自分自身の体重コントロール、皆さんはうまくいっていますか?
太りやすい人、痩せやすい人といった具合に人によって体質は全く違います。
「あの人はあまり気にしないでたくさん食べているのに私より痩せている」 「普段からあまり食べないようにしているのに思うように痩せてくれない」 そんな悩みが結構多いのではないかと思います。
体質が違うからといって諦めていませんか?
もしかしたらこの状況を改善する事が出来るかもしれないというようであれば興味がありますよね。
そこでまず、「デブ菌やヤセ菌」に関して注目してみましょう。

デブ菌やヤセ菌って何?って思った人は読んでみて下さい。

【スポンサードサーチ】




デブ菌・ヤセ菌とは?


私たちの体の中で最も菌が多くいるのが腸です。
腸内細菌という言葉を聞いた事があると思います。
腸内細菌はとても数が多く、種類だけでも3万種類を超え、存在する数は1000兆個以上とも言われています。
とても多いですよね。
しかもそれだけ数が多いので腸内細菌だけで2㎏前後あるといわれています。

これだけの種類の多さが腸内で生きているという状態なのでお花畑に例えられて「腸内フローラ」とも呼ばれています。
この腸内細菌には大まかに分けて3種類、

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見菌

となります。

善玉菌の主な役割としては

  • 代謝などを促進する
  • 免疫を強くする
  • 腸内の働きを活性化させる

などがあります。

一方、悪玉菌は有害な物質や毒素などを作り出すので以下のような影響が出てきます。

  • ガスがたまりやすくなる
  • 代謝機能が落ちる
  • 免疫機能が落ちる

などです。

日和見菌は普段、どちらにもついていない状態なのですが、善玉菌が減り、悪玉菌が優勢になると悪玉菌よりについてしまう傾向があります。

とはいえ、善玉菌と悪玉菌は戦う事で腸内細菌のバランスを保てているようなものなので、悪玉菌が全くいないというのも良くないそうです。
理想としては善玉菌が優位になっている腸内細菌バランスの比率を保つこと。そのことによって代謝機能が活発になるというメリットがあります。

さて、先ほど注目した「デブ菌とヤセ菌」ですが、デブ菌はどちらかというと悪玉菌の分類に入ります。
そしてヤセ菌は善玉菌の分類に入るのです。

それでは多くの腸内細菌の中から最近、わかってきているデブ菌とヤセ菌についてご紹介していきましょう。

デブ菌がエネルギーをため込む


まずデブ菌とヤセ菌の範囲でご説明すると腸内細菌は大きく分けて2種類に分類されます。

  • バクテロイデーテス類
  • ファーミキューテス類

この2種類です。

ファーミキューテスは消化されたものをため込んでしまう働きがあります。
入ってきた食べ物を分解するようになるので、その分、エネルギー源となるブドウ糖などをたくさん作りだすのですが、使い切れなかった部分が脂肪としてため込まれてしまうのです。

ヤセ菌は代謝UPにつながる


一方、バクテロイデーテスに属する菌はヤセ菌という事になります。
ヤセ菌は短鎖脂肪酸を作り出す働きがあるのですが、脂肪の蓄積自体をしないように働きかけ、代謝も良くなるのです。

デブ菌・ヤセ菌の比率はどのくらいが理想的?


このデブ菌とヤセ菌は実は割合が重要だという事がわかっています。
腸内細菌を調べたところ、肥満傾向が強い人はファーミキューテスが多く、バクテロイデーテスが少ないという事がわかってきています。
そして逆に、痩せている人はバクテロイデーテスの割合が多く、ファーミキューテスが少ないという事もわかっています。
つまり、腸内細菌が肥満に関係しているという例もあるという事なのです。
そして、この比率に関してですが、通常、平均値としては以下の比率割合になります。

