最近、眼の健康を気遣うサプリメントが増えてきています。
それだけ私たちの生活の中に眼を酷使する環境がある事がわかりますよね。
視力の問題が出てくる中には近視、遠視、老眼、疲れ目などがありますが、最近、特にスマホ老眼という言葉を聞くようになりました。
スマホの普及に伴い、普段、生活に欠かせないアイテムとして持ち歩き、使用頻度も多くなっているだけに気になる言葉です。
「私は大丈夫じゃないかな?」と思っていてもいつ、スマホ老眼になっているのかもしれませんよ!
「そういえば最近、眼がしょぼしょぼする」「視力が落ちたかも」といった症状がある場合は、スマホ老眼の可能性があるかもしれません。
今のうちにスマホ老眼について調べて予防や対策をしておきしょう!

【スポンサードサーチ】




近年急増中!スマホ老眼とは?


これまで「老眼」といわれていた症状は近いものが見えにくくなるなどがありました。
これは老化現象の1つとして40歳を過ぎたあたりから症状が出るというものです。
ところが最近では老眼症状が子供さんや20代や30代といった老化とは程遠い年代の人からも出るようになっています。
この若い世代の人に見られる老眼症状などがスマホ老眼と呼ばれています。

一見、症状から見ていると同じようにとらえてしまいがちですが、老眼の場合は年を取っていく事で眼のピントの調整機能が衰えていくため、見えにくくなっていきます。
一方、スマホ老眼の場合は眼の調整をしている機能が緊張しているため、ピントの調整が出来なくなるといった違いがあるのです。

スマホ老眼の原因は?


スマホ老眼の原因に関しては、この呼び方の通りスマホやゲーム機など、近い距離で長時間、見続ける人に症状が出やすいです。

通常、眼は色々なものを見ていく際にピントを合わせるためにレンズのような眼の水晶体の厚みを変える事でものを見るようにしています。
遠くのものを見る時には水晶体を薄く、そして近くのものを見る時には水晶体を厚くする事で見ているのです。
スマホなどを見ている際には常に近くの距離のものを見ていると、水晶体が分厚くなるのですが、この水晶体の厚みを変えるために動いているのが毛様体筋です。
近くのものを見ていると毛様体筋が端からレンズを押すように動く事で水晶体を厚くし、ピントを合わせているのです。
当然、スマホを長時間、使用しているとその分、毛様体筋へ大きな負担がかかるようになります。
毛様体筋を常に使っている状態が続くと毛様体筋自体が緊張してしまい、すぐに別の距離のピント調整が必要な時でもスムーズに調整が出来なくなります
例として遠くのものを見ようとしても毛様体筋がうまく調整ができなくなってぼやけて見えるなどの症状が出るようになるのです。

また、毛様体筋を酷使する状態が続いてしまうと当然、負担がかかるので普段からの調整もできなくなり、近くのものが見えにくくなるといった症状が出るようになっていくのです。

スマホ老眼の原因はこれだけではありません。
他にも虹彩にも負担がかかっています
虹彩は瞳孔の大きさを調整しており、明るいものを見る時には瞳孔は収縮しています。
暗い場所では瞳孔は開いた状態です。
スマホやパソコンのディスプレイからはブルーライトが出ています。
ブルーライトは自然の太陽光にも含まれている光なのですが、紫外線の次ぐらいに強い光です。
スマホの画面を見ている間はブルーライトを含んだ強い光を見ているという状態なので瞳孔が収縮しているのですが、虹彩を調整している虹彩筋にも当然、負担がかかってきています。
長時間のスマホの使用によって虹彩筋が緊張した状態になるので、他の箇所に視点を変えても光を充分に取り入れることが出来ずに見えにくくなるといった状態にもなってきます。

このようにスマホやゲーム機などを長時間使用する事で眼を酷使する事がスマホ老眼になる原因となります。

スポンサーリンク

スマホ老眼の主な症状。セルフチェックしてみよう


自分はスマホ老眼になっていないか、気になりますよね。
スマホ老眼の症状をご紹介しますのでチェックしてみて下さい。

  • 近くのものが見えにくくなったと感じる。(遠くのものは問題なく見えている)
  • スマホを使っている時に他の場所を見るとピントが合わない事がある
  • 以前に比べてピント調整がしにくくなった
  • 夕方になると見えにくいと感じる
  • 目が疲れやすくなった
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 目が痛む事がある
  • ドライアイの症状が出る

また、スマホを長時間使用する事で自律神経にも影響が出る人もいます
ピントを調整している毛様体筋と虹彩筋は自律神経も関係しているからです。
毛様体筋と虹彩筋に負担がかかるために自律神経のバランスが悪くなる事から頭痛や肩こりなどが出てくる例もあるのです。
また、ひどい人だとめまいなどの症状も出る事もあります。

当てはまるものがありましたか?
特に最初の4項目に当てはまる場合はスマホ老眼になっている可能性があります

スマホ老眼の対策・改善法は?


