最近、体温が低いという人が増えてきているのをご存知でしょうか。
体温は体調が悪いかなという時にたまにしか測りませんよね。
特に体調に問題がない時に、自分の平熱はどのぐらいなのか、測ってみませんか?
通常は36.5℃から37℃あたりまでが平熱という感覚なのですが、普段から体温が35℃台の人、そして中には34℃台の体温の人も増えてきているようです。
一般的に35℃以下の体温の状態が低体温症に当てはまります。
普段の体温が低いのに慣れてしまっていると特に問題がないように感じてしまうという人もいるかもしれませんが、体温が低い事で健康面上のデメリットというのは多くなってきます。
どのような問題が出てくるのか、どのような原因があるのか、そして体温を上げる改善策はあるのか?といった点について見てみましょう。
普段の体温が36℃以下の人は必見です。

【スポンサードサーチ】




低体温症の主な症状と原因は?

体温が下がると体ではこんな事が起きています!


私たちの体の中で代謝を含め、体の働きに必要になってくるのが酵素です。
酵素は食品からも摂取が出来るのですが、体の中でも生命の維持に必要な酵素を作り出して代謝などを行っています。
ところが体温が低くなる事によって、体の中で作られていく酵素自体の量も減ってしまうのです。
酵素が減ってしまうと消化器の働きが衰えたり、腸内の働きも衰える事で代謝機能自体が落ちてしまいます。
代謝が落ちてしまうと体の免疫機能も落ちてることになるので体調不良が出たり、風邪などの感染、アレルギー症状も出やすくなるといわれています。
また、体温が35℃台になるとがん細胞が活発に活動するようになる事もわかっている事からがんになりやすいリスクも上がるようになります。

体温が下がる事でこんな症状も


低体温気味になるとこのような症状が出てくるようになります。

・便秘、腹痛
・消化不良
・肌荒れ、肌の血色が悪くなる
・自律神経のバランスが崩れるようになる、睡眠不足
・生理不順
・生理痛がひどくなる
・妊娠しにくくなる
・低血圧になりやすい
・風邪やインフルエンザに感染しやすくなる
・代謝が落ちるため太りやすくなり簡単にダイエットできなくなる

また、元々体温が低い人が風邪を引いたりインフルエンザなどの感染症にかかった場合、熱が出ていても温度が充分上がらない事もあります。
例えば、元々35.4℃ぐらいで風邪をひき37℃まで体温が上がったとします。
体温が低い人にとってはこの体温でも1℃以上、上がっている状態なので高熱が原因でだるい、節々が痛いなど症状が出ているのに、数値上だと熱が出ているように見えないし、むしろ平熱扱いされる体温なのでつらさをわかってもらえないという経験をしたことがある人もすでにいると思います。
このように静養が必要な時に休む事が出来ず、なかなか治す事が出来ないというデメリットも出てくるようになります。

普段の生活に体温を下げてしまう原因が!


体温を下げてしまう原因というのは意外にも日常生活の中にたくさん含まれています。
多く当てはまるものがある場合、低体温になりやすい環境だという事がわかると思います。

夏場に冷房が効いている部屋に長時間いる

エアコンなど室温をコントロールされている部屋に長くいると体の体温調整機能が衰えてくる事から、平均的な体温がどんどん下がってしまう事があります。

体を冷やす食生活

色々と体温を上げる方法を実践しても知らないうちに体を冷やす作用がある食べ物を食べていた!という場合、効果が充分に出ない可能性があります。
冷たい飲み物を飲む機会が多い、お酒を飲む際もビールやサワーなど冷えた飲み物が多い、生の野菜や果物を食べる機会が多いという場合、内臓から体を冷やす事になるので、体温の低下にもつながります。
そのため、サラダばかりを好んで食べるという食事が多い場合は体の冷えに注意しないといけません。

夏に収穫する食べ物や南国で収穫される食べ物は比較的、体を冷やす作用が多いです。
レタスやトマト、ナス、ゴーヤ、きゅうり、オクラ、バナナ、パイナップル、マンゴー、スイカ、グレープフルーツ、柿、キウイ、メロン、梨などの野菜や果物は体を冷やす作用があるのでたくさん食べるのは控えるようにしてみましょう。

また糖分の多いスイーツやお菓子などを好んで食べる人もいますが、糖分の摂取量が多いと血流を良くする働きがあるビタミンB群を消費してしまう傾向があるので血流が悪くなり、体が冷えやすくなります。

運動しない、苦手な人

忙しくて運動が出来ない、もしくは運動自体面倒、苦手という人は体を動かす機会が少なくなってしまうので体の筋肉量が減ってしまいます。
筋肉は血液を送り出しエネルギーを作り出す元となります。
筋肉量が減る事で血流が悪くなるために体温が下がりやすくなります

栄養不足(ダイエットも含む)

