肌のツヤを取り戻す、アンチエイジング
そういったワードと共に必ず見かける「コラーゲン」
コラーゲンをたっぷり取って、みずみずしい肌を保ちましょう!
……なんて言いますけど、コラーゲンの効果、コラーゲンがどう効果的なのかはっきり知っている人は少ないのでは? そこで今回は良く見かけると意外と知られていない?コラーゲンの効果をしっかり説明♪
効果的な飲むタイミングや1日の目安摂取量など徹底調査しちゃいましたよ(^O^)

【スポンサードサーチ】




そもそもコラーゲンとは?


コラーゲンとはタンパク質の一種で、肌の水分を保ちながら細胞と細胞を結ぶ働きをしています
またその保水力から、肌の弾力性とハリを保つ効果もあると言われています。
私たちの体の30%がこのコラーゲンで作られていると言われていますが、このコラーゲン、ある年齢を過ぎると減少していきます。
その境目は20歳、これが「ハタチがお肌の曲がり角」と言われる所以ですね。
またコラーゲンは紫外線やストレスにも弱く、劣化しやすくなります。
劣化するとどんどんコラーゲンは作られにくくなり、肌のハリや弾力も失われて……こうならないためにも、定期的にコラーゲンを摂取する必要があるんですね!

じゃあ実際にコラーゲンを摂取するとどんな効果があるのか、チェックしていきましょう♪

コラーゲンを摂取することで期待できる効果・効能

お肌のアンチエイジング


コラーゲンは美肌に欠かせないと言われますが、その通り! 皮膚の内側にある真皮の70%がコラーゲンで形成されていて、この真皮から表皮に栄養を与えるのがコラーゲンの役割。
つまりコラーゲンが足りないと肌の表面は栄養不足になり、肌荒れが起こる原因となってしまうのです。
逆にコラーゲンがしっかりと働いていれば、より効率よく肌に栄養が行き渡ってより美しく、新しい肌が生み出されて行きやすくなりアンチエイジング効果が期待できるのです。
またコラーゲンは保水も兼ねているので、足りなくなると肌が固くなり弾力が失われて、シワやたるみを引き起こすこともあります。

関節の強化


コラーゲンは細胞をくっつける働きをしていると言いましたが、骨と骨の関節にもコラーゲンは大切な働きを持っています。
だからコラーゲン不足になると骨自体が擦れて、関節痛を起こす原因にもなります
老化で関節痛が出るのも、コラーゲンの現象が影響しているんですね。
膝や腰などの体の節々に痛みを感じるようになってきたら、コラーゲンが減少している可能性がありますよ。

ドライアイの予防


え、目も?と思うかもしれませんが、コラーゲンは保水も兼ねている性質がありますから、体内のコラーゲンが少なくなれば、体全ての保湿が失われることに繋がります。
だからコラーゲンを積極的に取ることは、体の保水力をアップさせます。
それが結果的に目の保水、保湿からドライアイの予防にも繋がるんですね。

こう見ていくとコラーゲンは美肌効果だけでなく、体の色々な部分に効果的だと分かりますね!
そんなコラーゲンは年齢と共に減少してしまいます。
だからコラーゲンを取らなければいけないのですが、どれくらい摂取すれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

コラーゲンの効果的な目安摂取量は?


コラーゲンの目安は、まず肌に対して効果を期待したい場合は一日に5g
骨や関節に対して効果を期待したい場合は一日に10gが目安摂取量となります。
これに対してコラーゲンが毎日の食事では1.9g程しか取れていないというのですから、どれくらいコラーゲンが私たちの生活の中で不足しているのかが分かりますね。

ちなみに一般的には粉末やドリンク、コラーゲンゼリーなどは1,000mgから、サプリメントからだと900mgからコラーゲンが含まれています
1g=1,000mgですから、どれくらい摂れば一日に十分なコラーゲンが摂取できるのかの目安になりますね。
コラーゲン製品はどれもどれくらいコラーゲンが含まれているのか書かれていますから、確認して必要なコラーゲンを摂取しましょう。

そして更にこのコラーゲンをいつ飲むのが効果的かもご説明しましょう♪

コラーゲンはいつ飲むのが効果的?


コラーゲンを飲むのに一番効果的なのは、寝る前
と言っても、寝る前ならいつでも良いという訳ではありません。
それを寝る前に飲むのが効果的な理由と共に説明しましょう。

夜の10時から2時、この時間帯に睡眠を取るとお肌に良いと言われますよね。
何故ならこの時間は成長ホルモンが分泌される時間で、肌が再生される時間なのです。
もちろんこの肌の再生にはコラーゲンが必要とされるので、この時間より少し前にコラーゲンを摂取して効率良く吸収して使って貰う、という訳です。
だからこの時間に眠るだけでなく、この時間より前に飲むのが効果的、という訳なのです!

この時間以外だと、空腹時の方が吸収率が良いので、食前、もしくは食間に飲むのも効果的です。
コラーゲンをより効率良く吸収するためにも、コラーゲンは摂取する時間も考えるようにしましょう。

と、同時にコラーゲンを食事からだけ摂るのはとても大変。
そこでコラーゲンサプリメントなど色々出ていますが、その中でも口コミ、評判の高いコラーゲン製品をピックアップしてみました♪

口コミ・評判の高いおすすめコラーゲンはこれ!