スマホ老眼の症状は日常生活で考えると不便に感じる点もありますので出来る事なら改善した方が良いでしょう。
早速、以下の事を実践してみて下さい。

  • スマホの長時間の連続使用は避けましょう
  • 1時間につき10分は休憩して目を休めましょう
  • 近くでスマホを見ないようにします。40㎝ぐらい離して使用しましょう
  • スマホをずっと見ないようにしてたまに遠くのものを見るようにして下さい
  • スマホ使用時に瞬きの数が減りがちになるので瞬きをするように意識する
  • スマホの画面の照度調整をやや暗めにする
  • PC用のブルーライトをカットするメガネを利用する
  • スマホ用のブルーライトをカットするフィルムを貼る
  • 眼の体操をする
眼の体操は基本的には遠くのものを見たり近くのものを見たりといった動作を繰り返す方法です。

ペンを持って腕をのばして自分の前の位置に持っていきます。
ペンの先を3秒ほど見た後に遠くの景色を3秒ほど見ます。
窓の景色などを利用して「〇〇のあたりを見る」といった感じで見る箇所を決めておき、ペンの先、景色、ペンの先といった具合に交互に見ていきます。
ペンの先、景色を1回で考え、3回繰り返します。
午前中と午後にそれぞれ実践すると良いでしょう。

また、1日の終わりには目を温めて血流を良くするのも良いでしょう。
手軽に蒸しタオルを乗せて10分ほどリラックスしても良いですね。
蒸しタオルはタオルを濡らして絞った後、巻きずしのように巻いた状態でレンジに入れ、1分ほど加熱すれば出来上がります。
やけどをしないように気を付け、肌に触れても問題のない温度に冷ましてから使ってください。

スマホ老眼の改善に役立つ食品ってありますか?

スマホ老眼に効果があるというよりも眼精疲労や老眼の予防や改善に役立つ栄養素があります。

ビタミンA
角膜や網膜を守り、涙の量を調整してくれるのでドライアイにも効果的です。
レバー、うなぎ、しそ、モロヘイヤ、人参などに多く含まれます。

ビタミンB1
筋肉の疲労回復に役立つので眼精疲労にも効果が期待できます
また、眼の神経を正常にしてくれる働きもあります。
豚肉、たらこ、ウナギなどに多く含まれます。

ビタミンB2

目の充血に効果があり、眼精疲労、視力の向上にも役立ちます
レバー、牛乳、うなぎ、卵、納豆などに多く含まれています。

ビタミンC

眼の組織の代謝にも欠かせないビタミンで抗酸化作用があります。
そのため活性酸素の働きを抑え、眼の老化防止に役立ちます
いちご、レモン、キウイ、しそ、パプリカ、パセリなどに多く含まれます。

ビタミンE

ビタミンC同様、抗酸化作用が高いビタミンなので眼の老化防止に役立ちます。
また、血行を促進する働きがあるので眼精疲労にも効果的です。
いくらやたらこなどの魚の卵やナッツ類、モロヘイヤやカボチャなどにも多く含まれています。

アントシアニン

アントシアニンは抗酸化作用が強く、活性酸素から目の老化を守ってくれます
また、アントシアニンはロドプシンといって見えたものを情報として脳に送る働きがある物質を作り出す働きがあるので眼に良い成分としても有名です。
ブルーベリーや黒豆、赤ワイン、あずきなどに多く含まれています。

ルティン

カロテノイドの仲間で抗酸化作用が強く、天然のサングラスともいわれるぐらい紫外線やブルーライトから目を守ってくれます
ほうれん草や、ブロッコリーから摂取は可能ですが、サプリメントからの摂取の方が効率が良いです。
ルテインのサプリメントの場合はマリーゴールドから抽出されたものを使用する事が多いです。

アスタキサンチン

赤いカロテノイドの色素成分で、抗酸化作用が強いのでルテインのように眼の老化予防に役立ちます
サケやイクラ、エビ、カニなどに多く含まれています。

コエンザイム

コエンザイムには強い抗酸化作用がある事がわかっており、眼の老化防止に役立ちます
イワシ、サバ、ウナギ、豆製品などに多く含まれています。

コンドロイチン

コンドロイチンは関節痛に良い事で知られていますが、眼の毛様体筋の働きに利用されます。
毛様体筋は眼の水晶体のピント調整の際に必要となってきます。
そのため、眼のピント調整のサポートをしてくれる成分となるのです。
コンドロイチンはオクラや納豆、うなぎ、山芋などに多く含まれていますが、サプリメントでの摂取の方が効率が良いです。

DHA

DHAは脳に良い、生活習慣病の予防に活用できる事で知られていますが、網膜細胞に必要な成分で細胞の活性化してくれるので眼精疲労や近視、眼の老化防止に役立ちます
また、DHAが不足していると視力障害を起こす事もあります。
DHAは魚に多く含まれており、特にイワシやサバ、さんま、アジ、カツオ、マグロなどの青魚に多く含まれています。
DHAはEPAと一緒に摂取した方が効果的だといわれています。
魚などが苦手な人はサプリメントでの摂取もおすすめです。

このように色々な栄養素や成分が目の疲労や老化防止に有効であることがわかります。
本来はこれらの食品から食べる事で眼の状態を改善出来れば良いのですが、なかなか思うように摂取しきれないという状況の人もいると思います。
そんな人は眼に良い成分を豊富に含んでいるサプリメントを飲むという方法で老眼の予防、改善につなげていくと良いでしょう。

スマホ老眼におすすめのサプリメントはこれ!

