健康的な肌は表面のバリア機能が働いているために水分量も適度に保てて、ちょっとした刺激や環境の変化などにも影響が出ません。

皆さんのお肌はどうでしょうか。肌荒れなどを起こしていませんか?

  • 肌の乾燥
  • 肌がピリピリ、チクチクする感覚がある
  • スキンケア商品がしみる
  • かゆみがある
  • 吹き出物や湿疹が増えた

これらが主な肌荒れの症状です。

肌荒れとかがあるお肌だといくら頑張ってメイクしてみても化粧ノリが良くなかったり、お肌がガサガサな状態が目立ってしまう、もしくはテカリがひどくなって化粧が崩れてしまうといった悩みなども出てきます。
また、スキンケアだけ頑張ってみても肌荒れが改善しない事が多いのです。
より透明感のある肌、ハリのある肌、ナチュラルメイクでも大丈夫なぐらいの肌を目指すためにも、まずは肌荒れを起こしてしまう原因にどのようなものがあるのか、探してみましょう。

【スポンサードサーチ】




主な肌荒れの原因は?

肌荒れを起こしている多くは乾燥肌が関係しているものがあります。
今回は乾燥肌も含めた原因をいくつかご紹介します。

ずっと同じスキンケアを続けている


スキンケアをずっと同じ方法で続けているという人もいると思いますが、年齢によって徐々に肌の皮脂量や水分量といった変化が起きてきます
そして肌のバリア機能も年齢と共に衰えていく傾向があり、このバリア機能が崩れてしまうとお肌の水分が出ていきやすくなりますので、乾燥肌や肌荒れを起こしてしまうのです。
年齢や肌の状態に合わせて使用するスキンケア商品を変えた方が良いでしょう。

アレルギー


スギ花粉症持ちの人で春先になるとアレルギー症状と一緒にガサガサに乾燥したような肌荒れが起きてしまうという人も多いと思います。
ただ、アレルギーを持っている人の場合、スギだけにアレルギー反応が出るという人は少なく、何らか他の者に対してもアレルギー反応が出てしまうという事もあります。
ヒノキやブタクサなどの他の花粉症や、ハウスダスト、ペットの毛、ちょっと日光浴しただけで湿疹が出来てしまう、などです。
これらの気がつかないアレルギーが原因で肌荒れを起こしている可能性もあります。
アレルギーの場合、病院でどのアレルゲンがあるのかといった検査もできますし、薬を処方してもらう事も可能なのでアレルギー症状が少しでも軽くなるように治療しましょう。

ストレスが多い


普段から我慢している事が多くてストレスが溜まっていませんか?
ストレスは肌にも悪い影響を及ぼします
ストレスが続くと自律神経のバランスも崩れるため、体の免疫力が落ちてしまうのと皮脂分泌が増えるようになります。
また普段は問題のない外部刺激にも耐えられずに肌荒れを起こしてしまうという事もありますのでストレスをため込まないようにしましょう。

間違ったスキンケア


肌に化粧が残ったり皮脂が残ってしまうと吹き出物になるから、と思ってしっかり化粧を落とす事は大事なのですが、しっかり落としすぎてしまうという人もいます。
「クレンジングを時間かけてやってしまう」「洗顔も良く落ちると評判のものを使い念入りに洗う」「晩だけではなく朝もしっかりと洗顔する」「洗顔の時はやや熱めのお湯を使っている」
これらの方法で洗顔をすると肌を守っている適度に必要なな皮脂も洗い流してしまうために肌のバリア機能が崩れやすくなってしまいます
そして肌の水分量も一緒に減るので肌荒れを起こしやすくなってしまうのです。
他にも界面活性剤を使用している商品が多くあります。
界面活性剤は肌に対して刺激もありますので、肌への負担もかかり肌荒れにつながっている事もあります。

