あなたの顎や鼻、ザラザラしていませんか?そのざらつき、生活習慣や間違ったスキンケアから生じてしまうものなのです。
ざらつきの原因を知り、正しいスキンケアを行うことでツルツルの肌を手に入れましょう。
ざらつきの原因やざらつきに効果的なクレンジング剤・洗顔料を調べました!

【スポンサードサーチ】




顎や鼻がザラザラ…原因は角栓!

  • 顎や鼻がざらざらしている
  • 化粧をしても粉っぽく見えてしまう

というお悩みをお持ちの女性は多いようです。

その気になる顎や鼻のざらつきの原因は『角栓』です。

角栓は毛穴に詰まった皮脂や汚れ、角質のことを言います。角栓には細菌の侵入を防ぎ毛穴を守ると言った働きもあるので、一概に悪者とは言い切れません。
ですが、なんらかの理由によって角栓が大きくなると、顎や鼻のざらつきにつながってしまうのです。

顎や鼻は洗顔をしていても洗い残しやすすぎ残しが生じやすい部分です。
それだけではなく、角質が厚い上に、皮脂の分泌が多いTゾーンでもあります。角質も皮脂も多い部分でありながら、洗い残しやすい……ザラザラになりがちなのも納得です。

角栓は最初のうちは白いのですが、酸化してくると黒ずんでしまいます。黒ずんでしまったのがいわゆるイチゴ鼻。こうなってしまうと改善するのが難しいので、できるだけ早めの対策を行いましょう。

角栓が溜まってしまう主な原因は?

ターンオーバーの乱れ

角栓=油というイメージがありますが、実は角栓の70%はたんぱく質(角質)でできています。残りの30%が油分(皮脂)です。

角質とは皮膚の表面の細胞のことで、私たちは全身角質で覆われているんですね。
当然毛穴の内側のような細かい場所も角質で覆われています。健康な肌の場合、毛穴内部の古い角質は少しずつ定期的に剥がれ落ち、新しい細胞と変わります。

ですが、ターンオーバーと呼ばれる肌の新陳代謝が乱れていると、この肌の交代がうまくいかず、古い角質や未熟な角質が落ち切らず、毛穴の中で宙ぶらりんな状態になってしまうのです。
こうした角質の塊に皮脂や汚れが絡みつきどんどん大きな角栓になっていってしまうのです。

ターンオーバーが乱れる原因としては

  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • 加齢
  • ホルモンバランスの乱れ

などが挙げられます。

美肌の基本は生活習慣からです。食事バランスや睡眠を見直してみましょう。

間違ったクレンジングと洗顔


角質に汚れが絡みつくことで角栓は大きくなります。そのため、クレンジング剤にはある程度の洗浄力が必要です。
カバー力の強いクリームファンデーションやコンシーラーを使っているにも関わらず、クレンジング剤は洗浄力の弱いミルクタイプを使っているという方は要注意です。しっかりとメイクが落とせていないと、毛穴に汚れが残ってしまって角栓が肥大化してしまいます。

逆に、スキンケアのし過ぎで角栓が悪化することもあります。

通常、毛穴の中の角質や皮脂は皮膚のターンオーバーとともに自然に取れていきます。ですが、過剰なスキンケアや毛穴パック等で皮膚に強い刺激を与え、無理に角栓を取り除くと、皮膚は肌を守るために新しい角質や皮脂を過剰に生み出してしまいます。そして新たに生じた角栓を取り除こうと刺激を与え、さらにたくさん角栓が生じるという悪循環に陥ります。
強いクレンジング剤を使って毛穴の皮脂をごっそり取り除いたり、毛穴パックを使用したりするのは危険なのです。

クレンジングや洗顔は角栓ケアのカギを握っています。自分に合ったクレンジング剤や洗顔料を見つけその日のメイクに合わせて使い分けるようにしましょう。

乾燥


角栓はどちらかというと脂性肌の方に多いというイメージがありますよね。確かに皮脂の分泌が多い脂性肌の方は角栓ができやすいのですが、それと同じくらい乾燥肌の方も角栓が生じやすいのです。

乾燥肌の方の多くは、皮膚表面の肌のバリア機能がうまく機能していません。すると肌は摩擦や食べ残し・エアコンの風などの外部刺激によって傷つきやすくなってしまいます。するとそのダメージを修復するため新しい角質を大量に生産します。この角質は急ごしらえであるため質が悪く、未完全な状態になります。この未完成な角質が毛穴に詰まり角質を肥大化させるのです。

皮脂が多いからといって保湿をしないのは絶対にNGです。乾燥肌の方も脂性肌の方も、肌のバリア機能を高めるために、しっかりと保湿を行いましょう。

スポンサーリンク

まずはクレンジング&洗顔のやり方を見直しそう

クレンジング

クレンジングを行う際は、その日のメイクに合ったクレンジング剤を使いましょう

比較的落としにくいクリームファンデーションやリキッドファンデーション、皮脂崩れ防止下地などを使っている場合には、洗浄力の高いオイルタイプのものがおすすめです。
油分が少ないパウダリーファンデーションを使用している場合は肌に負担の少ないミルクタイプのクレンジング剤がおすすめです。
ふき取りタイプのクレンジングシートは便利ですが、強い摩擦が生じてしまうのでできるだけ使用しないようにしましょう。