眼にとって良い栄養を与える事でスマホ老眼対策にもつながります。
サプリメントをうまく利用する方法も手軽に出来るのでおすすめです。
スマホ老眼対策に役立つサプリメントを4つ、ご紹介します。

一望百景(マイケア)


アントシアニンを豊富に含んだ沖縄の紅芋をサプリに凝縮しています。
そして目に良い成分のルテインもこれまで5mgだったのが20㎎に増やしてプラスされています。
ルテインは沖縄の八重山で収穫された八重山かずら・マリーゴールド由来とどちらも沖縄の素材を使って作られています。
コストも一日あたり60円なので「サプリは飲みたいけどコスト面で断念」という悩みも解消。飲み続けやすいサプリメントになっています。

ルテインやアントシアニンのサプリを手軽に飲むことが出来ます。
あんまり効果の実感はないけど、スマホとかパソコンを使っていても目が疲れる事はなくなりました。
新聞の広告を見て買ってみました。
飲むようになってからは眼がしょぼしょぼする事は無くなったので飲み続ける予定です。
年齢のせいかこれまで目がかすんで字が読みにくかったのですが、サプリを飲むようになってから解消されました!

一望百景

クッキリン(ミリオン)


パソコンやスマホから出ているブルーライト対策に利用できるサプリメントです。
南米で収穫される希少なマキベリーを使用しています。
ポリフェノールが豊富でブルーベリーの14倍も含まれています。
そして高酸化力も高いです。ブルーベリーやアサイーの5倍以上含まれています。
更に天然のサングラスともいわれているルテイン、高酸化力の高いビタミンC、プロポリスと目に良い成分を豊富に配合しているサプリメントになります。
チュアブルタイプなので水がないところでも摂取が可能です。

まだ数日しか飲んでいないので効果はあまり実感できていませんが目の疲れが軽減できているかもしれません。
続けて飲んでみたいです。
アントシアニンが豊富だからだと思いますが、飲んだ後に舌が黒っぽくなります。
でもパソコンを使っている時に小さい字も見やすくなっているので眼の状態が良くなってきている事が実感できました!
ブルーベリーサプリメントを飲んでいたのですが、こっちの方が目が疲れにくいといった変化がわかるぐらいなのでリピートしています。

ブルーベリー&メグスリノ木EX(小林製薬)


小林製薬が作っているサプリで、アントシアニンが豊富なビルベリーを使って作られています。
抗酸化作用も強く目の老化予防にもなります。
更にメグスリの木、ルテイン、ベータカロテン、DHA、EPA、そして6種類のベリーを加えているために23種類ものアントシアニンを摂取出来ます。
まさに眼の健康を気遣う人におすすめしたいサプリメントです。

仕事の都合でパソコンを長時間使うようになってから夜間、見えずらいと感じる事がありました。
サプリメントを飲むようになってからしばらく経った時に気がついたのは夜間の運転でもはっきりと見えるようになりました。
目が疲れやすくなっていたのですが、このサプリを飲むようになってからあまり疲れを感じなくなったのと、運転中、視界がややクリアになった気がします。
これからも飲み続けようと思います。
スマホを使う時間が増えてから目が疲れやすくなっていました。ブルーベリー&メグスリノ木EXを飲むようになってからは疲労感も少なくなってきていますし、小さい字とかも見えるようになったと実感しています。

えんきん(ファンケル)


北欧産ブルーベリーと黒豆に含まれるシアニジン-3-グルコシドにカロテノイドの仲間のルテイン、天然の赤い色素ともいわれるアスタキサンチン、不飽和脂肪酸のDHAなどを含んでおり、臨床試験結果では4週間でピント調節機能が改善、首や肩の状態も改善といった結果が出ています
目のピント調整に違和感を感じている人、疲れ目がひどい人におすすめです。こちらのサプリはCMでもおなじみですね!

老眼の人が買うサプリというイメージだったのですが、普段、スマホを使うから肩こりがひどくて試してみました。
飲んで1か月ぐらい経ちますが、最近は疲れ目や肩こりも解消できています。
疲れ目が多くていつもブルーベリーのサプリメントを使っていたのですが、こっちのサプリの方が目に良い成分が色々と入っているので切り替えました。
えんきんを飲む方が疲れ目には効果があるなって実感しています。
スマホの使い過ぎで眼のピントがうまく合わなくなっていたので飲んでみました。3週間ぐらいしたあたりで以前より字とかも全体的に見やすくなっている!と驚いています。

ファンケルのえんきん

まとめ

「まだまだ若いから老眼なんて関係ない!」なんて、スマホやパソコン・ゲーム機が当たり前の今の時代では言えません。
知らず知らずのうちに酷使している目、ちょっとだけでも意識して労ってあげてくださいね。
症状が辛い人は我慢せずに、サプリなどを利用してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事