メイクをする際に意外に時間がかかってしまうのが「気になる部分をカバーする」事。
以前はコンシーラーとか使って丁寧にやっていたけど、やっぱり忙しい朝は時間を短縮させたい!という事でBBクリームを使っているという人が増えてきています。
何となく肌のカバーやファンデーション代わりに使っているという人も多いけど、BBクリームの役割とかってあまり考えた事がないですよね。
それに最近だとCCクリームとかも出てきて何が何だか・・・という部分もちょっと思いませんか?
そこで今回は改めてBBクリームについて注目してみました
BBクリームの意味やおすすめの商品なども含めてご紹介します!

【スポンサードサーチ】




そもそもBBクリームとは?


BBクリームは元々はBlemish Balm(ブレミッシュ バーム)を略しています。

Blemishは美に影響を及ぼすような傷や欠陥、汚点といった意味合いがあり、Balmには香油といった意味合いがあります。
香油と聞くとサラサラしたオイルっぽいイメージに考えるかもしれませんが、どちらかというとリップバームのように軟膏状になっているようなイメージで考えたほうが良いでしょう。

つまりシミやくすみなど見た目的にも気になる部分をカバーするアイテムという事ですね。
このそれぞれ頭文字をとってBBクリームと名前が付けられました。

元々は外側からくる刺激から肌を守る目的で作られた医療用軟膏としてドイツで使われていました。
BBクリームと聞くと韓国から来たイメージが強かったのですが元々はドイツだったんですね。

以降、韓国では整形大国ともいわれているだけにレーザーを使った美容整形やピーリング治療というのは多く行われており、治療時にかかるお肌へのダメージに対して治療する目的でBBクリームを使う頻度が多くなってきました。

このように最初は医療用だったのですが、保湿効果やお肌への再生効果に加え、気になる部分へのカバー力や美容成分、UVケア効果などをプラスして日常でも使いやすいように変化していったものが今、BBクリームとして使われるようになりました。
その後、韓国から日本へ上陸すると比較的早く話題になりましたよね。
お肌へのカバー力がある!という事で多くの人が愛用するようになりました。

BBクリームの特徴・メリットは?

それではBBクリームにはどのような特徴があるのでしょうか?いくつか見てみましょう。

色々な機能があるオールインワン!時短メイクが可能!


BBクリームは各メーカーが販売している商品によって配合されている成分などに違いがありますが、多くの商品が色々なアイテムと同じ機能を兼ね備えているオールインワンの状態になっています。
つまりこれ一つで美容クリーム、化粧下地、ファンデーション、コンシーラーなどの機能が含まれていたり、商品によってはさらにUVカット機能もプラスされているものもあるのです。

これらを順番に塗っていくだけでも結構、時間がかかるのでBBクリームを使う事によってかなりの時短が出来るようになります。

コストパフォーマンスも良い


コスメを買い揃えるのも結構、お金がかかるというデメリットがこれまでありましたよね。
美容クリーム、化粧下地、ファンデーション、コンシーラー、日焼け止めと別々に購入していたのですが、これらがBBクリーム1つ購入するだけという違いが出てきますので、かなりコストパフォーマンスも良くなります

カバー力がある!


メイクの際に気になるシミや毛穴などもカバーしてくれるので便利です。

乾燥肌の人にもおすすめ

BBクリームは保湿成分が入っているものが多いので、ファンデーションだけでは肌が乾燥してしまうという人におすすめです。

紫外線が気になる人にも


ファンデーションにもUVカット効果があるものもありますが、BBクリームは比較的UV効果が高いものが入っているので、BBクリームを使うだけで紫外線対策に役立つ商品が多いです。
UV効果があるという事は、これから出来てしまいそうなシミやシワの予防にも役立つ事にもなります。

クレンジングが楽なものが多い!


ファンデーションの場合、なかなか落ちずにしっかりとしたクレンジングを使ったりして肌を痛める可能性もありますが、BBクリームの場合、比較的洗顔だけで落とす事が可能な商品も多いので肌への負担も少なくなります。

このような特徴やメリットがありますので、1つは持っておきたいアイテムになります。

スポンサーリンク

BBクリームとCCクリームの違いは?


