若年性更年期障害というものをご存知ですか?若年性更年期障害とは、本来なら更年期障害になるはずがない若年層が引き起こす更年期障害のことで、20代や30代といった年代層に急激に増加しています。
しかし、更年期障害といえば閉経前後の40代後半から50代にかけて起こる女性特有の病気といった認識から、まさか自分が若年性更年期障害になっていると思う方はそういません。
そのため、1つ1つの症状を見逃してしまい治療が遅れてしまうといったケースが多くあります。

そこで、今回は若年性更年期障害の主な症状と原因、そしてその改善方法についてまとめましたので、自分自身のためにも是非参考にしてみてください。

【スポンサードサーチ】




20代・30代に急増中!若年性更年期障害とは?


閉経とはまだ無関係ともいえる20代・30代に急増中の若年性更年期障害ですが、若年性更年期障害とは一体何なのでしょうか。

まず、更年期障害と若年性更年期障害の違いとしては『改善できる』のか『改善できないのか』の違いがあります

そもそも、更年期障害とは閉経が近くなったり閉経することで女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が少なくなり、その結果自律神経が乱れてしまうことで更年期障害の症状を引き起こします
なぜ、エストロゲンの分泌量が減ると自律神経が乱れてしまうのかというと、実はエストロゲンと自律神経のコントロールをしている場所が、大脳の視床下部という同じ場所だからなんです。
通常、エストロゲンと自律神経のバランスが整っているため自律神経の異常が出ることがありませんが、エストロゲンの分泌が減りバランスが崩れることで、自律神経にも影響を及ぼしてしまうのです。
しかし、この『エストロゲンの減少』が『何が原因』で起こっているのかの違いが、更年期障害と若年性更年期障害の大きな違いになります。

そして、その原因の違いが改善できるのかできないのかに大きく関わってきます。

若年性更年期障害の主な症状

それでは、若年性更年期障害の主な症状とは一体どういったものがあるのか、その症状をいくつか上げてみます。

  • 生理不順
  • 冷え性
  • ほてり
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 腰痛
  • めまい
  • 動悸
  • 倦怠感
  • 耳鳴り
  • 肌の乾燥
  • 便秘や下痢
  • 頻尿
  • 寝つきが悪い
  • 食欲不振
  • イライラ
  • 記憶力の低下
  • 集中力の低下
  • 気分の落ち込み

いかがですか?どれも女性なら経験したことがある症状であり、日頃から感じるものではないでしょうか。

風邪などのように明らかな体調不良ではなく、何となくそんな感じがするといったものや、気付いた頃からもうなっていたといったような症状だからこそ、簡単に考えてしまい見逃してしまっているのです。

これらの症状の1つでも当てはまった方は、いつものことだから大丈夫だと思わず、もしかしたら若年性更年期障害かも?と疑ってみましょう。

スポンサーリンク

若年性更年期障害が起こる主な原因

それでは、なぜ若年性更年期障害になってしまうのかその原因を見ていってみましょう。

  • 過度なダイエット
  • 過度なストレス
  • 偏った食生活
  • 喫煙
  • 過度な飲酒
  • 睡眠不足

実は、若年性更年期障害は現代が生み出した病気といっても過言ではなく、女性が社会に進出し今では働く女性が当たり前の時代となったことで引き起こしやすくなっています。

それは、仕事や人間関係からくるストレスを溜め込み、日々の忙しさからバランスの取れた食事がままならずいつもコンビニで軽く済ませる。仕事の付き合いやストレス発散のために飲み過ぎや喫煙をしてしまい、帰りが遅くなれば睡眠時間も十分に取れない。
また、痩せている女性こそ美しいとされる認識が行きすぎたダイエットを生み出し、細くいるために絶食をしてみたり、野菜や果物しか食べないといった偏った食事をする。

こうしたことの積み重ねが、ホルモンバランスを崩す原因となり若年性更年期障害へと導いてしまうのです。

ご覧の通り、若年性更年期障害は閉経間近になることで卵巣機能が低下し、エストロゲンが減少することで起こる更年期障害とは異なり、日々のストレスや生活習慣の乱れがその原因となりホルモンバランスを崩すことで引き起こされています

このように、若年性更年期障害は年齢とは一切関係なく、食生活や日々の生活習慣によって誰でもなる可能性がある病気なのです。

若年性更年期障害かも?と思ったら何科へ行けば良い?


