関しては、肌の汚れをしっかりと落として化粧水や美容液などでしっかりとケアするという方法が通常です。
中には洗顔にはものすごく関心があって、泡で転がすように洗う、洗顔料も質の良い物にこだわって選んでいるという人もいるかもしれません。

でも「これだけ洗顔に気を使っているのに、お肌の調子は乾燥しているしなんかいまいちだな~」と悩んでいませんか?
そんな人に試してみてほしいのは水洗顔。
今、結構注目されていて、実践している人も増えてきているんです!

【スポンサードサーチ】




水洗顔とは?


水洗顔は名前の通り、水だけで洗顔する洗顔方法です。
実際にモデルさんや女優さんでも水洗顔を取り入れている人もいます。
有名な所では蛯原友里さんや梨花さん、吉瀬美智子さんなどが水洗顔を実践している事で知られています。
そういえば皆さん、とてもおきれいですよね。
肌に余分な刺激を与えないでスキンケアしていけば、女優さんやモデルさんみたいなキレイなお肌が手に入るんでしょうか・・・と興味が出てしまいました。

他にも水洗顔をする事によって乾燥肌で悩んでいたけど改善した!という人や、肌トラブルが多かったけど水洗顔をするようになってから肌の状態が良くなってきたという変化を実感している人もいます。
水洗顔は水、またはぬるま湯のみで洗顔するというシンプルな方法なのですが、このシンプルな洗い方のおかげで色々なメリットもあるのです。

水洗顔で期待できる効果って?

水洗顔をする事によってどのような効果が期待できるのでしょうか?
通常の洗顔は洗顔料やクレンジングを使用しますよね。
しっかり汚れを落とすという事は重要なのですが、この汚れを落とすという段階で「洗いすぎ」「逆に肌に刺激を与えている」という状況になっている可能性があります。
水洗顔を取り入れる事で洗いすぎるという心配はかなりの割合で軽減します。
そのため以下の3つの効果が期待できるのです。

乾燥肌、敏感肌の改善

乾燥肌、敏感肌の人が水洗顔を実施するとお肌の状態が良くなったと実感しているようです。
洗顔料やクレンジングを使った洗顔はお肌の潤いを保つ必要な皮脂も洗い流してしまう事があります。
そのため、お肌の乾燥が起きやすい状態になるのです。
水洗顔を実践する事で必要な皮脂を洗い流してしまう心配も少なくなりますので、乾燥肌の改善に役立ちます。
お肌のターンオーバーを整える

お肌は自分の力でお肌の状態を整える自己治癒力があるのですが、洗顔料を使った洗顔は、皮脂だけでなくお肌の再生をする際に必要となる成分も一緒に流してしまいます。
水洗顔はお肌にとって必要な成分を洗い流す心配も少ないので、お肌の再生力を改善したり正常なターンオーバーを促すといった効果も期待できます。
肌トラブルを減らす
洗顔料に含まれている洗浄成分などが逆にお肌へ刺激を与えてしまう事があります。
そして先ほどもご紹介していますが、お肌の必要な皮脂も洗い流されてしまうと乾燥して敏感肌となり、ちょっとの刺激でも肌トラブルを起こしやすくなるのです。
水洗顔に切り替える事で洗顔料に含まれる洗浄成分など刺激を与える成分と接する機会も減る事になりますし、乾燥肌の改善に伴いお肌のバリア機能は良くなっていく事が期待できるので、肌トラブル自体も減っていくようになります。

水洗顔にする事で洗いすぎてしまうという事が無くなるので、お肌に必要な水分や油分を保つことが出来る、お肌のトラブルを減らす事が出来るといった変化を実感できるようになります。
このようにお肌に優しい!というだけではありません。
他にもスキンケア効果以外のメリットもあります。