クレンジングを行う際の注意点は、規定量をしっかりと使うということ。少なすぎると肌と手の間に摩擦が生じてしまいます。
クレンジング剤を手にとったら少量の水と混ぜ、温めてから顔に乗せましょう。油分と水と混ぜることで乳化という現象が起きます。乳化させることでクレンジング効果がアップします。

まずはアイメイク・リップメイクを落とします。
その後きれいな手にクレンジング剤を新たに取り、Tゾーン→頬の順にクレンジングを行っていきます。強い力でこすらず指の腹でくるくると円を描くように行ってください。時間は1分以内を目安にしましょう。それ以上長い時間行うと、必要な皮脂まで失われてしまいます。

すすぎは、ぬるま湯で数回に分けて行ってください。水ではクレンジング剤が固まってしまい落としきれないですし、お湯では肌へのダメージが大きすぎます。人肌より少し冷たいくらいがベストです。

洗顔

洗顔を行う場合、自分の肌質にあった洗顔料を選ぶことから始めましょう。乾燥肌の方には肌と同じ弱酸性のもの、毛穴汚れが気になる方にはクレイ(泥)入りのものや炭酸泡洗顔料がおすすめです。

洗顔は最高でも1日2回までにしましょう。朝と晩ですね。乾燥肌の方の場合、朝はぬるま湯で洗顔するだけでもOKです。

洗顔を行う前に手を清潔にし、よく泡立てます。泡立てネットなど使用し、時間をかけできるだけ濃密な泡を作りましょう。
そして指の腹を使ってTゾーン、頬の順に泡を乗せ転がしていきます。優しく摩擦を加えないように行いましょう。肌の角質層の厚さは0.07㎜から0.2㎜ほどです。コットンで擦っただけでも傷がつく薄さなので細心の注意で触るようにしましょう。

すすぎは、シャワーではなく手ですくった水で行った方が良いでしょう。シャワーの水圧も肌にとっては刺激となります。温度は人肌よりも少し冷たいくらいに設定してください。すすぎ残しがないように念入りにすすぎを行ったら完了です。

洗った後はしっかり保湿!


クレンジングや洗顔行った後は、皮膚が最もデリケートになっているタイミングです。そのため、洗顔後できるだけはやく保湿を行いましょう。お風呂からあがって体をふくよりも先にスキンケアを行うくらいのイメージです。

スキンケアにはビタミンC誘導体など毛穴対策に効果のある成分が配合された化粧水を使うとより効果的です。

乾燥が角栓肥大化の原因になると先ほどお話ししました。肌を外部刺激から守るためにも、しっかりと乾燥対策をする必要があります。
乾燥肌の方はセラミドやヒアルロン酸が配合されたクリームなどを使用すると良いでしょう。
脂性肌でニキビができやすい方には油分の少ないジェルタイプの化粧品がおすすめです。

角栓対策におすすめの洗顔料&クレンジングはこれ!

どろあわわ


どろあわわは、商品名にもあるように「どろ」を使って作られた洗顔料です。手をさかさまにしても落ちない、10円玉を乗せてもつぶれないほど濃密な泡が特徴です。雑誌などでもおなじみですね。

どろあわわには、ベンナイトとマリンシルトという2種類のどろが含まれています。
ベンナイトは火山灰が風化することでできた成分で、粒子が細かく毛穴に入り込み汚れを落とすことができます。国産のベンナイトが使用されています。
また、どろあわわに使われているマリンシルトは、沖縄の海底に存在した泥が隆起したもので、マイナスイオンを帯びています。汚れはプラスのイオンを帯びているので、マリンシルトのマイナスイオンで汚れを吸着し、落とすことができます。

さらに、豆乳発酵液やヒアルロン酸ナトリウム、サクシニルアテロコラーゲン、黒砂糖エキスといった保湿成分も配合されています。特に豆乳発酵エキスは、豆乳を発酵させることで分子を細かくし、肌への浸透効果を上げています。

毛穴の汚れをしっかりと落としつつも保湿効果があり、洗い終わった後もつっぱらないとても優秀な洗顔料です。

ヴァーナル


ヴァーナルの洗顔の最大の特徴は2種類の洗顔料によるW洗顔です。
ヴァーナルの洗顔料には、クレンジング機能が付いたアンクソープと、肌への刺激を抑えたセンシティブザイフの2種類があります。

アンクソープは、メイクだけでなく古い角質なども落としてくれる濃密な泡の洗顔石鹸です。ヴァーナル独自開発の肌に優しい石鹸素地をベースに、ホホバ種子油、ドクダミエキス、アロエエキス、カモミラエキスといったうるおい成分が配合されています。

一方センシティブザイフは、メイクが落ちた後の肌のキメを整える仕上げ用の洗顔石鹸です。シア脂やヒアルロン酸をはじめとしたうるおい成分がなんと16種類も配合されていてしっとりすべすべの肌に仕上げることができます。デリケートな肌にも安心して使用できる作りになっています。

