「風邪をひきやすい」 「若い頃よりも太りやすい」 こんなお悩みはありませんか?そのお悩み、もしかしたら体温が低いのが原因かもしれません。
思い当たることが合ったら、さっそく体温を測ってみましょう。体温が低いことで様々な不調をきたすことがわかっています。
そこで今回は、体温が低くなってしまう原因、体温を挙げる方法、おすすめのサプリメントなどをご紹介します!

【スポンサードサーチ】




ベストな体温は何度くらい?


現代の日本人と50年前の日本人を比較すると、体温は約0.7度も下がっているのだとか。50年前の日本人の平均体温は、36.8度ほどだったそうです。
「平熱が36.8度って少し高いのでは?」と感じられる方も多いのではないでしょうか。
ですが本来、人間の体温は36.5度~37度の間で推移するのが体の機能にとって良い状態なのだそう。つまり多くの現代人は体温が低めな状態なのです。36度以下だと体に悪影響をきたしてしまいますので、要注意。

最近は女性を中心に体温が著しく低い方が増えていて、中には体温が35度台前半、ひどいと34度台の方もいらっしゃいます。

体温が低い主な原因は?

体温が低い原因は、1つではなく、いつかの要因が複雑に絡み合っていることがあります。体温が低くなる原因を知り、1つずつ改善していきましょう。

筋肉量の低下


体温が低い方の多くは筋肉が足りていないといわれています。筋肉は、人体の中でも最大の熱生産組織です。その筋肉が少なければ、確実に体温は低くなってしまいます。

50年前と比べて日本人の体温が下がったのは、運動量が減ったからだとも考えられています。車や公共機関の発達・家電の進化などによって、運動する機会が少なくなっているそうです。意識的に運動をするようにしましょう。また、筋肉の材料となるたんぱく質を積極的に摂取しましょう。

食生活の乱れ


私たちは、食べ物からエネルギーや熱を作っています。体内で吸収した糖質などをエネルギーや熱に変えるのに必要なのがビタミンやミネラルです。ビタミンやミネラルが不足すると、熱を十分に作ることができなくなります。

カップ麺などの加工品を中心にした食生活では、とくにビタミンやミネラルが不足してしまいます。ビタミン・ミネラルの不足は、体温が低くなること以外にも貧血・肌荒れ・便秘など様々な症状を引き起こします。ビタミンやミネラルが足りていないという方はサプリメントなどで補ってくださいね。

また無理なダイエットをすると、更にミネラル・ビタミンは不足してしまいます。ミネラル・ビタミンの不足が低体温以外にも、生理不順・貧血などの様々な症状を引き起こしています。

体を冷やしている


エアコンが効きすぎた室内に長時間いる、アイスクリームのような冷たい食べ物を頻繁に食べる、氷入りの飲み物をよく飲む、などしていると体温が下がってしまいます。特に、エアコンを使いすぎると、体温調節する機能が鈍くなってしまうといわれています。

エアコンの設定温度を見直して、ひざかけを使ったり、常温の飲み物を飲むなどして体を冷やしすぎないようにしましょう。

体を冷やす野菜や果物を食べすぎている


夏に採れる野菜や果物は、体を冷やすと聞いたことはありませんか?冬にトマトなどの夏野菜を食べすぎると体を冷やしてしまいます。スーパーに行けば一年中同じ野菜が並んでいますが、すこしだけ季節を意識して野菜を選んでみてくださいね。

過度のストレスを感じている


ストレスを感じることで、血行が悪くなることがあります。これが冷えの原因の場合もあります。また、ストレスによりホルモンバランスが崩れることで自律神経が乱れ、体温を維持できなくなることもあります。
ストレスをため込まずに休息をとるようにしましょう。また、漢方薬などでストレスをコントロールする方法も注目されています。

女性は、生理・妊娠・出産・更年期などでホルモンバランスが崩れやすく、ストレスにも弱いので、自身に合ったストレスコントロール法を見つけておきましょう。

睡眠不足


夜に寝て朝起きるというリズムが狂うと自律神経のバランスを崩してしまいます。睡眠の時間帯や量・質、どれも適切な体温調節にとても大切です。普段の睡眠を見直してみましょう。

腸内環境が乱れている


腸内環境と基礎代謝は密接な関係があることがわかっています。最近、注目されている「腸活」を行うことで基礎代謝がよくなることも考えられます。基礎代謝は体の冷えに直結するので、腸内環境を整える乳酸菌や酵素などを積極的に摂取しましょう。

太っている


太っている方はいつでも暖かそうですよね。ですが、実はその逆。肥満は冷えの原因の1つなのです。
おなかやお尻につく皮下脂肪には血管がなく、断熱材のようなものだそうです。皮下脂肪が多すぎると、外側からどんなに温めても体が冷たいままという状態になってしまいます。

