30代後半、もしくは40代に差し掛かったあたりから気になってくるのがアンチエイジング対策。
特に見た目的に「老けた?」と思われる変化がないように気をつけるようにしたいものです。
お肌はスキンケア次第でなんとかなるかもしれませんが、ほうれい線に関してはスキンケアだけでカバーしきれない部分があります。

最近、ほうれい線が気になってきたので何か良い対策はないの?と探していたところPAO(パオ)を見つけました。
PAOを使ってほうれい線予防や対策をしている人が結構多いんですね!
もし、ほうれい線が気になり出しているという人はPAOをチェックしてみて下さい!

【スポンサードサーチ】




PAOとは?

PAOは顔の筋肉をトレーニングできるフェイシャルフィットネスマシーンです。
顔の筋肉は表情に関係しているだけではありません。
表皮をはじめとして真皮、皮下組織といった肌を支えているのは筋肉です。
顔の筋肉は普段、あまり意識して動かす事も無いので年齢と共に衰えやすいです。
肌の組織を支えている土台ともなる筋肉が衰えてしまうと肌が垂れ下がってたるみを引き起こしてしまいます。
こういった理由からたるみやシワ、ほうれい線などが目立ちやすくなってしまいます。
PAOは口にくわえて上下に揺らすだけ。
顔の筋肉を鍛える新しいトレーニング方法になります。

PAOのシリーズは2種類。

セブンモデル

ホワイト、ブラックの2色があり、18g、23g、28gと3種類の重りに変更できるタイプになります。
ウェイトを変えることが出来るので、こちらの方が愛用者が多いです。

スリーモデル

ホワイト、ブラック、ピンク、グリーンの4色。
セブンモデルの23gウェイトが一体となっているので、お値段はこちらの方が若干リーズナブルです。

PAOの人気の秘密!期待できる効果は?

トレーニングと聞くと『キツイの?大変?続かないんじゃない?』と色々不安になりますよね。
でもPAOはそんな不安も無用で顔のトレーニングができるから人気があるし話題になっているんです!
PAOにはどのような特徴があるのか、そしてどのような効果が期待できるのかを見てみましょう。

短い時間でOK!


PAOを使ったトレーニングは1日に2回、1回につき30秒だけでOKなんです。
使用時間が短いので続けやすいというメリットが大きいのです。
短時間で効率よくトレーニングできるように設計されたPAOならではの特徴になります。

設計されつくしたデザイン

PAOは 

全長 54cm
板ばね圧 0.6mm
ふり幅 20cm
しなり角度 43℃
周波数 2~3Hz

この状態で共振運動をする事で、安定した負荷をかけることが出来るベストバランスの設計になっています。
小さな動きで大きな負荷を作り出す事が出来るようになっているので、口周りの筋肉に効果的に働きかけてくれるんですね。

テクニカルディスタンス

口元から30mmという距離にする事で、口の周辺の筋肉により大きく負荷をかけることができます。
そして咥えやすく、かつ口で維持できる負荷が限界を超えないように・・・といった設計・デザインになっています。
無理がかからず、なおかつ効率的に負荷をかけてトレーニングできるようになっています。

マウスホールド設計


PAOを咥える際に口元に負荷がかかるように、あえてマウスピースを口元より少し小さめに設計してあります。
マウスピースは唇でくわえやすいように柔らかい楕円形状になっています。
マウスピースを咥える時には歯で咥えるのでなく、唇のみでマウスピースを咥える事になるので、口周りの筋肉にとても効率よく負荷がかかり鍛えやすくなります。

負荷の調節が出来る!


PAOの両端部分にカラフルなバランスウエイトがついています。
セブンモデルに関しては、筋肉レベルに合わせて負荷をかける調整が出来るようになっています。

負荷小 ミントグリーン 18g
負荷中 ピンク 23g
負荷大 ピンクゴールド 28g

取り換えも簡単なので、手軽に自分にとって効果的なトレーニングをすることが出来ます。

早稲田大学で検証済み!

早稲田大学で実験が行われています。
実験方法は口唇をとがらす、頬を引き上げる、ペンをくわえるなどの顔の筋肉の収縮活動を検証しています。
その結果、笑顔を意識しているPAO運動は口元の筋肉を鍛える事が出来る運動だという結果が出ています。

電力も使わない!

PAOの見た目から、最初に「トレーニング機器?」と思ってしまう人もいるようですが、PAOは人力で動かすので電力の使用はありません。
電池を買う必要もないですし、電源を確保する必要もありません。

楽しみながら使える

PAOは口に咥えて上下にブンブン振るというトレーニング方法なので、楽しみながらトレーニングしている人も多いようです。
振っている事に集中するので目安時間の30秒はあっという間ですよ。

スポンサーリンク

PAOの使い方はとっても簡単♪

PAOの愛用者が多い理由の一つの「簡単に使える」という部分は、続けやすいというメリットにもなります。

  1. PAOを口で咥えます
  2. 咥えたまま上下に揺らします。
  3. この運動を30秒
  4. 1日2回使用するのがオススメです

と、このように手軽に簡単に使えるのが魅力です。

PAOの効果を高めるコツ

PAOを使ったトレーニングをしてほうれい線をなんとかしたい!

