健康管理の上で気をつけたいのが病気をしない事
なんとなく頭ではわかっていても気がついたら健康診断の数値に問題があった!なんてこと、ありませんか?
特に特定検診の際に結果を見て数値が悪い箇所があると驚く人が多いです。
そんな時はこれまでの生活を見直したりする必要が出てきます。
健康上、気を使いたいという時に強い味方になってくれる成分というのは色々とありますが、最近、注目されるようになっている成分としてアディポネクチンがあります。
健康面の対策などで色々な情報を見かけている人にとっては名前を見かけたことがある成分かもしれません。
アディポネクチンとはどのような成分なのか、見てみましょう。

【スポンサードサーチ】




超善玉ホルモン・アディポネクチンとは一体?


最近、名前を見かけるようになってきているアディポネクチンは1996年に発見されたばかりのホルモンの一種になります。
脂肪細胞から分泌されるホルモンです。
脂肪細胞からの分泌物はアディポサイトカインと呼ばれていますが、善玉アディポサイトカインと悪玉アディポサイトカインの2種類に分けられます。
悪玉アディポサイトカインはインスリンの働きを邪魔したり、動脈硬化や心筋梗塞などのリスクが上がる働きがある物質が含まれています。
一方、善玉アディポサイトカインは、インスリンの働きを助ける役割があり、アディポネクチンはこの善玉アディポサイトカインに含まれています。

アディポネクチンは通常、血液の中に含まれているのですが、血管がダメージを負っている箇所があると治す役割があり、血管の健康を維持していくのに役立つホルモンです。

また、体の中の中性脂肪値や内臓脂肪が増える事によってアディポネクチンの数が減ってしまうという特徴もあります。

糖質や脂肪の代謝に関係している事から「痩せるホルモン」と呼ばれたりもしていますが、その他にも100歳以上のご長寿さんの血液中のアディポネクチンの量が多いという事もわかっている事から「長寿ホルモン」とも呼ばれています。

最近ではアディポネクチンに似た作用を持つ化合物を利用して薬を作り出そうとしている研究も進んできているぐらい、注目されている成分です。

アディポネクチンの増加で期待できる効果・効能は?

このようにアディポネクチンは健康を気遣う人にとって味方になってくれそうだなといった印象を持ったと思います。健康面といえば気をつけたいのが最近、日本人に増えてきているのが生活習慣病です。
糖尿病や高血圧、悪玉コレステロールや中性脂肪値が増えていく脂質異常症などがあります。
男女によって差はありますが、一定基準値を超える腹回りに加えてこれらの疾患が合併して発症している場合、一つだけ疾患を発症している人に比べて血管へのダメージが大きくなる可能性があります。
そのため生活習慣の改善や、状況に応じて治療が必要になってくる事もあります。
生活習慣病の特徴として厄介なのが、症状が特に出ない、もしくは気がつきにくいという点です。
そして放置していく事で動脈硬化が出来、進行していき心筋梗塞や脳梗塞につながります。
場合によっては命の危険も出てくる疾患なのです。
アディポネクチンはこれらの生活習慣病の対策に役立てることが出来ます。

高血圧の改善に


高血圧は血圧が通常値より高い数値が続いてしまう状態の事を言います。
その分、血管に負担がかかるので長期間にわたって高血圧に気がつかいという状態が続くとその間に動脈硬化につながるリスクも高くなってしまいます。
アディポネクチンは血管を広げる働きがあるため、血圧を下げる作用もある事から高血圧の予防や改善につなげることが出来ます。

糖尿病対策に


糖尿病は血糖値が常に通常の数値よりも高い状態が続く状態になります。
血液中の糖が増えてしまうこの状況は、インスリンが充分に分泌されないなど、働きが悪くなる事が考えられます。
アディポネクチンはインスリンの働きを助ける役割があります。
その作用でインスリンが分泌されるようになり、血液中の糖分も減らす事につながるのです。
糖尿病の予防に役立ったり、既に血糖値が高い状態の人でも数値の改善に役立てる事が出来ます。

脂肪燃焼に役立てる


アディポネクチンは痩せるホルモンといわれており、脂肪を燃焼させる働きがあります。
通常は運動など体を動かす事で脂肪分解酵素が活性化して脂肪の燃焼を促進したり脂肪の蓄積をガードしてくれます。
一方、アディポネクチンの場合は運動などを行わなくても糖分や脂肪分をエネルギーとして消費する働きのある酵素を活性化させる働きがあるので、同様に脂肪燃焼や脂肪の蓄積を抑える働きがあるのです。

トータル的に生活習慣病や動脈硬化の予防にも


アディポネクチンは糖質や脂質の代謝に役立つ事から生活習慣病の予防、そして血管のダメージ個所を治したり、血管拡張作用がある事から、生活習慣病によって発症しやすくなる動脈硬化の予防にもつながっていきます。

スポンサーリンク

アディポネクチンの測定はどこで出来る?


