日頃のスキンケアで使っているアイテム、皆さんは今使っているもので満足できていますか?
多くの人が「悪くはないんだけど・・・もうちょっと何か良いの無いかな~?」と気になるものがあったら試してみていると思います。

そんな人に一度使ってみてほしいのがエミューオイル
美容に気遣う人には最近、注目されているんです!
既に話題になってはいるのですが、どんなオイルなのでしょうか?

【スポンサードサーチ】




そもそもエミューオイルとは?

エミューといえばオーストラリアに生息していてパッと見た目ではダチョウの小さ目といった感じにも見えますよね。
実際に世界で一番大きな鳥がダチョウでエミューは世界で二番目に大きな鳥となります。

エミューは飛ぶことが出来ない種類ですが、前に進む習性がある事からオーストラリアの国鳥とされています。
そしてカンガルーと共に国のシンボルとして扱われています。

エミューが注目されたのは他の野生化で生活している鳥類に比べて傷が悪化するといった原因で死亡してしまう事が少ないという点でした。
そしてエミューは他の鳥類に比べて自然治癒能力が高く肌の再生力が高いという事もわかっています。
そのため、昔から先住民のアボリジニがエミューオイルを万能薬として使用していました。

エミューオイルは鳥類のエミューの皮下脂肪部分からとれる油になります。
エミューは繁殖期にメスが卵を産んだ後、温めるのはオスの役目になります。
オスは約2か月ぐらい卵を温め続けるのでこの時期は食事をする事も無く皮下脂肪からエネルギーを取り込むのです。
この時期のエミューのオスの皮下脂肪は栄養分が豊富に含まれていますので、エミューオイルの原料として使用されます。

1980年代あたりからオーストラリア政府の支援もあり、エミューオイルの研究などが進められるようになり、豪州治療医薬品局が定めている医薬品として使用されるようになっています。
日本でも医薬部外品やスキンケア商品としての用途として使用されています。

エミューオイルは動物性の油のはずなのに植物性の脂肪酸を多く含んでいる特徴があります。
脂肪酸のオメガ3、オメガ6、オメガ9の割合で考えても比率が人間の皮脂の成分と近い事がわかっています。

美容などで使用する動物性の油といえば馬油がありますが、馬油と成分を比較してみると馬油はリノール酸、オレイン酸、バルミチン酸が適量含まれていますがステアリン酸がほとんど含まれていません。
ステアリン酸は人間の皮脂に含まれている成分です。
一方、エミューオイルはステアリン酸も配合されているので馬油よりも人間の皮脂成分と近いのです。

エミューオイルの効果・効能は?


エミューオイルは人間の肌の皮脂割合と似ているという事はわかりましたが、実際に使ってみる事でどのような効果が期待できるのか?という点も気になりますよね。
エミューオイルは非常に多くの効果が期待できます。

お肌への浸透が良い

エミューオイルにはオメガ9系のオレイン酸が含まれています。
そのためお肌への浸透力がとても高いです。

保湿力が高い

オメガ6系ともなるリノール酸が含まれているのでお肌への保湿力が高いです。
リノール酸は人間の体で作る事が出来ない必須脂肪酸に当たりますので、適量をバランスよく摂取する事が望ましいです。(摂取のし過ぎはアトピー、アレルギーの原因にもなりますので注意して下さい)
そして肌の水分を外に逃がさないように肌を補強する働きもありますので、肌トラブルやアンチエイジング、ヘアケアなどにも良い効果が期待できます

美しい髪づくりに

オメガ6系のリノール酸が不足すると抜け毛が出やすくなったり髪がパサつきやすくなります。(摂取のし過ぎはアトピー、アレルギーの原因にもなりますので注意して下さい)

傷の治療サポートに

オメガ6系のリノール酸が不足気味になると肌の傷の治りが遅くなる傾向があります。
(摂取のし過ぎはアトピー、アレルギーの原因にもなりますので注意して下さい)

炎症を抑える

オメガ3系のαリノレン酸が含まれています。
αリノレン酸は体にも良いEPAやDHAを作り出す元ともなる必須脂肪酸になります。
肌トラブルの中でも悩んでいる人が多くいるアレルギーや肌の炎症にも大きく関係しているヒスタミンなどの仲介物質を阻害してくれる働きがあるので、炎症を抑える効果が期待できるのです。

毛穴が詰まりにくい
エミューオイルは毛穴のつまりを防ぐ働きがあるので、これまで保湿やオイル系のスキンケアを使って毛穴が詰まってしまった。
もしくはニキビが出来てしまったという人でも安心して使用する事が出来ます。

