頭が何だかかゆい、それどころかフケまで出ているような……?
だけど頭はきちんと毎日洗っているよ!という人、いませんか?
その謎の痒み、もしかしたら乾燥が原因かもしれません。
頭の皮、つまり頭皮が乾燥することによってカサカサになり、そこから痒みが発生して、その結果フケなどの頭皮トラブルも発生するのです。
もちろんそのままで良くはないので、しっかりと乾燥対策、頭皮ケアをしましょう。
今回は頭皮のカサカサの原因、乾燥を防ぐ方法、頭皮ケアにおすすめシャンプーまでしっかりとアドバイスさせて頂きますので、頭皮トラブルに悩んでいる人は参考にしてみて下さいね♪

【スポンサードサーチ】




頭皮がカサカサする原因は?

湿度差


外は寒いのに室内は暖房が効いていたり、その逆で外は猛暑日なのに室内ではエアコンをガンガン効かせたり……そういった室内と室外で温度差があると乾燥が進む原因になります
なぜなら頭皮が汗をかいたり、逆に冷えたりと温度調節が上手くいかずに乾燥してしまうからです。
これによって皮膚、頭皮も乾燥してカサカサになってしまいます。
お肌にも良くないので注意が必要です。

紫外線


頭皮も肌の一部ですから、紫外線による刺激を当然受けます。
紫外線は頭皮の潤いを減らし、乾燥してしまう原因になります
髪の毛がある部分はある程度紫外線から守られますが、それ以外の部分は刺激を受けていることになるので、髪の分け目がいつも同じ人は気を付けましょう。

頭皮の栄養不足


頭皮には毛細血管という細い血管がいくつも流れていて、ここから頭皮に、そして髪に栄養が行き渡ります。
しかし血行が悪かったり、栄養素が足りていなかったりすると頭皮に上手く栄養素が流れずに栄養不足になってしまいます
こうなると頭皮は柔軟性がなくなって固くなり、ますます保水力を失って乾燥する原因となってしまうのです。

シャンプーのしすぎ


実は多くの人が間違っているヘアケア、シャンプーのしすぎは頭皮の皮脂を洗い流しすぎてしまうのです。
シャンプーはできるだけ低刺激で1日に何度もしないように、同時に高温のお湯も皮脂が流されてしまう原因になります。
また乾燥した頭皮にブラッシングをしすぎると角質がダメージを受けてフケが出る原因になるので、ブラッシングのしすぎにも要注意です。

頭皮がカサカサになる原因が分かった所で、頭皮がカサカサしてきた時の対策方法もお教えしましょう。

頭皮のカサカサが気になる時の対策方法まとめ

湿度差対策


まず温度差による頭皮の乾燥対策から。
温度差のないように過ごすことが大事ですが、それもまた難しいでしょう。
しかしエアコンの風に直接当たらないようにするだけでも乾燥対策の効果はあります。
またできるだけ湿度を保つようにして、そして皮膚に優しい湿度である60~65%を維持するようにして下さい。

紫外線対策


紫外線対策としては、日傘や帽子、日焼け止めが有効です。
それと先程も言ったように髪の毛の分け目は髪がなく、露出しているために紫外線の影響を受けやすいです。
髪の分け目は毎日変えるようにすると、一箇所へのダメージを分散できるので紫外線対策になるでしょう。

頭皮への栄養促進


頭皮に満足に栄養が行かないと乾燥の原因になるので、頭皮にしっかりと栄養が行き渡るようにしましょう。
そのために有効なのは、頭皮の血行を良くする頭皮マッサージです。
頭皮を優しくマッサージしたり、蒸しタオルで温めて上げるのも血行促進に効果的。
シャンプーの時や、髪のスタイリング前に行うようにするなど毎日の習慣に取り入れてみて下さい。
これで栄養素が髪に行き渡りやすくなります。
同時に乾燥対策としてコラーゲン、大豆イソフラボン、ビタミンや鉄などの栄養素を摂取することも大事です。
コラーゲンは保水力、ビタミンと鉄はそのコラーゲンを体内で生成してくれる栄養素。
そしてイソフラボンは若々しい新しい肌の生成を促す、新陳代謝促成効果があります。
肌に良いものは頭皮にも効果的だと覚えておきましょうね。

頭皮ケアの見直し


また、シャンプーのしすぎも皮脂を流しすぎて頭皮がダメージを受ける原因になるので止めましょう。
しかし同時に、そのシャンプーやヘアケア用品が乾燥の原因になっている場合は多いので、それらを一度見直してみるのも大切です。
毎日使う品だからこそ気を付けなければますます頭皮の乾燥が進み、痒みやカサカサ頭皮を促進してしまいます。
そんなことにならないように、どうしても痒みや乾燥が治らない場合は頭皮ケア用品を見直してみましょう。

