パッと読むための目次

暖かくなってきてもうすぐ春本番。
この頃から気になりだすのが「日焼け」ではないでしょうか?徐々に日焼け止めのCMも流れ始めていますよね。

『日焼け止め買わなくちゃ…あ、でも去年のが残ってるな。まだ使えるかな?』
『いっぱいありすぎてどれを選べばいいのか分からない』
『日焼けして火傷みたいになってしまった!どうケアしたらいいんだろう?』

そんな日焼けの疑問をまとめて解決していきたいと思います!

【スポンサードサーチ】




そもそも日焼けとは?紫外線UV-A・UV-B・UV-Cの違い

そもそも日焼けとはどういうことが肌に起こっているのでしょうか?
紫外線
日焼けを起こしているのは紫外線
紫外線は波長によってUV-A・UV-B・UV-Cの三種類に分けられますが、実際私たちのいる地表まで届いているのはUV-AとUV-Bの二種類です。
このUV-AとUV-B、それぞれ私たちに悪さをするのですが悪さの内容が異なります。

しわ・たるみの原因になるUV-A

しわ・たるみ
UV-Aは地表に届いている紫外線の約9割。ほとんどがUV-Aなんですね。
UV-Aはお肌の表面を通りぬけ、肌の奥の真皮にまで到達してダメージを与えます。
真皮でダメージを与えられるのはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す細胞たち。
ハリや弾力を与えるために働いてくれている細胞がダメージを受けてしまうので、しわやたるみの原因になってしまいます。

しみ・そばかすの原因になるUV-B

しみ・そばかす
UV-Bは地表に届いている紫外線の約1割。
こちらはUV-Aと違って真皮までは到達することはありませんが、エネルギーがとても強いために肌表面の細胞が傷つけられたり、炎症を起こしてしまいます。
しみやそばかすの原因になったり、最悪の場合は皮膚ガンの原因になる場合も。。。 いわゆる「日焼け」と呼ばれる症状はUV-Bによって引き起こされているんですね。

ジリジリして赤くなる日焼けはUV-Bによるもの。
かたやUV-Aの日焼けはすぐには日焼けした実感が出にくいですが、将来的にしわやたるみの原因になっていきます

UV-Bは直射日光を避けたり、日傘を使うことである程度防ぐことができます。
ですがUV-Aはそうはいきません。
UV-Bが通りぬけられない雲すら通りぬけてきているUV-A。窓ガラスを通りぬけやすい性質まで持っているんです…! だからこそ、晴れの日だけではなく曇りの日も日焼け対策をする必要があるわけです。

日焼け対策はいつからすればいい?春から急激に増える紫外線

日焼け止め
肌にダメージを与える紫外線は一年中降り注いでいます。ですので、1年中日焼け対策をするのが本当はベストです。
とは言え、冬の間は肌もあまり出ていないし油断してしまいがちですよね。

日焼け対策は紫外線が急激に増えてくる春から行うといいでしょう。
なんと1ヶ月にふりそそぐ紫外線量が一番多いのは5月というデータがあるんです!
肌がジリジリしてくる梅雨以降に対策をしても、実はその前から紫外線によってダメージを受けているんですね……
「晴れの日だけではなく曇りの日も日焼けをする」ように、紫外線(特にUV-A)のダメージはわかりにくいですが、いつかしわやたるみなどになって表れてきます…。
未来の自分のお肌のためにも早めに対策を、出来れば一年を通して対策をしましょう!

スポンサーリンク

日焼け止めの使用期限は?去年のを使用しても大丈夫?

