美容面やスキンケアの際に色々と肌に良い成分が配合されたものを使っていますが天然成分や美容成分を見ていると色々と新しい成分が入っている事がありますよね。
その中でも天然オイルに関しては肌の水分バランスを良くしてくれるのにべたつかないといった優秀なものもあります。
色々なオイルが肌に良い成分として知られていっていますが、最近、マルラオイルという名前をよく聞くようになりました
どんな成分なのか、どういうお肌に合うのか?私の肌にも合うのか?そしてどのぐらいエイジングケアに効果を発揮してくれるのか?
色々と気になってきますよね。
今回はマルラオイルをご紹介していきます。

【スポンサードサーチ】




話題沸騰中!マルラオイルとは?


マルラオイルは紀元前から存在しているといわれるほど歴史が長い樹木で、南アフリカで自生しているマルラの木の実からとれるオイルになります。
マルラの自生している地域は乾燥している砂漠地帯という過酷な状況の中で育っています。
マルラはマンゴーの種類にあたり、実は黄色い梅のような実がなります。
甘酸っぱい味なのですが、その実は象も喜んで食べる事から別名「エレファントツリー」とも呼ばれています。
マルラの実の栄養は豊富で抗酸化作用が強いビタミンCがオレンジの4倍も含まれており、香りも良いという特徴があります。
27種類の香りがあるともいわれているぐらいです。
その香りを利用して、実を発酵させて「アマルラクリーム」という名前のリキュールとして流通されています。
あまり見かけないリキュールの名前ですが、160か国の国に流通しているぐらいでカルーアミルクというカクテルでおなじみの「カルーア」というリキュールに似た味です。
他にもマルラの実はジャムや化粧品の原料としても使われるのです。

そんなマルラの実の中の種から抽出されたマルラオイルですが、南アフリカではベビーオイルやマッサージオイルといったように普段の生活で利用できるオイルとして重宝されてきていましたが、最近日本でも注目されエイジングケアオイルとして利用する人が増えてくるようになりました。

マルラオイルと他のオイルの特徴の違いは?


最近、アンチエイジングや美容に良いオイルとして注目されていたオイルとしてアルガンオイルがあります。
マルラオイルとアルガンオイルではどのような違いがあるかも気になるところです。

まずアルガンオイルの特徴から見てみましょう。

アルガンオイルの特徴
・肌トラブルが気になる人でも使える
・アンチエイジングオイルとして使える
・ビタミンEはオリーブオイルの4倍と高酸化力が高い
・オレイン酸とリノール酸も含まれている
・においは若干、気になるという意見はあります

マルラオイルもアルガンオイルとほとんど似ています。

マルラオイルの特徴
・肌トラブルが気になる人でも使える、アレルギーで悩んでいる人やアトピー肌でも利用できる人もいます。
・アンチエイジングオイルとして使える
・アルガンオイルのようにオレイン酸、リレノン酸、ビタミンEが含まれています。
ビタミンEはオリーブオイルの10倍
・ビタミンCの含有量が多い(オレンジの4倍)

と、このようにどちらも酸化しにくいですし、どちらも希少な美容オイルとなりほとんど似ているような状況です。
ただ、以下の違いがあります。

・アンチエイジングに役立つ不飽和脂肪酸の割合はマルラオイルの方が多い
(アルガンオイルは4割、マルラオイルは7、8割)
・ビタミンEの量はマルラオイルの方が多い
・マルラオイルには豊富なビタミンCが含まれている
・その分、高酸化力もマルラオイルの方があるという事になります。
(ビタミンCとビタミンEは高酸化力が高いビタミンとなります)
・アルガンオイルよりマルラオイルの方が香りが気にならない
・使った感触ではマルラオイルの方が浸透力があるように感じるという意見も
・使うタイミングに違いがあります。
アルガンオイルは化粧水などをつける前に塗りますが、マルラオイルは化粧水や乳液を付けた後に使います。

他にもマルラオイルにはプロシアニジン、フラボノイドカテキン、トコフェロールといったポリフェノールが含まれています。
ポリフェノール成分は抗酸化力が強いといった特徴があります。
マルラオイルの抗酸化力の高さはこのポリフェノールも一緒に含まれているからなのです。

どちらも希少性のあるオイルですが、やはり抗酸化作用が高いという点、使い心地、においなどを考えるとマルラオイルの方が使いやすく、肌の乾燥の改善やアンチエイジングに役立ちそうですよね。

スポンサーリンク

マルラオイルで期待できる効果・効能が凄い!