汚れとメイクを重点的に落とすアンクソープと、キメを整えるセンシティブザイフ、2種類の異なる役割を持つ洗顔せっけんを併用することでより理想的な肌に近づくことができます

マナラ ホットクレンジングゲル


マナラホットクレンジングは94.4%が美容成分でできているクレンジング剤です。
ヒアルロン酸、スクワラン、ローヤルゼリー、セラミドなどがふんだんに配合されています。ホットクレンジングと名前にあるように、手に取ると温まり、温度によって毛穴を広げて汚れを落としやすくしています。雑誌等でもたびたび特集されているので名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

オリーブオイルとメドウフォームオイルといった保湿効果のある成分が毛穴の汚れを柔らかく溶かし、そこを吸着力のあるゲルが根こそぎ落とすというメカニズムでメイクを落とします。
ノイバラ果実エキス、アーティチョーク葉エキス、オウゴンエキスといった毛穴ケアに効果のある植物由来の成分も配合されているので毛穴が気になっているという方にもおすすめです。

さらに、肌を柔らかくする効果のあるオリーブ油脂肪酸エチルヘキシスがその後の化粧水などの浸透効率をアップさせます。さらに、水分バランスを整えるサボテンエキスも配合されています。無添加なのも安心ですね。

マナラホットクレンジングは、洗うたびに透明感がアップしていくクレンジングです。肌がじんわりと温まるようにメイクが溶け落ちていく感覚をぜひ実感してみてください。ちなみに、W洗顔不要まつ毛エクステOKです。

スキンビル ホットクレンジング


スキンビルのホットクレンジングもマナラと同様にホットタイプのクレンジングジェルなので、毛穴の中の汚れを温かさで溶かして落としやすくしてくれます。ジェルのテクスチャーは固めで弾力があるので肌と手の摩擦が生じにくく肌に刺激が少ないと言えます。
また、吸着ミネラルが配合されているので擦らなくても、簡単に汚れを毛穴から取り出すことができます。

スキンビルのホットクレンジングは99.7%美容成分で構成されています。はちみつや大豆油、ミツロウ、スクワランなど植物由来の成分を中心に19種類もの美容成分が使用されています。クレンジングをしながら肌を保湿してくれるアイテムです。

さらに、パラベン、エタノール、合成香料、タール系色素、鉱物油、紫外線吸収剤、シリコンなどは使用されていませんので、敏感肌の方でも安心です。こちらの商品もW洗顔不要、まつ毛エクステOKです。

リッチモイストクレンジング(肌ナチュール)


肌ナチュールのリッチモイストクレンジングは炭酸泡を使ったクレンジング剤です。クレンジング剤は、油分が多いものを使うと肌に必要な油分まで失われてしまう、さらに摩擦を加えることでダメージを与えてしまいますが、このリッチモイストクレンジングは、油分ではなく炭酸でメイクを落とすというアイテムです。

炭酸の泡には汚れを浮き出させる効果があり、クレンジング効果も十分期待できます。炭酸ヘッドスパなどを取り入れている美容院も多いですよね、
またそれだけでなく、古い角質を徐々に柔らかくし取り除くことで肌のごわつきを改善させます。それによって化粧水などの浸透もよくなります。炭酸には血流を良くする働きもあります。

近年日本でもブームになっている炭酸泉。1000ppm以上の炭酸が含まれていれば高濃度炭酸泉と呼ばれます。肌ナチュールのリッチモイストクレンジングには、3500ppmもの炭酸が含有されています。かなりの高濃度炭酸だということが分かります。クレンジング後にもう1度泡を顔に乗せて、炭酸パックとして使用することもできます。

リッチモイストクレンジングには、吸着型ヒアルロン酸、ナノコラーゲン、濃密プラセンタなどをはじめとする53種類もの美容成分も配合されています。炭酸のパワーと美容成分によってダメージを最小限に汚れを落とし、さらに保湿やエイジングケアもできるという優秀なクレンジング剤です。W洗顔不要です。

角栓ケアで絶対やってはいけないことは?


顎や頬がザラザラしているからと言って、強くこすったり、角栓を押し出したりするのは逆効果です。絶対にやめましょう。皮膚が傷つき、肌を守るために余分な皮脂が分泌されてしまいます。
ピンセットで角栓をつまみ出すのもNG。皮膚とつながっている部分が傷ついてしまいます。

また、毛穴パックなどの刺激が強いスキンケアアイテムの使用も避けたほうが良いでしょう。一見角栓がたくさん取れているように感じて、気持ちいいかもしれませんが、角栓以外の部分に皮膚にも負担がかかってしまっています。

まとめ

顎や鼻のざらつきの正体は角栓だということが分かりました。角栓はとてもやっかいなもので、なかなか即効性のある対策はありません。
ですが、クレンジングや洗顔・保湿といった日々のスキンケアの積み重ねで改善することができます。自分に合ったスキンケアアイテムを見つけて、コツコツと対策を行いましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事