身体の体温を上げる際に必要なのは筋肉が動く事で血液を送り出し体温を維持させています。
この筋肉を維持させるのに必要なたんぱく質、そして食べたものをエネルギーに変える際に必要になってくるのがビタミンとミネラル類です。
栄養バランスを考えた食事であればビタミン、ミネラル、たんぱく質を摂取できるのですが、最近では摂取する食品の品目が少なかったり、偏食、ダイエットによる食事量の減少などで充分に栄養が摂取出来ていない事が多いです。

ストレス

ストレスが溜まっている環境ではありませんか?
ストレスを感じるようになると体の自律神経は交感神経が優位になっています。
交感神経が優位になっていると血管が収縮する状況になるので体温が上がりにくくなるのです。

年齢

体の代謝が年齢に伴って落ちてくる事から平均的な体温の低下につながる事があります。
40代以降の年齢の方は注意です。

疾患

中には疾患が原因で低体温気味になってしまう事があります。
まれに甲状腺機能の低下が原因となったり、下垂体機能の低下、脳の血管に障害があるという場合なども体温が下がる事があります
これらの疾患が原因だった場合は、疾患を治療していく事で体温が改善していくようになります。

このように色々な原因で体温が下がり多くの症状が出てくるようになってしまいます。
そのため、普段から体温を上げるように意識していく事で徐々に低い体温を改善する事も出来ます。

体温を上げるとこんなメリットが!

普段の体温が高くなる事で体調面で色々とメリットが出てきます。

・血流が良くなるので肌の色が良くなる
・肌トラブルなどが改善する
・冷え自体が解消されてくる
・免疫力が上がる
・代謝自体が上がり、太りにくくなる
・風邪などの病気をしにくくなる
・血行が良くなるので肩こりや頭痛が改善される
・腸の働きが良くなり便秘の改善につながる
・妊娠しやすくなる

などです。


特に注目したいのは免疫力です。
体温が1℃上がる事で免疫力が5倍から6倍に上がるようになります。
風邪やインフルエンザだけでなく、日々作られてしまうがん細胞の増殖を抑える事も出来るようになるのでがんの予防にもつながっていきます。

こうやって聞いていると健康面、美容面でのメリットが多いのですぐにでも体温を上げたくなってきますよね。
でもどうやって上げれば効率が良いのか?
体温を上げるのは大変なんじゃないの?
と躊躇してしまうかもしれませんが、少しずつでも出来るところから実践できる「体温を上げる方法」をご紹介します。

スポンサーリンク

体温を上げる方法①:毎日の運動で筋肉量をアップ


体の筋肉は使わない事でどんどんと減っていってしまいます。
筋肉量が減らないように毎日、少しでも体を動かすようにしましょう。
おすすめの方法はウォーキングです。
通勤、通学に、お買い物に、お出かけ時の移動にといったついでに歩くようにしてみましょう。
時間も長時間する必要はありません。
30分ほどを目安に歩く習慣をつけてみて下さい。
歩き始めてから20分ほど経過した時点で脂肪の燃焼も始まるといわれていますのでダイエットも兼ねて行う事が出来ます。

天候の都合で室内で行う運動としてスクワットなど筋力維持の目的で有効です。
頭の後ろで両手を組み、5秒ほどかけて曲げる、また5秒ほどかけてのばすといった方法で5回、実践してみましょう。
最初は5回でもきついかもしれません。
何日かやってみて慣れてきたら3セット行うようにすると筋力維持に役立ちます。
注意点はやりすぎない事。スクワットをやりすぎると逆に足が太くなってしまう可能性がありますので、適度な回数でやめておくようにしましょう。
また、ウォーキングが出来ない時のためにストレッチやヨガなどを取り入れてみるのも筋肉を維持させるのに有効です。

体温を上げる方法②:冷えを防ぐ生活習慣を!


日常生活で体を冷やすリスクを減らすようにしましょう。
出来るものから実践してみて下さい。

  • 寒い環境、エアコンなどで体が冷える環境の場合は服を重ね着などして冷やさないようにします。
    特に首元や足首のあたりは冷やさないように工夫して下さい。
  • 内臓を冷やさないようにする対策として腹巻を使うのもオススメです。
  • 体を冷やさないようにする補助的なものとして湯たんぽを利用するのも良いです。
  • お風呂に入るようにしましょう。ぬるめのお湯にゆったり浸かる事で体の芯から温まるようになります。
    40度ぐらいのお湯に全身浸かる場合は10分ほど、半身浴で浸かる場合は30分ほどを目安にして利用してみると良いでしょう。
  • 酸素を多く体に取り入れる事によって血行が良くなります。
    リフレッシュも兼ねてたまには深呼吸もしてみましょう。
  • 充分に睡眠をとるようにします。
    睡眠時間が足りないと自律神経のバランスが取れなくなり血行が悪くなりがちです。
    夜更かしはしないで睡眠時間は取るようにしましょう。
  • ストレスをため込むと冷えやすい身体になってしまうので、ストレスは発散させるようにして下さい。
    ゆっくりと休む時間をとる、好きな事をするといった具合にリラックスできる時間を作るようにしてみて下さい。

体温を上げる方法③:身体を温める食べ物はこれ!


