「ダイエットをしてもなかなか痩せない」「肌の調子が慢性的に悪い」とお悩みのあなた。
ダイエットサプリの「222種類の生酵素」を試してみてはいかがですか?野菜、果物、穀物、野草、海藻などから抽出された222種類もの酵素がバランスよく配合されていてダイエット効果抜群と評判なのです!
そんな生酵素の口コミや効果、成分を調べてみました!

【スポンサードサーチ】




アットコスメで高評価!222種類の生酵素とは?


222種類の植物発酵エキスが配合されたダイエットサプリメントの「222種類の生酵素」は、@コスメ口コミランキング健康サプリランキングや、楽天市場デイリーランキングダイエットサプリ部門などで第一位を獲得しています。222種類もの酵素を果物や野菜からバランスよく、非加熱製法で抽出しているのが特徴です。
酵素以外にも、美容にうれしいビタミンや乳酸菌、コエンザエムQ10などの栄養素も配合されています。女性にはうれしい味方ですよね。

酵素とはどんなものなの?

「酵素がからだにいい!」と雑誌やテレビでよく目にしますよね。聞きなれた言葉だと思いますが、酵素とはいったいどんなものなのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで、酵素の働きについてご説明します!

酵素には、体内にもともと存在する 「内部酵素」 と呼ばれる酵素と、野菜などの食べ物に含まれる 「外部酵素」という酵素の の2種類があります。

もともと私たちに体にある内部酵素のはたらきってなに?


内部酵素は、潜在酵素とも呼ばれています。酵素には、食べ物の消化・吸収に必要な「消化酵素」と、新陳代謝などにかかわる「代謝酵素」という2つの種類があります。消化酵素は、食べ物の消化や吸収にかかわるため、働きが鈍くなると、太りやすくなってしまいます。

また代謝は健康や美容に深くかかわっています。たとえば、糖代謝や脂質代謝、たんぱく質代謝はダイエットにかかわっていますし、新陳代謝は肌のシミやシワ、抜け毛などに関係しています。また、代謝が悪くなると、免疫力が低下し、病気になりやすいともいわれています。代謝酵素の働きは、とても大きいということがわかりますね。

美容や健康、ダイエットには、消化酵素・新陳代謝の働きがとても重要です。ですが、内部酵素は、加齢とともに量が減少してしまうといわれています。内部酵素が減少すると、「疲れが取れない」「慢性頭痛」「風邪をひきやすい」「便秘」「太りやすくなる」「肌がくすむ」「寝つきが悪い」など様々な不調をきたすとも言われています。

また、白髪が増えるメカニズムにも酵素が関係しているといわれています。髪の毛の色素を作る色素細胞が、色素を作るときに「チロシナーゼ」という酵素を必要とするのですが、このチロシナーゼが減少すると、色素がつくれずに白髪が増えるのではないかと考えられています。白髪が増えてきたら「酵素不足かもしれない」と疑ってみるといいですね。白髪をきっかけに美容や健康への意識を変えてみましょう。

その他にも加齢だけではなく、普段の食生活でも内部酵素の減少をもたらしている可能性があります。消化吸収に負担のかかる脂っこい食事などを続けていると必要以上に消化酵素を使ってしまいます。いわば、消化酵素の無駄遣いですね。和食など消化しやすい食事を心がけましょう。

外部酵素を積極的に摂取しよう


外部酵素は、食物酵素とも呼ばれています。野菜や果物、魚や肉、海藻などに様々な食品含まれています。先ほど内部酵素が年々減少し、不足するとお話ししましたね。そこで、食事から外部酵素を補うことが重要になっていきます。

外部酵素は、様々な食品に含まれますが、48度以上に加熱すると酵素の働きが失われてしまいます。酵素はたんぱく質で出来ており、熱にはとても弱いのです。
そのため、酵素を摂取するには、食品を生で食べなくてはなりません。肉などにも酵素は含まれますが、生肉には食中毒の危険性があるので、避けましょう。

主に、野菜や果物、海藻から摂取することになりますね。生野菜のサラダやスムージーなどがおすすめです。

また、食品によって含まれている酵素が異なるため、様々な種類の酵素を摂取する必要もあります。ですが、日々の生活で生の野菜や果物を摂取するのが難しいという方もいらっしゃいますよね。そんなときは、222種類の生酵素などのサプリメントから酵素を摂取してみてはいかがでしょうか。

222種類の生酵素の配合成分の特徴は?

222種類の生酵素には、野菜、果物、野草、海藻、穀物などから抽出された酵素が配合されています。食品を色ごとに分けて考え、バランスよく配合しているのも222種類の生酵素の特徴の1つです。222種類の生酵素に含まれる栄養素を色別に詳しく調べてみました!