姿勢が悪い


姿勢が悪いと、一部の筋肉が必要以上に緊張してしまいます。そのため、血流が悪くなってしまいます。また姿勢が悪いと、肩こりや腰痛・頭痛なども引き起こしてしまいますので、意識的に姿勢を矯正するようにしましょう。

タバコを吸っている


タバコも血流を悪くするという報告があります。タバコは「百害あって一利なし」ですので、これを機に禁煙してみてはいかがでしょうか。

甲状腺機能低下症

ただ体温が低いだけだと思っていたら実は病気だったということがあります。体温が低い症状の出る病で一般的なのが甲状腺機能低下症

その他の症状としては、肌の乾燥、心拍数の低下、体重の増加など生活に支障のないものが多く、発見に至らない方が多いといわれています。潜在患者の多い病気の1つです。そのため、アメリカの甲状腺学会では、35歳以上の方は5年に1度は甲状腺ホルモン量の検査をするように、と呼びかけています。

スポンサーリンク

体温が低いと身体にこんな影響が・・・

太りやすくなる


体温が高い人と低い人では、同じ生活をしていても体温が低い人の方が太りやすいです。体温が低いと、生命活動に必要なエネルギーすなわち基礎代謝が低くなるため、太りやすくなります。そして、皮下脂肪がつきすぎると、体温が下がってしまうので、負のスパイラルにはまってしまいます。

免疫力の低下


体温が低いということは、血液のめぐりが悪いということです。血液中には免疫機能を持った白血球が存在し、体中をめぐっています。血のめぐりが悪い・体温の低い方は、この白血球の働きが悪くなってしまいます。
なぜなら体内に病原菌や異物を発見しても、必要な量の白血球を素早く集めることができないからです。これが免疫力が低いという状態です。免疫力が下がると、風邪をひきやすくなったり重症化しやすくなったり、疲れが取れにくくなったりと悪いことばかりです。

がんができやすくなる


白血球はウイルスや細菌だけでなく、がん細胞をやっつけるという役割もあります。がん細胞は遺伝子のエラーで発生するもので、健康な人や若い人でも1日に5000個ほどはできているのです。それを発見し次第、白血球が退治してくれています。

先ほど、体温が低い方は血の巡りが悪くなり、白血球が集まりにくくなっているということをお話ししました。白血球の働きが悪い人の体内では、がん細胞の発生を見逃しやすく、それがどんどん増殖してしまうことがあります。
増殖してしまったがん細胞は、やがて、がんになってしまいます。体温が低い人の方ががんになりやすいと聞いたことがあるでしょうか。免疫力が下がることで、体温が低い人は高い人に比べてがんになりやすくなってしまいます。

不妊症


妊娠をしたいと思ったときに、基礎体温をつけてはじめて低体温がわかったという方もいらっしゃいます。基礎体温とは、朝目覚めたら起き上がる前に口内の体温を専用の温度計で測り、記録し、排卵日を予測するというものです。

女性には、生理周期に応じて体温の高い高温期と体温の低い低温期がありますが、もともとの体温が低い方はこの高温期と低温期の差が少ない傾向にあります。この場合、排卵日の予測がしづらく、タイミングが取りにくくなります。

また体温が低いと、ホルモンバランスが乱れ排卵障害を起こす、女性器系の疾患にかかりやすくなるなど様々な要因によって妊娠しづらくなってしまいます。妊活を始めようという方は、体を温めたり、運動をしたりしてみてくださいね。

低体温を改善する方法はこれ!

筋肉トレーニング


体温が低い原因でもっとも多いのが筋肉の不足。筋肉がある人は常に暖かそうで、薄着でも風邪をひきにくいイメージがありますよね。
とはいえ、筋肉がついて腕や足が太くなるのが心配という方もいらっしゃるかもしれません。女性はもともとの筋量が少なく、トレーニングを少ししたくらいでは体が太くなるほど筋肉がつかないといわれています。安心して筋肉トレーニングを行ってくださいね。

基礎代謝を効率よく上げるには、筋肉の多い部位を中心に鍛えるのがよいでしょう。特におすすめなのが、ふとももとお尻の筋肉。腕やお腹よりも効率よく筋肉を増やすことができます。脚の裏側や内側は鍛えても脚が太くならないので特におすすめです。

女性の場合、生理周期によって筋肉トレーニングの効果が出やすい時期と、出にくい時期があります。生理直後の7日間は特に効果がでやすいそう。逆に、生理前の1週間は筋肉がつきにくい時期。生理直後にはしっかり負荷をかけてトレーニングをし、生理前は食生活を見直すというようなサイクルがいいかと思います。

また、生理中も効果は出やすい時期ではありますが、体がきつい場合は無理をせずに休むようにしましょう。

体を温める食品の摂取


体を温める食品を摂取することで体温を高くすることができます。体を温める食品と聞いて思い浮かぶのは「しょうが」ですよね。しょうがに含まれるジンゲオールは、加熱することでショウガオールに変わり、体を温める効果がアップします。しょうがは加熱して食べるのがおすすめです。