頭皮ケアの見直しについて、次でもう少し詳しくご説明しますね。

スポンサーリンク

今使っているヘアケア用品が「合っていない」可能性


頭皮ケアの良くある失敗で「洗いすぎ」があるとお話しました。
フケが出たり、頭の痒みが発生したりするとまず皆さん髪を余計に洗いすぎて皮脂の洗い流しでダメージが入ります
もちろん痒みもフケも悪化してしまうのですが、そこでやりがちなのが「より強力なシャンプー」「より強力なヘアケア用品」に頼ること
洗浄力が強すぎるシャンプーを使うと皮脂がより流されてしまうことで頭皮がダメージを負います。
しかも洗い流された皮脂のために、頭皮は余計な皮脂を分泌してしまいオイリーな頭皮に……そこに洗いすぎのダメージも加わり、雑菌が繁殖しやすくなってしまうという悪影響も及ぼします。
また強力なヘアケア剤には総じて頭皮にダメージを与えやすい添加物が多く配合されているので、こちらも頭皮の乾燥を招く原因になりかねないのです。

もし頭をきちんと洗っているのに、きちんとヘアケアをしているのに頭皮が乾燥して痒みを感じる、フケが出てしまうという場合は使っているヘア製品が頭に合っていない可能性があります
もしくは頭皮に対する刺激が強すぎている場合もあるので、商品を見直して頭皮に優しいケアをしましょう。
特に既に乾燥している頭皮はダメージを負いやすい状態、そこで頭皮に優しいオススメのシャンプーをご紹介したいと思います。

頭皮に優しいおすすめシャンプーはこれ!

Lement(ルメント)


「ルメント」は今話題の炭酸シャンプーです。
炭酸水が体に良いと言われましたが、あれは炭酸による血行促進効果があるからです。
また血行促進効果だけでなく、炭酸の気泡はタンパク質に吸着する性質があって、皮脂の汚れもしっかり吸着。
しかし従来の炭酸シャンプーは頭皮をすっきりさせるために、髪の毛まで乾燥してしまうものが多いという欠点がありました。
そこでルメントは低刺激で頭皮や髪の毛にやさしいアミノ酸系の洗浄成分を使用し、油分を落としすぎないように優しい仕上がり、そして植物由来のオイルや保湿成分を配合しているので髪にも頭皮にも優しいシャンプーになっています。

このルメントを実際に使った人たちの口コミも見てみましょう。

「何だか最近頭が汗臭く感じていて悩んでいました。そこで炭酸シャンプーが話題になっていたので使ってみようと思ったのですが、話題になっているだけあって多いこと多いこと。その中でも髪に優しいノンシリコンシャンプーが良いかと思い、ルメントを選びました。だけどノンシリコン自体は以前使って髪がギシギシになってしまったのでどうかなーという心配も……だけど洗い上がりがすっきり、指通りも良くてなめらかです!気になっていた頭の臭さもなくなっていい感じです!」
「パーマとカラーリングのせいか、髪がパッさパサになっていました。もちろん美容院でケアして貰うのですけど、数日すれば下のパサパサに戻るし、いつも行く訳にもいかないし。自宅でできるケアとしてルメントを購入してみましたが、使った後の髪のまとまりが凄く良くて驚きました。美容院に行かなくてもここまでできるなら、もっと早く購入してみればよかったです」
「シャンプーで洗っているけど臭いが落ちない、気になるから洗うの繰り返しでした。それでも臭いがしていたのですが、それ自体も良くなかったんですね。だけどルメントに変えてからはその臭いもなくなりました。洗浄力も良い気がします。因みに3日に1回だけルメントで洗っていますが、臭いも気にならず髪もツヤツヤで腰があります。スペシャルケアで使えるのでコスパも良いと思います」

汚れはしっかり落とすけれど、落としすぎない。
そんな優しい洗い上げのシャンプー、ルメント。
洗いすぎで頭皮や髪の毛にダメージが入ってしまっている人のスペシャルケアに使って欲しいシャンプーです。

すこやか地肌


もう一つのシャンプーは「すこやか地肌」
自然由来の成分を配合した、限りなく頭皮に優しくを目指したシャンプーです。
しかしただ頭皮に優しいだけではありません、例えば痒みの改善、肌荒れに効果のある桜葉エキス。
更にワサビの根を発酵させたエキスで雑菌の繁殖を予防して、痒みや頭皮の炎症を防ぎます。
またヒアルロン酸、コラーゲン、オクラ果実エキスなどの5つの保湿成分が乾燥した頭皮に潤いを与えることで、固くなった頭皮に柔軟性を与えます。
もちろんこれらは自然由来の成分ですから、どこまで低刺激で頭皮への余計なダメージも与えない、理想的なシャンプーです。

そんなすこやか地肌を使ってみた人たちの口コミも見てみましょう。

「痒み対策に良いと聞いて購入しました。痒い所に付けてマッサージするシャンプーですが液だれもなく、問題なく付けられます。そしてマッサージするとすっと地肌に浸透していく感じがして、とても気持ちいいです。前は乾かすと頭が痒くなっていたのですが、その痒みも段々となくなってきました。一緒にフケも減ってきていて、気になっていた頭の悩みが解消されました」
「フケや痒みが酷くなったので、頭皮ケアをした方がいいということでヘアケアを受けていました。マッサージなども試しましたが、これという効果は感じませんでした。しかしすこやか地肌を試してから10日ほどで、痒みが減り、痒みが減ったからか頭をかくこともなくなってフケも減っています」
「アトピーなので肌は基本的に乾燥気味、痒みも酷いです。だからこそシャンプーは低刺激の物を選んで使っていました。低刺激と書かれていても痛みがあったりして使えない品も多いのですが、すこやか地肌はとてもいいです。前はあった湿疹も少なくなり、今では手放せないシャンプーになりました」