赤い食品…リンゴ、トマト、イチジク、クコの実など


赤い食品には、ビタミンCやリコピン、ポリフェノールなどが含まれています。

  • トマトなどに含まれる、リコピンはカロテノイドと呼ばれる色素の一種で、トマト以外にもスイカやピンクグレープフルーツなどの赤い食品に含まれています。カロテノイドはアンチエイジングに必要不可欠な抗酸化作用のある成分です。カロテノイドの中でも、リコピンは抗酸化力が強いです。アンチエイジングや美肌効果が期待できます。
  • ポリフェノールは、自然界に4000種類以上あるといわれている栄養素です。リコピンと同様に、抗酸化力が強く、若い細胞を作り出すのを助けてくれるといわれています。ポリフェノールは、種類によって期待できる効果も異なるので、バランスよく摂取したい栄養素です。
  • ビタミンCは水溶性のビタミンで、体に必要不可欠な栄養素です。免疫力をあげる、生活習慣病の予防に加えてシミなどを減らす美肌効果もあります。ビタミンCは現代人の食生活では不足しがちなので積極的に摂取しましょう。

222種類の生酵素の材料の一つであるクコの実にもビタミンCが多く含まれています。ご存知の方も多いかと思いますが、クコの実は、今とても旬な食品です。アメリカでは「ゴジベリー」と呼ばれセレブに大人気のスーパーフードなのです。
日本人にとっては杏仁豆腐の上の赤い実という印象が強いですがすごい食品だったのですね。

緑色の食品…キャベツ、パセリ、シソなど


緑の食品には食物繊維やビタミンC、βカロテンなどが含まれています。

  • 食物繊維は、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルに次ぐ、第6の栄養素として再注目されている栄養素です。野菜や果物、こんにゃくなどに含まれています。食物繊維は、消化酵素の影響を受けず、そのまま体外に排出されます。腸内環境を整える働きがあります。
    腸内環境が整うと、便秘が改善されるなどのうれしい効果があります。そのほかにも、善玉菌が増えると、ダイエットや美肌効果も期待できます。食物繊維は健康や美容に必要な栄養素ですね。
  • βカロテンは色鮮やかな緑黄色野菜に多く含まれる栄養素です。緑色の食品だけでなく、カボチャやスイカなどにも含まれます。βカロテンは体内で必要量に応じてビタミンAとして働きます。「必要量に応じて」というのがポイントです。
    ビタミンAは脂溶性のビタミンで耐用上限量が設定されています。耐用上限量とは、これ以上は摂取しないようにしましょうという値のことで、ビタミンAを摂取しすぎると体に良くないとされています。

しかし、βカロテンの場合は、必要量が体内でビタミンAとして働くため、摂りすぎのリスクがありません。サプリメントだとついつい摂取しすぎることがありますが、βカロテンなら安心ですね。また、βカロテン強い抗酸化作用があるため、アンチエイジング効果も期待できます

黄色の食品…レモン、みかん、パイナップル、しょうがなど


黄色の食品には、主にビタミンやミネラル、しょうがには、ジンゲロールなどの栄養素が含まれています。
バナナやしょうがなどに含まれるビタミンB6はたんぱく質の代謝にかかわる栄養素です。ほかにも、動脈硬化の予防や、生理前症候群(PMS)の軽減など健康にうれしい効果がたくさんあります。

  • しょうがに含まれるジンゲロールには、つよい殺菌効果があります。お寿司に欠かせないガリはこの殺菌作用を活かしたものですね。ジンゲロールには、がん細胞の増殖を抑制する作用やがんの発生を抑える働きもあるのではないかと言われています。

紫色の食品…ブルーベリー、プルーン、山ブドウ、ブラックベリーなど


紫色の食品には、アントシアニン、ビタミンE、アミノ酸などの栄養素が含まれています。

  • アントシアニンはベリー類に多く含まれる紫色の天然色素です。アントシアニンは目にいい栄養素と言われ、眼精疲労の軽減、白内障・緑内障などの眼病の予防などの効果が期待できます。スマートフォンなどで、目が疲れやすい現代人にはうれしい栄養素ですね。
  • ビタミンEは油に溶ける、脂溶性のビタミンです。ベリー類やアボカド、ナッツなどに含まれています。抗酸化作用のある栄養素で、美肌効果が期待できます。また、細胞膜を守る働きがあります。そのほかにも、更年期障害の症状の緩和や、生理前症候群(PMS)の軽減、自律神経失調症の予防などの効果も期待できます。不足すると肩こり、冷え、関節痛などの症状に悩まされることもあるので意識的に摂取しましょう。

白い食品…にんにく、らっきょう、たまねぎ


白い食品であるにんにくや玉ねぎには硫化アリル、らっきょうにはフルクタンも含まれます。

硫化アリルはにんにくや玉ねぎ、らっきょうなどに含まれる栄養素です。玉ねぎやにんにくは切ると独特の香りがしますよね。また、玉ねぎは切るときに涙が出ますよね。それは硫化アリルが原因です。空気中に硫化アリルが飛び出て、目に入ってしまうのです。
硫化アリルは厄介な成分という印象ですが、実は栄養効果の高い成分なのです。主な効果としては、消化を助ける、疲労回復、ビタミンB1の吸収をよくする、血液をサラサラにする、動脈硬化の予防、免疫力向上などです。健康のためにも積極的に摂取したいですね。

