メイクの際に目を重点を置いている人は多いです。
眼の仕上げ次第で顔の印象が変わるぐらい、大事ですよね。
でもやっとの思いでメイクを仕上げてふと鏡を見てみたら目の下にクマが出来ていた!という経験、ありませんか?
クマはメイクだけじゃカバーしきれないし、不健康そうなイメージが強くなってしまうのでなんとしたいものです。
まずなぜクマは出来てしまうのか?というところからクマについて調べてみました。

【スポンサードサーチ】




あなたはどのタイプ?クマの種類と原因まとめ

一言でクマといっても青クマ、茶くま、黒くまと3種類のクマがあります。
その3種類のクマの特徴、見合分け方、原因をご紹介します。

青クマの主な原因


青クマというと目の下に出る青っぽい、または青黒い色合いのクマです。
青クマは体調によって出たりでなかったりという違いがあります。
また睡眠不足の時にも青クマが出る事もあり、状況によって濃くはっきりと出る事もあります。
なぜクマが青っぽく見えるのかというと血行が良くない状態という原因があります。
血行が良くない状態になると酸素が不足して、うっ血する状況になります。
眼の周辺というのは毛細血管が多く、酸素が足りていない血液を肌を通してみる事で青っぽく見えるようになるのです。

茶クマの主な原因


茶クマは青クマとは色が違い、くすんだような茶色っぽいクマが目の下に出ている状態です。
青クマは体調の変化によって出たりしますが、茶クマは常に出ている状態です。
茶クマの原因としてはかゆみなどで目の周辺をこする事が多い、マッサージの時に力を入れてこすっている、メイクの際に擦る、クレンジングの際にこすっているといった摩擦により色素沈着を起こしている事が多いです。
色素沈着はこするなどの刺激が元で肌の守ろうとしてメラニン色素が出るようになっているため、色素沈着が起きやすくなります。
また、摩擦以外にも合わないスキンケアやメイクによる刺激が原因で肌の炎症を起こす事が原因で色素沈着を起こす事もありますし、外での活動が多い人の場合、紫外線による刺激で茶クマが出来やすくなっている場合もあります。

黒クマの主な原因


鏡を見た時に黒っぽいクマが出ていると気がつくことがあります。
原因は加齢による老化になります。
眼の下のたるみやシワ、そして加齢に伴う目の周辺のくぼみなどが見る角度によって影が出来るために黒っぽいクマのように見えるのです。

茶クマと黒クマの区別がつかないという場合は鏡で確認しながら目の周辺を指で押さえたりしてみて下さい。
押さえた時にクマが消えたりするような変化がある場合は黒クマになります。
茶クマは押さえても消えるという変化はありません。

種類別!目の下のクマの取り方は?

クマは色によってそれぞれ違う原因だという事がわかりました。
それではこれらのクマの取り方はどうなのでしょうか。
これもクマの色によって取り方が違ってきますので参考にしてみて下さい。

青クマの取り方


青クマの場合、主に血行が悪いという原因がありますので血行を良くする事がポイントです。
部分的な目元の血行を良くするには目元を温める方法が有効です。
最近は目の疲れをケアするようなホットアイマスクなどが販売されているので利用してみても良いですね。
ただ、アイマスクばかりを使ってもコストがかかるので、面倒でなければ自分でホットアイマスクを作ってみてはどうでしょうか。
タオルを濡らしてレンジにかけて蒸しタオルを作ると手軽に目元を温める事が出来ます。
時間は30秒ほどを目安に調整して下さい。
蒸しタオルを作る際には熱すぎない温度に下がってから使うようにしましょう。
ただ温めるよりは温かいタオル→冷やしたタオル→温かいタオルといった具合に交互に当てるようにしてみましょう。

後は目元の血行不良は体の冷えとも関係してくることがありますので、体を冷やさないように心がけましょう
毎日、シャワーだけで済まさずにお風呂に入る事で体の冷えを改善しやすくなります。

茶クマの取り方


茶クマは目の周辺の肌に対する刺激が原因となりますので、刺激を与えている元となる行動や習慣を見つけて取り除くようにします。
例えば、無意識に目をこすっている事が多いという場合はなるべくこすらないようにする。
力を入れてこするようにマッサージしている、クレンジングや洗顔の際にゴシゴシこすっているようであればこすらずに優しくするようにします。
また、化粧品やスキンケア商品を利用していて肌に合わないものは無理して使わないようにします。
紫外線の可能性がある場合は日焼け止めを利用するなど、それぞれ当てはまるものに対して改善をするようにしてみて下さい。

黒クマの取り方


黒クマは肌のたるみやシワが大きく関係してきますので、たるみやシワを改善するようにします。
年齢に伴い表情筋が衰えて全体的に顔の皮膚がたるみがちになりますので、表情筋のトレーニングなどを取り入れてみると徐々に改善する事があります。
むくみなどで黒クマが出来ている場合はリンパマッサージをするようにしてみましょう。
また、肌の乾燥がシミやたるみを目立たせやすくしている事もあります。
肌の保湿をしっかりとするようにしましょう。
ヒアルロン酸やコラーゲンを含むスキンケアをして肌のハリを保ち、肌の乾燥対策として目元専用のクリームなどを使いケアしてあげて下さい。