生活環境下でのダメージ


夏や冬は温度管理のためにエアコンを使用する事がありますが、これが室内の空気を乾燥する元となり、肌の乾燥にもつながりやすくなってしまいます
他にも外に出た際の紫外線による影響で肌へのダメージを受けやすくなるので注意して下さい。

など、多くの原因が潜んでいます。
読んでいくうちに「ああ、これ当てはまる」というものもあったと思います。
これらの原因にプラスして特に注意しておきたい原因が3つ、あります。

  • 睡眠時間が充分に取れない人
  • 栄養不足や摂取のしすぎからくる肌荒れ
  • 便秘

です。
この3つの要素は肌荒れの人に多く当てはまる原因です。
ですが、生活習慣、食生活を変える事によって肌荒れの症状も改善する事が可能な原因でもあります。
それではどのような事をすればよいのでしょうか。

肌荒れを改善するためにまずは生活習慣・食生活の見直しを!

睡眠、食事、便秘に分けて見直す方法をご紹介していきます。

睡眠の習慣を改善


普段から忙しい、テレビやゲーム、SNSなどで遅くまで起きる習慣が出来ているという人は睡眠時間が充分に取れていない人が多いです。
人間は睡眠時間の間に新しい細胞を作り替えたり傷ついた細胞を修復したりしているので、肌のためのメンテナンス時間を削っているようなものです。
良い肌を作るためにおすすめされている時間帯は夜の22時から次の日の2時の4時間、22時に寝るのが難しい!という人でもせめて夜24時までには布団に入るようにしましょう。

また、自律神経のバランスの乱れもお肌の免疫状態が落ちる事に関係してくるので、大体決まって時間帯に朝起きて、朝食をとり、夜、24時までに寝るといった習慣をつけたほうが自律神経のバランスがとりやすくなり、肌の健康も維持しやすくなります

肌に良い栄養素を意識して摂取してみましょう

肌荒れに効果的な栄養素

ビタミンC

キレイな肌を作るのに欠かせないビタミンCは抗酸化作用が強く、肌の細胞へダメージを与える活性酸素を除去する働きがあります。
また、抗炎症作用があるので肌荒れには有効です。
野菜や果物に多く含まれていますので意識して食べるようにして下さい。

ビタミンB2

ビタミンB2は脂質の代謝に役立つビタミンですが、肌の細胞を新しく作り替えるのに必要なビタミンになります。
意識して摂取していく事で肌荒れの改善につながっていきます。
レバーやイクラ、ウナギ、納豆などに多く含まれています

ビタミンB6

代謝に必要なビタミンになります。
もちろん肌細胞を作り替える代謝に使われるので不足しないように摂取したいものです。
ビタミンB6はニンニクやまぐろ、レバー、カツオ、鶏肉などに多く含まれています

ビタミンE

血行を良くする働きがあり、キレイな肌作りに必要な栄養(血液)を届ける美容のためのビタミンともいわれています。
ビタミンA同様、抗酸化作用が強くなっていますので活性酸素除去にも役立ちます。
アーモンドやゴマ、焼きのり、イクラやたらこなどの魚の卵などに含まれています

亜鉛

新しい肌を作り出すのに必要なミネラル成分です。
牡蠣などの貝類やアーモンド、ゴマなどに含まれています

アミノ酸

タンパク質が分解された成分で20種類あります。
肉や肌など、体を作り上げるのに必要です。
タンパク質などを多く含む肉や魚類などを食べる事で摂取できるのですが、卵などはバランスよく多くのアミノ酸を含んでいますのでおすすめです。

それぞれの栄養素を多く含む食品も含めご紹介してきましたが、比較的色々な栄養成分を含んでいておすすめなのはアボカドです。
アボカドは今回ご紹介したおすすめの栄養成分のうち、すべて含まれているので定期的に食べるのがオススメです。
食べる美容液ともいわれています。
とはいえ脂肪分も多いので食べ過ぎは良くありません。
1日半分ぐらいを目安にしておいて食べ過ぎないように注意しましょう。

これらの摂取量は控えるようにして下さい!

