春先になると起こる、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目の痒みといった症状に悩まされていませんか?また、自分がそういった症状がなくても周りの人がそうした症状で辛そうにしていませんか?
花粉症になるとさまざまな症状が続き、本当に辛い思いをしますよね。でも、辛そうにしている人たちを見て「大変そうだなぁ。」なんて他人事のように思っていると、次はあなたに花粉症が襲いかかるかもしれません

自分とは関係ないと思っているとそれは大間違いで、花粉症はいつ誰がかかってもおかしくないアレルギー症状なんです。だからこそ、もしかしたら明日花粉症になってるかも知れませんし、花粉症にならないためにもしっかり予防して、花粉症にかかってしまっても症状を改善できるように努めなくてはなりません。

でも、花粉症予防や改善のためだからといってすぐ薬に頼るよりも、できるなら自分のチカラでコントロールできたら嬉しいですよね。
そのためにどうすべきかというと、免疫力を上げることが解決策になります。
なぜかというと、花粉症を引き起こす根本的な理由は免疫力の低下にあり、免疫力が低下していると花粉症に限らずさまざまな病気のきっかけにもなるからです。
そして、免疫力を上げるポイントは腸内環境を整えることです。腸内環境が乱れていると免疫も低下しますし、逆に腸内環境が整っていると免疫力もアップします。

そこで今回は、免疫力を上げることで薬に頼らず花粉症対策をするためにはどうしたらいいのかをまとめましたので、今花粉症で悩んでいる方も、今後のために予防を考えている方も、是非参考にしてみてください!

【スポンサードサーチ】




くしゃみ・鼻水だけじゃない!花粉症の症状まとめ


花粉症は春先から夏にかけてピークがきますが、実は一年中花粉は飛んでいるため油断はできません。
また、冬に花粉症が発症した場合その症状からただの風邪だと思い見逃してしまうこともあります。その症状とは、くしゃみや鼻水だけではなく、他にもさまざまなな症状があるのです。
気になる症状が花粉症なのかそうじゃないのかを知るためにも、花粉症になるとどういった症状が見られるのかまずは見ていきましょう。

  • 目が痒い
  • 涙が出る
  • まぶたが腫れる
  • 目が充血する
  • サラサラした水っぽい鼻水が出る
  • くしゃみがひどく連続して頻繁に出る
  • 鼻がつまる
  • 喉が痛い
  • 喉が痒い
  • 口内がピリピリしびれる
  • 晴の日や風が強い日に症状が強まる
  • 花粉が飛んでいる期間継続して続く

花粉症になるとこのような症状が見られます。涙が出たり目が痒かったり以外は、風邪の症状と似ているので区別がつきにくいかと思いますが、花粉症を疑うポイントとして鼻水であれば『サラサラと水っぽい』ものであったり、くしゃみであれば『連続して頻繁に出る』といった部分が風邪との違いになってきます。

また、天気によって症状に強弱が出る場合、雨の日の翌日晴れていた時に強い症状が現れます。これは、花粉が雨で地面に落ちたことによって、天気が良くなるとその落ちた花粉が乾き再び風に飛ばされるため、空から飛んできた花粉と地面に落ちて乾いた花粉とで倍になるので、症状はひどくなります。

もし、これらの症状が見受けられさらには一か月以上続いている場合は、花粉症を疑ってみましょう。

花粉症の原因は?


それではなぜ花粉症になってしまうのでしょうか。花粉症とはアレルギーの一種で、簡単に説明すると体内の免疫機能が過度に反応することによって、さまざまな症状を引き起こします

具体的に説明すると、花粉が体内に侵入したときにそれをリンパ球が異物だと認識することで、身体の中でIgE抗体というものが作られ肥満細胞にくっつきます。
その後再び花粉が侵入すると、侵入を察知したIgE抗体のくっついた肥満細胞がヒスタミンなどを放出し花粉症となります。

しかし、実はIgE抗体が作られるだけでは花粉症になることはありません。作られたIgE抗体が肥満細胞に蓄積されていき、その一定量を超えるとヒスタミンといったアレルギー反応を引き起こす物質が放出され、鼻水や目のかゆみ、くしゃみといった症状の花粉症が発症するのです。

また、IgE抗原の一定量は個人によって違います。分かりやすく例えるなら、コップをイメージしてみて下さい。
コップにも大きいコップや小さいコップがありますよね。そして、ある人は50cc入るコップを持っていますが、またある人は150cc入るコップを持っていたとします。
そこに花粉に対して働くIgE抗原が、同じタイミングでどんどん作られてコップの中に蓄積されていきます。こうしてIgE抗原が溜まっていくと、50ccのコップの人は150ccのコップの人よりも早く限界がきて、溢れ出してしまいます。
そうして溢れ出した瞬間にヒスタミンが放出されて花粉症になります。一方で150ccのコップの人はまだコップに余裕があったとしても、花粉が侵入するたびにIgE抗原がコップに溜まっていくので、同じように限界が来て溢れ出すと花粉症になります。

