色々な美容法、健康法が飛び交っている現代社会。
女性たちの美への追及は素晴らしく、そしてその追求に応えるようにたくさんの美容方法が注目されています。
そんな色々な美容方法の中でも今回注目したいのは「かっさ」。

このかっさを使った効果が凄い!と今はたくさんのかっさが販売され、多くの店舗でかっさを見かけるようになりました。
そのかっさの使い方、そしてより効果を高めるためのポイントなど徹底調査してみましたよ☆
ぜひ皆さんもかっさの使い方や効果を知って下さいね(^^♪

【スポンサードサーチ】




かっさとは?

そもそも「かっさって何?」という人もいるかもしれないので、この不思議な響きであるかっさについて説明していきましょう。

主にマッサージに使うためのプレート、かっさプレートのことを「かっさ」と呼んでいます。
このかっさで顔や足などをマッサージして、老廃物を流すように使います。
このかっさはなんと2500年前から中国の民間療法として行われていて、かっさの「かつ」は削ること、そして「さ」は身動きが取れずに流れが滞っている血液のこと。
つまり身動きが取れずに流れが滞っている血液を削ること……それが「かっさ」なのです。

実際には専用のプレートであるかっさプレートで、肌の表面から血液やリンパ節の流れを刺激するようにマッサージするデトックスのことをかっさと言います。
デトックスマッサージと聞くと色々な効果が思い浮かぶと思いますが、このかっさで期待できる効果を次に解説していきましょう。

かっさで期待できる効果は?

小顔効果

かっさの中でも特に話題になっているのがこの小顔効果の高さです。
現代人は歯が弱いと言われていて、特に若い人は固いものを避けて柔らかいものを食べる傾向にあります。
しかしこの習慣が身につくと物をあまり噛まなくなり、結果的に顔の筋肉が鍛えられずに衰えていきます。
ここでのポイントは、リンパ節は刺激されないと流れにくいということ。
つまり筋肉の動きがないと、リンパ節は刺激されずに流れが滞ってしまうのです。
このため顔のリンパは流れにくく、脂肪燃焼されにくくなってしまって顔が膨らみやすくなります。
そこでかっさでマッサージすることでリンパを刺激、溜まっていた老廃物を流すことで顔のむくみやたるみが解消されます。

結果として小顔効果が発揮されるのです。
このためかっさマッサージは小顔効果が高い、と言われているのですが、実際には溜まっている老廃物がなくなるのですぐに小顔効果が期待できる、目に見えて結果、効果が分かりやすいから小顔効果が注目されているのではないかと思います。

しかしかっさで小顔効果があるのは確実ですし、その他にも様々な効果が期待できます。
小顔効果以外の色々な効果も見ていきましょう。

シミやシワの解消、アンチエイジングケア効果


シワは、肌の乾燥やコラーゲンの減少によって肌が水分を失うことで弾力がなくなってしまい、生まれてしまうと言われています。
そしてもう一つのしわの原因として、リンパの流れが悪くなることも最近判明しました。
なのでただ乾燥を防ぐ、コラーゲンを補ってあげるだけでなく、リンパ節を刺激してリンパ液を正しく流れていけるようにすることもシワの改善、解消として効果的なアプローチなのですね。
そこで血流もリンパの流れも良くしてくれるかっさでのマッサージは、シワへのアプローチとしてかなりの効果が期待できるのです♪
更に血流やリンパの流れが良くなることによって老廃物が排出されやすくなり、栄養素が滞りなく細胞に届けられるようになります。
これで肌のターンオーバーが正しくなり、シミの改善にもつながります。

かっさマッサージはアンチエイジングケアの第一歩として、自宅でもできるエステケアなんですね。

明るいフェイスに変化!


かっさマッサージは肌のターンオーバーを促進して、肌を瑞々しくしてくれます。
これによって肌のトーンがアップして、肌に透明感が出て明るい印象を与えます。
血流が良くなることで血色も良くなるので、顔色が悪いと言われる人はぜひかっさマッサージを取り入れてみて下さい。
更にむくみ解消によって小顔になるだけでなく、むくみやすい目の周りがスッキリとして、目がパッチリとして、クマなどの解消もされます。
それに口の周りのむくみも流されることで口角も上がり、若々しい印象を与えられるようになるでしょう。
顔を明るくして印象を明るくしたい時には、ただメイクを変えるだけでなく、顔本来の印象を上げられるかっさマッサージは最適とも言えるフェイスケアです。

このように、かっさマッサージは色々な効果をもたらしてくれる万能ケアです。
またかっさにはフェイス用の他にも、ボディ用や脚用など色々な場所をケアできるようなかっさも販売されています。
そういった自分がしたい場所のケア用のかっさを探すのも楽しいですよ☆

そんなかっさですが、どんな使い方をするのかも紹介しましょう。

スポンサーリンク

かっさの使い方は?