そう思ったらより効果のある使い方を知っておきたいですよね!
使う時に以下の点を意識してみてください。

口に咥える時

『口に咥えて揺らすって事は歯で咥えるのかな?それだと前歯かぶせている状態だから不安・・・』と思った人もいると思いますがご安心ください。
PAOは口で咥える際に歯は使いません。
くちびるのみで咥えて上下に揺らします。
ただ、くちびるだけでPAOを咥えようとするとなかなか安定しない!と思う人もいると思います。
そんな時はちょっと吸うような感じで、口をすぼませるように咥えると安定しやすいです。
見た目には吸う事によってほおがへこむような感じです。

この咥え方でPAOを安定して揺らせるようになります。

首は固定しつつ揺らす

PAOを使う時にうまく揺らせないという悩みを持つ人もいるようです。
首も一緒に使って振ってしまうとうまく揺らせません。
首は固定するようなイメージで顔全体で細かく上下に揺らしてみて下さい。

それでもうまく揺れない時は

顔を揺らしているんだけどうまくPAOが揺れてくれないという時におすすめなのが膝で上下に動かす方法です。
小刻みにひざを屈伸するような動きをすると、PAOをうまく揺らしやすくなります。

これらのポイントを参考にして正しくPAOを使ったトレーニングを実践して下さい!

PAOを実際に試した人の口コミ評判まとめ

PAOに興味をもって「使ってみたいなー」って思った人も多くいると思います。
でもPAOの効果はどのぐらい感じるんだろう?というのが気になりますよね。
そこで実際にPAOを使ってみた人の口コミを集めてみました。
良い口コミだけでなく悪い口コミもご紹介しますので参考にしてみて下さい。

良い口コミ

PAOを使うようになってから気になっていたほうれい線が目立ちにくくなってきたと旦那に褒められました!
私の場合、30秒じゃなくて1分ぐらいやって疲れた!と思うまでやっています。
でもちょっとさぼるとすぐに元に戻るんでしょうか?旦那にサボってる?と言われます。
顔の筋肉がこれまでにない疲労感を感じているので鍛えられているんだなってわかります。
でも使う時間自体は短いので苦痛にならずに続けることが出来るっていうのがいいですよね。
毎日サボることなく続けているおかげでフェイスラインがスッキリしてきました。
最初、うまく振れないんですが、コツをつかめば大丈夫です。
やった後はほおの筋肉にちゃんと負荷がかかっているんでしょうね。引き締まったように感じます。
このままやってほうれい線が消えればいいなと思います。
PAOを使うようになって2週間過ぎたあたりから顔が痩せた!と言ってもらえるようになりました。
顔なんて普段、鍛える事がないから結構負荷がかかっている~とわかる位の疲労感があるけどたるみに勝ちたいならやっぱり筋トレは必要だと思います。
フェイスラインのお肉がぷよぷよ、ほうれい線も気になるという状態からスタート。
最初、うまく振れなかったけどやっているうちになんとなくコツがわかってきます。
時間も短いし朝晩で2回、続けやすいです。
PAOを毎日使い続けて3週間ぐらいしたあたりで私は実感なかったのですが家族が変化を感じたようです。
家族に顔がちょっとすっきりしてきた!といわれたので頑張って続けるつもりです。
ここ2、3年で顔が老けたように感じたので化粧水や美容液など良さそうなものを使っていたのですが特に効果なし。
筋肉を鍛えるという言葉に惹かれPAOを買ってみました。
最初、ちゃんと振れなかったのですが、だんだん振れるようになりました。
使い続けて2か月ほど経ちますが、もうほとんど諦めていた顔のほうれい線やたるみ、シワがちょっとマシになったように感じたのです。
こんなにアンチエイジング効果があるならもうちょっと早く始めるべきでした。

悪い口コミ

毎日30秒、続けていますがほうれい線にはまだ変化なしって感じです。
やっぱり疲れるまでやった方が良いのかなとやり方の変更を検討中です。
PAOを買ってはみたもののうまく振ることが出来ません。
なのであまり顔の筋肉への負荷も感じられず効果もいまいちわからずといった感じです。
今はうまくPAOを振ることが出来るようになったので良かったですけど、慣れるまでに首を若干傷めてしまった経験があるので皆さん、気をつけて下さい。
すぐに効果出るかなーと思いながら頑張って使ってみたけどすぐには変化を感じられなかったので即効性はないと思います。
1年ぐらい頑張っているんだけどあまり変化を感じられません。

口コミのまとめ

普段、顔の筋肉をうまい事意識して使わないからか、使い続けていく事で顔の筋肉が鍛えられている!と実感していく人が多いなと口コミを見て思いました。

  • フェイスラインがスッキリした
  • ほうれい線対策になった

といった効果を実感している口コミが多いです。
ただ中には悪い口コミもあり、見てみるとうまく振る事が出来ない、効果がない、首を痛めたというものです。
PAOを振る時にコツをつかむまではうまく振れない!と悩む人が多いので首を痛めないように注意しつつ実践してみて下さい。
また、効果が実感できない人の場合、よく見てみるとPAOを使っているけど顔の筋肉に効いている!という実感がないような口コミも含まれているので、PAOをまっすぐになるように咥えて揺らしているかチェックしたり、ちょっと顔の筋肉が疲れたなと感じるまで時間をのばしてみると良いかもしれません。

PAOはこんな人におすすめ!

