「どんなダイエットをしても痩せない…」
「ダイエット用品は高いので続かない」
「ダイエット飲料はまずくて飲みづらい」
「揚げ物など脂っこい食事がやめられない」

そんなお悩みをお持ちではありませんか?そんな方におすすめなのが、ティーライフ株式会社から発売されているメタボメ茶。ダイエット効果の高い成分と、コストパフォーマンス、味、どれもとても優秀なのです!そんなメタボメ茶の成分や口コミを調べました!

【スポンサードサーチ】




メタボメ茶とは?


メタボメ茶とは、静岡の老舗お茶屋が開発したダイエット茶です。飲みやすく癖のない味、高いコストパフォーマンスが特徴で、続けやすいと評判です。ダイエット効果の高いお茶であるプーアール茶など、ダイエット・美容に効果のある成分をブレンドして作られています。
ダイエット茶に挑戦したけれど、味が好きになれなくて断念した、高くて続けられなかったという方にもおすすめなのがメタボメ茶です。

脂肪が吸収されるメカニズム

脂っこいものを食べるとすぐに太ってしまうという方、多いのではないでしょうか。なぜ、脂質が含まれるものを食べると太ってしまうのかを調べました。ダイエットをするためには、太るメカニズムを知っておきましょう!

胆汁による乳化

多くの食品に含まれる中性脂肪。これを食べると、脂肪は、十二指腸で分泌される胆汁によって乳化されます。乳化とは、本来混ざらないものが混ざることを意味します。


例えばマヨネーズ。マヨネーズは、お酢と油でできていますが、この2つだけでは混ざりませんよね。そこに卵黄を加えることでマヨネーズができあがります。卵黄の中のレシチンといわれる成分や、一部のたんぱく質が、乳化を助ける働きをするのです。

この乳化という現象は様々なところで利用されています。オイル系のパスタを作る際にも、オイルと水分を混ぜ合わせますよね。これも乳化です。クレンジングオイルを落とすときにも、水と油が混ざる乳化は起きています。

話はそれましたが、体の中でも乳化は起きています。胆汁が乳化を助け、摂取した脂肪が乳化された状態になります。乳化された脂肪は、消化酵素の影響を受けやすくなります。

リパーゼによって分解
膵臓から分泌される消化酵素のリパーゼが、中性脂肪を分解し始めます。中性脂肪はもともと、グリセリンに3つの脂肪酸が結合してできたものですが、消化酵素リパーゼの影響を受け、グリセロール、脂肪酸、モノグリセリドといわれる状態に分解されていきます。モノグリセリドとは、グリセリンに脂肪酸が1つ結合している状態です。乳化した中性脂肪はリパーゼによって、細かく分解されるということですね。

吸収

グリセロールは水に溶けやすく、そのまま小腸上皮細胞から吸収され、代謝に使われたり、ブドウ糖に変換されたりします。

脂肪酸は不溶性ですが、胆汁に含まれる胆汁酸などによって乳化され、ミセルを形成します。ミセルとは、水に溶ける成分が、油になじむ物質を包み、水に溶けやすくなった形のことです。脂肪酸はミセルとなり、吸収されます。

吸収された脂肪酸は、のちに再び中性脂肪になり、血液の中に流れ込みます。これを血中脂肪と呼び、体を維持したり動かしたりするのに必要なエネルギーとなります。

脂肪の蓄積

摂取した脂肪が体で使われるエネルギーよりも多く余ってしまうと、皮下脂肪に運ばれ、体脂肪や内臓脂肪として蓄積されてしまいます。食べ過ぎや運動不足は、ダイエットの天敵ですね。

メタボメ茶には、消化酵素の働きをサポートしたり、脂肪の吸収を妨げたりする成分が含まれています。そのため、食事の最中にメタボメ茶を飲めば、同じ量を食べても脂肪になりにくいのです。食事の際のお茶をメタボメ茶に変えてみましょう。