まず1つは「経済的」という事。
水洗顔は水だけで行うシンプル洗顔なので、洗顔料を購入する必要がありません。
最近では洗顔料もより良いものを、より優しく洗って泡立ちが良いものを!という点を求めて2000円~3000円ぐらいする洗顔料を購入して使っているという人も増えてきています。
もしくは同額ぐらいのクレンジングも購入しているという人もいるのではないでしょうか。
そして水洗顔後は化粧水や美容液、乳液といった一連のスキンケア商品も使用しないということになりますので、これらのスキンケアを購入する必要もなくなります。
そのためコスト的にはかなり良いという事になります。

そしてもう一つは何より「スキンケアが楽になる」というメリットがあります。
これまで行っていた洗顔料での洗顔では当たり前のように洗顔料を泡立てていたと思います。
慣れると手際よく泡立てる事が出来ますが、正直なところ、面倒に感じる事も多いですよね。
水洗顔に切り替えると泡立てをする手間が無くなりますし、洗顔後のスキンケアでも化粧水をつけて乳液、美容液、クリーム・・・といった時間のかかるスキンケアをする手間も必要なくなります。
実際に普段から子育てなどで忙しい!とバタバタしている人などは、水洗顔にしてからこれらのステップを省略できるから楽!と思っている人もいるようです。

スポンサーリンク

水洗顔のやり方は?

水洗顔ってシンプルに聞こえるから水だけで適当に洗顔すればいいの?と思ってしまいますが、いくつかポイントがあります。
覚えておいて正しい水洗顔のやり方を実践してみて下さい。

手を洗います


水洗顔の前に手を洗いましょう。
手には色々な雑菌がついているので、その状態で水洗顔をすると手から顔に雑菌が移動する可能性もあります。
場合によってはニキビなど肌トラブルの原因になるので、手はハンドソープや石鹸を使ってしっかりと清潔な状態にしましょう。

ぬるま湯がおすすめ

水洗顔に使う水はぬるま湯がおすすめです。
冷たい水だと余分な皮脂が落ちにくい状況になりますし、かといってある程度温度があるお湯だと逆にお肌に必要な皮脂を落しすぎてしまう可能性があります。
そのため水洗顔に適している水の温度は30℃から35℃位のぬるま湯です。
触れて心地よいと感じるぐらいのぬるま湯で洗顔しましょう。

すすぐように洗う


洗顔というと水を当てながらゴシゴシこすって汚れを落とすイメージがあると思いますが、お肌をこするのは良くありません。
水洗顔の場合は水をすくって顔に当てるような感じ。
この洗い方で20回から30回ほどほどすすぐようにします。
皮脂が多くてべたつきが気になるという箇所や汚れが気になるという箇所に関しては、手や指の腹を使って優しくなでるようにして汚れを落とします。
また、ぬるま湯だけですすぐ際に顔の中心部分は充分にすすげていても、顔の端に当たる部分や髪の生え際あたりは充分にすすげていない事がありますので、この点に注意して全体的にしっかりとすすぐようにしましょう。

タオルを顔に当てる


洗顔が終わってタオルで水分をとる時にこすってはいけません。
水分はタオルに自然に吸収されるので当てるだけで良いです。
タオルは柔らかいものを選んで、使いまわしをせずに清潔なものを使用します。

洗顔後のケアは不用

一般的に水洗顔をした後のお肌には化粧水や美容液といったスキンケアは不要といわれています。
理由はお肌の自然な治癒力にお任せするという考えです。
でも乾燥がどうしても気になるという場合、薄ーくワセリンをつけているという人もいます。

この時のポイントは薄くつけるというもの。
薄くつけるだけでも充分、お肌が乾燥しないようにふたしてくれますし、つけすぎるとべたつきます。
手に取ってすぐにつけようとするとうまくのびない可能性がありますので、手に取ってからしばらくの間、手の体温で温めると柔らかくなってのびが良くなります。
この状態で塗ると薄く塗れ、気になる場所にも少量をつけることが出来るのでおすすめです。

これらのポイントに注意しつつ、水洗顔をしてみて下さい。

水洗顔はこんな人におすすめ!