アディポネクチンがどのぐらい健康効果を期待るかというのはわかったのですが、実際にアディポネクチンは私たちの体の中にあるとなると、実際、充分な量なのか?それとも少ない状態なのか?という状況まではわからないですよね。

アディポネクチンは生まれつき、多い人もいれば、少ないという人もいます。
また、割合的に男性よりも女性の方がアディポネクチンの量が多いといわれています。

実際にはアディポネクチンの量を調べる事によって動脈硬化のリスクがどのぐらいあるのか、調べることが出来ます

血中のアディポネクチンの量の基準は4μg以上の5~30μg/mlとなります。
4μg以下の数値の人は低アディポネクチン血症になります。
既に2型糖尿病と診断されている人や、肥満体型の人の場合、数値が低くなる傾向があります。
また、特に疾患がない人でも数値が低いと後々、疾患になる可能性も出てくるので注意が必要です。

検査は血液の採取をして、1週間から10日ぐらいの日数がかかります。
そして費用ですが、アディポネクチンの測定に関しては保険の適用が出来ません。
そのため全額自己負担という形になります。
金額は各医療機関によって違いがあるので別途、問い合わせが必要になりますが、目安としては3000円ぐらいから5000円ぐらいのところが多いです。

また、測定に関しては内科やクリニックでの扱いが多いですが、すべての医療機関で測定が出来るわけではありませんので、測定を希望する場合、事前に扱っているかを問い合わせておくと良いでしょう。
もし、かかりつけの医師がいるようであれば聞いてみても良いですし、かかりつけの病院がない場合でも、ネットで検索する事で検査を行っている医療機関を探す事が可能です。
健康診断の際に別料金のオプションでも測定してもらえるケースがありますので、この時に問い合わせてみるのも良いでしょう。

生活習慣病が気になり、健康面を考えて一度、自分の体の状態を知りたい時に有効です。

アディポネクチンを増やす食品はこれ!

血液に含まれているアディポネクチンは普段の生活状況でも数が変わってきます。
つまり、私たちの食生活でも増やす事は可能になってくるのです。
アディポネクチンを増やすといわれている食品をご紹介します。

大豆製品、加工品


大豆は「畑の肉」と言われているぐらい植物性のタンパク質が豊富に含まれています。
大豆製品で手軽に食べることが出来る食品というと豆腐や納豆、厚揚げや煮物に使う高野豆腐などがあります。
この大豆たんぱくの中に「βコングリシニン」が含まれているのですが、アディポネクチンを増やす成分といわれています

100g中の大豆製品のタンパク質量
高野豆腐 49.4g (1枚当たり17gの場合、約8.4g)
きな粉 35.5g
油揚げ 18.6g
納豆 16.5g
ゆで大豆 16.0g
がんもどき 15.3g
厚揚げ 10.7g
焼き豆腐 7.8g
木綿豆腐 6.6g
絹ごし豆腐 4.9g

アディポネクチンを増やす目的で食べようとした場合、納豆や高野豆腐、焼き豆腐や厚揚げあたりがおすすめです。

ただ、注意したい点もあります。
女性の場合はもし、たくさん食べる状態が続く上にイソフラボンのサプリメントを飲んでいるという場合、イソフラボンの過剰摂取につながる可能性が高くなります
過剰摂取をした際には胃腸の調子がすぐれない、ホルモンバランスの乱れといった状況になるのでサプリメントを利用している人は服用を控えたりといった具合に調整してみて下さい。

青背魚類


普段、食卓で目にする機会の多い魚には青背魚があります。
アジ、イワシ、サンマ、サバ、カツオ、マグロなどです。
これらの魚には脂分が含まれており、EPAを摂取する事が出来ます。
EPAはアディポネクチンを増やすといわれているので、積極的に食べておきたい食品の一つです。
ただ、EPAの摂取には調理法が大きく関係してきます。
熱を加える調理をすると外に流れ出てしまうからです。
そのため、焼いたりフライにするなどの揚げる調理法は向いていないので避けるようにしましょう。
煮魚の場合は煮汁に溶け込んでしまいますので、後々、煮汁をにこごりにしたり、鍋のだしにするなど別の利用法がある場合は量は減りますがある程度、摂取する事が出来るようになります。
つみれ汁にする場合は手作りをした場合に限りますが、そのまま煮汁(だし)も一緒に摂取できるので大丈夫です。
おすすめはそのまま摂取する事が出来る刺身で食べる方法が一番効率よく摂取できる方法になります。

鮭、エビやカニなどの甲殻類


鮭の身の部分は赤いですね。
そしてエビやカニの甲殻類も調理をすると赤くなるのを見た事があると思います。
この赤い色はアスタキサンチンと言って色素成分になります。
アスタキサンチンはアディポネクチンの働きをサポートするといわれていますのでこちらも食べるようにしたい食品になります。
他にもアスタキサンチンは抗酸化作用が強い事で知られているのですが、コレステロールが酸化するのも防ぐ働きがありますので、生活習慣病対策として取り入れておきたい成分の一つになります。

