健康効果や美容効果が高い事で最近、発酵食品などが注目されたりしていますよね。
発酵食品は色々な種類があるのですが、たまにスーパーや通信販売などで酒粕が売られているのを見かけます。
場合によっては知り合いから酒粕をもらう機会があるという人もいるかもしれません。
とはいうものの、
「これはどうやって使ったら良いの??」というのが正直な意見だと思います。
使い道がわからないでそのまま置いてあるという人、そしてスーパーで売っているのを見かけるけど素通りしている人、もったいないですよ!
酒粕は使い方によってとても使い道があるのです! このページをご覧になっているあなたも是非、酒粕を活用して効果を実感してみて下さい。

【スポンサードサーチ】




そもそも酒粕とは何?


酒粕は日本酒を作っていく工程で出てくる酒の搾りかすになります。
日本酒は玄米から作られ、最初に精米されます。
そのお米を蒸して麹菌が加えられ出来上がったのが麹です。
その後、酵母も加え、仕込みをしてもろみを発酵させ日本酒を絞ります。
この時に出てきた絞りかすが酒粕として流通しているのです。

酒粕には板状になった板かす板状になっていないばらかすがあります。
板かすの場合は圧縮機を使って絞り出しているために形が整った板状の状態で酒粕が出来てきたものです。
一方、ばらかすの方は袋に入れてから重しをした状態で絞ったもののため、板状になっておらず、ばらけた状態で袋に入って売られています。
板かすの方が固めなのと、ばらかすの方はアルコール分が多めに残っているといった違いがあります。

一時期、日本酒の売り上げが落ちた事もあり、酒粕も姿を消しつつあった時もありました。
ところが最近はまた注目されるようになり、日本酒のバーや日本酒のみを扱う専門店なども出てきています。
日本酒や酒粕の健康効果や美容効果も同時に注目されるようになりました。

酒粕に含まれる主な栄養成分は?

酒粕には多くの栄養成分が含まれています。

・炭水化物
・脂質
・たんぱく質
・食物繊維
・ビタミンB1
・ビタミンB2
・ビタミンB6
・葉酸
・パントテン酸
・ナイアシン
・カリウム
・ナトリウム
・カルシウム
・亜鉛
・マグネシウム
・リン
・鉄
・銅

このようにビタミンB群とミネラルが含まれているのがわかります。
他にもペプチドやアミノ酸、麹菌、酵母菌由来のβ‐グルカンなども含まれており、栄養価が高い事も知られています。

また、酒粕にはレジスタントプロティンが含まれている点に注目して下さい。
レジスタントプロティンは胃腸で消化されにくいタンパク質で食物繊維に似た働きをしてくれます
原材料の白米にも含まれているのですが、白米のレジスタントプロティンは体への吸収率が良い状態ではありません。
酒粕のレジスタントプロティンは発酵していく段階で分解されていくので体に吸収されやすい状態になっています。

スポンサーリンク

酒粕の効果・効能は女性にとって嬉しいものばかり

ご紹介したレジスタントプロティンやビタミン、ミネラルなどが豊富な酒粕はさまざまな効果、効能が多くあります。

コレステロール値を下げる


先ほどご紹介したレジスタントプロテインや食物繊維が腸内のコレステロールを吸着してそのまま一緒に体外へ排出する働きがあります。
そのため、コレステロール値を下げるのに役立ちます
LDL(悪玉)コレステロールが高いとお悩みの方におすすめです。

ダイエット効果


酒粕に含まれている食物繊維やレジスタントプロティンが体内の余分な脂肪分を吸着して体外へ排出するため、ダイエット効果が期待できます
また酒粕に含まれるビタミンB1は糖質の代謝に、ビタミンB2は脂質の代謝にも利用されるのでダイエットに活用するのに適している食品です。

便秘の解消


酒粕に豊富に含まれているのが食物繊維です。
一見、食物繊維が含まれているようには見えませんが、100gあたりに5.2gも含まれており、アボカドやオクラと同じぐらいの繊維量になります。
食物繊維のおかげで便のかさを増やしたり、腸内のぜん動運動を促進させるなどの働きで便秘の解消につながります

冷え性の改善


体を温める作用のある食べ物の中に日本酒が含まれています。
この日本酒を作る段階で出てくる酒粕も同様に体を温める作用がありますので体の冷えの改善に役立ちます
また、酒粕に含まれるペプチドには血管を拡大して血流を良くする働きもありますので冷え性対策として活用するのも良いですね。

血糖値を下げる

酒粕には血糖値を下げる働きのあるインスリンの作用を持つ物質が含まれていますので糖質の吸収を抑える事にもつながります

アレルギーの改善


アレルギーの中でも多くの人が悩まされているのが花粉症やアトピー性皮膚炎になります。
これらのアレルギーは免疫グロブリンが原因で引き起こされているといわれているのですが、この免疫グロブリンが作られる元となるカプテシンBの働きを阻害する物質がある事を月桂冠が発見して特許を取得しています。