日焼け止め
「去年の日焼け止めが残っているから新しいのを買わずに、これを使おう。でも使用期限過ぎてるけど大丈夫かな?」という方も多いかと思います。
基本的には開封してしまった日焼け止めはワンシーズンで使い切るのが理想
でもなかなか日焼け止めって使い切れなくて残っちゃいますよね(^_^;)
もし使い切れなくても、正しく保管していれば1年前の日焼け止めを使っても大丈夫なんだそうです。
※直射日光があたる場所を避けて常温保管 1年前の日焼け止めでも、SPF・PAなどの効果・効能自体には変化はないそうです。

では、何が変化するのかというと防腐剤の効果
日焼け止めにはだいたい防腐剤が入っており、そのおかげで雑菌などの繁殖が防がれています。
ですが防腐剤の効果は永遠ではなく、使用期限を過ぎていくと効果は半減していきます。
ということは、雑菌がわいてしまう可能性があるということです。

もし保管していた日焼け止めが変な臭いがしたり、中身が分離したりしていたら処分して新しい日焼け止めを購入しましょう。

高SPF・PAの化粧下地やファンデーションを使用していれば日焼け止めはいらない?

化粧下地
最近の化粧下地やファンデーションは高SPF&PAの商品が増えてきました。
日焼け対策の意識をしていなくても、実は対策できていたという方もいそうです!
では、そういう化粧品を使っていれば日焼け止めはいらないのでしょうか?

本来はもちろん、両方使用することが理想です。
でも朝は時間がない!両方塗っている時間がもったいない!という方は「高SPF・PAの化粧下地」か「下地効果のある日焼け止め」どちらかでOK

しっかり日焼け対策をしたい方は、

  • 日焼け止め
  • 高SPF・PAの化粧下地
  • 日焼け止め効果のあるファンデーション・仕上げパウダー

など、日焼け止め効果のあるものを複数使用してしっかりお肌を守りましょう!

そもそもSPFとPAって何?

SPFはUV-Bを防ぐ効果がある
SPFは紫外線防御指数ともいって、紫外線UV-Bを防ぐ効果があります
SPF1で20分間お肌を守ってくれる効果があるという意味なので、SPF50なら16時間以上もUV-Bからお肌を守ってくれるということになります。
(ただし、化粧下地と日焼け止めを塗り重ねたからといって効果が増えることはありません)

ではSPFの値が高いものを使えばいいのか、というとそういうわけではありません。
SPFの値が高いと乾燥しやすくなるため、お肌への負担が大きくなります。
乾燥肌や敏感肌の方はなるべくSPFは低いものを使用する方が良いでしょう。
UV-Bは直射日光を避けるだけでもある程度は防ぐくとができますので、屋内で過ごす時間が多い場合はSPF10~30くらいで問題ないです。

PAはUV-Aを防ぐ効果がある
PAは紫外線UV-Aを防ぐ効果があります
UV-Aは、雲やガラスなどをすり抜けて肌の奥まで届いてしまいますので、天気や過ごしている場所に関わらず対策をしなければなりません。
PAの値には「PA+」から「PA++++」まであって、+の数が多いほどUV-Aを防ぐ効果が高いことになります。
日常生活を送る分にはPA++くらいで問題ないでしょう。

日焼け止めの選び方が知りたい!顔用と身体用は分けたほうがいい?

日焼け止めを買う際にチェックするべき点がもう1つあります。
それは「紫外線吸収剤」か「紫外線散乱剤」かという点です。

紫外線を防ぐ力は強いけど肌に負担がかかりやすい紫外線吸収剤

皮膚の表面で紫外線を吸収して、他のエネルギーに変えて放出してくれるので、紫外線が肌の内部に侵入するのを防いでくれます。高SPF値の日焼け止めには必須となる成分です。

メリット
  • 紫外線を防ぐ力が強い
  • 無色透明なので白浮きしにくい
  • 塗り心地がなめらか
デメリット
  • 肌への負担が大きいので、人によって刺激を感じる場合がある
  • 化学変化によって紫外線を防ぐ力が弱まるため、こまめに塗り直す必要がある
《紫外線吸収剤の主な成分》
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
オキシベンゾン-3

UV-AとUV-Bどちらも防げるけど白浮きしやすい紫外線散乱剤

肌の表面で紫外線を跳ね返して、紫外線が肌に当たることを防いでくれるのが紫外線散乱剤です。

メリット
  • 有機化合物ではないので肌への負担が少ない(ノンケミカル)
  • 化学変化を起こさないため、効果が長持ちする
  • UV-A、UV-Bのどちらも防げる
デメリット
  • 白浮きしやすく、ベタベタしてしまう

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤はどちらがいい?

