459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s
アレルギーにも、色々な症状があります。
厄介なのはどのアレルギーも、いつどんな時になるのか分からないということ。
生まれつきなアレルギーもあれば、ある日突然アレルギーになることもあるということです。
そんなアレルギーの一つが「紫外線アレルギー」
今回はこの紫外線アレルギーについて調べてみたので、少し説明しますね。

【スポンサードサーチ】




紫外線アレルギーとは?

100308
紫外線アレルギーとは、日光や日光の紫外線を浴びることで、肌に湿疹が出たり、肌が真っ赤に腫れたり、かゆくなったりするようになること、日光や紫外線が原因で起こるアレルギー反応のことです。
別名、日光アレルギーとも、日光過敏症、日光性皮膚炎とも呼ばれている症状です。
普通の人が浴びても特に何もないほどの紫外線でも皮膚に異常が起こるので、とても大変な症状です。
次にこの紫外線アレルギーで起こる症状を、もう少し詳しく話しましょう。

紫外線アレルギーの主な症状

082245
紫外線アレルギーは、主に紫外線を浴びたところにだけ症状が現れます
その症状は赤くなる、じんましんやみずぶくれのような症状、腫れやかぶれが出てかゆみが起こる、そんなアレルギー症状です。

しかし、人によってはこれに加えて「紫外線を浴びた時」にも以下の症状が出ます。
まず目に充血、突然の涙、そして異物感が出るなどの症状が。
そして体に現れる症状として、頭痛や吐き気、発熱などの症状が出ます。

突然こんな症状が出たら怖いですよね。
この紫外線アレルギーの原因とは、一体何なのでしょうか?
そしてどのような対策方法、予防方法があるのかも、調べてみました。

スポンサーリンク

紫外線アレルギーになる原因と対策方法

この紫外線アレルギーの原因ですが、内因性のものと外因性のものがあります。

まず内因性の原因ですが、紫外線を浴び続けて体自身の紫外線に対する抗体、抵抗できる量を超えることによって紫外線に対するアレルギーになります
この量は人によって違うので、ずっと浴びていてもならない人もいれば、少しの紫外線を浴びただけでもアレルギーになる人もいるのです。

そして外因性による原因ですが、飲んだ薬や日焼け止めの成分などが原因になって紫外線アレルギーを引き起こすことがあるようです。
例えば薬を飲んだり、日焼け止めを塗ったりしたあとにほんの少しの量の紫外線を浴びただけでも発症することがありますが、これは外因性の紫外線アレルギーと言えるでしょう。
これは飲んだ薬や塗った薬自体が紫外線を吸収して、光毒性を持つことで起こる症状です。

そしてこの紫外線アレルギー、発症してしまうと花粉症のように完治させるのが難しい症状です。
だから日頃から紫外線アレルギーに対して対策していくことが大事です。
そしてその対策方法とは、ずばり「紫外線を浴びないこと」です!
しかし絶対に紫外線を浴びないということは難しいので、「紫外線対策を行うこと」が重要になります。
Print
だから日傘をさしたり、帽子をかぶったりする紫外線対策を、日頃から行いましょう
例え曇りの日だから、と油断していてはいけません。
紫外線は曇りの日でも十分に降り注いでいます……気を付けましょうね。
それと日焼けどめなどの紫外線対策グッズに関しても、正しい知識できちんとつけましょう。
それと紫外線が強くなる10時~14時、この間はできるだけ外出を避ける……こういった対策も、紫外線アレルギー対策としてとても有効ですので覚えておいて下さい。

また紫外線アレルギーはある日突然なる場合もあるので、ちょっと判断が付きにくい症状です。
突然アレルギー症状が出たとしても、紫外線が原因とは分かりにくいですからね。
そのため、自分だけで判断しないで、きちんと病院に行って検査を受けることが大事です。

紫外線アレルギーは何科の病院へ行けば良い?

128714
最後に、紫外線アレルギーかどうか分からない症状が出た時のために、何科の病院に行けば良いかお教えしますね。

紫外線アレルギーかもしれない……そういう症状が出たら、行くべきは大きな総合病院の皮膚科か、アレルギー科のある病院へ行って下さい。
小さい病院だと検査ができない場合があるのでできるだけ大きな病院へ行く方が良いのですが、もし近くに行く病院が小さくても、そういった検査ができるのかどうか、それを電話で尋ねた方が良いでしょう。
何故なら紫外線アレルギーかどうか検査するには、紫外線に対しての反応を確かめるための紫外線を照射する特殊な検査を行うので、特別な病院でないと機械自体がなくて対応ができないのです。
だからそういった対応ができるのかどうか、それを調べてから行く方が手間がかからないと思います。
またこの検査があるので、背中には何の薬も塗らないようにしてから受診して下さい。

まとめ

4e9fe606cef0c3345a6cf18d18bd8a6d_s
夏でも春でも、紫外線は降り注いでいます。
特にひどくなるのは、5月から7月
この時期は特に、紫外線対策を怠らないようにしましょうね。
そして何か異常が出たらすぐに病院へ行って、自分の体を守りましょう♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事