脂肪が燃焼するメカニズム


脂肪が燃焼するメカニズムは以下の通りです。

有酸素運動などをして、エネルギーが必要な状態になると、脳が「脂肪を分解して、エネルギーを生成するように」と指令を出します。すると、ノルアドレナリンやアドレナリンなどの脂肪動員ホルモンとも呼ばれる「アデポキネチックホルモン」が分泌されます。

すると、消化酵素のリパーゼなどが血液に乗って脂肪細胞にやってきます。脂肪細胞中の脂肪が分解され、グリセロールと遊離脂肪酸に分かれます。それらが血液中に流れ、全身の筋肉で代謝されます。ですが、せっかく脂肪酸が分解されても、燃焼しきれなければまた脂肪に戻ってしまいます。脂肪を燃焼させるには、運動の効率をあげたり、長時間運動をしたりする必要があります。

脂肪を燃焼させるには、消化酵素の働きが重要ですね。メタボメ茶には、消化酵素の働きをサポートする成分が含まれているので、運動前に飲むと運動効率が良くなりますよ。

メタボメ茶の配合成分の特徴は?

黒豆


メタボメ茶に含まれる黒豆は、北海道産の上質ものです。黒豆は美容効果が高い食品の1つです。黒豆ダイエットが話題になったこともありますよね。
黒豆は大豆の一種で、通常の大豆製品同様、大豆イソフラボンなどの美容成分が含まれています。それに加えて、サポニンや食物繊維もたっぷり含まれています。こちらも高い美容効果のある成分として有名ですよね。

大豆サポニンと食物繊維は、脂肪の吸収を妨げる働きや、食欲を抑える働きがあります。ダイエット中は、口寂しくなることが多いですよね。そんなときにメタボメ茶を飲めば食欲が抑えられるというのはとてもうれしい効果ですね!また、メタボメ茶はカロリーゼロで、カフェインも少ないのでたっぷり飲めます。

黒豆にはほかにも、血液をサラサラにする、コレステロールをさげる、女性ホルモンと似た働きをして不足したホルモンを補う、便秘改善、精神の安定、眼精疲労回復などうれしい働きがあります。美容にも健康にも欠かせない食品ですね。

プーアール茶


プーアール茶とは、中国の雲南省を原産地とした中国茶で、ダイエット効果が有名です。茶葉を発酵させる際に発生する没食子酸には、脂肪吸収を抑える働きがあります。中国茶の中でも、体への刺激が少なく、健康維持に最適です。

プーアール茶には、中性脂肪を燃焼しやすくする酵素のリパーゼを増やす働きがあります。そのため、体中の脂肪が燃焼しやすい状態になります。プーアール茶を飲んだ後に運動などをするとより効果的ですね。

胆汁には脂肪を乳化する働きがあり、それにより脂肪が体に吸収されてしまいます。しかし、プーアール茶に含まれるカテキンと没食子酸の2つが胆汁の働きを制限するため、脂肪が吸収されにくくなります。脂肪は乳化されなければ、そのまま排出されます。脂っこいものと一緒にプーアール茶を飲めば、脂肪になりにくいということですね。

プーアール茶は脂肪の吸収を押さえ、脂肪の燃焼を助ける効果があります。それだけでなく、さらに、腸内環境改善、むくみの解消、アンチエイジング、冷えの改善などの働きもあるため、健康に自信のない方は、毎日のお茶をプーアール茶やプーアール茶がブレンドされたお茶に変えてみてはいかがでしょうか。

杜仲茶

杜仲茶は中国で古くから不老不死、長寿のお茶として親しまれてきました。近年は、杜仲茶を飲むだけで、ウォーキング1時間分のダイエット効果があるということで話題になっています。

杜仲茶に含まれるアスペルロシドという成分には、腸から胆汁酸を分泌させる働きがあります。胆汁酸には、脂肪燃焼効果があり、「胆汁酸ダイエット」が一部でブームになっているほどです。
そのほかにも、高脂血症、高血圧、高血糖、むくみ、セルライト等を改善する効果があるともいわれています。
鉄やカリウム、マグネシウムなどのミネラル、ビタミンCを含むのでダイエット中の栄養不足を予防することもできます。ダイエットだけでなく、健康維持にも役に立つ魅力的なお茶ですよね。