食生活や生活習慣の乱れからいつ起こってもおかしくない若年性更年期障害ですが、もしかして若年性更年期障害かも?と思った時は迷わず婦人科またはレディースクリニックへ受診するようにしましょう。
婦人科やレディースクリニックは女性特有の診療内容を取り扱っているので、若年性更年期障害も対象になります。

また、いざ受診してから今度は治療のために通う必要が出てくる場合もあるので、そうなったとき安心して通うことができる病院をリサーチして行くようにしましょう。
もし訪れた病院の雰囲気や先生・スタッフなど、自分と合わないとなると通院することがストレスになってしまい、治療どころではなくなってしまうので自分自身のためにも病院を選ぶことはとても大事です。

若年性更年期障害は改善できる見込みがある病気ではありますが、気付くのが遅れ改善をするきっかけをどんどん逃してしまうと、早期閉経を引き起こしかねない病気でもあります

女性はいつか結婚して妊娠し子供を産むといった、すばらしい未来があります。
ですが、自身の身体をおろそかにしていると、いつか出会うはずの我が子に出会うことができなくなりかねません。
そうならないためにも、少しでも体調がおかしいと感じたときは迷わず婦人科やレディースクリニックを受診してしっかり自分の体と向き合うようにしましょう。

若年性更年期障害を改善・予防する食生活・生活習慣

若年性更年期障害と診断されると治療が始まりますが、食生活や生活習慣を改善することで若年性更年期障害を改善・予防することもできます。
では、いったいどのように過ごすことで若年性更年期障害を改善・予防できるのかご紹介していきます。

規則正しい生活をする


基本中の基本ですが基本だからこそ一番大事なポイントになります。そして、規則正しい生活というと早寝早起きをイメージすると思いますが、夜遅くまで仕事をして朝早く出て行くといったようなライフスタイルの方だとまず無理ですよね。
しかし、ここで言う規則正しい生活とは、朝起きて夜寝るまでのタイムスケジュールを出来るだけ乱さないということなんです。

例えば、朝起きてから家に帰って寝るまでの時間って人によって違うとはいっても、その人にとってはだいたいいつも同じようなパターンで成り立っていますよね。
仮に私の場合だと、朝8時に起きて12時か13時に昼食をとります。それから20時頃まで仕事をして、23時にお風呂と夕食を済ませ0時か1時には就寝します。
もちろん、日によって1時間早めに起きなければいけない時もありますが、だいたいのタイムスケジュールは一緒です。

そして、大事なのはこのタイムスケジュールが休日に崩れないようにすることです。

よく、明日は休みだから夜更かしをしようとか、早起きはせずに昼くらいまで寝てしまおうといったことをするかも知れませんが、それをしてしまうと体内時計のバランスが崩れてしまい、逆に身体が疲れてしまったりします。
そして、休日が終わるとまた次の日から仕事だからといつもの流れに戻そうとすると、崩れた体内時計がそこにうまく追いつかないので、仕事初日がまたきつくなるといった悪循環に陥ります。
そうならないために、休みの日でもいつもと変わらない時間に起きていつもと同じように寝る。それが、規則正しい生活のリズムとなります。

バランスの取れた食事をする


次は食生活についてですが、時間がないからといってコンビニでおにぎりやサンドイッチだけだったり、カップラーメンで済ませてしまったりしていませんか?
また、ダイエットと言ってサラダしか食べず太るからといって肉や魚を食べない、お米を食べないなんてことしていませんか?

そんなことを続けていると、必要な場所に必要な栄養が行き届かずホルモンバランスが崩れ生理不順や肌荒れ、便秘などさまざまなトラブルを引き起こしてしまいます

コンビニで済ませてしまうことが多いのであれば、炭水化物・タンパク質・脂質・食物繊維を意識して買い揃えてみたり、お弁当を買ったりしてみましょう。
また、外食をするときも定食だとバランスが取れているものが多いのでオススメです。

適度な運動をする


ただでさえ忙しくて生活が乱れているのに、適度な運動をするような時間はない!と思った方が結構多いかも知れませんね。
しかし、ここでいう適度な運動とはフィットネスクラブに通たり、仕事終わりにランニングをしたりといったような運動ではなく、あくまで長い時間心地よさを感じながら続けられるような、ゆるやかな運動です。

たとえばデスクワークの仕事だとずっと座りっぱなしになりますよね。そうすると血流が滞ってしまいよくありません。
そんなときは、姿勢を正しく椅子に浅く腰をかけて、足を垂直に5センチ程度浮かして10秒キープを数セット無理のない程度にするだけでも運動になります。
また、移動するときはエレベーターではなく階段を使うだけでも運動ですし、徒歩15分や20分の距離であれば車ではなく歩くのも運動です。

つまり、日々の生活の中に少しずつこうした体を動かすことを組み入れていけば、日常生活を送りながら自然と運動ができるようになります。
これなら、どんなに忙しくてもちょっとした運動の積み重ねができるので、無理せずに続けることができますね。

