nayami
PMS月経前症候群に女性なら一度は悩まされたことがあるのではないでしょうか?
激しい生理痛や腰の痛みだけではなく、「え?これもPMSなの?!」というような症状もあったりします。
しかもその症状はずっと同じなわけではなく、年齢を重ねることだったり妊娠・出産だったりで変化します。
実際わたし自身、年齢を重ねるごとにPMSがひどくなってきています……
毎月のように訪れるPMSに困ってしまったので原因と起こりえる症状、そして対策方法を徹底的に調べてみました。
調べていく中で見つけたサプリも実際に飲んで体験レポートしてみました。
悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください!

【スポンサードサーチ】




PMSとは?どんな症状があるの?

PMSとは、生理前におっぱいが張ったりイライラしたりする不調のこと。月経前症候群や、生理前症候群とも言われます。
いずれかの名称を聞いたことはある方も多いのではないかと思います。

PMSは主に生理の3~10日前くらいから症状が出はじめて、生理が始まると落ち着いていきます。
PMSがない・もしくはあまり自覚症状がない人は少数で、多くの女性がPSMの自覚症状があるといわれており、毎月のように色々な不調に襲われる人もいます。
それなのに、PMSについてきちんと認識しているのは女性全体の40%程度なんだとか。
1
確かにあまり症状がひどくなければ色々と調べたりはしませんから、このくらいの認知度になってしまうのかもしれませんね。

ですが、PMSはずっと同じ症状だけが出続けるわけではありません。
実際にわたしは年齢を重ねることで症状が変化してきています。
昔は胸の張りくらいしか症状はありませんでしたが、今ではイライラや頭痛の症状が強くなってきました。

「普段なら何とも思わないことでカチンときてしまった」
「今まで何とも思わなかった言葉で傷ついた・不安になった」

このようなことがあっても「なんでだろう?」と不安にならないで!
生理前にこんな精神状態になってしまうのもPMSなんです。
20代の頃のPMSは一般的にカラダの症状が強く出る傾向にあるそうです。それが30代になるとココロの症状が顕著になってくるんだそう……
身体的な症状だけではなく、ココロの症状もでるということを覚えておいて下さい。

PMSのよくある症状

様々な症状があるPMSですが、なんと症状の種類は200を超えると言われています。驚きですね。
ではPMSのよくある症状を身体的な症状とココロの症状にわけて紹介したいと思います。

身体的な症状

  1. 胸のはり・痛み
  2. 腰痛
  3. 頭痛
  4. 下腹部のはり
  5. むくみ
  6. のぼせ
  7. 疲れやすい・だるい
  8. 眠気もしくは不眠
  9. 肌あれ
  10. 体重増加

ココロの症状

  1. イライラする・怒りっぽい
  2. 情緒不安定になる
  3. 憂鬱な気持ちになる
  4. 集中できない
  5. 身近な人にやつあたりしてしまう

こうやってみてみると「あ、これってPMSだったんだ…」という方もいるのでは?
生理前に何かしら普段とは違うことがある場合は、PMSかもしれません。

ただし、出てくる症状全てがPMSとは限らないのも事実です。
例えば動けないほどの生理痛や吐き気の場合は「月経困難症」の可能性がありますし、自制がきかない程にココロの症状が思い場合は「月経前不快気分障害(PNDD)の可能性があります。
また、PMSと似たような症状がでて区別しにくいのが「更年期障害」です。
これらの可能性がある場合は、一度病院できちんと診察をしてもらったほうが良いでしょう。

PMSの原因は何?どうしてPMSになる?

082990
ではPMSの原因は何なのでしょうか?
実は、はっきりと「これが原因」というものは分かっていないんです。人によって症状も、発症する期間も違いますからなかなか特定できないようです。
そんな中でも女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」がPMSに関わっているとされています。

PMSが発症するのは生理の10日前くらいから。
女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」は排卵後、急激に分泌量が増加します。この時期がPMSを発症する時期に重なっているため、この女性ホルモンが影響していると考えられているんです。
2