一方、摂取量が多いと肌荒れを起こしやすいものもあります。
これからご紹介する成分は摂取を控えるようにして下さい。

カフェイン

カフェインを多く含む飲み物といえばコーヒー、紅茶、緑茶、ウーロン茶などがあります。
適度に飲む程度ならリラックス効果もあり、眠気覚ましにも役立つのですが、その一方、これらの飲み物を飲むとトイレが近くなったと感じる人もいると思います。
その理由としてカフェインは利尿作用があるからです。
利尿作用がある分、カフェインを多く摂ると比例して体の水分も多く出ていく傾向があるのです。
そのため、肌の水分量も足りなくなる事があり、乾燥肌、肌荒れなどにつながる可能性があります。

塩分

ラーメンなど塩分が多い食べ物を好んだり、味付けの濃い食事をしている傾向がある場合、塩分の摂取量が多くなっています。
塩分の摂取量が多いとその分、腎臓や膵臓といった内臓に負担がかかります
その影響でニキビなどが出来やすくなる可能性があります。

糖質

ご飯、パン、麺などの炭水化物、そして洋菓子や和菓子などのスイーツの摂りすぎに注意が必要です。
糖質は分解される時にビタミンB群が一緒に消費されます
ビタミンB群が不足する事でニキビなどの肌トラブルが起きやすくなります。

脂質

ダイエットなどで脂質が足りなくなると肌の乾燥が起きやすくなり肌荒れを起こすのですが、逆に摂りすぎても肌荒れが起きやすくな栄養素です。
脂質の代謝にビタミンB群を消費するのでビタミンB不足になりがちなのと、脂質が多くなる事で血液中の脂質量も増え、血液の流れがスムーズではなくなってしまいます。
血流が悪くなると肌へ必要な栄養(血液)が届きにくくなるので肌荒れにつながってしまうのです。

このように控えた方が良い食べ物、飲み物などもありますので、出来そうなところから取り入れてみて下さい。

便秘の改善に関しても食生活に注目しましょう


便秘がちな状態が続いている人の腸内環境は悪玉菌が優勢な状態になっています。
便通があまりないという症状だけでなく、悪玉菌の活動によって毒素なども排出されるのです。
本来は排出されるはずだった不要物となる便の水分や悪玉菌が出している毒素、これらが腸内に長くいる事で再吸収されてしまうのです。
つまり不要な成分や毒素が体の中に入ってしまうと考えて良いでしょう。
そのため肌にその影響が出てきて吹き出物が出来たり肌荒れを起こしやすくなるのです。
特に女性は便秘で悩んでいる人が多くいます。
「頑固だから何やってもムダ」「便秘薬を飲むとお腹が痛くなるから」といった悩みもあるかもしれませんが、腸内環境を整える事で便秘は解消できるようになります。
まずその一歩として乳酸菌を摂取するところから始めてみませんか?
今回は手軽に乳酸菌を摂取できるサプリメントを4種類、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

肌荒れの改善・予防に効果的なサプリメント4選

きらりのおめぐ実




ビフィズス菌とオリゴ糖、食物繊維で腸内環境を整え、栄養成分豊富な九州産のクロレラをプラスしています。
更に強力なカロテノイドのクロセチンを含むくちなしの実、ポリフェノールが豊富で美容に良いといわれるレスベラトロールとマキベリー、肌に良いビタミンを配合しているのでトータル的に美肌作りを応援してくれるサプリメントです。

飲むようになってからお肌がツルツル、スベスベといった感触になりました!
人と話をする際にももう肌の事を気にする必要がないぐらい調子良いです。
飲むようになってから2週間ぐらいしたあたりで肌が潤ってきているかも?って感じになりました。
これからも続けてツルツルな肌を目指します!
色々な高いスキンケアを使ってみても治らなかった肌荒れがこれを飲むようになってから段々としっとりしてくるようになりました!
肌荒れが改善できているのですごく満足できているので飲み続けたいです。