水洗顔について知って水洗顔を始めてみようかな?と興味を持った人もいると思います。
特にこんな人は水洗顔をおすすめします。

  • お肌の乾燥を改善したい
  • 敏感肌で悩んでいる
  • 洗顔料を使うと顔がつっぱる
  • 肌トラブルが多いのが悩みだ
  • 色々と塗ってケアするスキンケアに疑問を感じている
  • 肌に優しいスキンケアに興味がある
  • シンプルなスキンケアに興味がある

水洗顔の注意点・デメリット

水洗顔ってすごく良さそう!メリットも大きく感じる!
と思った人もいると思いますが、全ての人に水洗顔がおすすめできるという訳でもありません。
水洗顔を実践する上での注意点や、デメリットになってしまう部分もあります。
どのようなものがあるのか、見てみましょう。

水洗顔は朝がおすすめ

通常、洗顔は朝と夜の2回、行っているという人も多いです。
そのうちの朝は水洗顔がおすすめです。

朝はなぜ水洗顔が向いているかというと、寝ている間についている顔の汚れというのが皮脂や老廃物、汗といった程度です。
それに皮脂といってもそれほど夜は分泌量が多い訳ではありません。
なので、ぬるま湯だけの洗顔で充分に落ちるからです。
まずは朝の水洗顔を実践してみましょう。

朝は水洗顔だけで充分に汚れを落とせるのですが、日中に皮脂の分泌が多くなるという場合や、油汚れやメイクといった類は水洗顔だけでは落としきれません。
なので、朝だけ水洗顔にして夜は洗顔料を使って汚れを落とすという方法にしている人もいます。

肌の乾燥や敏感肌がひどい人

普段からお肌の乾燥がひどかったり、敏感肌気味の人、肌トラブルが多いという人の場合、朝と夜の両方を水洗顔にした方が肌の調子が良くなる事もあります。

水洗顔中のメイクってどうすればよい?


水洗顔をしている時に気になるのが日中にするメイクですよね。
メイクは出来れば石けんで落ちるタイプの薄いメイクにしたり、アイメイクは刺激の少ないポイントリムーバーで落とすといった方法にすると良いでしょう。
ファンデーションに関してはリキッドファンデを使うと水洗顔だけでは落ちにくいし、強いクレンジングも必要としますのでおすすめできません。
水洗顔中に使うファンデーションでおすすめなのはパウダーファンデーションです。
この方がお肌に無理がかからない状態で優しく落とすことが出来ます。

水洗顔が向いていない人

水洗顔がおすすめできる人は基本的に肌が乾燥している人です。
逆に皮脂の分泌量が多いオイリー肌の人や混合肌の人は水洗顔だけでは余分な皮脂を落としきれなくなるのでおすすめできません。

ただ、オイリー肌の人でも原因が2種類あります。
一つは体質や遺伝的な都合で皮脂の分泌量が多いという人です。
そしてもう一つは肌の乾燥が原因となり、これ以上肌を乾燥させないようにと肌が危機感を持つようになり、皮脂を分泌させているインナードライ状態の肌の人もいます。
自分がどちらだかわからないという場合、肌の水分量を測ってもらうとわかりやすいです。
コスメカウンターなどを利用すると肌状態を測定してもらえます。
他にもスキンチェッカーという肌水分チェッカーを自分で購入して測定しているという人もいます。
理想の肌の水分量は40%から50%といわれています。
インナードライ肌の人の場合、肌の水分量が低いです。
一方、オイリー肌の人の場合、肌の水分量はある程度足りている状態になります。

もしオイリー肌の場合は水洗顔は向いていないので朝晩、洗顔料を使用したほうが良いでしょう。
一方、オイリー肌でも肌の水分量が足りないインナードライタイプの人は試しに水洗顔をする事で肌の乾燥を改善する事が出来る場合があります。