こうした仕組みによって、いままで花粉症じゃなかった人が急に花粉症になってしまうといったことが起こるので、自分には無関係だと思っていたけど実はそうじゃなかったということになるのです。

では、なぜ免疫機能が過剰に反応してしまうのかというと、それは過度なストレスや偏った食事、睡眠不足など生活習慣の乱れによって免疫機能が正常に働かない状態になっているからです。
免疫機能が過度に反応するというと、免疫力が高いためにすごく反応してしまうと考えてしまいそうですが、実はその逆で免疫機能が低下しているために免疫が正常に働かず、結果として過剰反応してしまっているのです。

そして、免疫細胞の6~7割は腸内に存在していると言われているため、腸内環境のバランスが崩れてしまうと免疫機能も低下してしまいます
免疫機能が低下することで、アレルギー反応を起こしやすくなり花粉症を発症させやすい状態になるので、逆に腸内環境を整えることで免疫機能をアップさせることができると言えます。

スポンサーリンク

花粉症の予防・改善におすすめの食事

つらい花粉症になってしまう前の予防や、なってしまってからの改善策としておすすめなのが食事です。
ただなんでも食べるのではなく、抗酸化力をもつものや乳酸菌を積極的に摂取することで、細胞の活性化や腸内環境が整うため免疫機能が高まり花粉症の予防・改善が期待できます

それでは、どのようなものを食べればいいのかいくつかご紹介します。

身体を温める食材

  • しょうが
  • にんにく
  • たまねぎ
  • にら

しょうがやたまねぎには、アレルギーを引き起こすヒスタミンを抑制する働きがあります。
また、にんにくやにらなど独特の香りの元となる成分のアリシンや、しょうがの成分であるショウガオールには血行促進作用があるので、身体全体を温めることで免疫力アップにつながります

抗酸化力が強い食材

  • にんじん
  • かぼちゃ
  • トマト(加熱)
  • ほうれん草
  • 大根
  • 緑茶
  • 紅茶
  • ウーロン茶
  • ココア
  • コーヒー

緑黄色野菜に含まれるビタミンCやビタミンE、ベータカロテンやお茶やコーヒーに豊富なポリフェノールには強い抗酸化作用があります。
この抗酸化作用によって免疫細胞などの細胞を活性化させることで、免疫機能を高め元気な身体をつくります

また、生のトマトだと、場合によってはアレルギーを引き起こす可能性があるので、生ではなく加熱調理をするか、すでに加熱処理をしてあるトマトジュースやトマト缶を利用するようにしましょう。

腸内環境を整える食材

  • ナチュラルチーズ
  • ヨーグルト
  • みそ
  • 漬物
  • 納豆
  • 山芋
  • オクラ
  • さといも

発酵食品は善玉菌を増やし腸内環境を整えてくれます。また、ヨーグルトは生きた菌でないと意味がないと思いがちですが、生きていない菌でも腸に届くことで善玉菌のエサになるので善玉菌が増えます。
また、納豆やオクラなどのネバネバ成分であるムチンは、粘膜保護作用があるため目や鼻の粘膜や腸の粘膜を強くしてくれます

こうした食材を意識的に摂ることで、徐々に体質改善がされていきます。
体質改善がされると、薬に頼らなくても花粉症を発症しにくくなり、仮に花粉症になってしまってもその症状を軽くで済ますことができるので、是非腸内環境を整えて免疫力を高める食事を摂るようにしましょう。

花粉症の症状を軽減するために日常生活で気をつけたいこと


免疫機能が上がったり下がったりするきっかけには、私たちの日常生活が大きく関わっています。
そのため、日常生活を気を付けることで免疫機能を高めることができ、続けることで維持することができるので、以下のようなことに気を付ければ花粉症にかかっていても症状の軽減に役立ちます。

  • バランスのとれた食事
  • 十分な質のいい睡眠
  • ストレスを溜め込まない
  • 適度な運動をする
  • 腸内環境を整える
  • 喫煙や過度な飲酒をしない
  • 外出時は完全防備
  • 家に入る前に花粉を落とす
  • こまめな掃除

花粉を出来るだけ取り込まないように、服装は花粉を付着しにくいものにしたり、帽子やメガネ、マスクを装着することや、こまめな掃除をするといった花粉症対策をすることでだいぶ症状を軽減することができます。
また、外側からの花粉症対策にプラスして内側から体質改善をしていくことで免疫機能が高まり、徐々に花粉症の症状が軽減されていきます

しかし、暴飲暴食や偏った食生活、過度な飲酒やストレス、睡眠不足といったことが続くと腸内環境だけでなく、自律神経も乱れてしまいより一層免疫機能が低下していくので注意が必要です。

花粉症を治すには腸内環境の改善がキーポイント!