しかし、杜仲茶は、独特の風味があり単独では飲みにくいとの声もあります。杜仲茶入りのブレンド茶を選ぶことをおすすめです。ウーロン茶や麦茶と混ぜると飲みやすくなります。

烏龍茶


烏龍茶は中国茶のひとつでツバキ科のカメリアンシネンシスという樹の茶葉を使って作っています。この茶葉は緑茶や紅茶の原料にもなるのですが、発酵方法などによって烏龍茶、紅茶、緑茶になります。烏龍茶は、茶葉を発酵させる途中で熱を加え、発酵を半分の段階で止めた半発酵という作り方でできます。

烏龍茶に含まれる重合ポリフェノールには、食後に血中の中性脂肪が上昇するのを防ぐ働きがあります。さらに、烏龍茶のサポニンという成分が食事で摂取した油分を分解してくれます。そのほかにも、コレステロール値を下げる、肝機能を改善する、免疫力を挙げるなどの働きもあり、サポニンは健康には欠かせない成分です。

烏龍茶には、テアニンというアミノ酸が含まれています。このテアニンには、うま味があるのですが、それだけでなく、ストレスを軽減する作用があります。そのため、ダイエット中はストレスがたまりやすいという方でもダイエットが続けやすくなるのです。

烏龍茶は、味もよく、脂っこい食事のあとに飲むと口がさっぱりしますよね。ダイエットには必要不可欠なお茶ですね。

スポンサーリンク

メタボメ茶で期待できる効果は?


メタボメ茶は、ダイエットに効果のあるお茶がブレンドされています。脂肪の吸収を抑え、脂肪燃焼をサポートする働きがあるため、いつも通りの食事をしていても痩せやすい体になると考えられます

また、ダイエット以外にも、高血圧、高コレステロール、高血糖といった生活習慣病を予防する働きが期待できます。さらに、抗酸化作用のある成分も含まれているため、アンチエイジング効果もあるでしょう。

ですが、いくらメタボメ茶が優秀なお茶だからと言って暴飲暴食をしてはいけません。バランスの良い食事と適度な運動を意識して、効果的にダイエットをしましょう!

メタボメ茶はなんといってもコスパが最強!


メタボメ茶の魅力の一つはコストパフォーマンス高さ。他のダイエット茶は高くて続けられないという方でも、続けられます。毎日飲むものだからこそ、少しでもコストパフォーマンスがいいとうれしいですよね。

メタボメ茶はティーバッグ1つあたり、86円。1つのティーバッグで800ml作ることができます。500mlあたり、54円でできる計算です。さらに、増量キャンペーンを使えばもっと安くなります!コンビニのお茶などと比べると3分の1の値段ですよね。

メタボメ茶はどんな味?美味しい?まずい?


メタボメ茶は味がおいしいということで、人気です。ほかのダイエット茶はまずくて続かなかった、食事と合わなかった、という方でも続けられるという口コミが多数ありました!
「香ばしい風味」「クセのない味」と表現する方が多いようです。アンケートでは、89%の方がおいしいとこたえたということなので、安心ですね。

メタボメ茶を実際に飲んだ人の口コミ・評判は?

「メタボメ茶はとにかく食事に合う!味がおいしいので違和感なく続けられます。飲んでまだ1か月ですが、むくみが改善されておなかがすっきりした気がします!」

「メタボメ茶をもう1年以上飲んでいます!ジーパンのサイズがかなり下がりました!もう生活になくてはならないお茶なのでずっと続けます!」

「メタボメ茶を飲んで半年です。体重は5キロ以上減りました。見た目にも痩せたのがわかるくらいで、久しぶりに会った友人にも「やせたね」といわれました!」

メタボメ茶はこんな人におすすめ!