肌のケアと同じくらい、頭皮のケアは大事です。
お肌に優しくするくらいに、頭皮にも優しく手間隙をかけて上げましょう。
そしてシャンプーやヘアケアと同じくらい、頭皮には栄養も大切。
次はカサカサ頭皮を予防するような食事対策についてお話していきますね。

カサカサ頭皮を予防する食事について


髪、そして頭皮はかなり毎日の食事に影響されます
例えば脂っこい食事を続けていると、頭皮自体もオイリーな状態になったりするのです。
逆を言えば食事に気をつけることでカサカサ頭皮を予防することは可能。
シャンプーやヘアケアで頭皮のケアをすることも大事ですが、毎日の食事でも頭皮ケアをしていきましょう。
基本的には乾燥を促進する塩分に気をつけて、余計な皮脂を分泌してしまう脂肪分にも気を付けたバランスの良い食生活が理想です。
それに合わせて、以下のような栄養素を積極的に取り入れていきましょう。

ビタミン


ビタミン類は必要な種類が多いので、順番に説明していきましょう。
まずビタミンAは頭皮の乾燥を抑え、同時にフケを抑えてくれる効果もあります。
これは人参やほうれん草、レバーなどに含まれています。
次にビタミンB6、これは頭皮の皮脂の過剰分泌を防ぎ、頭皮の炎症を抑えます
これは海藻類やキャベツ、バナナにも多く含まれている成分です。
そしてビタミンC
これはコラーゲンの吸収を助けてくれるので、結果的に髪の保湿に繋がります。
ビタミンCと言えばレモンですが、苺やピーマンにも多いですよ。
最後にビタミンE、毛細血管を広げる作用があります。
毛細血管が広がることでより栄養素を髪、頭皮に届けやすくなると言うことですね。

良質な油分


脂肪分の摂り過ぎは皮脂の過剰分泌になるんじゃあ?と思われますが、それはあくまで質の悪い脂肪分を過剰摂取してしまった場合。
頭皮の保護に皮脂は必要ですから、ある程度の油分は必要なんですね。
だからといって脂肪分を取りすぎてはいけません。
そこでオススメしたいのが、アーモンドやカシューナッツなどに含まれている油分
酸化していない良質な植物性の油分を摂ることができるので、1日に数粒取ると良いでしょう。
その場合は塩分の過剰摂取にならないように、味付けされていないものをおやつ代わりに食べると良いですよ。

大豆イソフラボン


お肌にも良い大豆イソフラボンは、もちろん頭皮にも効果あり。
肌には新陳代謝と言って、古いダメージの受けた肌をキレイな若い肌に生まれ変わらす働きがあります。
そしてイソフラボンはこの新陳代謝を促す効果があるので、キレイな肌を保つことに繋がるのです。
日常生活でダメージをある程度受けることは避けられませんが、だからこそ大豆イソフラボンで肌の生まれ変わりを促進して、キレイな肌を保つようにしましょう。
大豆イソフラボンが取れるのはもちろん大豆製品、納豆や豆腐などがオススメです。
特に納豆はその他の栄養豊富ですから毎日の食生活に積極的に取り入れていきたいですね。

これらの食品を毎日全て食べるのではなく、生活の中で少しずつ取っていきましょう。
肌を作るのは体自身、だからこそ内側からキレイにしていきたいですね。

どうしても改善されない場合は病院へ一度受診を


しかし色々な方法を試してみても、どうしても痒みやフケが改善されない。
その場合は悩まずに病院で一度受診することをオススメします。
頭皮と言えど体の一部、異常がある場合には体のどこかに異変がある可能性があるケースも考えられるからです。
薄毛で悩んでいたら、内臓の疾患や甲状腺機能障害を患っていたというケースも、可能性は低いですが絶対にないとは言えません。

その場合はまずどこを受診していいのか分かりませんよね。
まず頭皮の痒み、フケなどの症状は頭皮トラブルですから皮膚科を受診しましょう。
一緒に赤くなって炎症を起こしている場合も、皮膚科です。
頭皮の状態が良くなければ痒みやフケは治まらずに悪化するだけですから、ケア方法などを変えても改善されない場合は一度受診してみて下さいね。
もちろん、頭皮に湿疹が出たりしている場合はすぐに向かいましょう。

それともし妊娠や出産後である、生理不順などが同時に起こっている場合は、ホルモンバランスの乱れが原因であることもあります。
この場合は皮膚科ではなく、婦人科を受診しましょう。

今の自分の状態を振り返ってみてから、どこを受診するか判断して下さい。

まとめ

頭が痒い、このことを悩んでいても問題は解決しません。
まずは色々と対処をしてみて、その悩みを解決するように活動して下さいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事