スポンサーリンク

目のクマの取り方:マッサージでケアしよう


茶クマの人はこすらない方が良いのでおすすめしませんが、青クマに悩んでいる人にとってマッサージはおすすめです。
血行が良くなって青クマの改善につながります。
マッサージの際には刺激の少ない、滑りの良いクリームを必ず使うようにして下さい。
クリームを使わない場合、肌への摩擦が起きてしまうので逆に茶クマの原因になってしまいます。
ポイントは強く押しすぎない、強くこすらないという点に注意して優しくマッサージしていきます。

まず、目の周辺にクリームを塗り、肌の滑りを良くします。
目の周辺に骨が当たると思います。そのふちあたりにはツボもありますので、この辺りを指の腹で優しくなぞるようにマッサージしていきます。
下の目じりのあたりから目頭の方向へ、そして上の目頭から目じりの方向へといった具合に回すようにしてみても良いです。
後は目の下部分の目頭のあたりから目じり、そしてそのままこめかみのあたりまで指の腹でなぞるようにマッサージするのもおすすめです。
この場所には睛明、承泣、瞳子りょう、太陽と血行が良くなるツボがあります。
ツボを意識してマッサージしてみましょう。

目の下のクマを改善するおすすめケアグッズはこれ!

目元に塗るアイクリームは色々な種類が販売されています。
その中でも多くの人が利用しているクリームをご紹介します。

アイキララ


目元のめぐりを良くするためのビタミンKが含まれたオイルを使用し、目元の老廃物の排出にも役立ちます
そして更に肌のハリを取り戻すためにコラーゲンの力を十分発揮できるようにサポートしていくMGAも配合されています。
使い方も簡単です。
メイクを落として洗顔した後、これまでどおり、化粧水を使って肌を整えます。
その後、アイキララを気になる箇所にトントンとなじませていきます。
手で目元部分を覆うような感じで更にしっかりと肌に馴染ませるようにしてケアは終わりです。
後は乳液を使い乾燥を防ぐケアをして完了です。
1プッシュで左右、両方の目元をケアできるのでコスパも良いです。

1本使ってみてだいぶ目元の乾燥が改善されつつあります。
気になるクマも何だか薄くなってきた?という感じです。
疲れた時によく青いクマが出来てしまうので困っていたのですが、最近はある程度その頻度が緩和されてきているように思います。
目元の乾燥もなくなってきているからこれからも使ってみようと思います。
これまで色々なアイクリームを使ってみた中では一番、使った感じが良いなと思います。
ただ、私の場合、頑固な茶グマなので時間がかかりそうです。まだ1本使い切っただけなので期待して使い続けてみます!

クマを改善・予防するために見直すべき生活習慣は?

普段、何気にやってしまっている事をちょっと改善するだけでクマのさらなる悪化を防ぎ、改善や予防にもつながっていきます。
自分に当てはまるものはないか、そして出来そうなものはないか、みてみましょう。

栄養バランスのとれた食事を


嫌いなものが多い、気に入ったものしか食べないといった偏食は体に必要なビタミンやミネラルが不足しがちです。
栄養バランスが悪くなると体の血行も悪くなってしまいます。
好き嫌いをせずに栄養バランスを考えた食生活を心がけて下さい。

軽く体を動かしてみましょう


運動が苦手、体を動かす機会がほとんどないといった運動不足を自覚している人が多いと思います。
身体を動かす機会が少なくなる事で筋肉量が減るので代謝も落ち、体の血行は滞りがちになります。
筋力の維持のためにもまずは毎日、歩く距離を増やす、ストレッチをしてみるといった具合に軽く体を動かす習慣をつけてみましょう

睡眠が充分にとれるように改善を!


私たちの体の自律神経は朝、明るくなると活動をして、夜、暗くなると体を休めようと調整しています。
夜、充分な時間の睡眠はとれていますか?
睡眠が充分に取れない状況や、睡眠時間をとっていても夜型人間の生活パターンは自律神経のバランスが崩れやすくなるのです。
自律神経のバランスが崩れると血行不良になりやすいので、健康のため、美容のため、睡眠時間は6時間から8時間ぐらいを目安にとるようにしましょう。

ストレスが多い、発散できずにため込んでしまう


実はストレスが溜まる事でも自律神経のバランスが崩れてしまいます
そのため、目元の血行不良が起きやすくなります。
好きな事をする時間を作る、休息する時間を作る、無理をしないという心がけを増やしてストレスをため込まないようにしましょう

目をこすったりしていませんか?