善玉菌のチカラ




カスピ海ヨーグルトの乳酸菌、クレモリス菌FC株を生きたまま腸に取り入れる事が出来るサプリメント
またホタテからとれたカルシウムもプラス。
健康的に腸内環境を整えるお手伝いをしてくれます。

ずっと便秘がちなお腹で張りもあって苦しい状況だったのですが、飲んでみたところ、10日ほどしたらお通じがあるような状況に変わりました。
飲むだけで手軽だし、毎日スッキリと出るようになりました!
肌トラブルもなくなってきています!
乳製品自体、あまり好きでないのでこれは私にちょうど良いです。
お腹もスッキリ出来ました!

乳酸菌革命




乳酸菌は種類によって若干、違いがあります。
そんな気になる話題の乳酸菌を一粒に16種類、500億個配合しているサプリメントです。
また、生きたまま腸まで乳酸菌を届けるためにカプセルにもこだわっています。

便秘対策とかあまり続かない方だけど飲むだけだから便利です。
1週間したあたりからお通じがあるようになりました。
飲むだけでも体の中からキレイになれるような満足感を感じました。
以前は風邪とかもひきやすかったのですが、体も丈夫になったと思います。
乳酸菌革命のおかげで便秘状態から脱出できました!お腹が張らなくなったし、肌の調子も良くなってきています。

ミドリムシナチュラルリッチ

スーパーミドリムシ
今、話題のミドリムシを摂取できる商品です。
石垣島という安全な環境下で育ったミドリムシを使用し、更にクロレラ、有胞子性乳酸菌、フラクトオリゴ糖の4種類のみの材料で完全無添加のサプリメントです。
有胞子性乳酸菌は生きたまま腸に届きますし、59種類の栄養を摂取できます。

野菜が苦手、乳製品もあまり食べないという私でも手軽に飲むだけで栄養や乳酸菌を摂取できるから便利です。
最近、お通じも良くなってきました!
乳酸菌やクロレラ、ミドリムシのおかげでしょうか。毎朝スッキリという日が続き、体調が良くなってきています。
無添加だから安心して飲む事が出来ます。
ビタミンやミネラルだけでなくアミノ酸とかも入っているから健康的に過ごせています!

なかなか治らない肌荒れは医師へご相談を


今回、肌荒れを改善する方法をいくつかご紹介してみました。
実践してみて改善していくようであれば問題ないのですが、場合によってはなかなか状況が変わらない、もしかしたら症状が悪化しているかもしれないという場合もあるかもしれません。
また、肌の炎症具合によってはまず炎症を鎮める治療が必要な場合もあります
炎症がひどい場合は様子を見ていても改善しにくく、炎症がひどければひどいほど跡になって残ってしまします。
もし症状が改善しないなと感じた場合には一度、皮膚科医の診察を受けて相談してみて下さい。

他にもただの肌荒れだと思っていたけど病院で診てもらったところ、内臓疾患が原因で症状の一つとして肌荒れが出ていたという事もあります。
デルマドロームといわれていますが、内臓疾患が原因で肌荒れとかゆみが出る事もあるので、これらの可能性がないかも含めて診察してもらいたいところです。
特に肝臓に関する疾患がある場合、強いかゆみが出るという特徴もありますので、気になる人は症状を伝えて肝機能の検査なども一緒にしてもらうと良いでしょう。
内臓疾患を疑う診察の場合は、内科での受診をおすすめします。

まとめ

肌荒れといっても、その原因はさまざま。
自分で改善できる肌荒れは、食事や規則正しい生活を心がけることでかなり改善できそうですね。より早く改善させるために、ぜひ紹介したサプリも併用してみてください。
ですが、あまりにも長引く肌荒れは一度お医者さまへ相談を。肌荒れをきっかけに、何か病がみつかるかもしれませんよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事