BBクリームを愛用している時に最近、CCクリームという言葉を目にするようになりました。

  • BBクリームと何が違うの?
  • どっちが良いの?
  • もうどっちでも一緒なんじゃないの?

と思ってしまいがちですが、若干の違いがあります

CCクリームはBBクリームのように頭文字をとってCCクリームと呼ばれていますが、CCの略はカラーコントロールクリームやコンプリートコレクションクリームといった具合に呼び方がメーカーによって違いがあるようです。
用途としてはBBクリームと同じようにオールインワン的な利用が出来るといった点があります。

BBクリームは美容整形の施術後などの傷跡のカバーや保湿効果で肌を守るといった目的などでカバー力が優れているという部分があるのに対し、CCクリームは色の補正機能などを利用しつつ肌をカモフラージュするような感じで自然な仕上がりになるといった違いがあります。

こうやって見ているとCCクリームの方が良さそう?と思う人もいるかもしれませんが、薄めにつく傾向がありますので、シミやくすみ、毛穴など肌の気になる部分をしっかりとカバーしたいと思っている人にとってはやはりBBクリームの方が優れているという点があります。

人気BBクリーム口コミ評価が高いランキングTOP9

BBクリームは今では多くの種類が出ているので選ぶ時には迷いますよね。
どういった点が優れているのかとかも気になりますが、実際に使ってみた人の感想とかを聞いてみるととても参考になります。
そこで今回は人気のあるBBクリームをご紹介します。
口コミ評価もご紹介しますので、自分に合ったBBクリームを見つける時の参考にしてみて下さい!

アテニア BBクリーム


これ1本で美容液、UVケア、化粧下地、ライトメーク、コンシーラ、そして隠しピンク設計ともいえる「華」といった具合に6役をこなしてくれるBBクリームです。
ナチュラルとライトの2色があり、気になる箇所はカバーしつつ、ツヤと血色感を与える仕上がりになります。
ピンクローズピグメントというバラの花弁のようなパウダーに乱反射効果がありますので色ムラもカバーして自然に仕上がります。
ムースのような軽い使い心地です。

マットな仕上がり感があり気に入っています。
夏のメイクも結構崩れないで頑張ってくれていますのでりピ予定です。

これまで韓国製のBBクリームって白っぽくて色が合っていなかったけどこれは肌の色も近いし良かったです。

肌の色と合っていたのでやっと自分好みのクリームを見つけた!って思っていたのですが、湿疹が出来るようになってしまったので断念。私には合わなかったみたいです。

【ディセンシア】アヤナス BBクリーム


外部刺激からのブロック、エイジングケア、保湿、薄化粧、化粧下地、毛穴補正、UVカットと7役をこなしてくれるクリーム。
スムースクリアビーズが含まれているので毛穴などの凹凸をカバーしつつ光の乱反射効果も併せてきれいな肌へ仕上げてくれます
グロースキン設計を採用しているので、お肌のカバーとツヤ出し効果、そして黄ぐすみを防ぐ仕上がり効果があります。
ヴァイタサイクルヴェールやコウキエキス、CVアルギネート、ヒアルロン酸、グリチルリチン酸2Kなどの配合でお肌の保湿、抗炎症、コラーゲンの再生促進、外部刺激ブロックといった効果もありますので敏感肌のケアをしながらもエイジングケアをする事が可能です。

カバー力もあってお肌には優しいんですがカラー的に白っぽいと感じます。
オークル系とかもあればいいのに・・・。

色はしっかり目なのでシミとかはある程度カバーしてくれます。
乾燥もしないので冬時はすごく良いです。
ただ、夏になると化粧崩れしやすい方だなって感じます。

乾燥肌気味なんですが、保湿効果もあるので伸びが良いです。
でも、時間が経つとちょっとよれてきてしまうのが残念。

セパルフェ BBクリーム


お肌に負担のかかる成分といわれている紫外線吸収剤や鉱物油、パラベンや合成香料といった成分を使用していないノンケミカルBBクリームです。
なのにUV効果がSPF50+/PA+++としっかりとブロックしてくれます。
超微粒子設計のクリームなので気になる細かい部分もしっかりとカバーしてくれ、キラキラ透明感のあるクリスタルパウダーを使う事で明るい肌に仕上げてくれます
トリプルヒアルロン酸、和漢植物エキスを配合する事でメイク中にもしっかりと素肌ケアをしてくれます♪