エストロゲン(卵胞ホルモン)の作用

乳房や子宮を発達させる
子宮内膜を厚くする
自律神経のバランスを整える など…

プロゲステロン(黄体ホルモン)の作用

子宮内膜の厚さを維持し、着床しやすい状態にする
体内の水分を保持する
食欲増進
基礎体温をあげる など…

これらのホルモンの作用をみると、PMSの症状に繋がりそうなものもありますよね。

他にも、ホルモンの働きによって「セロトニン」という物質が脳内で低下してしまうと、ネガティブ思考になってしまったり気持ちが不安定になってしまいます
567445
また生理前は血糖値を下げるインスリンの効果が低下するため、血糖値があがりやすくなっています。あがってしまった血糖値をさげるために、普段より多いインスリンを使用することになりますよね。そうすると食後ある程度時間がたったころに低血糖を生じてしまい、甘いものが食べたくなるという症状がでることがあります。

実は生理前はこんなことがカラダの中で起こっているんです。とてもデリケートな状態であるということは一目瞭然です。
そのデリケートな状態の時に、その人自身の体質やその時の体調だったりでPMSの症状が発症します。だから200以上にも及ぶだけの症状があるんですね。

また、ストレスや乱れた食生活やタバコやお酒などの嗜好品、自律神経・体力の低下によってPMSの症状が重くなることがありますのでPMSで悩んでいる方は注意が必要です。
「完璧主義・自分に厳しい」といった性格の人もPMSの症状がでやすいとか。そのような自覚がある方は要注意です。

スポンサーリンク

PMSの対策方法

PMSの対策は様々な方法があります。
まずすぐに出来る対策はライフスタイルの改善。

・バランスの良い食事
・アルコールやカフェイン、塩分の摂取を控える
・禁煙する
・有酸素運動をする

よく有りがちな対策方法ですが、実際のところなかなか実践できないですよね。実践できるなら既に取り入れていそうなことばかりです(^_^;)
では他にどんな対策方法があるのか?5つ紹介したいと思います。

婦人科でピルを処方してもらう

normal
PMSの症状を軽減するために服用するピルは、避妊目的に使用するピルとは違う低用量・超低用量ピルになります。
低用量ピルの服用することによって排卵を抑制し、ホルモンの急激な増加を防ぐことでPMSが軽減されます。
PMS軽減の他にも、規則的に生理がきたり生理痛が軽減されたり、肌トラブルが軽減したり、精神が安定したりとメリットが色々とあります(ただし効果に個人差があるので、必ずしもその効果がえられるわけではありません)

ただしデメリットとして、副作用がでる可能性があります
頭痛や吐き気・不正出血などが起こる可能性があり、これも人によって様々なようです。
低用量ピルはホルモンと似たような作用をもっていますから、PMSやつわりの軽いもののような症状が副作用として出てしまう可能性があるようですが、長くても2~3ヶ月で落ち着いてくるそう。
また、血栓症という合併症のリスクも。稀に発症する方がいるようです。

低用量ピルを使用したい場合は、婦人科で処方してもらいます。
この時に血液検査が必要になり、継続して低用量ピルを服用する場合は半年に1回の採血と年1回の子宮がん検診を受けることが必要です。
料金は病院や処方してもらう低用量ピルの種類にもよって変動しますが、1ヶ月2000円くらいのところもあります。

受診した際には、必ずお医者様に低用量ピルについてのお話を詳しくを伺い、自分の症状もしっかりと伝えるようにしましょう。

市販のPMS治療薬を服用する

最近ではCMも流れているように、市販されているPMS治療薬もあります。

ゼリア新薬「プレフェミン」

rapture_20151118111806

引用元:https://prefemin.jp/

きっとこのCMを見たことがある方は多いのではないでしょうか?
プレフェミンはPMSの有効成分といわれているチェストベリーの乾燥エキスを含んでいます。
なんと続けて服用することで約90%の女性が症状が改善したんだとか!
1回1錠・1日1回の服用で、価格も30錠(1ヶ月分)で1800円と続けやすい価格設定になっています。
3周期服用することで症状が改善されるというデータがあるようですから、試してみるかたはぜひ3周期続けてみて下さい。(周期…月経の始まり~次の月経が始まる前日までの期間)
プレフェミンは残念ながら購入できる薬局が限られています。購入を検討する場合は、公式サイトで近くに販売店があるか調べてからの方がいいですよ!