乾燥肌の改善、美肌効果


先ほどご紹介している便秘を改善する事で腸内に停滞していた毒素なども排出される働きのおかげて腸内環境が良くなっていきます。
腸内環境が良くなっていく事でニキビや肌荒れなども改善していくようになります
血行を良くする効果もあり、保湿効果もありますので乾燥肌に悩む人にとってはおすすめです。
更にメラニン色素の生成も抑えてくれるアルブチンやフェルラ酸も含まれているのでシミの予防やお肌の美白効果なども期待できます

がんの予防


月桂冠総合研究所では清酒と酒粕にαーハイドロオキシ酸というがんを予防する物質を発見しており、愛媛大学でもNK細胞の活性促進物質が発見されているなど、がんの予防などが期待されます

このように酒粕による効果、効能は多くあり、他にも以下の効果があります。

  • 認知症の予防
  • 高血圧の改善
  • 生活習慣病の進行による動脈硬化、心筋梗塞などの予防
  • 骨そしょう症の予防
健康面、美容面に大きくかかわってくる効果が多いので、酒粕を入手する機会があったら是非、活用していくようにしましょう。

食べるだけじゃない!塗って美容にも!

酒粕は煮溶かして甘酒で飲むイメージが強いですが、塗っても美容効果が高いです。
昔、芸者さんなどはお客様が宴会などで残した日本酒をこっそり肌に塗っていたという人もいるぐらい、化粧水の代用品としても使われていたのです。
肌に塗っても良いというなら是非、活用したいですよね。

そこで酒粕パックとして利用してみましょう

作り方は酒粕をビニールやジップロックに入れ、精製水をプラスして袋越しにもむようにして酒粕を溶かします。
分量の目安としては酒粕50gに対し精製水が50mlぐらいです。
見た目の目安としては混ぜて溶かした段階でヨーグルトぐらいの濃度になっているとお肌に塗りやすいのでおすすめです。

注意点はお肌が弱い人だとピリピリ刺激を感じる人もいます。
念のため、腕の内側など肌の柔らかいところでパッチテストをしてから塗るようにしたほうが良いです。

アルコール成分が気になるという場合は耐熱容器に移してからレンジで加熱をする事でアルコールを飛ばす事も可能です。
お好みで調整してみて下さい。

出来上がった酒粕パックは冷蔵庫に入れて1週間ぐらいは保存できますので、それまでに使い切るようにしましょう。

使い方は簡単、パックしたいお肌に塗って5分から10分ぐらいしたら洗い流すだけです。
お肌がしっとりしますし、更にしっとりさせたい場合は、はちみつを少量プラスすると良いです。

酒粕を使ったおすすめレシピをご紹介

酒粕を使ったレシピ。
簡単に作れる甘酒をはじめとして簡単に摂取できるレシピを4つ、ご紹介します。

酒粕の甘酒

材料
酒粕 50g
水 200㏄
砂糖 大さじ2

・鍋に酒粕を小さくちぎって入れて水を加え、砂糖を入れて混ぜながら酒粕が解けるように煮ていきます。

・酒粕が溶けたら完成です。
絞ったしょうが汁やレモン汁などをお好みで加えてもおいしくなります。

分量は手軽にできる2人分でご紹介しています。
4人分の場合は倍量で作って下さい。

・アレンジレシピとしてホットミルクやホット豆乳、カフェオレなどに混ぜても体が温まる飲み物になっておいしいですよ!

参考サイト:https://cookpad.com/recipe/1318464

焼き酒粕


酒粕をそのまま焼くだけのシンプルレシピ。しっかりと酒粕の栄養を摂取できます。

材料
酒粕 お好みの量 板状になっている物がおすすめ
砂糖 お好みの量
オリーブオイル 適量

・板状の酒粕を適当に食べやすい大きさに切ります。
5㎝幅に切ったり、小さく2㎝幅に切っても良いです。
そのまま食べたい人は小さめに、砂糖をかける人は大き目の幅がおすすめです。

・薄くオリーブオイルを塗ります。
砂糖をかける人はこの後、砂糖を適量、かけて下さい。

・オーブントースターで5分ぐらい焼きます。
注意点は焦げやすいので、常に見張っていましょう。
軽く焦げ目がついてきたら出すようにして下さい。

焼き目がついたら完成です。

参考サイト:https://cookpad.com/recipe/4325398

味噌漬けベース

材料
酒粕 30g
味噌 大さじ2
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ1
砂糖 小さじ1
水 大さじ1