マグネシウムを摂取する


マグネシウムは私たちの健康には欠かせない栄養素になりますが、アディポネクチンを分泌しやすくしてくれる働きがあります。
マグネシウムを多く含んだ食品をチェックしておきましょう。
わかめなどの海藻類、アーモンドなどのナッツ類、豆腐や納豆などの大豆製品、しらす、貝類などが多いのでおすすめです。

また、本来は少量のアルコールもアディポネクチンを増やす際に有効な食品となるのですが、飲みすぎてしまうと逆に分泌を妨げる事にもなってしまうので、少量だけ飲んで終わらせることが出来るという人は対策の一つとして取り入れてみても良いでしょう。

今回ご紹介した食品を食卓に取り入れる場合、和食メニューがおススメです。
余分な脂肪分も減らせますし、カロリーも和食の方が低く抑えられるので肥満対策に役立ちます。
ただ、塩分の摂取量が多くなる可能性がありますので、高血圧などの診断を受けている人は薄味に慣れるように調整していってください。

ただ、食生活は気をつけたいと思っていても調理が面倒、忙しいなどの理由でなかなかうまく調整しきれない部分も出てきます。
今回、ご紹介した食品をうまく取り入れる事が出来ない!苦手な食品があって思うように摂取できない!といった具合に難しと感じる人もいるのではないでしょうか。
その場合は手軽にサプリメントを利用してアディポネクチンを増やす手助けをしてもらうと良いでしょう。

アディポネクチンを増やすサプリメントはこれ!

DSアディポ

テレビ番組での出演も多い岡部クリニックの岡部正院長が監修しているアディポネクチンサプリメントになります。
シークワーサーに含まれるノビレチン、大豆たんぱくに含まれるβコングリシニン、オメガ3を含む亜麻仁油とアディポネクチンの分泌をサポートする成分にゴマのセサミンをプラスしています。

  • 太りやすく痩せにくくなってしまった人
  • 偏食がちな人
  • 外食が多い人

におすすめです。

アディポネクチンを増やすサプリという事で飲んでみました!
しばらくして実感したのは体調が良くなった事と、体のめぐりが良くなったのでしょうか。血色がよくなったと家族に言われました。
以前、数値が低いといわれたので次回、測定する時に良くなっていればいいなと思いました。
一度、アディポネクチンを測定して量が少ないといわれたので、サプリを飲み始めました。
特に体の変化は感じなかったのですが、この前、数値を測定してもらったところ増えていたので良かったなって思っています。
ただ、お値段がちょっと高めなので続けた方が良いのか、迷っています。
健康に良いという事で最近、注目されるようになったアディポネクチンのサプリを飲んでみました。
続けてみたところ体が軽くなった感じで体調が良いです。

このように実際にアディポネクチンを測定して低かった事からDSアディポを飲んだという人が多いようです。
ただ、特に健康上、問題のない人が飲んで特に変化を感じなかったという人や、飲んではみたけど、実際にアディポネクチンの測定はしていないから効果が実感できないという人も見かけました。
ただ、測定をしている人は数値の改善といった変化を実感している人が多いように見られました。

アディポネクチンを増やす運動や生活習慣について

アディポネクチンを増やすのに食事面が重要という部分と必要に応じてサプリメントもプラスするという方法だけでも充分アディポネクチンを増やす事が可能なのですが、もし可能であれば運動もプラスしてみて下さい

アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されるとはいえ、脂肪の量が増えて肥満状態になってしまうと量が減るという特徴があります。
そのため皮下脂肪や内臓脂肪を過剰に増やさないように、運動も取り入れたほうが良いのです。
皮下脂肪よりは内臓脂肪の方が燃焼しやすいのでまずは内臓脂肪を減らす事から意識していくと良いでしょう。
おすすめなのは脂肪の燃焼につながる有酸素運動です。
サイクリングをしたり水泳などもおすすめですが、出来れば続ける方が良いのでウォーキングを行うという方法が無理がかからずに続けやすいかもしれません
有酸素運動をする目安としては20分続ける事で脂肪の燃焼が始まるといわれているので、大体30分ぐらいは行うようにしてみましょう。
毎日、体を動かす事で脂肪燃焼につなげて体内のアディポネクチンの量を増やすようにしてみて下さい。
また、筋力を維持したり筋力UPする事で体の代謝能力が上がって消費カロリーが増える事も期待できるので、ストレッチなどを習慣づけるようにするのも有効なので、続けてみて下さい。

まとめ

聞きなれないアディポネクチンというホルモンの名前ですが、今後どんどん耳に入ってくることになるでしょう!
健康なカラダ、そして長寿でいるためにもアディポネクチン配合のサプリを飲んでみませんか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事