PAOは手軽に出来るフェイシャルフィットネスマシーンなのでどんな人でも手軽に顔の筋肉を鍛えることが出来ます。
特にこんな悩みを持った人におすすめします!

  • 小顔に憧れる
  • あごのぷよぷよしたお肉をなんとかしたい
  • 年のせいか顔のお肉がたるんできた
  • ほうれい線が目立つようになってきた
  • 年齢的にそろそろアンチエイジング対策をしたい
  • 顔の体操をしてもほうれい線が改善しない
  • つらい長時間のトレーニングは苦手
  • 楽しみながらほうれい線対策したい
  • 普段忙しいので短時間でほうれい線対策ができればいいのに・・・

といった具合に手軽に小顔効果、そしてほうれい線対策をしたいという人は是非、PAOを使ってみて下さい。

PAOのデメリット・注意点もまとめてみました

PAOは手軽にほうれい線、小顔対策が出来る!というメリットがありますが、メリットだけではありません。
使う人、使い方によってはデメリットに感じる部分や注意しておいた方が良い事もありますのでご紹介しておきます。

ホワイトだと汚れが気になるかも

PAOはホワイトとブラックがあり最近では他のカラーも増えてきています。
最初、特に気にせずに購入して使っていくとなんとなくわかりますが、ホワイトは使っていくうちになんとなく汚れとかが気になってしまうかもしれません。

使うたびに洗うのが面倒

口に咥えて使用する器具になるので、使用後に毎回洗うのが面倒に感じてしまう人もいるようです。
中には洗うのを省略するためにラップをかぶせてから咥えているという人もいました。

人との共有が難しい

PAOは口で咥えて使う器具になりますので、他の人と共有して使うというのがなかなか難しいと感じると思います。

自宅でのみ・・・でしょうね

PAOを使っている姿は正直なところすごい顔になっていそうだから人に見られたくない!という理由から自宅でのみ使っているという人が多いです。
とはいえ、旅行先にとか持っていこうとすると長さもあってかさばるので、自宅でのみの使用になると思います。
どこでも手軽に!とはいかないのが残念ですね。

唇の内側や歯の位置に注意して下さい!

PAOをくわえる時は基本的に歯でマウスピースを噛まないように、という注意点があります。
でも実際に使ってみてうまく咥えられないという人は、くちびるの内側に歯があるような感じで使ってしまっている人もいるようです。
この方法だとくちびるの内側にダメージがかかる可能性が高くなってしまいます。
あくまでも歯で咥える事がないように、そしてくちびるの内側を歯で切ってしまう事がないように注意して下さい。

疾患のある人

PAOは揺らす時に首を若干使う方法もあるのですが、使い方によっては首を痛めてしまうという人もいます。
なので、頚椎ヘルニアなど首に疾患があるという人、顎関節症を指摘されている人、首や口、あごに痛みがあったり疾患を抱えているという人は症状を悪化させてしまう可能性もあります。
この場合、PAOの使用は控えるようにしましょう。

首を大きく振らない

PAOはコツをつかむと結構大きくブンブン振れるぐらい動かす事が出来ます。
なので大きく首を振った方がいいの?と振ってしまいがちなのですが、この方法だと逆に首を痛めてしまう可能性があります。
なので首は大きく振らないようにしてPAOを揺らすようにしましょう。

首を前に出さない

これも首を痛めてしまう原因となります。
PAOを使う時にはまっすぐの姿勢で首を前に出さないようにして揺らすようにしましょう。

周辺に注意

PAOは実際に咥えてみるとわかるのですが、結構横幅があります。
なので振っている時には周囲に注意して下さい。
場所によっては物に当たってしまう可能性があります。
また、使用時はあまり人に見られたくないというのもあるので一人でいる時に使用していると思いますが、他の家族やペットに当たってしまうと痛いので周辺に注意しながら使うようにして下さい。

鏡でチェック!

PAOを使っていて効果がなかったという人に多いのですが、何となく口で咥えてだいたいで使っているとうまく顔に負荷がかかっていない場合があります。
PAOをくわえて上下運動をする前に鏡でチェックしてみて下さい。

PAOが横一直線にまっすぐ同じ高さになっているでしょうか?
斜めになるように咥えてしまうと左右均等に負荷がかかりにくくなるので効果が半減してしまいます。
正しく加えて、効果を無駄にしないようにしましょう!

まとめ

PAOというと、クリロナのCMを覚えている方も多いのではないでしょうか?
あのときは今までになかったタイプの器具だったので、かなり衝撃を受けました・・・!
いまでは多数の類似品が出回るほど人気となったPAO。
ほうれい線や顔のたるみが気になったら、ぜひチャレンジしてみてくださいね!



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事