抗菌性、保存性が高い

エミューオイルはカビの菌やサルモネラ菌、赤痢菌、ブドウ球菌、連鎖球菌、大腸菌などの菌類は増殖しない効果がある事がわかっています。
そのため、エミューオイル自体に保存料などを添加する必要もなくなります。
そして保存性が高いという特徴があります。
よく一般的に知られている植物性のオイル類は美容効果が高いけど酸化しやすいといったデメリットもありますよね。
エミューオイル自体が酸化しにくいといった特徴がありますので保存がきくといったメリットがあるのです。

アボリジニの人はこんな用途で使っています

昔からのオーストラリア先住民のアボリジニの人たちは皮膚トラブルの万能薬として使っています。
傷、やけどの治療、関節炎の緩和、筋肉痛、虫刺され、皮膚の炎症などです。

スポンサーリンク

エミューオイルの使い方は?

エミューオイルが色々な効果、効能がある万能オイルという事はわかりました。
実際にはどのように使うのかも知りたいですよね。
いくつかご紹介しますので参考にしてみて下さい!
本当に色々と使えます!

マッサージに!


体の疲れを取ったり血行を良くする、リンパの流れを良くするなどのマッサージをする際にマッサージオイルとして使用することが出来ます。
マッサージをする際のポイントはエミューオイルを手に取って手に馴染ませるようにしてオイルを温めてからマッサージするようにしましょう。
肩や首、手、腰、足、膝など色々な場所に適しています

スポーツに!


スポーツをする事で筋肉疲労などが起きますが、この時にもエミューオイルは有効です。
スポーツ前に塗る事で血行が良くなるので疲労感の軽減につながりますし、スポーツ後の筋肉の炎症を抑えるなど、疲労感のケアにもおすすめです。
スポーツ後のケアにはマッサージなどしても良いのですが、運動前のケアの場合はただ塗る程度で良いです。

スキンケアに


エミューオイルはお風呂上りに使うと浸透力も更に良くなるので効果的です。
ごく少量を薄ーく伸ばすようにして使ってみましょう。
美容面に配慮したマッサージに使っても良いです。

化粧水などを使ってケアする前に薄くエミューオイルを塗り、その後に化粧水や美容液などを使うと浸透しやすくなります。
ただ、エミューオイル自体に保湿力がある事からエミューオイルだけのケアにして化粧水を使わなくなったという人もいますので、お肌の保湿状況に合わせて使ってみて下さい。

スキンケアにエミューオイルを使ってみてべたつく!という場合、使用量が多い事が考えられます
その場合は使用量を少量にするといった感じで減らして使ってみて下さい。
コツは一度に多く塗るのではなくごく少量を温めてのばすといった方法を繰り返す事で調整していくとべたつかずさらっとした使い心地を実感出来ます。

また、小じわや肌のハリが気になるという人にはオイルパックがおすすめです。
お風呂上りにエミューオイルをやや多めに塗り、熱すぎない温度の蒸しタオルでお肌を蒸らすようにケアします。
途中、温度が下がってくるので蒸しタオルは2本か3本ぐらい交換しつつ使うと充分に蒸したケアが出来るようになります。
ケア後は使った蒸しタオルでそのまま余分なオイルをふき取り、お肌をクールダウンさせるために冷やしたタオルを当てるようにしましょう。

お風呂に入っている際にオイルを塗って放置、湯船の蒸気で蒸すという方法も可能なのでやりやすいケアをしてみて下さい。
いずれもケア後にお肌をクールダウンさせるようにしましょう

アトピーの人のスキンケア


エミューオイルには炎症を鎮める効果もあるのでアトピーの人にも使用できます。
乾燥によるかゆみなどは保湿することが出来ます。
ただ、ぐちゅぐちゅした汁が出るような炎症がある箇所へのケアは使用を控えるようにしましょう。

肌トラブル時

炎症や虫刺され、傷ややけどの際には塗る事で緩和される事が期待できます。
常備薬感覚で使用できます。

赤ちゃんにも


エミューオイルは赤ちゃんの肌にも使用することが出来ます。
そこでおむつかぶれが起きてしまった際に使用する事で悪化を防ぐ事も出来ます。

エミューオイルのにおいって?

エミューオイルに興味を持って使ってみたという人の多くが「においが気になる」という意見があります。
どんなにおいか気になりますが、多くの意見では獣臭がするといわれています

動物性の油になりますのでこれは仕方がないのですが、場合によってはにおいがダメで使うのを断念している人もいます。
ただ、日本で販売されているエミューオイルやエミューオイル配合の商品はこれらのにおいを感じにくくするための加工をするなどして工夫されています。

日本でも買える!おすすめエミューオイルはこれ!

