最近、話題のダイエット法の中で「クレンズダイエット」という言葉を聞くようになりました。
なんでもセレブの間ではとても注目されているそうです。
名前だけは聞いたことあるんだけどあまり詳しい事はわからない・・・。という人もいると思います。
どんなダイエット法なの?とクレンズダイエットに興味を持った人はまず読んでみて下さい!

【スポンサードサーチ】




クレンズダイエットって何?


クレンズダイエットとは野菜や果物を使って作られたジュースを定期的に飲む方法になります。
このように聞くと少し前に話題になった「グリーンスムージー」を思い出して似ているなと思ってしまいますよね。
グリーンスムージーと何が違うのだろう?という疑問が出てきます。
まず簡単にグリーンスムージーとクレンズジュースの違いについて説明しておきます。

グリーンスムージーはミキサーで野菜や果物をそのまま撹拌していく作り方なのでクレンズジュースと違って搾りかすが出ません。
そのため、食物繊維が豊富です。
水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方が摂取できます。
そして見た目にもドロドロした出来上がりです。
その分満腹感も出ますし、置き換え食としても利用している人もいます。

一方、クレンズダイエットで飲むジュースクレンズの場合、普通のミキサーを使わずに低速のジューサー(スロージューサー)を使って作られるジュースを飲みます
ビタミンやミネラル、酵素、水溶性の食物繊維などが摂取できます。
クレンズジュースを作る際に繊維の搾りかすが取り除かれるために出来上がりもサラサラした感じです。
そのためあまり満腹感も出ません。
逆に空腹感を感じるという人も多いのですが、スムージーに比べて消化も良いので胃腸に負担がかかりにくいというメリットがあります。
クレンズジュースを提供している飲食店や専門店などもありますが、1杯あたり1000円前後と割合高い傾向にあります。
商品によって3食や2時間おきなど定期的に飲む方法なので断食と同じような感覚でダイエットを行う事になります。

注意点としては断食に近い状態になるので、体調がすぐれない時期、生理時期や妊娠中は避けるようにして下さい。
体調面で問題がない時に行うようにします。
また、続けたとしても3日、長く行ったとしても5日ぐらいでやめるようにして長期のダイエットには絶対に利用しないようにして下さい。

クレンズダイエットで期待できる効果は?

クレンズダイエットを行う事で断食のような状況になるので空腹感が出るという心配はありますが、実践する事で体にとっては色々なメリットが出てきます。

デトックスにつながる!


ジュースを定期的に飲むようになっていくと段々とトイレが近くなってくるのが自覚できると思います。
私たちの体に不要な毒素や老廃物の排出の多くや尿や便からの排出です。
何回かトイレに行って排せつしていくうちにだんだんと老廃物も一緒に排出できるのでデトックスの効果は大いに期待できます。

むくみの改善にも


クレンズダイエットのジュースには野菜や果物に含まれているカリウムが豊富です。
カリウムは体の余分な塩分(ナトリウム)を体の外に排出する働きがあり、同時に余分な水分も一緒に排出してくれます。
そのため、むくみなどで悩んでいた人にとってはむくみの改善にもつながっていく事があります。

ビタミンやミネラルはしっかりと摂れる!


クレンズダイエットはこうやって見ていると絶食っぽいイメージがあるため、「栄養バランス面が心配・・・」という人もいるかもしれません。
ですが野菜や果物を使って作られたジュースにはビタミンやミネラル、酵素などが豊富に含まれています
スロージューサーを使っているために、ミキサーで作るより栄養素を壊さない状態で作る事が出来るのです。
たくさん野菜や果物を食べたような感覚で栄養素の摂取が可能になります。

一時的に胃腸を休める事が出来る


私たちの体の中でも消化器は常に働いているような状態です。
入ってきた食べ物を消化して体へ吸収していくのです。
そして余分な老廃物などを排出させようとする前にまた次の食事が来て消化、吸収をしていくといったような働きをしていてあまり休んでいるタイミングがないのです。
クレンズダイエットを行うと消化、吸収に関しても負担が少ないのでスムーズに消化と吸収を行う事が出来、胃腸を休める事も出来ます。そして、スムーズに老廃物などの排出につながるタイミングを与える事が出来ます。

便秘気味の改善にも


普段から便秘気味だという人でもクレンズダイエットを行う事で改善する事があります。
クレンズダイエットを実施する事で普段から消化、吸収に重点を置いていた腸内の働きを休める事が出来、余分なものの排せつにエネルギーを使う事が出来るからです。

代謝が良くなる!


体内の老廃物や毒素をうまく排出させることが出来た場合、代謝がよくなるといったメリットもあります。
また、体内の脂肪が燃焼させることによっても代謝が良くなるので基礎代謝のアップが期待できます。

美容面にも良い変化が


肌トラブルの原因の一つに体内の老廃物、毒素が関係している事があります。
便通が良くなり、老廃物などを排出する事により肌の代謝も良くなっていくので肌トラブルを解消できる事も期待できます。

これらのメリットを見ていると是非実践してみたくなりますよね。
ですが、クレンズダイエットで使用するジュースを購入しようとすると販売しているショップもある程度限られてきてしまうし、値段も高いので、自分で作るといった方法も考えてみましょう。

スポンサーリンク

クレンズダイエットを始めるのに必要な道具は?