普段から目がかゆい事が多い、花粉症などのアレルギーで目がかゆくなる事があるという人は普段から無意識に目の周辺をこすってしまっている事が多いです。
かゆいなと思ったらこすらないように意識をしましょう
メガネをしておくと擦ろうとしてもフレームに触るので無意識という行動は避ける事が出来ます。

禁煙に挑戦してみましょう


後、注意したいのはタバコです。
ニコチンは中毒性があり、徐々に減らそうとすると禁断症状が起きて余計吸いたくなる事が多いので、本数を減らしていく方法はあまりお勧めしません。
禁煙に挑戦する場合はいきなりやめて3日ほど我慢する事で後は徐々に吸いたい!という状況から薄れていきます。
自分だけで禁煙するのはいまいち自信がないという人もいますが、最近では禁煙外来を扱っている病院も増えてきています。
喫煙状況にもよりますが、保険が適用される場合もあります。
タバコは心臓などの循環器系、肺などに関係する重大な疾患リスクがあるともいわれています。
健康面の事も考えなるべく禁煙する方向で検討してみましょう。

クマの改善・予防に効果的な食べ物は?

クマに効果的なアイクリームで外側からケアしていくだけでなく、体の内側からもクマ対策をしてみませんか?
そのためクマに効果的な食品というのも取り入れていきましょう。

しょうが


生姜にはショウガオールという成分が含まれています。
ショウガオールの刺激成分が体の代謝を良くしてくれたり血行を良くしてくれるので、血行がイマイチ良くないかな?という時には料理に、そして飲み物にと色々と利用してみましょう。
一時期、体の冷えの改善としてしょうが紅茶などが紹介されたことがあります。
紅茶1杯に対し、おろししょうがを小さじ1杯入れるだけです。手軽にできるのでお試しください。
もし生姜が入手できない際にはチューブの生姜を使ってもOKです。

葉酸を多く含む葉野菜


葉酸は最近、妊活や妊娠中の妊婦さんに積極的に取り入れられています。
葉酸は血を作る際に必要な成分であり、EPAのように血液サラサラ効果があるので血行を良くする事も期待できます
葉酸が多く含まれている野菜はほうれん草、小松菜、春菊、モロヘイヤなどがおススメです。

玉ねぎ


ニンニクやニラなどの刺激物を食べる事でも血行が良くなるのですが、特に玉ねぎがおススメです。
玉ねぎには血液の凝固を遅くする硫化アリルが含まれており、切った後で15分ほど放置して使う事でより血液サラサラ効果が期待できます
また玉ねぎの皮には血管機能を良くするケルセチンが豊富です。
アンチエイジングも兼ねて玉ねぎの皮をお茶にして飲んでも良いでしょう。

レバー


クマの原因の一つに鉄分の不足も考えられます。
鉄分が不足していると感じた場合、オススメなのがレバーです。
鉄分の中でも体への吸収率が良い種類なので、血行も良くなる事が期待できます。
レバーは脂溶性のビタミンが多く、食べ過ぎると過剰症の心配もあるので、頻繁には食べず、週に1回までにしておきましょう。

魚類も積極的に


魚の中でも特に青背魚にはEPAやDHAが豊富に含まれています。
特にEPAは血行を良くする働きがありますので魚を取り入れたメニューを増やしてみて下さい。
イワシやアジ、サンマ、カツオ、マグロなどがおすすめです。

ナッツ類でアンチエイジング


ナッツ類はビタミン、ミネラルが豊富で老化からくる黒クマの対策にも役立ちます。
特にアーモンドが優秀でアンチエイジング効果のあるビタミンEや美肌効果があるオレイン酸などが豊富です。
食事の際にも砕いてサラダのトッピングにしてみるのも良いですね。
カロリーが高いので食べ過ぎると良くないのですが、1日に20粒ぐらいを目安にしておくと良いです。
ちょっとしたおつまみやおやつに取り入れてみましょう。

緑黄色野菜を選びましょう!


普段の食事に野菜は欠かせませんが、ついつい淡色野菜ばかり選んでいる事、ありませんか?
緑黄色野菜は意識して摂るようにしましょう。
緑黄色野菜には高酸化力が高いビタミンAが豊富です。
体の中で発生して老化の原因ともなる活性酸素を取り除く働きをしてくれます。
ビタミンAでもレバーなど動物性のものは食べ過ぎると過剰症が起きてしまうので摂取量に注意したいところですが、緑黄色野菜に含まれているベータカロテンは必要な分だけビタミンAに変化するので過剰摂取を起こす心配もありません。
人参やトマト、かぼちゃ、ホウレン草、小松菜、ピーマン、ブロッコリーなど色の濃いお野菜を積極的に食べてみましょう!

ビタミンCは強い味方!


ビタミンCは美肌作りに欠かせないビタミンです。
肌のターンオーバーの際に必要になりますので、茶グマの人の改善も期待できます。
レモンやパセリ、青じそ、イチゴ、キウイ、ブロッコリー、ピーマンなどに多く含まれます。
ただ、ビタミンCは体の中で作られるビタミンではありません。
また、体に入ってから3時間ぐらいが血中濃度のピークとなり、その後、余分な分は数時間後、体外に排出されてしまうといった特徴があるので摂りだめ出来ないビタミンです。
そのため、毎回の食事などでこまめに摂取しておきたいという点があります。

まとめ

一言で『目の下のクマ』といっても理由は様々ですね。
自分のクマの原因が一体どれなのかをきちんと把握して、正しいケアをしていくようにしましょうね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事