▶販売店を調べる場合はこちらから
プレフェミンを実際に飲んだ人の口コミ・評判

「生理前の頭痛とうつ症状がひどくて飲み始めた所、2ヶ月半くらいから症状が劇的によくなりました!
だけど今までしっかりきていた生理がとまってしまいました。飲むのをやめたら、しばらくしてから生理がきました」
「排卵前後の体調不良が気になって3ヶ月服用しました。やめて1ヶ月たちましたが、今回はPMSがなくてとても楽でした」
「イライラがひどくてプレフェミンを飲んでみたけど効果はいまいち感じられませんでした…。効果は人によるようなので、残念でした」

小林製薬「命の母ホワイト」

inoti15-e1442121969955
プレフェミンと同じくらいCMが流れているのが小林製薬の「命の母ホワイト」です。
命の母ホワイトは生薬が11種類配合されている糖衣錠のサプリメントです。
こちらの商品は薬剤師さんのいる薬局であれば購入可能。1回4錠、1日3回の服用です。

  • 84錠(7日分)1100円
  • 180錠(15日分)2400円
  • 360錠(30日分)4320円
  • プレフェミンと比べるととても割高にみえますが、生理不順ではなくPMS改善のために飲むのであれば生理前~生理中だけ飲めばいいので、大体180錠で済むのではないかと思います。

    命の母ホワイトを実際に飲んだ人の口コミ・評判

    「生理前のイライラと生理痛がひどくて命の母ホワイトを飲み始めました。イライラは改善されましたが、生理痛に効果がありませんでした。精神的な症状がひどい人に向いているのかもしれません」
    「出産してからというもの、排卵すると排卵痛と吐き気がひどくて困っていました。命の母ホワイトを飲むと吐き気がすぐに治まってくれるので助かります」
    「毎回動けなくなるほどの生理痛に悩まされていたのですが、これを飲むようになってから普通に生活ができるようになりました!」

    市販の漢方薬を服用する

    薬局でも購入することができる下記の漢方薬もPMSの症状に効果があると言われています。

    加味逍遙散(かみしょうようさん)

    手足冷えやのぼせ、生理不順、生理痛、頭痛、肩こり、けん怠感、不眠、神経症、更年期障害など

    抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)

    神経の高ぶりをおさえてくれる、筋肉をゆるめる、吐き気や食欲不振など

    半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

    気分をリラックスさせてくれる、不安感や緊張感、イライラ、抑うつ、不眠、神経性の胃炎や動悸、めまいなど

    どの漢方薬にも共通することですが、服用する場合は水もしくは白湯で。
    ジュースやお茶などで飲んでしまうと、薬の吸収に影響を及ぼす可能性があるそうです。
    飲むタイミングは食前か食間で。食後に飲むと、こちらも薬の吸収に影響がでる可能性があるんだとか。
    漢方薬も人によっては副作用がでる場合がありますので、もし何か副作用が出た場合はすぐに服用を中止しましょう。
    また、漢方薬の場合は効果が出るまでに時間がかかることがありますが、おおよそ1ヶ月服用すれば何らかの効果がみられるとのこと。
    もし漢方薬の服用を検討している方は1ヶ月続けてみて下さい。
    分からない点・不安な点があったら薬剤師さんに尋ねて、しっかりお話を聞いてから服用するか判断して下さいね。

    通販のPMSサプリメントを服用する

    市販のPMS治療薬は購入できる薬局が限られていたり、薬剤師さんとお話をしなければいけなかったりとちょっと面倒。
    そんな方には通販で購入できるPMSサプリがオススメです。
    サプリに入っている成分は様々なので、自分の症状にあうサプリを見つけることがポイントですよ。

    病院向けPMSサプリ「noi Lサポート」

    img_a_lsupport
    noi Lサポートはチェストベリー(チェストツリー)と、その他に7種類のハーブを独自ブレンドしたナチュラルサプリです。
    チェストベリー(チェストツリー)は西洋では女性のバランスをとるハーブとして昔から使われてきたそう。

    このサプリのおすすめポイントは国産であること、チェストベリーが高濃度で配合されている点です。
    元々noiで医療機関向けに作られていたサプリがそのまま一般販売向けになっているので高品質な上に高濃度で高吸収。嬉しい三拍子が揃っていますね!