クレンズダイエットを取り入れてみたい!という人にまずおすすめしたいのはジューサーになります。
刃を使ってジュースにしていく普通のミキサーではなく、刃を使わずに低速で絞っていくジューサーが必要です。
今回はおすすめのジューサーを2種類、ご紹介します。

ヒューロムスロージューサー


ジュースだけじゃなくスムージーを作ったり、フローズンストレーナーがついているのでフローズンデザートも簡単に作ることができるジューサーです。
これまでジューサーを使う際に問題点になっていた音が小さく、比較的静かになっています。

ジュースの作り方は簡単!
まず下準備をします。

ジュース用のストレーナーをセットします。
スムージーやフローズンを作る際にはそれぞれ専用のストレーナーに変えて下さい。
ジュースにする野菜、果物は投入口の大きさよりも少し小さめに切って入れやすいようにしておきます。
ジュースの排出口にジュースカップを、そして繊維の排出口にも搾りかすカップを置きます。

以上で準備は完了!

スイッチをオンにしたら投入口に徐々に野菜や果物を入れていくだけです。
後は出来上がったジュースをジュースカップに移して下さい。

ゆっくりした手絞り並みの回転のため栄養を損ねないだけでなく、搾汁量も多いのが特徴です。
公式サイトのピカイチ野菜くんでの注文に限り5年保証サービスが付き、乾燥スタンドもついてきます!

クビンスサイレントジューサー


刃を使わずに石臼方式による低速で絞り出しているジューサーです。
とはいえ出来上がりまでのスピードは比較的早いです。
300cc分のオレンジジュースならわずか1分で作れてしまいます。
クビンスジューサーの特徴として材料の植物細胞の吸収率が良くなりそのまま食べるよりも栄養の吸収率が上がります。
また、ビタミンやミネラルや栄養素、酵素なども損ないにくいといったメリットがあります。
低速で絞り出しているので作ったジュースが酸化しにくいといった特徴もあるのです。
こちらもスムージーとフローズンが作れる専用ストレーナーがついています。

ジュースの作り方は簡単。

ジュース用のストレーナーを本体にセットしてジュース用と搾りかす用のカップを排出口にセットします。
材料は投入口に入りやすい大きさに切ればOK。
後は電源を入れて材料を順番に入れていくだけです。

お手入れも簡単、ジュースの排出口を閉じ、水を入れて1分ほど作動させ排出するだけです。
故障した際には10年保証がついていますので安心ですね!

クレンズダイエットを手軽に試したい人は通販もオススメ!

クレンズダイエットは栄養面も優れているし、胃腸にも良さそうだから実践してみたい!だけど・・・

  • 材料費のコストがきつい!と感じる
  • 作る手間を考えると面倒
  • ジューサーはあるのに忙しくて実践できない!

といった理由で思うようにクレンズダイエットに挑戦できないという人もいると思います。
そんな時は手軽にクレンズダイエットに挑戦できる商品もありますのでまずはそこからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

マスタークレンズダイエット


水に溶かすだけで手軽にクレンズジュースを作る事が出来ます
メープルレモン味で1日あたり3回分。
3日での実践の他に実践前日には準備食、実践後の次の日の食事には徐々に固形物に切り替えていくなどの注意をしてください。
作り方は1回あたり1包を500mlの水で溶かして飲むだけです。
ジュースにはビタミンやミネラル、天然ハーブなどが含まれています。
クレンズジュースの他には1.5リットルの水のみで食べ物は一切食べない方法で実践していきます。

500mlのミネラルウォーターにそのまま溶かせば1回分が出来上がるし、水に溶けやすいので便利です!
3日だけの我慢なので意外に実践しやすいなと思いました。
作りやすいし味もおいしいです!
ダイエット以外でもちょっと食べ過ぎが続いていて胃腸が疲れているかなーって時にまたやってみようと思います。
実践してみたところ便秘気味だった体調が改善されているのでデトックス効果があったんだろうなって思って満足しています。



ミネラルコンブチャパウダー


コンブチャ(紅茶きのこ)が含まれているので、乳酸菌や酵素を豊富に摂取できます
そしてビタミンCや葉酸、鉄分、食物繊維も豊富に含まれているので栄養面もバッチリです。
また美容にも良いといわれているアサイーやカムカム、ローズヒップも配合しています。
健康面にも気を使って保存料や人工甘味料、着色料はフリーですので安心して飲むことが出来ます。