天使のララ


「天使のララ」は液体コラーゲン、つまりコラーゲンドリンクです。
コラーゲンと言っても色々有り、魚由来のコラーゲンもあれば豚などの動物由来のコラーゲンもあります。
その中でも天使のララは魚由来のコラーゲン、しかも魚のうろこだけを原料にした100%、純度の高いフィッシュコラーゲンとなっています。
この違いですが、動物由来のコラーゲンはフィッシュコラーゲンに比べて匂いが強く、飲みづらい。
そしてコラーゲン分子が大きいことで吸収されにくいとされています。
そこでより飲みやすく、吸収されやすいフィッシュコラーゲンを天使のララは使用している訳ですね。
またそれだけでなく、体内のコラーゲンの活性化を促す効果もあります
一般的なコラーゲンと私たちの体内にあるコラーゲンは構造が違い、体の中のコラーゲンは三層螺旋構造になっています。
これが生成することで構造が壊れてしまうのですが、天使のララは独自技術でこの構造を維持したフィッシュコラーゲン!
この体内のコラーゲンと一緒の構造のコラーゲンを摂取することが、体内にあるコラーゲンを活性化させてくれる仕組みになっているのです。

そんな天使のララの口コミもチェックしてみましょう。

「年齢を重ねていく内になんとなーく、化粧のノリが悪くなったと感じるようになりました。これがお肌の曲がり角?ってことで、コラーゲンを摂ることを始めました。コラーゲンって毎日摂った方がいいんですってね。色々試しましたが天使のララは一つ一つ個包装になっているので持ち運びできるし、とても便利です!手軽にコラーゲンを摂取できます。それに飲んだ翌日から、凄く効き目を実感できるくらいに化粧のノリが良いんですよ!味もクセがないし、ジュースで割ると違和感なく飲めてしまいますよ」
「小袋なので職場や旅行にも持っていけます。飲んでからは肌の調子も良くなって、ニキビができなくなりました。その効果からかニキビ跡も減ってきています。味もコラーゲンドリンクにありがちな変なクセもないですし、ヨーグルトに混ぜて頂いています」
「毛穴が目立つようになってきて、肌ケアを考えるようになりました。天使のララは琥珀色の透明な液で、そのまま舐めても臭いもなく、コラーゲン特有の味や風味も気になりません。コラーゲンはビタミンと摂ると良いそうなので、フルーツジュースと合わせています。特に味の変化もなくそのまま飲めてます。コラーゲンドリンクが苦手って人でも違和感なく飲めちゃうと思いますよ」

良質なフィッシュコラーゲンだからこそ感じない、特有のクセ。
天使のララはコラーゲンは飲みにくくて苦手という人にこそオススメのコラーゲンドリンクです。

ニッピコラーゲン100


始まりは明治から、老舗のコラーゲンブランドが売りだしたニッピコラーゲン。
口コミで噂になっている食べるコラーゲン「ニッピコラーゲン100」はその純度と吸収率がポイント!
スプーン一杯5gで約5,000mgのコラーゲンが、しかもカロリーも抑えて17キロカロリーなので、コラーゲンを摂りたいけどダイエットも気になる人にオススメ。
そして吸収率は驚きのコラーゲン分子の小ささが決め手!
本来コラーゲン分子の大きさは30万ほど、だけどニッピコラーゲンは独自のペプチド分解方法で4000ほどの大きさのコラーゲンペプチドまで小さく分解、体が吸収しやすい大きさになっています。
そして気になるコラーゲンの臭いも無味無臭レベルにまで落とし、水にも溶ける便利さに。

そんな便利なコラーゲン粉末、ニッピコラーゲン100を試した人たちの口コミもチェック!

「長年飲んでいますが、そのおかげで肌がもっちり!乾燥によるシワもなく、本当に助かってます。肌が保湿されるだけでなくとても綺麗になると思います。毎日飲んでいる飲み物に入れて飲むだけ、とてもお手軽なアンチエイジングなので無理なく続けられます」
「飲み始めて半年になりますが、肌の質がまるで違います。カサカサの肌でしたが、柔らかなもちもち肌になって、水分が違うと肌でわかります。良く化粧品なんかで「肌に吸い込まれるような」ってありますが、それを食べ物で実感できるとは思いませんでした。もう離れられません」
「不思議なことに肌だけでなく、爪も強くなりました。爪も肌の一部ということですかね?水仕事のせいか割れたりしていてボロボロだった爪が綺麗に、そして割れにくくなっています。肌も綺麗になって爪も強くなって、コラーゲンって全身に効いているのかなって思います」

コラーゲンは肌だけでなく、全身の色々な場所に効果があることは説明しましたね。
それが吸収しやすいコラーゲンでより効果的に!
食べるコラーゲン、始めてみませんか?