ファーミキューテス(デブ菌)4:6バクテロイデーテス(ヤセ菌)
ヤセ菌がやや優勢の状況ですね。
ヤセ菌が優勢だと代謝も活発になり、脂肪の蓄積も抑えられる傾向になるので痩せやすい状況になります。
ただ、体調や食生活、ストレスなど、状況によって腸内細菌の状況は変わります。
この時に善玉菌となるヤセ菌の割合が減ってしまうとその分、悪玉菌となるデブ菌が優勢になり、この状態が続いてしまうと太りやすい状況になるのです。

つまり、「普段、間食もあまりしないし、ご飯も食べすぎていないのに痩せないってどういう事!?」って思っている人はもしかしたらファーミキューテスが割合的に優勢になっている可能性があるのかもしれません。

なんとかしてデブ菌の割合を減らす方法はないのでしょうか?

スポンサーリンク

デブ菌を減らす!おすすめの食べ物は?

デブ菌を減らすためにはまず、ヤセ菌となる善玉菌を増やし、優勢にさせる事が大事になります。
ヤセ菌を増やすためには食べ物からの摂取、改善も可能です。

おすすめは酵素と発酵食品になります。
酵素はヤセ菌を増やすのに必要なのです!

どのような食べ物が有効かチェック!

野菜類


野菜類には多くの酵素が含まれています。
特にキャベツやダイコン、山芋、カイワレやスプラウトなどは酵素が多いのでおすすめです。

果物類


果物類にも酵素が多く含まれています。
特にパパイヤやパイナップル、バナナ、キウイ、リンゴなどはおすすめです。

漬物


漬物は漬けている間に酵素の量が増えているので、浅漬けだと酵素の摂取量が期待できません。
ぬか漬けやピクルス、ザワークラウト、すぐき漬けなど、時間をかけて漬けたものがおススメです。

発酵食品も食べましょう


発酵食品といえば納豆、みそ、しょうゆ、ヨーグルト、チーズなどは酵素の量が多いので毎日食べるようにしましょう。

食物繊維を味方に


食物繊維の中でも水溶性食物繊維はヤセ菌にとってはありがたい存在。
水溶性食物繊維はヤセ菌のエサになるのです。
そして他にも水溶性食物繊維は毒素などを含んで一緒に外に排出したり、余分な脂肪分や糖分も一緒に絡め取って外に排出するというメリットがありますので是非、摂取するようにして下さい。
水溶性食物繊維は大麦、野菜、果物、海藻類に多く含まれています。

オリゴ糖


オリゴ糖は善玉菌のエサになるだけでなく、腸内で短鎖脂肪酸を作り出します。
脂肪の蓄積を止める役割や代謝UPという働きもしてくれるので、糖分の摂取に関してはオリゴ糖を活用するようにしましょう。
にんにくやはちみつ、大豆などに多く含まれていますし、探してみると市販のオリゴ糖甘味料などを入手する事が出来るので調理の際の砂糖代わりに利用するようにしてみて下さい。

食べ方にも注意点が!

これらのご紹介した食品を頑張って食べてれば良いの?と思ってしまいますが、
特に酵素の摂取に関しては気を付けたい事があります
食べ方によってはせっかくの酵素が台無しになってしまっている事も。
これらの注意点を覚えておきましょう。

酵素摂取の注意点!その1 温度


酵素は48℃以上になると活性化しなくなってしまいます。
つまり、50℃以上の温度で調理された料理にはあまり酵素が残っていないという事になります。
そのため、果物は加熱調理したりせず、生のままで。野菜なども煮る、焼く、揚げる、炒めるといった調理法は避けましょう。
酵素が期待できる食べ方はサラダがおススメです。
ただ、生野菜や果物の大量摂取は体を冷やしてしまうといったデメリットもありますので、一度に多くの量を食べ過ぎないように注意して下さい。
味噌汁に関しては通常、味噌を溶かし入れてから一煮立ちさせて火を止めるという方法で作っていると思いますが、酵素を期待したい場合、この方法だとせっかくの味噌の酵素が死んでしまいます。
そのため味噌を入れるタイミングを変えて火を止めてから溶くようにして下さい。
納豆などもチャーハンや納豆汁にするよりは加熱せずに食べたほうが効果的です。