・酒粕は耐熱容器にちぎって水と一緒に入れてレンジで1分加熱して混ぜるようにして溶かします。

・その後、他の材料と一緒にして良く混ぜます。

・お好みのものを漬けておきます
 鶏の胸肉
 鶏もも肉
 豚のとんかつ用の肉
 鱈や白身魚の切り身
 生鮭の切り身   など

ビニール袋に入れて漬けると馴染みやすいし漬け込みが少量で済むので便利です。
1日ぐらい漬け込んでおきましょう。

・オーブンやグリルなどでじっくり焼いてください。
酒粕や味噌は焦げやすいのでグリルなら極弱火、オーブンなら250℃で20分程度焼いてみましょう。
焦げないように見ながら焼いて途中、アルミホイルをかぶせても良いです。
鶏や豚肉の場合は食べる時に切り分けて下さい。

参考サイト:https://cookpad.com/recipe/706312

簡単!酒粕ケーキ

材料
ホットケーキミックス 150g
酒粕 70g
牛乳 1/2カップ
オリーブオイル 大さじ1
砂糖 50g
ココア 30g
卵 2個

・オーブンを170℃で余熱しておきます。

・ちぎった酒粕と牛乳を耐熱容器に入れレンジで1分加熱してから混ぜ、酒粕を溶かします。

・ちょっと冷めたら砂糖、ココア、卵を加えて混ぜ、オリーブオイルを加えて更に混ぜます。

・ホットケーキミックスを加え、更に混ぜます。

・パウンド型に流し込んで170℃のオーブンで40分ほど焼きます。
竹ぐしを刺してみて何もついてこなかったら完成です。

参考サイト:https://cookpad.com/recipe/4317855

酒粕は妊娠中や授乳中は食べてもいいの?


体を温めてくれたり腸内環境を整えたりして健康面ではとてもメリットのある酒粕ですが、ここでちょっと気になるのは「妊娠しているけど、健康のために摂取するというのはOKなの?」と思っている妊婦さんもいると思います。
妊娠中の場合、酒粕の摂取はしないようにして下さい
なぜかというと酒粕はアルコール発酵した後に日本酒を絞った時に出来る搾りかすになります。
そのため、酒粕にもアルコールが6%から8%含まれている状態です。
アルコールに関しての判断に個人差があります。
「加熱調理してアルコールを飛ばせば大丈夫なんじゃないの?」という人もいるのですが、少量のアルコールでも問題点が出てくるかもしれないからです。

アルコール摂取により胎盤を通過して赤ちゃんにもアルコールによる影響を受けやすくなります。
場合によっては胎児性アルコール症候群を起こす可能性もあるのです。
胎児性アルコール症候群とは妊娠中のアルコール摂取の影響で発達障害を起こします。

症状の中で多いのが低身長や低体重、目が小さくなったり頭が小さくなるなどの見た目にもわかる症状も出やすくなります。
また、ADHD(注意欠陥多動性障害)などの影響も出てくる場合があるのです。
必ずなるといったわけでもなく摂取によって可能性が高くなるといった程度ではありますが、こういった可能性、リスクが少しでも出てくるようであれば念のために摂取はしないでおいた方が無難です。
酒粕をはじめとして、酒粕で作られた甘酒も同様、念のために控えるようにしましょう。

また、授乳中に関してですが、妊娠中に比べるとそれほど強い影響は受けないようですので、加熱する事でアルコールを飛ばして作る甘酒やかす汁などをたまに1杯程度飲むぐらいならという判断をしているお母さんもいるようです。
出来れば念のために控えておくという対応をとった方が良いのかもしれません。

甘酒を飲みたい場合、麹とお米から発酵させた甘酒であればアルコール分が入っていませんのでこちらで代用させた方が良いでしょう。

赤ちゃんが元気に育つためにも、念のため妊娠中、授乳中は酒粕の摂取を控えるようにして下さい。

酒粕配合のサプリメントもおすすめ

栄養も豊富で様々な美容効果、健康効果がある酒粕。
利用したいけどなかなかきっかけがつかめない・・・そんなあなたには酒粕が配合されているサプリメントを飲む事から始めてみてはいかがでしょうか。

酒粕しょうが粒


体のめぐりを良くし、食物繊維が豊富な兵庫県産の酒粕に体を温める効果のある高知県産の生姜をプラスしています。
更に徳島県産の米麹、北海道産の植物性由来の乳酸菌、鹿児島県産の黒ゴマを配合して体の内側からの改善が期待できるサプリメントになりました。

酒粕のサプリを探していたところ、ショウガが入っているこの商品を見つけ、冷え性の私にぴったりだと思いました。
飲んでみたところ便秘がちだったのですが、お通じが良くなってきています。
酒粕って体に良いってわかっていても使いにくいなって思っていたので手軽に摂取出来て便利です。
いつも便秘薬を使っていたのですが、サプリを飲むようになってから便秘薬を使わなくなってきています。
風邪とかひきやすい方だったのですが、酒粕しょうが粒を飲むようになってからはまだ風邪をひいていないので効いているように思えます。
それに元々冷え性がひどかったのですが、その悩みも改善できています!

まとめ

じわじわと注目を集めている酒粕。こんなに嬉しい効果ばかりなら取り入れて損はありませんね!
まずは手軽に摂取できるサプリから試してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事