それぞれのメリット・デメリットから、

日焼けをしっかり防ぎたい ⇒ 紫外線吸収剤配合の日焼け止め
肌への負担を少なくしたい ⇒ 紫外線散乱剤配合の日焼け止め

を選ぶとよいと思います。
もちろんどちらも配合されている日焼け止めもありますので、それを使用するのも手です。

顔用と身体用を分ける必要はありませんが、紫外線吸収剤の日焼け止めを使用していてお顔の肌荒れが気になったりする場合は紫外線散乱剤の日焼け止めに変えると良いかもしれませんね。
自分の生活スタイルや使いやすさを踏まえて、ご自身のお肌にあった日焼け止めを選ぶようにしましょう。

使用箇所や生活スタイルにあった日焼け止めのタイプを選ぼう

日焼け止めには、よく見かける液体・クリームタイプの他にも色々な種類があります。
それぞれの特徴と、その中でもオススメの日焼け止めをご紹介します!

液体・クリームタイプの特徴とオススメの日焼け止め

薬局やコスメショップなどで一番よく見かけるタイプで、顔用・からだ用共に一番商品数が多いです。
下地を兼ねているタイプがあったり、保湿成分が配合されていたりします。

【ママとお子様と一緒にスキンケア】キッズ&マミー

◆価格:2865円(税込)
◆送料:540円(税込1万円以上購入で無料)
子どもと一緒に使えるほど低刺激で、敏感肌の方でも安心して使用できます♪
保湿力も抜群で、使い心地がとてもよいので子どもも嫌がりません。
SPF20、PA++なので日常生活で使用するなら十分効果があります。

スプレータイプの特徴とオススメの日焼け止め

スプレータイプの日焼け止めは最近見かける事が多くなってきましたね!
手の届きにくい背中や、髪の毛・頭皮に使用できるタイプもあるので野外での紫外線対策向き。
こまめに塗り直すのも手間がかからず簡単です。

リヴェルタ UV プラス

◆価格:1944円(税込)
◆送料:540円(税込1万円以上購入で無料)
スプレータイプなのに、保湿成分配合!かつウォータープルーフ!
しかもSPF50+、PA++++で全身に使用できる優れものです。

パウダータイプの特徴とオススメの日焼け止め

パウダータイプはメイクの上から使用できて、手軽に重ねづけすることができます!
お肌へのダメージが小さいのも嬉しいポイントです。
メイクの仕上げや、ナチュラルメイクの際にも使えるので一年中簡単に取り入れられます。

etvos(エトヴォス)ミネラルSPFパウダー

◆価格:180円(サンプル・税別)、2300円(本商品・税別)
◆送料:450円(税込5400円以上購入で無料)
ミネラルファンデーションで有名なエトヴォスの日焼け止めパウダー。
石けんとぬるま湯でオフできるので、お肌にとても優しいのに日焼け止め効果も抜群。
ブルーライトもカットしてくれるので、PC作業が多い人にもオススメ。

シートタイプの特徴とオススメの日焼け止め

持ち歩くのにとても便利なのがシートタイプの日焼け止め。汗をかいたときに大活躍です。
汗を拭きとりながら日焼け対策もできるので、日常生活でも使用しやすいですね!

KOSE ソフティモ 化粧直しシート UV 50枚入

◆価格:ショップによって変動
◆送料:ショップによって変動
UVカットだけでなく、あぶらとりの効果もあるので一石二鳥!メイク直しもスムーズにできる。
50枚入りなのでコスパもかなりよく、薬局などで手に入りやすいのが嬉しい。

正しい日焼け止めの塗り方・NGな塗り方

日焼け止めの塗り方
いくら色々な日焼け止めを使用して対策をしても、正しく使用していなければ効果は半減してしまいます。
正しい日焼け止めの塗り方と、やってしまいがちなNGな塗り方をご紹介します。

日焼け止めはもったいぶらずにしっかり塗る

「白浮きしたら嫌だから」
「ちょっとでも長持ちさせたい」

そんな気持ちで使用量ももったいぶっていませんか?
日焼け止めは、しっかり塗って初めてちゃんとした効果を発揮します! 適切な日焼け止めの量は0.6~0.8g程度。だいたい500円玉くらいの大きさになるくらいの量が適量とされています。

やってしまいがちなNGな塗り方

こんな塗り方していませんか?これでは日焼け止めを塗っても日焼けしてしまいますよ!
もし当てはまってしまったら注意。すぐに適量を使うようにしましょう!