マルラオイルを利用する事で色々な肌のメリットを感じる事が出来ます。

  • お肌のハリを感じるようになり、シワが気にならなくなる
  • お肌のツヤが出るようになる
  • 使っていく事ではだに柔軟性が出てくる
  • 保湿効果が実感できる、乾燥が気にならない
  • 美容液などの肌への浸透力が良くなっていく
  • ニキビや肌のくすみを改善
  • 髪や肌を熱や紫外線から保護する
  • 頭皮の乾燥の改善
  • 髪のパサつきへの改善
  • 爪先のツヤが良くなった
  • マッサージオイルとして利用する事によるむくみなどの改善
  • 肌トラブルなどが減り、かゆみなども少なくなってくる
  • アトピーに悩んでいる人にも使う事が出来る
  • 肌状態が整うようになり、化粧ノリも良くなる
  • 乾燥が改善される事で毛穴が目立ちにくくなる

このように肌への刺激も少なく全身に利用できるオイルなので様々な効果があります

個人差も出てきますが、利用用途によってこれらの変化を実感している人もいます。

また、マルラオイルには抗ヒスタミン作用があるので肌に関する抗アレルギー作用があるという事もわかっています。

抗ヒスタミンって何?


アレルギー症状に悩んでいる人の場合、体内でヒスタミンがとH1受容体と一緒になる事でアレルギー反応が起こり、症状が出るといわれています。
抗ヒスタミン作用があると、H1受容体とヒスタミンが結合する前にとH1受容体と抗ヒスタミン成分が一緒になる事でヒスタミン自体が結合できなくなるのでアレルギー症状が出なくなります。
その結果、アトピーなどのアレルギー症状に対しても効能があるという事になります。

一般的に合成されたアレルギー用の薬などで抗ヒスタミン薬などがありますが、副作用として異常な眠気が出てきたり強いだるさを訴える人もいます。
マルラオイルは天然の成分という事もあり、アレルギーによる肌荒れの改善、アトピーの緩和に利用しているという人もいるのです。

マルラオイルはこんな人におすすめ!


マルラオイルは一般的にどのような人にも使える希少な万能オイルなのですが、特にこのような人におすすめします。

  • 肌の乾燥がひどいと悩んでいる人
  • これまで保湿スキンケアで合うものがなかったという人
  • アトピーで悩んでいる人
  • アルガンオイルよりもより効果的なものを探している人
  • これまで肌へのオイルケアで満足できなかった人
  • スキンケアだけでなく、髪や爪のケアもトータル的にしたい人
  • アンチエイジングケアに興味がある人
  • アルガンオイルのにおいがちょっと気になる
  • 毛穴の目立ちが気になる
  • シワなどで気になる場所がある
  • お肌のハリを持たせたい
  • 髪のパサつきが気になる

このようにこれまでにスキンケアで満足いかない部分があったという人や、同じアンチエイジングケアとして使ってみたアルガンオイルでちょっと満足できなかったという人アトピーなどで思うようにスキンケアできなかったという人これ一本でトータル的なケアが出来るといったアイテムが欲しいという人などにおすすめなので使ってみると良いでしょう。

注意点としてはつけすぎたり、元々肌がオイリー肌の人が使用する事で逆にニキビが出来てしまったという人もいます。
マルラオイルは少量をなじませるのは効果的ですが、つけすぎないように気をつけましょう
使っていくうちにニキビが出来るようであれば使用する量を少なくして薄く延ばすようにして馴染ませる程度にしてみて下さい。

おすすめのマルラオイルはこれ!

マルラオイルは色々な製品があるので質の良いものから悪いものまで色々とあります
なので選ぶ際のポイントとしてはマルラオイルだけを使って他のオイルを混ぜていないかです。
成分のところに「スクレロカリアビレア種子油」とだけ記載されているようであれば大丈夫です。
他には大きなボトルを選ばないようにしたほうが良いです。
一見、たくさん入っているとお得に感じるかもしれませんが、マルラオイルの場合は使い切れずに酸化する可能性があります。
これらを考慮した上でおすすめのマルラオイルを2品、ご紹介しますので是非、マルラオイルの良さを実感してみて下さい!

ヴァーチェ(エトヴォス)のマルラオイル


ミネラルコスメでも有名なエトヴォスから製造、販売されているマルラオイルです。
マルラオイルを愛用している人の多くはこのヴァーチェのオイルなのではないでしょうか。
精製度が高いマルラオイルだからオイルの酸化を抑え、お肌への浸透力も良くなっています。
そして小ロットでの生産ですので、品質的にも落ちないような商品管理を行っています。
製造は国内の工場で行っていますので安心、安全なオイルを購入する事が出来ます。

以前、アルガンオイルを使っていたのですがそれに比べると肌への浸透力が良いしさらっとした使い心地です。
ただ、感動のあまり髪にも手にもって全身のケアに使ってしまって早く使い果たしてしまいました。
マルラオイルを使ってケアした方が美容液も一緒に浸透しているような気がします。
使い心地も良いしべたつかないし、使っていくうちに肌が柔らかくなってきました。
1滴を充分伸ばしてケアをする・・・といった方法で続けてみたところ、なんかほうれい線や目元のしわが目立たなくなってきている気がします。
しかも肌のハリも出てきたので私にはこのオイルケアがあっているようです。

キュア オーガニックス 100% Pure Wildcrafted Marula Oil ワイルドクラフト マルラ オイル

最高品質のオーガニック認証を受けた素材から作られており、パラベン、硫酸塩、フタル酸エステル類、合成香料、防腐剤、人工着色料といった添加物を使用していないマルラオイルです。