以前から気になっていたコンブチャが手軽に作れるのがうれしいですね!
私の場合は牛乳や豆乳、ヨーグルトなどにも混ぜています。
ダイエット中でも栄養が摂取できるし乳酸菌もたくさん摂取できるから便秘対策に役立ちます!
飲むようになってから便秘で悩んでいたお腹がスッキリしました。
ビタミンCや乳酸菌、葉酸と女性にとってうれしい成分がたくさん摂取できるので助かります!
豆乳に溶かして飲むのがお気に入りです。

クレンズダイエットのやり方

クレンズダイエットの実践方法をご紹介します。

1、クレンズジュースを飲む


一般的には3度の食事の代わりにクレンズジュースを飲むようにします。
野菜や果物を使いスロージューサーでつくったジュースを作り、飲みます。
また、専用のクレンズジュース商品を使用する場合は推奨されている回数で実践して下さい
ご自身で作る場合は飲む直前に作って飲むようにしましょう
クレンズジュースを専門に扱っているショップから入手した場合、1日あたりに飲むジュースの量にも指定がありますのでその場合は従ってください。

2、水を飲む


クレンズジュースを飲む以外に可能なのは水の摂取です。
老廃物の排出にもつながりますので、普段あまり水を飲まないという人でも1日あたり1.5リットルぐらいは飲むようにして下さい。
一度にたくさん飲むのは良くないので1.5リットルを何回かに分けてこまめに水分補給するような感覚で飲んでみましょう。

3、他には口に入れない


クレンズダイエットはクレンズジュースと水以外は口にしないようにします
サプリメントや薬なども固形物ですし、胃腸に負担がかかってしまいます。
サプリメントはお休みして下さい。
体調面の理由で薬を飲んでいるという人の場合は胃に何も入っていないような状態で薬を飲む事になり、胃に大きな負担がかかるので危険です。
薬の服用中はクレンズダイエットは実施しないようにしましょう。

4、普段の行動に関して


日常生活の行動に関しては特にしなくてはいけないという事もありません。
エネルギー量が少ない状態なので激しい運動などはしないようにして下さい。
軽いストレッチ程度なら問題ありません。
ただ空腹感が出やすという点と実施する事でトイレが近くなるという症状が出る事が多いので、お休みの日を利用して実施するようにした方が良いでしょう。

5、期間を守る


クレンズダイエットは断食に似ているような状態でのダイエットになりますので、長期間の実施は避けるようにします。
クレンズダイエットを実施する場合は3日、長くても5日以上は行わないようにして下さい。

クレンズダイエットを成功させるポイントは?

クレンズダイエットをする時に避けたいのはダイエット当日にいきなり実践して、ダイエット終了後にいきなり普通の食事に戻してしまう事です。
いきなりの食生活の変化は体にも負担がかかってしまいます。
クレンズダイエットを成功させるためにはダイエットの前段階とダイエット後にも気を付けた方が良いポイントがあります。

準備食を取り入れましょう


クレンズダイエットをいきなり始めるのではなく、野菜中心の食事に慣れるように準備していきます。
準備食を実施している時には水分は多めにとるようにして下さい。
そして野菜や果物などを多めに摂取する食事にします。
タンパク質などを多く含む食品は消化をする際に負担がかかってきますので控えるようにします。
他にも炭水化物や糖分の多い食べ物、カフェインを含む飲み物、アルコールなどは控えるようにします。
出来ればクレンズダイエット実施の1週間ぐらい前から徐々に調整していくのが良いのですが、無理な場合は2、3日ぐらい前から調整していく方が良いでしょう。
どうしても無理な場合でも前日はこのような準備食を取り入れるようにして下さい。

ダイエット実施後の回復食


クレンズダイエットをする事によって胃腸が休まっているところにいきなり通常の食事をしてしまうと、胃腸に負担をかけてしまいますし、体調を悪くしてしまう事もあります
また、いきなり多くのエネルギー量を摂ってしまうと体が全部吸収しようとしてリバウンドの原因にもなってしまいます。
そこで徐々に固形食に戻していくようにします。
最初は具のないコンソメスープや味噌汁など油分が少ないものを薄味で作り飲むようにします。
次に良く煮込んで柔らかくなっている野菜のスープや野菜などを煮込んで作った味噌汁、リンゴのすりおろしなどから始めていきます。
消化の良いものを選び、柔らかくて噛む必要がないものでもよく噛んで食べるようにして下さい。

そこから徐々におかゆや柔らかめに煮込んだうどんなどを取り入れ、徐々に固形食にしていくようにして下さい。
3日ほどかけて徐々に固形食にしていき、動物性のタンパク質などを摂取するのは1週間以上経過してからの方が負担がかかりません。

このように準備食、回復食を含めて考えるとほとんど断食と同じような対応になっていきます。
クレンズダイエットを実施する際には是非、準備食と回復食を取り入れるようにして下さい。

まとめ

セレブの間で流行っているというクレンズダイエット、いかがでしたか?
グリーンスムージーとは似て非なるもの・・・のようですね。
興味のある方はまずは簡単にできるマスタークレンズダイエットやコンブチャクレンズを利用してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事