善玉菌が減り悪玉菌が増えることで腸内環境が乱れると、身体全体の免疫力が下がり花粉症を引き起こす原因となってしまいます。
しかし、逆に言えば腸内環境を改善することで花粉症を予防し、既にかかってしまっていたとしても症状を軽減したり治したりすることが期待できるのです。

ですが、腸内環境を整えるために食事や日常生活を気を付けようと思っていても、なかなか実行するのは大変なのも現実です。
そこで、普段の食事や生活を正すよりももっと簡単に腸内環境を改善し、花粉症に強い体質を作るための方法としてオススメのサプリメントをいくつかご紹介します。

プレミアム酵母




プレミア酵母は日本で初めてW酵母を配合したサプリメントです。

ほとんどの酵母サプリメントは、酵母を摂取することで脂肪となる糖分を分解し、腸内環境を整えることで体質改善をしていきますが、プレミア酵母はそれに加え『酵母ペプチドDNF-10』を配合することで、食欲を抑えグルコマンナンがお腹で膨れることで満腹感が持続します
つまり、プレミアム酵母は腸内環境を改善しながら食べ過ぎを抑えてくれるので、暴飲暴食も同時に改善できるというわけです。

食生活の乱れは腸内環境の乱れに繋がり免疫力を下げてしまうので、プレミア酵母で改善しちゃいましょう。

飲むとすごく満腹感を得られるので、腹八分目でお腹いっぱいになるようになりました。お通じも調子が良くなったおかげで、お腹周りもすっきりしてきました。

あれだけ頑固だった便秘が今ではすっかり快調で、体調もすごくいいです。身体の内側から健康を実感しているような感じなので、これからも続けていきたいです。

お腹の中で膨らむので、ゲップがたくさん出るときもありますが、あえて食事制限をしなくても勝手に食事量が減るので体重も落ちてきました。腸内環境も整えてくれるのでスッキリと過ごすことができています。

乳酸菌革命




腸内環境を整えるには、善玉菌が多く悪玉菌が少ない状態にある理想的な腸内フローラを保つことがポイントです。
そのために必要な乳酸菌ですが、乳酸菌の種類によって人によって合うものと合わないものがあり、さらに腸内で働きかける場所も違ってくるため、できるだけたくさんの種類の乳酸菌を摂取する必要があります

そこで、乳酸菌革命は16種類500億個もの乳酸菌を詰め込むことで、それぞれに合った乳酸菌をヒットしやすくし、更に3大乳酸菌と言われるビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌を生きたまま腸に届けることで、ダイレクトに腸内環境を改善してくれます

できるだけ自分のチカラで便秘を解消したくて、果物や野菜、ヨーグルトなどいろいろ試しましたが一向に改善される様子がなかったので、試すことにしました。乳酸菌が16種類も入っているだけあって、これまで何をしてもダメだったのにすぐにお通じに効果がありました。

腸内環境が整うと肌荒れにも効果があると聞いたことがあったので、せっかくならたくさん乳酸菌が摂れるやつにしようと思い選びました。もともと便秘気味ではありませんでしたが、飲み始めてからは以前よりスムーズに出る感じがして、肌荒れも起こしにくくなりました。

季節の変わり目に風邪をひきやすかったり、春先になると花粉症で鼻がムズムズして大変だったため、体質改善のために飲み始めました。もう1年ほど続けていますが、毎年の悩みが気にならなくなり、風邪もひきにくくなって元気に過ごせるようになりました。腸内環境が整うと免疫が上がるとはこのことなんだなと実感しています。

植物生まれの酵素




私たちの身体の中で作られる体内酵素は、残念なことに年齢とともに減少していきます。
そのため、体外から摂取する必要があるのですが生きたまま摂取しなければ意味がなく、酵素は熱によって壊れてしまうので、食べ物から十分に摂取するのは難しいと言われています。

そこでオススメなのが、この植物生まれの酵素です。植物生まれの酵素は熱を一切使わず自然のチカラだけで2年間発酵させ、フリーズドライ製法で粉末化しカプセルにしてあるので、酵素が壊れることなく生きた状態で腸内まで届きます

また、植物生まれの酵素に使われている野菜は業界最多の130種類にも及び、さらに生きて届く乳酸菌と善玉菌のエサとなるオリゴ糖、そしてスッキリを助けてくれる食物繊維も配合されていることで、代謝を上げながら腸内環境の改善にも働いてくれます

飲み始めて10日ほどたった頃からお通じの調子がよくなり、今は1日1回は必ずスルリと出ています。酵素のおかげなのか、なんだか体調もよく元気に過ごせています。

付き合いが多いため、どうしても食生活が偏りがちなのですが、飲み始めてから次の日もスッキリした気分で目が覚めます。代謝が上がっているのか、食べ過ぎても体重が増える事はなくなりました。

酵素だけではなく乳酸菌も入っているからか、腸の調子がすごくいいです。カプセルだから飲みやすいしニオイも気になりません。

まとめ

今回は花粉症対策としてこれらのことをまとめてみましたが、実はこれは様々なアレルギー症状に応用できることばかりです。
何かしらのアレルギーに悩んでいる方は腸内フローラを整えることを意識して生活してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事