しょうが以外にも、根菜などの冬野菜、唐辛子などに体を温める効果があります。果物に関しては、りんごやぶどう、さくらんぼなど寒い地域で栽培されるものは体を温める効果があるようです。また、筋肉を作るのに必要なアミノ酸を含む肉や卵などの食品も積極的に摂取しましょう。

酵素を摂取


酵素は、私たちの体にある食品の消化・吸収をサポートする栄養素です。最近「酵素ダイエット」が話題ですよね。酵素には栄養の吸収をサポートする以外にも、エネルギー生産をスムーズにする働きがあるといわれています。つまり、酵素は体温と深く関わっているということです。

体内の酵素の量は30代から激減してしまい、50代では20代の頃の約半分にまで減ってしまいます。同じ生活をしているのに若い頃より太りやすくなった、体温が低くなったという方は、酵素が不足しているのかもしれません。健康的な体を保つには、酵素を食事から摂る必要があります。

身体を温める!おすすめサプリメントはこれ!

先ほどもお話しした通り、基礎代謝をあげるためには酵素を摂ることが重要です。ですが、酵素は熱に弱く摂取するのが難しい栄養素の1つ。食事からの摂取には限界があります。酵素を摂るのに最もおすすめなのが、サプリメントです。サプリメントなら十分な量の酵素を、持続的に摂取できます。

こうじ酵素


こうじ酵素は、七穀米を麹菌で発酵させ過熱をせずに水分だけを取り除いたサプリメントです。1日3粒飲むだけで、にんじんだと22本分、キュウリだと18本分、大根だとまる1本分の酵素を摂ることができます。
麹菌以外の菌を入れない無菌製法で発酵させているため、熱による殺菌処理が不要で、生きた酵素を眠らせた状態で閉じ込めることができるそうです。体内で水分と温度を得たこうじ酵素は、眠りから覚め活動を始めます。
こうじ酵素を飲むことで、体温と基礎代謝のアップが期待できます。

「こうじ酵素を飲み始めて9か月です。45歳くらいから腰回りの肉が気になりはじめて飲み始めました。ホームページに書いてある通り、3か月くらいで効果を感じ始めました!たくさん食べてもむくみにくいし、体重がすぐに戻るようになって、びっくりしました。お通じもよくなって本当に良かった。」
「こうじ酵素の広告を見たとき、3か月はつかってくださいって書いてあったので、「即効性があります」と書いてあるサプリメントより安心だし、信頼できるなと思って注文しました。3か月から4か月使ったころから、効果を感じ始めました。基礎代謝が上がったというか、冷えやむくみがなくなって、快適です。」
「こうじ酵素の前にペーストタイプの酵素を飲んでいました。でも、気持ちわるくて飲みにくく感じました。そこで、見つけたこうじ酵素に切り替えました。ペーストタイプではないので飲みやすいですし、噛んでもまずくないので続けられます!体がポカポカするし、肌がきれいになったといわれるようになりました。若いころみたいに体の調子がいいです」

すっぽんスリム酵素


基礎代謝をあげるうえで必要不可欠なのは筋肉ですよね。ですが、ダイエット中の女性は筋肉のもととなるアミノ酸が不足しやすいそうです。

すっぽんスリム酵素には、肥後国産のすっぽんを100%使用しています。実はすっぽんはアミノ酸が豊富な食品で、このサプリメントで20種類ものアミノ酸を補うことができるそうです。さらに酵素もふんだんに配合されています。アミノ酸と酵素、2つの力で基礎代謝をあげる手助けをしてくれること間違いなしです。そのほかにもビタミン、ミネラルも豊富に配合されています。

「今までありとあらゆるダイエットサプリを試しましたが、効果が感じられたことがなく、このすっぽん酵素スリムもダメもとで始めました。ですが、これは今までのサプリメントと違う!元気になったし、食べても太らなくなったような気がします!」
「友人から、酵素を摂った方がいいと聞いて、サプリメントを探していました。どうせならアミノ酸もコラーゲンもほしいという気持ちでこちらを選びました。大正解でした!冷え性が治って、痩せやすくなったと実感しています」
「使い始めてから数日で、体重が減ったりはしませんが、体が軽い、朝起きやすいなど小さな変化を感じています。粒タイプで飲みやすいので続けられそうです。」

まとめ

体温が低いというのは実は、体にとって深刻な状態だということがわかりましたね。
体温をあげることで、長年悩んでいた不調が治った!ということもよくあるそう。
急に体温をあげるのは難しいですが、少しずつ取り組めば体温は着実にあがります!今回紹介した体温をあげる方法やサプリメントをぜひ試してみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事