すぐには効果は実感できません

水洗顔を試してみて多くの人が実感するのが「すぐに効果が実感できない」という部分です。
お肌のターンオーバーの都合もあるので、効果が実感できるのは数週間から数か月と結構かかります。
とはいえ続ける事が大事なので気長に水洗顔を取り入れてみて下さい。

リバウンドになる場合も

水洗顔を試していくうちにリバウンドを経験する人も多いです。
水洗顔を試してみる前は、当たり前のように化粧水や乳液、美容液などを使ったスキンケアをしていました。
お肌が乾燥してボロボロの状態のところに化粧水やクリームでケアすると見た目には潤っているように見えます。
ところが水洗顔をするようになるとこれらのスキンケアアイテムは使用しなくなりますよね。
そのため、一時的に乾燥がひどくなったように見えたり、ニキビなどの肌荒れが悪化したりたくさんできてしまう事があるのです。

かさぶたや、これまではがれにくくなって残っていた角質などが落ちるようになるので、見た目にもびっくりしてしまう乾燥状態に感じるかもしれません。
これは一時的なものなので、以降はお肌のターンオーバーが正常に行われるようになります。

「そのリバウンドってどのぐらいかかるの?」と気になりますよね。
リバウンドの期間については完全に個人差が出てくるので一概に言えないのですが、目安として1か月から2か月ぐらいかかる場合が多いです。
また、お肌の状態があまり良くない人や、年齢が上の人であればあるほど2か月、3か月ぐらいといった期間がかかる事もあります。
このためこのリバウンド中に途中で挫折してしまう人もいます。
でもお肌の奥の方で正常にターンオーバーが行われている肌が徐々にできている!と期待しつつ様子を見た方が良いでしょう。

ちなみにこのリバウンド。
話を聞いていると乗り切る自信がない!と心配になってしまう人もいるかもしれませんが、全員がこの症状になるという訳ではありません。
水洗顔を初めてリバウンドが数週間で収まる人もいれば、リバウンド自体全く起こらないで肌の状態がだんだん良くなっていったという人もいます。
このように完全に個人差が出てきますので、実際に行ってみないとわからないのです。

はたけが出来てしまう!

水洗顔をしている人の多くが経験するものがあります。
それは「はたけ」です。「モサ」って呼ぶ人もいます。
はたけは毛穴から皮脂や角栓が出てきて目立ってしまう状態の事です。
水洗顔をするようになって鏡を見た時に白くにょきって出ているのですぐに「あ、この事か」とわかると思います。
出来やすい場所は小鼻や眉間、ほほの毛穴あたりです。

見た目的に嫌だなーと思うかもしれませんが、水洗顔をそのまま続けていくとお肌の水分や油分のバランスが良くなってくるので角栓が目立たなくなっていきます。
そして毛穴自体も目立ちにくくなった!と感じる人が多いです。
大体1か月から2か月ぐらいははたけが目立つかもしれませんが、その後はキレイなお肌が待っている!と思うようにしてみて下さい。
ちなみに3か月以上経ってもはたけが良くならない!角栓が段々ひどくなってきているという人の場合、オイリー肌の可能性があります。
水洗顔が向いていないかもしれないので、その場合は洗顔料を使った方が良い場合もあります。
ただ、このはたけが部分的にニキビみたいに炎症が起きてしまうという人がいますので、その場合は皮膚科医に見てもらって治療するようにして下さい。

まとめ

「水だけだなんて、なんか汚い・・・」と思ってしまう方もいるかもしれませんが、皮脂やお肌の常在菌を落としすぎてしまうのもトラブルの原因になってしまいます。
まずは朝だけ、水洗顔を取り入れてみませんか?
筆者はながらく朝は水洗顔ですが、じゅうぶんさっぱりしますし、メイクののりもバッチリですよ♪
ぜひ試してみてくださいね!


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事