    しかもなんとこの「noi Lサポート」価格もお手頃で、なんと1袋1100円で購入することができます!
    1袋28カプセル入りで、生理予定日のだいたい14日前から14日間1日2カプセルを飲みます。
    つまり1ヶ月1100円!どのPMSサプリよりも低価格で、継続しやすいのもメリットなんです。
    1100円は定期購入の価格ではありますが、この価格な継続しやすいですよね。もちろん2回目から値段が変わるということはありません。ずっとこの価格です。
    継続して飲んでいる方は効果を実感している方が多いようなので、実際にわたしも頼んでみました!レポートは下の方にありますので参考にしてくださいね♪

    noi Lサポートを実際に飲んだ人の口コミ・評判

    口コミや評判をみていると、イライラや不安などココロの症状によく効くようです!

    毎日飲まなくてもOKという手軽さもあってこちらを飲み始めました。生理前はあんなにイライラしていたのに、noi Lサポートを飲んだおかげか穏やかに過ごすことが出来ました!
    他のチェストツリーのサプリを飲んだときはあまり効かなかったのですが、noi Lサポートを生理の2週間前から飲んでみたらイライラや落ち込みがほとんどでなくて感激しました!
    安いし、半信半疑で試してみました。そうしたらいつものイライラが抑えられた上に副作用もなくて驚きました。定期購入で続けていきたいと思います。

    生理痛予防サプリ「ムーンラック」

    moon
    ムーンラックもチェストベリーを配合したサプリメントです。更にマレーシアで健康と幸福をサポートするハーブとして知られているカチプファティマなど、8種類の成分が配合されています。
    ムーンラックは1袋60粒入りで、1日2粒を毎日飲みます。
    毎月先着300名限定で特別モニターコースが用意されているので、試してみたい方はそちらがオススメ!
    通常1袋4500円のところ、初回は980円・2回目以降も約33%オフの2980円で購入することができます。

    ムーンラックを実際に飲んだ人の口コミ・評判
    昔からPMSで悩んでいてムーンラックを知って飲みはじめてみました。続けて2ヶ月ちょっと、少しずつ身体が軽くなってきています。このまま続けてみたいと思います。
    はじめてサプリを飲んでみましたが、すぐに効果があってびっくり!いつもズーンとくるのに、全然ちがいました!
    いつも生理が重くて憂鬱でした。ムーンラックを飲みはじめてから、少し楽になったような気がしています。

    女性特有のモヤモヤ・イライラに「ルナベリー」

    runaberi
    ルナベリーにはチェストベリーの他に、月見草オイルなど9種類のハーブと栄養素が配合されています。
    なんといってもこのサプリの特徴は「栄養機能食品(ビタミンB群)」であること。
    肌トラブルや、気分の浮き沈みに効果のある下記の栄養素もたっぷりと配合されているので、この1粒で一石二鳥なんです!
    ・ビタミンB群
    ・イソフラボン
    ・カルシウム
    ・マグネシウム
    ルナベリーは1袋30粒入りで、1日1粒を毎日飲みます。
    トクトクコースで注文すると、初回は送料500円のみ・2回目以降は10%オフの3960円で購入することができます。
    他の商品と比べると割高ではありますが、栄養もとれることを考えるとアリな価格なのかなと思います!
    「毎日飲み続けたけど効果を感じないな…」というときには120日間の全額返金保証キャンペーンを実施しているのも安心ポイントですね。

    ルナベリーを実際に飲んだ人の口コミ・評判
    生理の前は体調が悪くなりやすくて、約束をキャンセルしてしまうこともしばしば…。このままではいけないと思って見つけたのがルナベリーでした。飲みはじめてからは、身体も軽くなって約束をやぶることもなくなりました!
    眠気と肩こりがひどくて、仕事に集中できなくて困っていました。ルナベリーを飲みはじめて、仕事にしっかりと集中できるようになりました。
    生理前にイライラしたり気分が落ち込んだり…そんな状態が嫌でルナベリーを購入しました。飲む前に比べたらイライラすることが減りましたし、落ち着いているように思います。

    ↓ルナベリーの詳細を知りたい人はこちら

    その他の対策方法

    サプリメントや治療薬に抵抗がある方は、まずこんなことから対策してみてはいかがでしょうか?