酵素摂取の注意点!その2 細かくすると効果的


酵素をより多く摂取したい!という場合、細かく破壊した方がより多く摂取できます
どういうことかというと、大根を食べる時に大きいカットで食べるよりは摩り下ろす、サラダにする際も大根のツマみたいに細長く切るといった具合にしてみると良いです。
手作りのスムージーなどは細かく粉砕されている状態のものを摂取するので酵素を効率よく摂取出来ています
ヨーグルトに果物を入れて食べる時にもゴロゴロ入れるよりは細かく刻んで混ぜ込むといった具合に工夫してみましょう。
リンゴも摩り下ろしなどは酵素の摂取が効率よくできます。
後は良く噛んで食べるというのも一つの方法になりますので、併せて実践してみて下さいね。

毎日食べるようにしましょう

酵素はたくさん食べてストックするという事は出来ません
そして毎日摂取する事が腸内環境を整え、ヤセ菌の活動にも関わってきますので、毎日、酵素を多く含む食品を食べるように工夫しましょう

ヤセ菌を増やすには生活パターンにも注目

ヤセ菌を増やすためにおすすめの食べ物をご紹介してみましたが、皆さん、生活面では規則正しい生活を送れているかというとなかなか難しいと答える人が多いかもしれませんね。
ですが意外に腸と自律神経って関係があるのをご存知でしょうか。
不規則な生活をしていると自律神経の乱れが出てくるので腸の働きにもヤセ菌が減りやすくなるといった悪い影響が出てきてしまうのです。


そこで朝は起きてからしっかりと朝食を食べる、朝日を浴びるという行動をとるという事が大切です。
朝、これらの方法で交感神経を活発にさせる事で、16時間後ぐらいには夜、休むための副交感神経が優位になるという体のサイクルが作られます。

夜は寝る3時間ぐらい前、早めに夕食を済ませ、寝るまでに時間が空くようにする、そしてその間にお風呂に入ったり、自分の好きなことをしたりとリラックスしてぐっすりと眠れる準備をします。
副交感神経が優位になっている状態でぐっすりと休む事で腸にとっては良い環境を保つことが出来ます
朝起きる時間や夜寝る時間、食べたり食べなかったりと食事の時間が不規則な人は自律神経が乱れやすく腸内環境にも善玉菌の数が減るなど良くない影響を及ぼしてしまうので規則正しい生活を送れるようにして下さい。

デブ菌を減らすサプリメント・健康食品は?

デブ菌を減らしヤセ菌を優位にさせるためには酵素や発酵食品が有効だという事はわかりました。
だけど、忙しくてなかなか思うように摂取できない!という人にとっては腸内環境の改善が出来ないという問題点も出てきてしまいます。
また、生野菜をたくさん食べるといった生活も続けると体を冷やしてしまいそうですよね。
そこでヤセ菌を優位にさせるためにサポートしてくれるサプリメントや健康食品を活用してみましょう!
おすすめのサプリメントと健康食品はこちらです。

プレミアム酵母


日本人が太る原因といわれているのが「糖質の摂りすぎ」です。
特に米やパン、麺類といった炭水化物を多く食べている傾向にあります。
プレミアム酵母では日本人の食生活に合った「糖質分解酵母」満腹感を実感できる酵母の「酵母ペプチドDNF-10」のダブルの酵母を配合しています。
つまり、糖質を分解する事によってカロリーカットも期待出来、満腹感を感じる事で食べ過ぎをセーブする事が出来るのです。
また、腸内環境の改善目的の商品では酵素を採用している物が多いです。
ですが、酵素を摂取しても生きたまま届く酵素の量自体が減ってしまいます。
そこで酵素よりも安定している「酵母」を体に取り入れる事によって、効率よく体の中で生きている酵素を作り出す事が出来、ヤセ菌のサポートをしてくれるのです!

