179850
「スクワット」と言うと、ボディビルダーが体を鍛えるのにやっている運動というイメージ。
むしろ女性がすると筋肉が鍛えられすぎて足が太くなってしまう……というのは、過去の話です。
何と今では、スクワットはダイエットに効果的と女性の注目を浴びているトレーニング!
だけど本当に痩せるの?効果はどれくらいなの?
そんな疑問に答えるべく、スクワットダイエットについて調べてみました♪

【スポンサードサーチ】




スクワットは本当に痩せる?消費カロリーは?

では最初の疑問、スクワットは本当に痩せるのかどうか?
どれくらいの消費カロリーがあるのか調べてみました。

では20代で50kg台の女性がスクワットを100回したと仮定しましょう。
消費カロリーは40kcalです。
つまり一回につき、大体0.4kcalくらいになります。
127549
因みに他の運動でこのカロリーを消費しようと考えると

  • スローウォーキング1キロ
  • ジョギング5分間
  • クロール160m
  • 腹筋30回

程度になります……むむ?こう考えると、そんなに消費カロリーは多くないように見えますね
だけどスクワットは消費カロリーよりも、もっと別の効果が沢山あるのです!
次にそのスクワットの嬉しい効果をご紹介しましょう。

スクワットの様々な効果

【基礎代謝アップ】

241624
スクワットの一番の効果は、スクワットををすることで基礎代謝を効率的に上げられることにあります。
基礎代謝とは何もしていなくても消費されるエネルギー、日常生活を送るだけで消費されていくエネルギーです。
それが上がることで痩せやすくなっちゃうのです♪
これがスクワットの最大の痩せる!ポイントですね。

【下半身痩せ効果】

383366
筋トレはどこか一部の筋肉を鍛えるための運動ですが、スクワットは下半身全体に効果があります。
その範囲はお腹まわり、太ももやふくらはぎ、お尻の引き締めと、女性にとって気になる部分ばかり!
ムダな脂肪だけじゃなくて、全体的に筋肉がついて引き締まり、とても美しいボディラインを手に入れることができるスクワットは、女性のダイエットに対してとても効果的なのです。
それに筋肉にアプローチするだけあって、スクワットは早い人なら始めて一週間ほどで見た目に効果があらわれるという、効き目の早いダイエットでもあるので、早く効果を出したい!という人にもスクワットはオススメですよ♪

【姿勢の美しさを手に入れる】

310455
因みに正しいスクワットは、体のあらゆる筋肉に効果があるトレーニングです。
だから下半身だけでなく、背筋や腹筋も同時に鍛えることができます。
そのため姿勢がよくなる、立ち姿が美しくなるなどの効果までも期待できます。

ではそんなスクワットの正しいやり方、回数を次に説明しますね。

スポンサーリンク

正しいスクワットのやり方・回数

スクワットって、膝や腰を痛めるんじゃ?と思ってませんか?
これは実は正しいスクワットのフォームで行っていないから起こるのです。
正しいスクワットのやり方をまとめましたから、参考にして下さい。
282254

①足は肩幅より少し広めに開く
②内股にならないように、足の爪先は真っ直ぐよりも少し外側を向ける
③体を落とす時に、膝を曲げるのと一緒に股関節も曲げるようにする
④この時にお尻を後ろに突き出して、膝が爪先より前に出ないように注意する
⑤お腹で背中を押し、背中でお腹を押すイメージを持って、できるだけ背中を丸めないように注意する
⑥太ももと床が平行になるまでしゃがんで、立ち上がる時は完全に膝を伸ばさない

この時に呼吸を止めてはダメです。
スクワットは有酸素運動なので、呼吸の仕方が大切。
息を吐きながら8カウントで腰を下ろして、次に息を吸いながら8カウントで腰を上げるようにゆっくりとした動きでやって下さい。
こうすることで脂肪の燃焼も促されるので、より効果アップになります。

回数は一日に50回程度、ただ一度にやるのは大変ですから、朝15回、昼15回、夜20回と分けてやってもいいでしょう。
スクワットは特別な器具を使わないので、誰でも簡単に始めることができます。
ちょっとしたスペースさえあれば、いつでもどこでもトレーニングができるので、空き時間を利用してやってみましょう。

スクワットを行う際の注意点

110172
ダイエットと言うと「毎日続けなきゃ」と思われがちですが、スクワットは一週間に2回程度でOK
何故ならスクワットは筋肉を鍛える、筋肉に負担をかけて行うトレーニング。
行うと筋繊維が壊れて筋肉痛になるのですが、それが回復するのに48時間ほどかかるからです。
これが治ってから次を行う方が効果が上がるので、あえて日を空けてからトレーニングするのがオススメ!
逆に毎日やると負担が大きくなり、筋肉痛が酷くなったり、足が太くなりすぎたりとダイエットには逆効果が出てきてしまうので、まずは週2回から始めてみましょう。

それと筋肉痛は筋肉が鍛えられている証拠なので、スクワットで筋肉痛になるのは効果が出ている証拠。
全く筋肉痛を感じない場合はフォームが間違っている可能性もあるので、少し姿勢を見直してみましょう。
あまり酷い筋肉痛になる場合はスクワットの後にストレッチを入れることで筋肉痛が和らぎますので、やってみましょうね。

まとめ

c2c07c503c2bedb3fe39506f3da1f42c_s
手軽にどこでも行えるダイエット、スクワット。
まずは正しいフォームを身に付け、週2、スキマ時間を利用してやってみましょう!
基礎代謝を上げてキレイな姿勢を手に入れちゃいましょう♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事