うすく伸ばす

適量を使用しなければ効果は半減してしまいます。
きちんと紫外線からお肌を守るためには、しっかりと日焼け止めを塗ることが大事。
ベタベタするのが嫌なら重ね塗りをして対策を。

高SPFの日焼け止めを一回だけ塗って終わり

SPFの値が高くても、汗やメイク直しのためのティッシュオフで日焼け止めは落ちてしまいます。
一回だけではなく、2~3時間おきに日焼け止めも塗り直しましょう。

鼻や頬骨などの高い箇所がノーマーク

鼻や頬骨など、顔の高い箇所は一番日焼けしやすい場所でありながら、日焼け止めが落ちやすい箇所でもあります。
他の箇所よりもこまめに日焼け止めを塗り直すとよいでしょう。

外出直前ではなく余裕を持って

日焼け止めが肌に馴染むまでには少し時間がかかります。
馴染んでいないうちに外に出てしまうと、馴染むまでの間に日焼けしてしまう恐れが…。
外出する少し前に余裕を持って日焼け止めを塗るようにしましょう。

時間がない時の簡単日焼け止めの塗り直し方

塗り直し
日焼け止めは一回塗って終わりではありません。
汗やメイク直しの際のティッシュオフで日焼け止めも落ちてしまいます。落ちてしまえば当然日焼け止めの効果はなくなってしまいます。
理想は2~3時間おきに日焼け止めを塗り直す…とはいえ、なかなか実践できないと思います。
そこで、簡単な日焼け止めの塗り直し方をご紹介します。

  1. 汗や皮脂などをティッシュオフ
  2. パウダータイプの日焼け止めやUV効果のあるパウダーをはたく
  3. スプレータイプの日焼け止めで仕上げ

手慣れてしまえばパパっと出来てしまいますよね!
長時間外にいる場合などはこれでは不十分ですが、ちょっと外出する分にはこれでOKです。

ウォータープルーフは塗り直す必要はない?

ウォータープルーフの日焼け止めなら落ちない、というわけではありません。
ウォータープルーフであっても汗や皮脂で落ちてしまうことに変わりませんので、同じようにこまめに塗り直すようにしましょう

日焼けをしてしまったらすぐに対策!アフターケアの方法

日焼け
「日焼け対策をしていた筈なのに、日焼けしてしまった!」ということもあるかと思います。
ひどい日焼けだと、かゆみがでてきたり湿疹になってしまったりと大変です。
もし日焼けをしてしまった時はすぐにケアをすることが大切です!

すぐに冷やす
まずするべきことは冷やすこと
冷たいシャワーをあびたり、水風呂に入るなどして日焼けした箇所を冷やしましょう。
あまりにもひどく焼けてしまっている場合は、氷や保冷剤などをくるんだ濡れタオルなどを当てると効果的です。

保湿をする
特に痛みがない場合は化粧水と乳液でたっぷりと保湿をしてあげましょう。
ヒリヒリとした痛みがある場合は、化粧水がしみてしまう可能性があるので軟膏を塗りましょう。
痛みがあり、水ぶくれができてしまっているような場合には自分で対処するのは危険です。痕が残ってしまう可能性がありますので、早めに皮膚科を受診して下さい。

日焼けは火傷と同じです。
からだが傷ついている状態ですから、水分と栄養・睡眠をたくさん取ってからだをいたわりましょう。

まとめ

日傘
いかがでしたか?
実際、わたし自身紫外線のことをよく分かっていなかったなぁ…と反省してしまいました(^_^;)
ちょっと手間をかけるだけで将来のお肌が大きく変わってきますので、少々面倒でもしっかりと対策をしていきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事