便秘がちだったのに飲むようになって3日後ぐらいからスッキリと毎朝、お通じが出るようになりました!
頑張ってダイエットしている時に比べ、お腹が細くなったので友達にも「どうやって痩せたの?」って聞かれるようになりました。
ご飯、パン、麺類の炭水化物を食べるのが大好きな私にとっては欠かせません!
プレミアム酵母を飲んでから特に食事量を減らすといった事はしていないのですが、ちょっと食べすぎたかな?と不安になる事があっても太る事はなくなりました。
40代になってから太りやすくなった割に痩せにくくなりました。
「もうあきらめるしかないかなぁ」って思っていたのですが、酵母を飲むようになってからまず便秘が改善さました!
しかも食事量は減らしていないのですが、プレミアム酵母を飲むようになってから少しづつ体重が減ってきているのに驚いています!

乳酸菌革命


乳酸菌を摂取しようとしてもなかなかヨーグルトを食べる機会がないという人、そしてヨーグルトなどの乳製品が苦手という人におすすめのサプリメントです。
これまでに4回、ヴァージョンアップしています!
乳酸菌革命は1粒で16種類、500億個の乳酸菌が摂取できます

  • ラクトバチルス系乳酸菌6種
  • ビフィズス菌
  • カゼリ菌
  • ラブレ菌

こんなに多くの話題の乳酸菌をまとめて摂取できるのです。
ただ、乳酸菌多くは途中、胃酸などの影響で生きた状態で腸まで届かないという話を聞くようになったので効果はどうなの?という心配がありますよね。
乳酸菌革命では胃腸の酸に負けないで生きて腸に届けるために「有胞子乳酸菌」状態にしており、カプセル自体も酸耐性なので乳酸菌の死滅が少ないので生きたまま腸へ乳酸菌を届ける事が出来るのでおすすめです。

頑固な便秘症だったのであまり効果はないかな・・・と思いつつ飲んでみました。
ですが1週間ほどで便秘が解消して今では毎朝スッキリしています!
そのせいか肌の調子も良くなったし、体調も良くなったと感じています。
年齢のせいか体調があまり万全じゃないという日々だったのですが、飲むようになってから疲れにくくなったし、朝もちゃんと起きれるようになって体調面も良くなってきています。
それにお通じも定期的に来るようになったのでこれを選んで良かったなって思っています!
腸内環境対策として飲んでみました!
普段、便秘がちだったのにスッキリ出るようになったし、季節の変わり目などで風邪をひく方だったのですが、体調面での波が出なくなりました。
このコスパで健康面が維持できるならお得ですよね。続けて飲もうと思っています。

植物生まれの酵素


野菜、果物、海藻、穀物、野草、130種類を2年間じっくりと発酵させた酵素を摂取できます。
更に日本盛ならではの酒粕由来の乳酸菌を10億個の乳酸菌、そして乳酸菌の中でも生きたまま腸まで届く乳酸菌を更に1億個プラス
オリゴ糖、食物繊維も配合しています。
フリーズドライ(凍結乾燥)製法でカプセルに閉じ込める作り方なので、酵素が途中で死んでしまうような事がないよう作られています。

植物生まれの酵素を飲むようになってから便秘が改善されています。
お腹の苦しさがない分、体調が良いのでもう1年ぐらい、続けて飲んでいます。
以前は朝、スッキリ起きられなかったのですが、植物生まれの酵素を飲むようになってからはちゃんと起きれるようになったし、お通じも毎朝あるし、コスパも良いと思うので無くなったらリピート予定です。
多くの食品を摂取するのは難しいので植物生まれの酵素を飲んでいます。
健康面サポートの目的で飲んでいたのですが、便秘が解消されたのはうれしかったです。

まとめ

「デブ菌」という響き、ちょっとドキッとしますがそれだけ腸内細菌が身体に及ぼす影響は大きいということです。
腸内環境が乱れると太ってしまうだけでなく、お肌が荒れてしまったり、アレルギー症状が強くでてしまったりもします。
普段から腸内環境が乱れないよう、心がけて生活をすることが大切ですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事