おいしいコラーゲンドリンク


製菓メーカー森永、そこから生み出されたのがずばり「おいしいコラーゲンドリンク」です。
従来のコラーゲンドリンクと言うのはコラーゲンのトロミがあり、ちょっと臭いがあってクセがある……だから美容に良くても苦手、という人が多いですよね。
だけどこちらはサラリとした飲みやすさ、ピーチ風味の、名前の通り美味しさを追求したコラーゲンドリンクになっています。
もちろん美味しさだけではなく、配合されたのは1本10000mgものコラーゲン量。
それも吸収しやすい低分子コラーゲンペプチドなので、美味しさと効果の両方が期待できます。
また紙パックになっているので処分しやすいエコ仕様と、とても考えられたコラーゲンドリンク。

そんなおいしいコラーゲンドリンクを飲んだ人たちの口コミがこちら。

「飲み始めて二ヶ月です。明らかに肌の調子が変わってきています!特に飲んで眠ると翌朝の肌のハリが違います。飲む前は頬がダウンしてきていたのが、持ち上がったようになっています。顔がすっきりしたせいか「痩せた?」と言われることも……嬉しい効果ですね。コラーゲンドリンクの中でも特に美味しく、普通のジュースと何ら変わりなく飲めてしまいますよ」
「飲み始めてから違うのはまず髪のツヤ。乾燥するタイプだったのですが、ヘアクリームやオイルの使用料が減ってきています。これはコラーゲンによる保水効果かな?と思ってます。もちろん肌のツヤも出てきて、もっちりしたハリを取り戻せるようになってます」
「明らかにメイクのノリが変わりました!そして長時間メイクが崩れにくくなり、リフトアップ効果も実感しています。カウンターで肌の水分を測って貰ったのですが、飲む前より格段にアップしています。飲んで効果を実感するまで少しかかりましたが、飲みやすいし続けやすいから良いと思います」

どれだけ効果が良くても、続けなければ意味がありません。
そこで美味しさ、飲みやすさを追求したのがおいしいコラーゲンドリンク、ぜひジュース代わりにコラーゲンドリンクでアンチエイジングを始めましょう♪

もちろんコラーゲンドリンクやサプリメント、粉末だけでなくコラーゲンは食品にも含まれています。
補うことも大事ですが毎日の生活も見直したいという人のために、コラーゲンが多く含まれる食品も紹介しましょう。

コラーゲンが多く含まれる食品は?

牛すじ


牛すじ100gあたり5,000mgのコラーゲンを含んでいます
牛すじと言うと硬い、臭いという印象があるかもしれませんがそんなことはありませんよ!
下茹でをしっかりして、ゆっくりコトコト煮込めばトロトロになって美味しく頂けます。
カレーなどの煮込み料理に入れるとその柔らかさや美味しさを実感できるので、やってみて下さい。

鶏軟骨


唐揚げでポピュラーな鶏軟骨にもコラーゲンはたっぷり
100g当たり4,000mgのコラーゲンが含まれています。
揚げ物が定番ですがカロリー過多になるので、炒め物で頂くようにしてカロリーダウンしつつコラーゲンを摂りましょう。
ビタミンと摂ると吸収しやすいので、レモン汁をかけて食べるようにすると更に効果的ですね。


朝食の定番、鮭の切り身にもコラーゲンは多く含まれています
大体切り身になっていますが、100gで2,400mgのコラーゲンが含まれています。
ただしこれは皮が付いている場合なので、コラーゲンは主に皮の部分に含まれているということ。
パリッと焼いてしっかり皮まで頂きましょう。

コラーゲンというと豚足、うなぎやフカヒレを想像する人が多いです。
だけど不足していると言われがちなコラーゲンですが、気を付けるようにすると日常的に食べる物でも十分にコラーゲンを摂ることはできるんですよね。
お肌のアンチエイジングのためにも、日常の食事にもコラーゲンを取り入れていきましょう。

だけど良いものには必ずつきものなのがデメリット。
コラーゲンには副作用ってあるのかな?

ところでコラーゲンの副作用は大丈夫?


結論から言うと、コラーゲンと言うのは私たちの体の中に常にある成分です。
だから現状、過剰摂取などでの副作用というものはありません

ただしコラーゲンを摂り過ぎてニキビができてしまった……なんて報告を見ました。
これに関してですが、コラーゲンを摂ることで皮脂の分泌が促されるケースというのもあるようです。
そのためニキビができる……というケースもあるよう。
曖昧な話で恐縮ですが、これについては科学的な根拠はまだはっきりとしていません。
だから明確にコラーゲンをとって副作用などというのは現状はありません。
ただし過剰摂取することによる悪影響というのはコラーゲンだけでなくどんな栄養素でも同じです。
だから特にサプリメントなどで補う場合は一日の摂取量を守るようにすることが大事ですね。

それと食品から摂る場合、コラーゲンを含む食べ物は脂質が多く、そのため皮脂分泌が盛んになっているケースも
また太ることにも繋がるので、ただ闇雲に取るようなことは避けて下さいね!

まとめ

一日の摂取量の目安を下回りがちなコラーゲン。
サプリやドリンクを上手につかってコラーゲンを適度に取って、肌キレイを目指しましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事