エミューオイルってすごいですね!
これらの詳しい内容を知る事によって欲しくなってしまいました!
でもオーストラリアで入手は出来そうだけど日本ではどうなのでしょうか?
日本では注目されてはいますが手軽に購入できるショップが少ないです。
そこで日本でも買えるエミューオイルをご紹介します!

エミューの雫


保存料、着色料、化学添加物などは使用せず100%無添加のエミューオイルになります。
乾燥肌や敏感肌、保湿、小じわや肌のハリを取り戻すケアに、マッサージや関節系の痛みの緩和に、血行促進など幅広く使用できます。
YAHOOニュースやNHKのあさイチでも紹介された商品です。

エミューを飼育管理している牧場でもしっかりと管理されたエミューを使用し、加工した後に日本で更に「ろ過精製」しています。
このろ過精製のおかげでエミューオイル独特のにおいが軽減されていますので使いやすくなっています。

エミューの雫はお試しで15mlの量とお徳用72mlの2サイズがあります。
15mlというとすぐになくなりそうに思えますが、朝晩の保湿などをするスキンケア目的の使用で約1か月ぐらい使える目安になります。
72mlはリピーターの人や家族で使用するという人が多く購入しています。
お値段は15mlで1800円、72mlで6500円になりますのでコストパフォーマンスもかなり良いです。

1滴だけで充分のびます!夏でもべたつきません。
これまで馬油を使っていたのですが、こちらの方が保湿具合が良いので最近はエミューオイルに切り替えています。
保湿力もあってとてもよく伸びていいなって思うのですが、若干、私にとってはエミューオイル独特のにおいを感じているため気になってしまう点がちょっと残念です。
色々使えますが基本的にスキンケアで使っています。
ただ、冬の乾燥時に有効ではあるのですが温度が低いと白く固まってしまうのでそこが使いにくいと感じます。
使う前に軽くぬるま湯などで湯煎して溶かしてから使うようにしています。

このように使用感、効果は実感できるといった反面、若干のにおいや低温で固まるという部分は不満に感じている人がいました。

エミューオイル配合の関連商品も続々登場♪

エミューオイルのメリットとして乳化しやすいという部分を生かしてエミューオイルを配合した商品というのも登場しています。
これらの商品であればオイルのみよりも扱いやすいのでまずはこちらをお試しで使ってみるのもよいですよね!

エミュープラスHi


エミューオイルと金箔、コンドロイチン、ヒアルロン酸、プラセンタ、グルコサミン、ジメチルスルホン(MSM)などが配合されているので腰や肩、膝の痛みに悩んでいる人に効くクリームになります。
階段の上り下り、正座、立ち座りが痛くてつらいと感じている人、そしてグルコサミンやコンドロイチンを飲んでいるけど効果を実感できないと感じている人におすすめです。
またスポーツをやる事によって痛みに悩んでいる人も利用しています。
浸透感も良く、エミューオイルが入っていてもにおいが気になる事がありません。
ザクロの香りで使いやすいです。
塗るだけでも良いのですが、軽くマッサージするようにケアして塗り続けてみて下さい。

足の痛みに悩んでいてシップを貼っても変化を感じなかったのですが、こちらのクリームを塗るようになってから改善してきています。
ひざの痛みに使っています。肌が弱いのでシップを長時間貼れないので塗るだけで良いこのクリームはとても使いやすいです。
首の痛みと腰痛で悩んでいました。
クリームを塗るようになってから首も動かしやすくなっているとだいぶ楽です。
夫婦で使っているのでなくなったらまた買うつもりでいます。

キダデラックス


米国の野口医学研究所と日本国内の(株)野口医学研究所との共同開発で作られたクリームです。
エミューオイルとグルコサミン、ジメチルスルホン(MSM)が配合されています。
エミューオイルを配合する事で肌の奥への浸透力が優れた関節栄養クリームです。

ひざの痛みで悩んでいる両親に購入しました。使い続けているようで以前に比べて膝が曲がるようになっていると言っていたのでなくなったらリピートする予定です。
腰痛の痛みがつらい時に使っています。
塗った瞬間、気分的に楽になるので効いてる~って感じます。もうかれこれ使い続けて三つ目です。
膝が痛いのがきっかけで購入して使いました。今は治ったので他に痛い場所が出た時に使うようにしています。
飲み薬みたいに胃が荒れるといった心配もないので良いですよね。

まとめ

話題になっているエミューオイルにこんなに様々な効果があるなんて、初めて知りました!
スキンケアもできて関節痛のケアもできるなんて、原住民の方たちが万能薬として使うのも納得ですね。
興味がある方はぜひ試してみてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事