頑張って食事制限や運動をして最初の頃は順調に減ってきた体重も、ある日を境にピタッと体重が減らなくなります。そう、ダイエットを始めると避けて通ることのできない『停滞期』です。
停滞期が起こるということは、体が生まれ変わろうとしているという証拠でもあるので悪いことではないのですが、それでもダイエットをしている身としては嬉しくない現象ですよね。
ではどうしてダイエットを始めると停滞期が起こってしまうのか、そしてその停滞期はいつまで続いてどうすれば克服できるのかを、まとめてご紹介していきたいと思います。

【スポンサードサーチ】




ダイエットの停滞期はどうして起こる?


ダイエットをすると必ずと言っていいほど訪れる停滞期。減り始めた体重はこのままずっと順調に減り続けると思いきや、停滞期によって邪魔されモチベーションも下がり、もうダイエットし続けても意味ないんじゃないかと諦めてしまい、その結果リバウンドしてしまうなんてこともよくある話です。

どうして頑張ってダイエットしているのに停滞期なんか来るんだ!と叫びたくなりますが、これは人間の体に備わっている『ホメオスタシス機能』が原因なんです。

ホメオスタシス機能とは恒常性のことで、生命を維持するための防衛反応のようなものです。というのも、これまで余るほどのエネルギーが食事から送られてきていたのに、そのエネルギー量が急に減ることで「このままではエネルギー不足になって死んでしまうんじゃないか?!」と体が思い、省エネモードに入るんです。
この機能は食糧不足などで十分なエネルギー摂取ができないときでも、最低限のエネルギー消費で生きていけるようにするための大事な機能なので、決して悪いものではなく素晴らしい機能ではあるのですが、ダイエットという目的の上ではちょっと厄介な機能であることは確かですね。

ダイエットの停滞期はいつから発生?いつまで続く?


ホメオスタシス機能によって起こる停滞期は、ダイエット開始から1ヶ月後または体重が5%減った時に発生します
例えば、50kgの5%なら-2.5kgになったときに体が省エネモードとなり、停滞期が発生することで体重が一時的に減らなくなります。

この停滞期がいつまで続くのかは個人差がありますが、早くて2週間~遅くて2ヶ月と言われています。どのタイミングで停滞期が終わるかは、体が体重の減少に対して「生命の危機ではない」と認識したときです。

また、体重を減らしていく以上は停滞期は繰り返し訪れるので、停滞期が来ることはほぼ避けることはできません。ですから、停滞期が来ることも見越した上でダイエットを進めていくことで、モチベーションの低下や挫折による暴食などリバウンドを招く行為を防ぐことができます。

しかし、2ヶ月以上経っても体重の減少が再開されない場合は、体のどこかに不調をきたしている可能性があります。その時は、最近体調は悪くないかや変わったことはないかを振り返り、自覚症状などなければ一度お医者さんに相談することも考えましょう。

スポンサーリンク

ダイエットの停滞期を起こりにくくする方法は?


停滞期はもしものときでも生きられるようにするために起こる、とても大切な危機管理機能です。
ですが、この停滞期が起こるのは急激な体重減少によって体が「危ない」と感じるためなので、急激な体重減少を避けることで停滞期を起こりにくくすることができます

そのためにまず大事なのは、1ヶ月の間に5%未満の減量にするということです。理想は1ヶ月で0.5~1kgの減量であれば非常に緩やかで体の負担もないので、体が危険だと感じることは少ないです。
ただ、1ヶ月で0.5~1kgで減っていったとしても減り続けることに対して、体は「なんかおかしいぞ?」と思い省エネモードに入るので、停滞期が全くないということはありません。

それでも停滞期が起こりにくくなるかそうでないかで、体重の減り方やモチベーションも変わってくることは確かなので、できるだけ緩やかにゆっくりと体重が減るようにダイエットをしましょう。

ダイエットの停滞期の克服法まとめ

せっかくのダイエット。停滞期なんかに邪魔されたくはありませんが、ダイエットをする以上停滞期とは上手に付き合っていかなくてはいけません。
そこで、停滞期が来たときにどう対処すればいいのかをご紹介します。うまく付き合って克服することで、それを乗り越えたときに再び訪れる減少期へと繋げることができるので、ダイエット成功のためにも是非覚えてください。

食事バランスを見直す


ダイエットを始めるとカロリーだけを気にして、食事のバランスを見落としがちになることが多いと思います。ただ単に摂取カロリーを低くしても、栄養バランスが成り立っていなければうまく痩せることはできません

例えば脂肪を燃焼するためにはビタミンB群の存在が欠かせませんし、エネルギーを一番消費する筋肉を作るためにはタンパク質が必要です。
特に女性はダイエットを始めるとお肉を避ける傾向にありますが、肉や魚はタンパク質が豊富で体を作るために必要な栄養素なので、ダイエットの時こそしっかり食べなくてはいけません。