食べものには体を温める作用のある食品と逆に体を冷やす作用のある食品、そしてその中間にあたる食品があります。
身体を温める作用のある食品を知って毎日の献立に取り入れるようにする事で体の冷えの予防、そして体温を上げる食生活にもつながっていきます。

野菜

しょうが、玉ねぎ、にんにく、にら、ねぎ、みょうが、わさび、しし唐辛子、しそ、かぼちゃ、れんこん、ごぼう、人参、かぶ、大根、パセリ

果物

きんかん、モモ、栗、ザクロ

ナッツ類

栗、松の実

豆類

いんげん類、ソラマメ

大豆加工品

納豆

肉類

羊肉、鶏肉

魚類

あじ、さば、いわし、鯛、カツオ、エビ、ブリ、ウナギ、アナゴ

乳製品

チーズ

などがあります。

飲み物に関しては紅茶、ココア、中国茶、ハーブティーなどが体を温める作用があります

今回ご紹介した食品の中でもオススメはしょうがです。
摩り下ろしやスライス、千切りなどで色々と薬味や料理に加えるという方法で体を温めるのに役立つのですが、使い方次第でまた体の温まり方が違ってきます。
これはNHKのガッテン!!でもご紹介されていましたが、生の生姜を薬味として使うとジンゲロールという成分があり、血行が良くなる事で手足が温まるという効果があるのですが、その分、体の深部体温が下がってしまうという特徴があります

ところがしょうがを乾燥させることでジンゲオールがショウガオールという成分に変わります。
ショウガオールは体の芯から温める性質があるので冷え性改善目的で体を温めるには乾燥させたしょうががおススメという事になります。
よく考えてみたら、漢方などで体を温める成分として使用されているしょうがは乾燥されたものを使用しています。

しょうがはそのまま使用するのもおいしいですが、冷え性改善という事で買ってきたらスライサーでスライスして乾燥させてから利用すると良いでしょう。
冬の乾燥している時期であれば広げて1週間ぐらい乾かしておけば出来上がります。
お茶やスープとして一緒に煮出す、煮物にも一緒に入れる、生姜焼きのように炒め物にも入れる、細かく刻んで炊き込んで生姜ご飯にしたり、しょうが入りのチャーハンにする、ドライカレーやおかゆ、味噌汁にも加える、など、色々と利用する事が出来ますので生の生姜と別にストックしておくと良いですね!

体温を上げる方法④:体温を上げるサプリメントを摂ろう

普段の食事で体温を上げるように調整できるようにしたいけど忙しいから毎日は出来ない!と思う事もありますよね。
そんな心配があったりいまいち続ける自信がない・・・というようであれば、体温を上げる補助的なサプリメントを利用するのも一つの方法です。
毎日、飲むタイミングを決めておけば続けやすいです。
おすすめのサプリメントをご紹介します。

こうじ酵素


体に足りなくなった酵素を補充することが出来るサプリメントです。
七黒米を発酵させて麹を作り出し、1日分の量で1000万個の麹菌が入っています。
熱を加えないで作っている製法なので生きた麹菌を体に取り入れる事が出来るのです。
美容にも良いレジスタントプロティン、体にうれしいビタミンB1、B2、ナイアシン、鉄、亜鉛、マグネシウムなども摂取できるので毎日の健康づくりに是非、役立てて下さい。

これまでなんとなく不調だなって思っていたのですが、こうじ酵素を飲むようになってから朝、起きた時につらいと感じなくなってきました。
普段から疲れやすい方だったのですが、最近は疲れもあまり感じなくなっています。
これといって飲んで改善したという部分を見つける事が出来なかったのですが、最近、お通じが良くなってきているので少しずつ体調にとって良い変化が出てきているようです。
最近、痩せにくくなってきているから飲んでみました。
以前より体の冷えも改善してきているのでこのまま代謝が良くなって痩せてくれればいいなって思いました。

すっぽんスリム酵素


肥後産の高級すっぽんを100%使用したサプリで、すっぽんだからこそ含まれている豊富なアミノ酸、ビタミン、ミネラルをしっかりと摂取できます
そしてアミラーゼ、プロテアーゼ、ラクトース、リパーゼ、セルラーゼといった5種類の分解酵素や7種類の雑穀から作った麹などもプラスして代謝がスムーズになっていく体作りをサポートしてくれます。

ダイエット目的で買ったのですが、まだ体重は減っていません。
でも疲れにくくなったり、肌の調子が良くなっている?という変化をちょっと感じています。
以前から悩んでいた便秘が改善しています。
朝起きた時とかも疲れが残らないようになっているのでなんか健康的になってきているのかなって感じています。
飲むようになってからだるさとかをあまり感じなくなってきています。
後は冷え性気味だったのですが、最近、あまり気にならなくなりました。

まとめ

ヒトの免疫力が最大限に発揮されるのは37度のときなんだとか。
体温が低いということはデメリットしかありませんから、平熱が低い方は少しでも体温を上げられるよう実践できそうなことから始めてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事