  • らっきょうに含まれるフルクタンは脂肪が体内に吸収されるのを防ぐため、ダイエット効果が期待できます。また、整腸作用や血糖値の急上昇を防ぐ、便秘の解消、糖尿病の予防など健康にも美容にも嬉しい効果が多くあります。普段らっきょうをあまり食べる機会がないという方も、サプリメントでなら摂取できますね。

黒い食品…昆布、シイタケ、エゾウコギなど


東洋では、黒い食品は古来より「仙人食」として珍重されてきました。

  • 昆布を煮たに出てくるねばり成分はアルギン酸やフコイダンと呼ばれる海藻類8に含まれる水溶性の食物繊維です。水溶性の食物繊維は、糖質や脂質の吸収を抑え、さらに悪玉コレステロール値の上昇を抑える働きがあります。フコイダンに関しては、免疫力を高める作用も注目されています。
  • エゾウコギに含まれるエレウテロサイドEという栄養素には疲労回復効果や、生活習慣病の予防、更年期障害の緩和などの働きがあります。エゾウコギは北海道やロシアの一部に自生する落葉低木です。あまり摂取する機会がないかと思いますのでサプリメントで摂取するのがいいですね。
スポンサーリンク

222種類の生酵素を実際に試した人の口コミ・レビュー

222種類の生酵素を使用しはじめて、もう4年です。酵素が体にいいと聞いたことがあったので、軽い気持ちで飲み始めたのですが、効果を実感しています!不規則な生活で乱れがちな食生活でも体形を維持できているのは生酵素のおかげだと思っています。今後も飲み続けていきたいです!

飲み始めて2か月ですが、かなりの効果を感じています!まず、体が温かい!飲みはじめて1か月くらいで冷え性が改善されて、少し運動しただけでも汗をかくようになりました。汗をかきにくい体質だったのでうれしい変化です。体重も少し落ち、周りの人にも「痩せた?」と聞かれるように。生酵素を続けていきたいですね。

年齢とともに、何もしていないのに体形が崩れる気がしていて、どうにかせねば、と飲み始めたのが生酵素でした。飲み始めて8か月ですが、食べても太りにくくなったような気がします。特に運動もしていないので、222種類の生酵素のおかげではないかな、と思います。定期購買で安く購入できているのでうれしいです!

222種類の生酵素はこんな人におすすめ!


222種類の生酵素は

「なんだか疲れやすくなった」
「肌の調子が悪い」
「ダイエットをしたいけどうまくいかない」
「日々の生活の中で野菜不足だと感じる」

そんな方におすすめです。

食べたものを消化したり、エネルギーを代謝したりするのに酵素は必要不可欠です。ですが、現代人の生活では酵素が不足しがちです。酵素が不足すると太りやすくなったり、体の不調を感じたりしてしまいます。そんな方は、ダイエットサプリメント222種類の生酵素で酵素を補ってみてくださいね。

222種類の生酵素の効果的な飲み方は?


222種類の生酵素は、健康食品ですので、いつ・どのように飲んでもOK。ですが、ダイエット目的の場合、1日2粒を3回、夕食の前に飲むのが効果的です。飲みやすいカプセルなので、水やぬるま湯と一緒に飲んでください。食生活・運動習慣にも気を使っていただくと、ダイエット効果がアップします。

222種類の生酵素の類似品・偽物に注意!


222種類の生酵素には類似品や偽物の商品が報告されています。222種類の生酵素は実店舗でも購入できますが、公式サイトから購入するほうが安全です。お得な定期購入コースもあるのでぜひ、公式サイトから購入するようにしてみてください!

222種類の生酵素のよくある質問

1日何粒飲めばいい?

栄養補助目的でしたら、1日1~2粒を目安に飲んでみましょう。ダイエット目的の場合は、1日2粒を3回の計6粒飲むとよいでしょう。飲むタイミングはいつでもOKですが、食事前がおすすめです。

どのくらいの期間飲めば効果を実感出来る?

高価を感じるまでの期間には、個人差があります。ですが、少なくとも3か月は継続して利用してみましょう。

妊娠中・授乳中でも飲んで大丈夫?

222種類の生酵素は健康食品なので、製品上に問題はありませんが 妊娠中・授乳中は、体の状態が普段とは違い、繊細な時期です。そのため、「生酵素」利用は一時的にお休みするようにしましょう。

副作用は大丈夫?

健康食品ですので、強い副作用があるということはありません。アレルギーがある方や薬を飲んでいる方は担当の医師に相談してから飲むようにしましょう。

薬や他のサプリメントと一緒に飲んでも大丈夫?

薬と一緒に飲む場合は、かりつけの医師・薬剤師に相談してから飲むようにしましょう。また、他のサプリメントと併用する場合は、成分を確認し、体調を見ながらにしましょう。

まとめ


222種類の生酵素には様々な食品の栄養素が配合されていることがわかりましたね。「最近痩せにくい」「肌の調子が悪い」と感じたら、酵素の力を借りてみてはいかがでしょうか。購入する際は、公式サイトからが安全でお得ですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事