他にもいろいろありますが、カロリーだけを気にしてバランスがめちゃくちゃだと、結果として栄養不足となって代謝が落ち体重が減りにくくなるので、一度食事バランスに問題はないか見直してみましょう。

食事を見直す


食事バランス以前にそもそも食事をきちんととっていない、なんてことはありませんか?「食べると太る」という考えから、飲み物だけで体重を減らそうとする人がいますが、それは大きな間違いです。

私たちの体はいろいろなところでエネルギーを消費します。呼吸するとき、食べ物を噛むとき、体を動かすとき、そうした何かしらの活動をするにはエネルギーが必ず必要です。
そして、食べ物を食べることで胃や腸など内臓が動きます。動くということはエネルギーが必要です。しかし、飲み物だけで過ごしていると顎を動かす力や内臓の働きなどが、必要最低限となるので結果としてエネルギー消費を抑えることになります。

もしあまり食事をしっかりとらないダイエットをしているなら、カロリーとバランスに気を付けつつ、よく噛んで食べてみてください。

ドカ食いをする


え?と思った方が非常に多いと思います。ダイエット中なのにドカ食いするとか意味がわかりませんよね。
もちろんこのドカ食いにはルールがあります。それは、1~2週間に1回基礎代謝の約3倍の量を1日で食べることです。基礎代謝は性別や年齢、身長などで変わってくるのでまず計算が必要です。
そして、計算から導き出された自分の基礎代謝に対して、約3倍量のカロリーを食事から摂取することで、体の省エネモードを緩やかにすることができます。
食べた翌日はやはり若干の体重増加はありますが、脂肪になった分ではなく食べた分増えただけなので、最終的に排泄されることで落ち着きます。

しかし、これはきちんと基礎代謝を計算してしっかり1日で量を摂ることができなければ、逆にリバウンドを引き起こすことになるので、きちんと管理ができていない方はオススメしません。
中途半端にいつもより多めに食べるくらいでは、これまで外から送られてきてたエネルギーが少なくなって省エネモードに入っているので、それを次のエネルギー不足に備えて必死に蓄えようとします。

あくまでこれは、大量にエネルギーを摂取することで「省エネモードじゃなくても大丈夫だ!」と体に思わせることが目的なので、「これだけのエネルギーだともたないかもしれない…蓄えなきゃ!」と思わせないようにしましょう。

運動の種類を変える


もしいつも同じ運動をしているのであれば、違う運動をしてみると筋肉の刺激になって再び脂肪が燃焼されることがあります

同じ運動を続けていると筋肉が慣れてしまい、脂肪が落ちにくくなると言われるのは事実で、もちろん続けることで徐々に効果は出てきますが、停滞期でさらに効果をあげたい場合はトレーニング方法を変えてみるのもいいでしょう。

ダイエットの停滞期中にやってはいけないこと


停滞期は必ず訪れるものなので上手に付き合うことは大事ですが、その停滞期から早く脱出したくても、絶対にやってはいけないことがあります。
それは、運動量を増やすことです。運動のパターンを変えるのは新たな刺激になっていいのですが、運動の量を増やすのはまた別です。

多くの人は停滞期が訪れることで、代謝をもっと上げるために運動量を増やそうとします。もちろん、代謝が上がれば脂肪はさらに燃焼されるので大事なのですが、停滞期だからと言って運動量を増やすとそれに比例して空腹感が増します
空腹感が増すとつい食べ過ぎてしまい、そのつい食べ過ぎたことで省エネモードの体はできるだけエネルギーを取り込もうとし、その結果リバウンドにつながります
そしてそうなればもちろん体重が減ることはありませんし、運動量を増やしても体重が減らないことにストレスを感じ、その結果ダイエットを断念してしまうのです。

ですから、焦る気持ちはわかりますし早く痩せたいのもわかりますが、だからと言って停滞期に運動量を増やすことはしないようにしましょう

停滞期は体が体重の減少に対して「異常ではなく正常だ」と認識するかどうかの大事な時期なので、その停滞期では体重の維持を一番の目的として、ダイエット開始と同じように過ごすようにしてくださいね。

運動効果を高めるおすすめサプリメントはこれ!