    布ナプキン・オーガニックナプキンに変えてみる

    404157460c6c2fad24391c07692ecaa4_s
    実は使い捨てのナプキンが身体を冷やしているということ、ご存知でしょうか?

    このナプキンを布ナプキンやオーガニックナプキンに変えることで、生理痛を軽減することができます!
    使用した瞬間に違いがわかるはずです。

    チェストベリー配合のハーブティーを飲む

    335962
    PMSに効果があるチェストベリーですが、サプリではなくハーブティーとして摂取することも可能です。
    ハーブティーであればカラダも温まりますし、一石二鳥ですよね!
    チェストベリー配合のハーブティーは、ノンカフェイン・ノンカロリーのルナテア」がオススメ! 水溶性食物繊維やビタミンB群・ビタミンCも配合されているので、PMSの改善だけではなく様々な効果が期待できますよ♪

    実際にPMSサプリ「noi Lサポート」を試してみました

    さて、様々な商品を紹介してきましたが私が実際に試してみたのは「noi Lサポート」
    なぜこちらを選んだかというと、

    ・一番気になるPMSの症状がイライラで、口コミでイライラが軽減した人が多かった
    ・毎月1100円はどのサプリよりも安かった

    この2点です!
    PMSとは今後も長いお付き合いになると思いますので、お安い方が続けやすいってのはみなさんも同じなのではないかなーと思います。
    そして、口コミでイライラに効果があった人が多かったのは一番の決め手。
    せっかく飲むなら、一番気になるところに効いて欲しいですよね。

    私は元々PMSの症状はなかった方なのですが、ここ数年は本当に生理前にイライラして仕方がありませんでした。
    普段なら何とも思わないようなことでイラッとしてしまうことが度々。
    「なんでこんなにイライラするんだろう。そういえばそろそろ生理だな…」というのを毎月繰り返していました。
    更には頭痛にも悩まされるようになってきました。
    眉間のあたりがズーンと重く、ちょっと目を開いているのが辛い感じ。
    さすがに普通に生活するのにも影響がでてきたので、何か対策しなくちゃ!と思ったのがそもそもの始まりです。

    ちなみに他に検討したのは、ピルとプレフェミンでした。
    ピルは複数人に相談してみたところ、副作用がでたときにキツイという話を聞き、そもそも採血がとっても苦手なので却下しました(^^;)
    プレフェミンは購入できる薬局が限られていたので断念。
    それで色々とインターネットで調べて見つけた「noi Lサポート」を試してみることにしたんです。
    19200
    noi Lサポートはゆうパケットで届くので、ポストに投函されます。日中不在が多くても受け取ることができるのは助かりますよね~!
    19194
    サプリは茶色いカプセルに粉末がつまっている感じ。
    ふんわりと薬草っぽいニオイがしますが、そんなに強くないので飲むときも気になりません。
    これを私は毎晩寝る前に飲むようにしています!
    noi Lサポートは生理日のだいたい14日前から飲み始めるサプリなので、生理日が安定していないと飲み始めが難しいかもしれません……
    私はアプリの「ルナルナ」で生理日を管理しているので、カレンダーでチェックして予定日の14日前から飲んでいます。

    今は飲みはじめて2ヶ月。感じているのは、イライラがとても少なくなったということ
    まだ完全になくなったわけではありませんが、飲み始める前に比べたらとても平和な精神状態です!
    イライラと同時に気分が落ち込むこともありましたが、それも感じていません。
    残念ながら頭痛はなくなっていませんが、これも痛みは減少しているような気がします。
    とにかくあれだけイライラしていたのが、こんなにも治まってくれただけでも大感謝です!最低でも3ヶ月は続けようと思って始めたので、このまま継続していきたいと思います。
    それに、noi Lサポートを定期購入していると「noiタグ」っていうのが毎回2枚もらえて貯めると商品引換券やエコバックなんかと交換できるんですよ\(^o^)/
    些細なことだけど、何気に続ける楽しみになってます♪

    まとめ

    きっと悩んでいる人が多いであろうPMS。
    実際に悩んだからこそ、1人でも多くの方の役に立てればと思ってまとめてみました!
    ぜひこの記事を参考に、ご自身にあった対策方法・サプリが見つかれば嬉しいです♪

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事