むくみを流しとる場合は


むくんでいる部分を解消したい場合は、流すように肌の表面を刺激していきましょう。
その時はかっさの形の広い面を使って流して上げると流しやすいです。
血流やリンパの流れを良くする場合はそこまで強くする必要はなく、優しく撫でるように使って下さい。

ほぐす場合は

かっさではコリをほぐすこともできます。
ほぐす場合はかっさのカーブになっている場所を使って、流すよりも強めに押してみましょう。
そうすることで凝った筋肉を仲間で刺激できて、よりコリがほぐれていきます。
よりピンポイントでコリをほぐしたい場合は突起部分を使うことでも気持ちよくコリをほぐすことも可能です。

押すことでツボ押しも可能!

かっさの突起部分はツボ押しに最適、痛すぎない程度にツボを刺激することで、より体の内部から健康になっていきます。
滑ったりすると大変ですから、かっさをしっかり持って強く推し過ぎないようにツボ刺激をやってみて下さい。

かっさの使い方はただマッサージをするだけではありません。
色々な方向から顔や体にアプローチできるのです。
そしてそのかっさの効果をより高めるために、かっさの使い方のポイントもお教えしましょう!

かっさの効果を高めるためのポイントは?

ポイントは何よりも「力を入れ過ぎない」こと!
力を入れ過ぎると肌を傷めてしまう危険の方が高くなりますから、かっさを使う効果よりもダメージの方が大きくなってしまいます。
かっさの効果を引き出すためにベストの力加減は、痛いけど気持ちいい、これくらいの力加減でマッサージしましょう。
そもそも、リンパの流れを良くするなら撫でる程度でも十分に効果が期待できるのです。
強くし過ぎないこと、これはかっさを使う上で何よりもかっさの効果を高めるポイントですね。

またお風呂上りに行うのも効果的です。
なぜならお風呂上りは体が温まって、血行が良くなっている時です。
そんな時こそかっさで体を刺激して、より流れやすい時にたくさんの老廃物を流してしまいましょう!
それにお風呂から出た時は毛穴が一番開いている時、この時に美容オイルを使ってかっさマッサージをすることで、より美容成分が素肌に浸透して、しかもかっさマッサージで流れも良くなっているので無駄なく隅々までその効果を届けることができるのです。

そんなかっさには、もちろん注意点もあります。
次にそのかっさを使う時の注意点もご紹介しますね。

かっさを使う時の注意点

マッサージクリームかオイルを必ず併用して!


かっさマッサージをする時には、必ずクリームかオイルを使いましょう。
かっさマッサージはかっさで肌を「擦る」マッサージ、クリームやオイルを使わないでしてしまうと、肌への刺激となって逆に肌への負担がかかってしまうので注意して下さい。
と言っても専用のマッサージクリームやマッサージオイルを入手する必要はありません。
普段のスキンケアで使っている乳液やクリームで大丈夫ですよ。
ただ必ずクリームやオイルを併用する、このことを覚えておいて下さいね。

かっさは週に一度くらいで

かっさマッサージをすることで確かに血流やリンパの流れが良くなります。
ですが毎日する必要はありません、頻度は週に一度くらいがベスト。
逆にかっさマッサージを毎日繰り返すと肌への負担になってしまいます。
いくら小顔効果を期待したいからって、それで肌に負担をかけてしまっては意味がありません。
程よく、定期的に行うようにして下さい。

肌トラブルの時はやっちゃダメ!

かっさマッサージをやろうとした時、もしも肌トラブルになっていたらどうしましょう?
答えは「やってはいけない」です。
もしニキビなどができている場合は、そこでかっさマッサージをすると刺激になって状態が悪くなってしまう可能性があります。
だからかっさマッサージをする時には肌トラブルが起きていないかどうかを確認してから、もし肌トラブルが起きていた場合はその場所は避けてかっさマッサージをするようにして下さいね。

さてかっさマッサージの注意点も理解して貰った所で、実際にかっさマッサージをやってみた人たちの口コミを見ていきましょう。

かっさを実践した人の口コミまとめ

まずはかっさマッサージで効果を実感している人たちの口コミから。

羽タイプのかっさを使ってみました。オイルかクリームを使うようにとあったので、乳液代わりに普段から使っているオイルを使ってみることに。変わった形だなー、と思っていたんですが、使ってみるとこの形がとてもフェイスラインにフィットするので使いやすいということが分かりました。やっているととても気持ちよくて、しかも一回やっただけでもラインが変わっている……?かなり効果ありです!
顔全体のマッサージだけでなく、気持ちが良いので頭の方にもマッサージしてみました。やってみると分かるんですが、肩とかと一緒で顔ってかなり「こっている」ってこと。かっさで流すと柔らかくなるというか、顔の筋肉が動かしやすくなったような感じ。私はまだ始めたばかりなので小顔になったとまでは分かりませんが、朝鏡で顔を見ると前よりも白くて肌が綺麗になってきています。思わぬ効果でした。
デコルテ部分のマッサージに使ったら、ちょっと痛かった。なので流すように使うようにして、そのまま使い続けました。すると気づいた時には痛くなくなった。もしかしたら何かが詰まっていたのかもしれない。使っていると気持ちよくなってきた。顔のむくみも目の周りが解消されています。それと肩こりも感じなくなってきました。