メタボメ茶は、ダイエット茶にもかかわらず味がおいしいこと、価格が安いこと、ダイエット効果の高いお茶がブレンドされていることといった特徴があります。

そのため、「ダイエットしたいけど運動や食事制限は続かない…」「サプリメントは飲み忘れてしまう」「あまりお金をかけずに痩せたい」といった方におすすめです。

お茶は、食事の際や仕事中などいつでも飲むものなので飲み忘れることはありませんよね。さらにコンビニでペットボトルのお茶を買うよりもメタボメ茶を作って持ち運ぶことで、節約にもなります。メタボメ茶を生活に取り入れて、効率よく痩せましょうね!

メタボメ茶はどこで買えるの?薬局で買える?

メタボメ茶はドラッグストアなどの実店舗での取り扱いはなく、インターネット通販のみの販売です。

ネット通販の最安値は?楽天?アマゾン?

メタボメ茶は楽天やアマゾンに取り扱いがありますが、キャンペーンのある公式サイトからの購入がおすすめです。初回限定の40%増量キャンペーンがあるのはメタボメ茶公式販売サイトだけです!

公式サイトの初回限定キャンペーンでは、通常商品(5g×30袋)に加えてお試しセット(4個入り)が3袋もらえます。お値段は通常価格の2,592円(税込み)のままなので、かなりお得です。ティーバッグ1袋当たりの価格は、62円になり、お茶500mlあたりの価格は39円となります。

メタボメ茶を購入する際は、ぜひ公式サイトの初回限定キャンペーンを利用してみてくださいね。

メタボメ茶のよくある質問

どのくらい飲めばダイエット効果が出る?

1日600~800mlが適量です。食事の途中や、食後、空腹時などいつ飲んでもOKです。一度にたくさん飲むよりもこまめに何度かに分けて飲む方が、効果が出やすいとの口コミがありました。

効果が出はじめるまでには、個人差があります。ですが、半年や1年といった長いスパンで様子を見たほうがいいでしょう。18か月で25キロやせたという方もいるようです!

ただ、むくみを改善する効果もあるので、むくみは初めて数日で解消されるという口コミが多数ありました。
すぐに効果が出なくても、あきらめずに続けていきましょう!

副作用は大丈夫でしょうか?

メタボメ茶は、黒豆、杜仲茶・プーアール茶・烏龍茶でできているので大きな副作用はないとされています。ですが、お通じをよくする効果があるので人によっては、飲みすぎるとお腹が緩くなることもあります。お腹が緩くなった場合は、お茶を薄めたり、飲む量を減らしたりして様子を見てくださいね。メタボメ茶は、適量をこまめに飲むことを心がけましょう

ティーバッグはなにでできていますか。

とうもろこしでできた安全性の高いフィルターを使用しています。土に埋めると、自然に土にかえる成分なので体にも安心です。

妊娠中・授乳中でも飲んで大丈夫?

医師にお茶の制限をされていない方であれば、妊娠中・授乳中でも問題ありません。カフェインの量は緑茶やウーロン茶よりも少ないので、安心して飲むことができます。
心配な方は担当医に相談してから飲んでください。

カフェインの量はどのくらいですか?

ティーバッグ1つを700mlの湯で抽出した場合、100mlあたりのカフェイン量は7.5㎎です。

ドリップコーヒー100mlに含まれるカフェイン量は、90㎎、緑茶やウーロン茶に含まれるカフェイン量は100mlあたり、20㎎です。
比較してみると、メタボメ茶に含まれるカフェイン量はとても少ないですね。

まとめ

メタボメ茶

メタボメ茶はダイエット効果の高いお茶が複数ブレンドされているにもかかわらず、コストパフォーマンスに優れて家、味もおいしいという優秀なお茶ですよね。
「無理せずにダイエットを続けたい」「ダイエットしたいけど、お金をかけたくない」という方はぜひ、ティーライフ株式会社のメタボメ茶を飲んでみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事