1日の終わりにリラックスタイムを設ける


ストレスを受けながら1日を過ごした後は、そのストレスを発散するために1日の終わりにリラックスタイムを取るようにしましょう。

たとえば、お風呂にゆっくり浸かったり寝る前にボディマッサージをしたり、軽いストレッチをしたりアロマを焚いたりなど、自分がゆっくりと心地よい気分になれる方法で心身ともに緊張をほぐしてあげてください。
そうした時間を設けることで、肉亭的にも精神的にもストレスを溜め込まずに済みます。

質の良い睡眠をとる


6時間以上の睡眠をとることが理想だと言われていますが、たとえ長時間睡眠をとっても質が悪ければ目覚めは最悪です。
逆に短時間の睡眠であっても質が良ければ、目覚めはスッキリしていて気分良く起きることができます。

そして、質の良い睡眠をとるためには自律神経を整えることがとても大事になります。
また、自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、眠るときに優位にならなければいけないのが副交感神経です。

交感神経とは私たちが活動しているときに働いているのに対し、副交感神経は休んでいるときに働いている神経になります。
そして、交感神経は緊張しているときやストレスを感じているときも働くのですが、自律神経が乱れているときは睡眠などで体を休めているときでも、交感神経が優位になっている状態です。

なぜそうなるのか、それは日々のストレスや生活習慣の乱れが続くことが原因となっており、そうなると交感神経が優位の状態が続いてしまうので、眠っても疲れが取れずすっきり起きられないといったことになります。

そうならないためには、規則正しい生活をしてバランスの取れた食事を心がけ、そしてストレスを溜め込まないようにすることで自然と自律神経も整っていくので、朝起きてから夜眠るまでは全て繋がっていることを意識していきましょう

このように、日々の生活習慣を改善していくことで若年性更年期障害を改善・予防することができます

いきなり全てを改善していこうとすると、そのこと自体がストレスになってしまったり、続けることができなかったりもするのでまずはできることから少しずつ始めていって、習慣づけるようにするところからスタートしてみましょう。

若年性更年期障害を改善・予防するサプリメント

規則正しい生活に食生活の改善、そしてストレスを溜め込まず質の良い睡眠を取る!こうした生活習慣を送ることができれば、若年性更年期障害を改善・予防することができるでしょう。
しかし、いきなりすぐに生活習慣を変えることは難しいですし少しずつ取り入れるように努力したとしても、体調の変化を実感できるまでは時間もかかります。

そこで今回オススメするのが『にんにく玉』です。

にんにく玉は福岡県八女産のにんにくと、佐賀県七山産の自然農法で育てられた卵黄だけで作られた純正のにんにく玉で、6年連続モンドセレクション金賞を受賞した非常に有能なサプリメントです。
にんにく玉は1日4粒飲むだけで、体がだるい・寝てもすっきりできない・女性特有の悩みがツライ・リラックスできない・体調を崩しやすい、といったさまざまな体の不調から解放してくれます。

にんにく玉に使われている福岡県八女産のにんにくには、元気成分であるアリシンがなんと通常の6.6倍も詰まっていて、さらに佐賀県七山産の卵黄には若返りのビタミンで知られているビタミンEが豊富に含まれています。
これらの働きによって、体本来の元気を取り戻し毎日を笑顔で元気に過ごすことができます。

忙しい毎日に疲れてしまった。元気に過ごしたい。辛い悩みから解放されたい。そんな願いを1日4粒のにんにく玉で叶えちゃいましょう。

にんにく玉を利用した方の口コミ
「どんなに眠っても疲れが取れたことがなく、起きると体がどんよりしてい辛いでした。でも、にんにく玉を飲み始めてからなんだか楽になって、朝起きてもキツイと思うことがなくなりました。また、驚いたのが何年も悩まされていた生理痛がなくなったこと。体質だから仕方ないと思っていたので、まさかそれすらも解消されるなんて思ってもみませんでした!」
「小さい頃から体が弱く、病院に行くこと多かったり幼稚園をお休みすることが多いなど、子供も私たちも辛い状態が続くことがよくありました。そんな毎日が少しでも良くなればと思い、にんにく玉を息子に飲ませた所、あれだけ体調を崩しやすかった子が風邪をあまりひかなくなり、気付けば1年間休まずに元気良く幼稚園にも通えるようになっていました!息子も嬉しそうで本当ににんにく玉のおかげです。」
「飲み始めてもう1年間近くになります。私は昔から生理不順なうえに、生理が始まると痛み止めがないと立てないほどの生理痛持ちでした。ですが、にんにく玉を飲み始めてからまずは毎日が元気で過ごせていることから実感し、気付けば生理痛に悩まされなくなっていました。そして、生理不順も改善され今では決まった周期にしっかり生理が来るようになりました。」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事