このようにかっさでマッサージ効果を実感している人はたくさんいます。
しかしその一方で、かっさマッサージは失敗だったという口コミもありました。
そちらも見ていきましょう。

かっさでマッサージをすると顔のむくみがなくなって小顔効果があるって聞いたんだけど、何だか続けている内にたるんできた?やり方が悪いんでしょうか……?友人はかっさでマッサージするとむくみが取れていいって言っていたのでショック……。
小顔効果はすぐに出るんだけど、やっぱりすぐに元に戻っちゃう。効果が持続しないならあんまりしなくても良いかなって思いました。流すだけだから一時的なものなのかも。

この失敗談を見てみると分かりますが、かっさでマッサージをする時に強くし過ぎると肌が痛みます。
肌が痛んでいるのにそれを続けると、どんどんダメージが蓄積します。
すると肌は外部の刺激にどんどん弱くなってしまって、シワやたるみの原因になってしまうんです。
なのでかっさでマッサージをする場合は痛すぎないように注意が必要ですね。
それと確かにかっさでマッサージをして小顔になっても、それは一時的なもの。
しかしまた老廃物が溜まったなら、また流して上げることで代謝は上がります。
家庭で数分でできるかっさマッサージだからこそ、定期的に持続してやれば効果は確実にでるでしょう。
そういった良い面や悪い面も理解してかっさマッサージを続けて下さいね。

さてそんなかっさマッサージ、おススメしたいのは次のような人です。

かっさはこんな人におすすめ!

  • 顔がむくみやすい人
  • 顔のアンチエイジングケアを考えている人
  • 小顔になりたい人

こういった人にかっさマッサージはおススメです!

まず顔がむくみやすい人、これは分かりやすいですね。
しかしかっさマッサージをすることで、この悩みは解決します。
かっさマッサージを定期的にすることは、むくみを解消するだけでなく肌ツヤも良くなることに繋がるでしょう。
むくみが解消されている、つまりリンパの流れが良くなることで老廃物が流れていき、そこに良くなった血流によって栄養素が正しく届くことになるからです。

そしてそれは、アンチエイジングケアにも繋がります。
かっさマッサージをすることで老廃物が流れやすくなり、必要な栄養素が肌の細胞に届くことで肌のターンオーバーが促進されます。

シミができてしまった肌は白く艶やかな新しい肌に生まれ変わりやすくなる、と言えば分かりやすいですね。
それに肌が白く、血色がよくなると顔のトーンが明るくなって若々しい印象を与えるようになります。
肌ツヤを良くするだけでなく、見た目自体からアンチエイジングケアしてくれるので、効果が分かりやすいというメリットもあるのです。

そして小顔になりたい人、これはやはりかっさマッサージをし始める人多くの目的とも言えるポイントでしょう。
かっさマッサージの最大のポイントは、この小顔効果が分かりやすく、そしてすぐに出やすいという特徴があります。
それは顔のむくみの原因のほとんどがむくみによる所、ということが大きな理由です。
むくんでいる顔のむくみは、その溜まっている水分や老廃物が流れてしまえば解消することは簡単ですからね。
そのむくみに対する大きなアプローチ手段こそが、かっさマッサージ。
今日からできる小顔効果、小顔になりたい人はそういった目的でも良いので、かっさマッサージを始めてみて下さいね。

かっさは顔以外にも使える?

所でかっさは顔以外にも使えるのでしょうか?
答えから言うと「もちろん!」です。

前述したように、かっさにはフェイス用の他にも、ボディ用や脚用など色々な場所をケアできるようなかっさも販売されています。
またかっさには色々な形状がありますから、使いやすいかっさを選ぶのもポイントですね。
ただフェイス用、ボディ用と最初から明記されているかっさは、そこを重点的にやるべきかっさの形だと思って使うと良いでしょう。

因みに顔以外だと、脚、お腹周り、二の腕などがかっさマッサージのポイントになります。
脚ならまずは脚の外を足首に向かって流して、次に内側を足首から付け根に向かって流すように行いましょう。
次にお腹周り、まずはおへそ周りから脚の付け根のリンパ、脚からお腹に向かって、と順番に行っていきましょう。
お腹はあまり強く推し過ぎると腹痛を起こすこともあるので、優しく行うのがポイントです。
そして二の腕、たるみを取りたい人はぜひ二の腕もやってみましょう。
腕も脚と同じように外側から肘へ、肘から手首へ、内側は逆方向に行って下さい。

これがかっさマッサージで他の場所を行う場合のポイントです。
特におススメなのは二の腕付近で、この辺りを流すことで肩こりの解消にも繋がります。
もちろんこれらのポイントを行う時も、顔と同じくクリームやオイルを使ってからマッサージをするようにして下さいね。

まとめ

最近話題のかっさマッサージ。
小顔になりたい人、むくみを取りたい人、体の循環を良くしたい人……そういった人たちにおススメしたい、自宅でもできる顔や体のケア。
かっさを使ったマッサージで、気持ちよくケアをしてみませんか?


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事