運動量を増やすとそれだけエネルギーが消費されるので、いつもなら足りるはずの食事が足りず食べ過ぎてしまいます。
しかし、運動量を増やさなくても代謝自体が上がればいつもと同じように生活していても、再び体重を落とすことが可能です。

ですが、運動量を増やさずに代謝を上げるとなると体質を変えていくしか方法がありません。ですが、代謝を上げるために体質を変えるにはダイエット中の食事だけでは非常に難しいのが現実です。
そこでオススメするのが酵素のサプリメントです。サプリメントならただ飲むだけでいいですし、ダイエット中でもリバウンドにつながるようなことはありませんので、気軽に取り入れることができます。

しかしなぜ酵素のサプリメントなのかというと、酵素は人の体内で作られるもので消化酵素と代謝酵素の2つが存在しますが、作られる数には限りがあり代謝を上げるためには代謝酵素の数が必要になります。
ここで問題なのが、作られる数に限りがあるということと年齢とともに酵素の量が減ってしまうということ。そして、消化酵素が優先して作られ余った分が代謝酵素にまわるので、必然的に代謝酵素は少なくなってしまうということです。

特に停滞期は省エネモードになっているため、代謝を抑えるようになっています。そこに酵素を摂取することで代謝酵素の量が増えるため、運動量を増やさなくても代謝する力が上がるためいつもの運動効果を高めることができます。

ですが、ただ酵素を摂取するだけでは意味がありません。酵素は48度以上の熱で死んでしまうので、ドリンクタイプなど熱を通しているものは体内で活動ができないのです。
ですから、酵素を摂取するなら生きた酵素を摂取する必要があるので、なかでもオススメの生きた酵素のサプリメントをご紹介します。停滞期でもできるだけ体重を落とせるように是非活用してみてください。

こうじ酵素


こうじ酵素はその名の通り、麹菌で七穀米を発酵させて作った酵素のサプリメントで、その麹菌の量はなんと1000万個にも及びます
七穀米は普段でも不足しがちなビタミンやミネラルを豊富に含んでいるため、特にダイエット中は積極的に摂りたいところです。
また、レジスタントプロテインという天然の食物繊維も配合されているので、体の内側から健康的に美しくなる手助けをしてくれます。

「ダイエットを始めたのですが運動が苦手なので、とりあえず普段はできるだけ階段を使ったり、歩ける範囲は歩くくらいで頑張っています。どうにかいつもの運動量で効果が出せないかと思って買ってみたのですが、飲み始めてから体重が減るスピードが早くなったように感じます。」
「ダイエットを始めてからやってきた停滞期に、酵素がいいと聞いたので購入しました。サプリメントなので即効性はないですが、なかなか落ちなかった体重も4kg落とすことができました。もう6ヶ月くらい飲み続けていますが、体重維持のためにもずっとお世話になろうと思います。」
「まずお通じがよくなりました。お腹が痛くなるわけでもなかったですし、自然に毎朝すっきりするようになったので自然とお腹周りもスッキリなりました。また、付き合いで沢山食べてしまったときでも体重が極端に増えることもなく、維持できているので代謝が上がっているんだなと思います。」

すっぽんスリム酵素


すっぽんスリム酵素も七穀米を麹菌で発酵させたサプリメントですが、さらに国産の高級すっぽんを使っているため、飲むだけで女性の美を押し上げてくれます
また、すっぽんスリムのすっぽんには女性には嬉しいコラーゲンはもちろん、筋肉を作るタンパク質のもとであるアミノ酸も豊富に含まれているので、ダイエットで減りがちな筋肉を減らさないようにサポートしてくれます。
筋肉というと、逆に太く見えたりするのではと心配する人もいますが、人の体で一番エネルギーが消費されるのは筋肉です。ですから、ダイエットで筋肉を落としてしまうと逆に痩せにくい体になってしまうので、痩せやすい体でいるためには筋肉量を落とさないことが重要です。

すっぽんスリム酵素なら、燃焼に必要な代謝酵素を補いながら代謝量の最も多い筋肉量を落とさないようにサポートしてくれるので、ダイエットで筋肉が落ちやすい方や、筋肉量を増やしたくてもうまく増やせない方、そしてダイエットをしながらもお肌にハリや潤いを増やしたい方は、是非すっぽんスリム酵素を試してみてはいかがでしょうか。

「食事量を変えたりはしていませんが、飲み続けることでだんだん体重が落ちてきて結果1ヶ月で3kgの減量に成功しました。肌ツヤもよくなってきて化粧ノリも違ってたので、これからもすっぽんと酵素の力にお世話になろうと思います。」
「飲み始めて1ヶ月半くらいです。まずひどい便秘が改善されて今はスッキリ出るようになりました。体重の変化はお通じがよくなった分減ったのかな?といった感じですが、それでも増えることはないので維持するためにも使っていきたいです。」
「1ヶ月で1kgと健康的に体重が減っていってます。あまり急激に減ると怖いし、体にもよくないのでこれくらいでいいです。運動はウォーキングをする程度ですが、以前は体重維持にはなっていても減量まではなかったので、これのおかげかなと思っています。」

まとめ

ダイエットをする以上、停滞期は逃れることが難しいということが分かりましたね。
加齢とともにどんどん減っていく酵素を補うことで、代謝を促してダイエットをサポートしていきましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事