1滴をのばして肌につけています。
肌のハリが出てきて肌もしっとりとしてきます。肌のケアをして手に残った分のマルラオイルを髪にも少量、つけていますがするんとまとまるようになりました!
花粉症の時期に肌が荒れて困っていたのですが、マルラオイルでケアしてみると肌が落ち着いてきています。
以前は口元や目元がガサガサしていたのに今は見た感じでは乾燥しているかわからないぐらいになってきています。
ここのはコスパ的に良いから愛用しています。
肌の柔軟性も出るようになったし、気になっていた目元の乾燥も改善してきたためか、目じりのシワも以前より目立たなくなってきています。

マルラオイルの効果的な使い方をご紹介!

スキンケアの後に


洗顔後に化粧水などを顔につけた後にマルラオイルを1滴、手に垂らして体温と一緒に馴染ませるように手に広げます
その後、手のひらを顔に優しくプッシュするようにゆっくりと馴染ませます。
目元のしわやほうれい線など、気になる箇所は念入りに押さえてケアしていきます。
もしくは重ねて塗るようにしてみて下さい。
保湿成分がありますので肌がしっとりしてきますし、肌への浸透力も良いので一緒に使用した化粧水や美容液の成分も浸透してくれます。

頭皮のマッサージも出来ます


頭皮のケアをしたいという人にもマルラオイルは有効です。
頭皮に4滴ほど、マルラオイルを垂らして指の腹を使って軽く頭皮をもむような感じでマッサージをしていきます
頭皮の血行も良くなりますし、シャンプー前にオイルケアをしていく事によって
頭皮の汚れを浮かす事も出来るので、その後のシャンプーの時にスッキリと汚れを洗い流せるといったメリットもあります。
マッサージをした後は普通にシャンプーをして下さい。

髪のケアに


シャンプー、コンディショナーなどを済ませた髪をタオルドライして余分な水分を吸い取ります。
そしてショートやミディアムぐらいの長さの人は2、3滴、ロングの人は4、5滴を目安にしてみて下さい。
(最初は目安を基準に使用して2回目以降は自分で量を調整してみて下さい。)
マルラオイルを手に馴染ませ毛先を重点的につけて、その後軽く全体的にオイルをなじませるようにしていきます
後は普通に乾かして下さい。
手触りも良くなってまとまりが出てきますし、ツヤも出るようになってきます。

オイルなのでつけすぎてしまうとべたつきの原因にもなってしまうので注意して下さい。

ハンドケア&ネイルケア


手の甲に1滴、垂らしてから手全体に伸ばすようにマルラオイルを広げていきます
この時、爪や甘皮付近にも充分、馴染むようにしてみましょう。
少し時間が経つとオイル特有のテカリやべたつきなどは気にならない程度にまで肌にすーっと馴染んでしまいます。
爪にもツヤが出てきます。
冬に乾燥がひどい時、そしてささくれなどがひどくなった時などにもお試しください。

マッサージオイル


マッサージオイルとしても使うことが出来ます。
顔やデコルテなどのリンパマッサージをする際に使う事も出来ますし、足のリンパマッサージをする際にも使えます。
マルラオイルの場合、マッサージをした後に肌へ適度に浸透していくのでマッサージした箇所のスキンケアも兼ねる事が出来ます。

ベビーオイルとして


肌への刺激も少ないマルラオイル、南アフリカでは昔からベビーオイルとしても使われてきていました。
なので、赤ちゃんにも安心して使う事が出来ます。

長期間、マルラオイルを使っていなかった場合の注意


マルラオイルを最初、使っていたけど、一定期間、使っていなかったというブランクがあった場合、久しぶりに使うという時には念のため、においをチェックするようにしてみて下さい。

マルラオイルは保存できるようにといった理由で使用される添加物や保存料を使うことなく作られています。
本来、マルラオイルは酸化しにくい製法なので、特に問題がない状態であればにおいがしないはずなのですが、酸化してしまった場合、酸味のあるにおいや納豆のようなにおいがするように感じる事があります
その場合、そのマルラオイルは酸化してしまっているので使用しない方が良いでしょう。

よくマルラオイルを購入した際に「ボトルが小さいけど、充分に使えるの?」といった心配をするぐらい、容器が小さめですよね。
これは酸化をしないうちに使い切れる量というのも考慮して小さいボトルにしている事が多いです。

こういった点も含めてマルラオイルは購入したら酸化してしまう前に使い切るようにしましょう。

まとめ

抗酸化力も強い上に、アレルギーも抑えてくれるなんて夢のようなオイルが存在していたんですね!
質の良いマルラオイルを手に入れたら酸化してしまわないうちに使い切ってくださいね。
「もったいない」と思って少しずつ使っていては効果も薄れてしまう可能性もありますし、酸化してしまっては無駄になってしまいます。
つけすぎもよくありませんが、少なすぎもNGですよ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事