ノンケミカルという事で肌にも負担が少ないので使っています。
ただ、長時間だと肌のくすみが気になってくるので長時間には向いていないかも。

友達からプレゼントでもらいました!使っている時の質感とかは気に入っているしカバー力もあります。
でも私の場合、朝につけて夕方ぐらいになるとくすんでしまいます。

結構きれいに仕上がるし、カバー力もあります。
ノンケミだというのがいいですよね!最初小さ目だからすぐなくなっちゃうかな?と思いましたが2か月ぐらい持ちました。

マナラ BBリキッドバー


下地、美容液、日焼け止め、コンシーラー、ファンデーション、コントロールカラーと6役もこなしてくれるバータイプのBBクリームです。
とろけるようなテクスチャーなので肌への伸びも良く、ブライトピーチパウダーを配合する事でくすみ対策も出来、血色の良い肌色に仕上げてくれます
そしてスーパーソフトフォーカスパウダーと凸凹修正ネットが光を拡散する効果があるので、シミやシワ、毛穴をしっかりとカバーしてくれます。
美容液成分も94%と高配合なのでお肌の潤いケアもしてくれ、UV対策もSPF35/PA+++、4種類のビタミンC誘導体を配合しているので、紫外線によるシミやたるみ予防にもなります。
更にタール系色素、エタノール、合成香料、パラベン、鉱物油、紫外線吸収剤、石油系界面活性剤と7種類の無添加にこだわっていますので、お肌にも優しいです。

カバー力もあるし、ホットクレンジングも一緒に使っていて何だか毛穴が小さくなってきている感じです。

夏に使っても崩れにくいのがすごいと思います!

初めてのバータイプのBBクリーム。使いやすいです。
しっかりとシミも隠せているし時間が経ってもヨレにくいです。

桜花媛ナチュラルBBクリーム


下地、美容液、コンシーラー、ファンデーション、UVカットの5役をこなしてくれるBBクリーム。
韓国製のBBクリームが肌に合わない!と感じている人にはお勧めの日本製です。
肌の色も4色そろえてありますので合わせやすいです。
また、初回購入に関しては色交換サービスもありますので安心です。
植物性の保湿成分を配合しており、UV対策もSPF30、PA+++と紫外線対策もばっちりです。
鉱物油、パラベン、紫外線吸収剤、合成香料などを使用せず作られています。

肌が弱い方なのですが、肌トラブルもなく使えています。
ピンク系の色があるのがいいですね!

もう2年ぐらい使っています。簡単にベースメイクが出来て気になる部分はカバーしてくれるのがいいです。

色々なBBクリームを使ってきましたが、肌も荒れずにしっかりカバーしてくれるBBクリームはこれです。ずっとりピして使っています。

ベビーピンク BBクリーム


乳液、美容液、クリーム、UVケア、化粧下地、ファンデーション、コンシーラー、フェイスパウダーと8役もこなしてくれるBBクリームです。
ピンクとホワイトのWパールを配合、そしてホワイトボタニカル成分を配合しています。
UV対策はSPF44、PA+++なのでしっかりと日焼け止め効果もあるのに紫外線吸収剤を使ってないノンケミカル処方、香料が無添加で作られています。

肌への伸びがとてもよく、毛穴とかにたまる事もなく使えています。
香料が使われていないから若干、においが気になるかもしれませんが私は大丈夫な範囲です。

日焼け止めと肌を軽くメイクするのに使っています。
小さいからすぐなくなっちゃう?と心配でしたが、肌への伸びが良いので結構使えますよ。

BBクリームの割にお手頃価格。お肌へのカバーもしてくれている感じがします。

MISSHA BBクリーム UV SPF40 PA+++


UVカット、化粧下地、ナチュラルカバーファンデーション、美容クリームが一つになった韓国製のBBクリームです。
わずか1分でベースメイクが完了します。

ドラッグストアで購入しました。
カバー力はあるんだけど、ちょっと肌の色が合わなかったかなー。
もうちょっと明るめが良かったです。

カバー力は結構あります。
ただちょっと使っている時に香りが気になるというか・・・。次はリピするかちょっとわかりません。

しっかりカバーしたい!と思っている私にとってはこれはお気に入り。
夏でも崩れにくいです!

エテュセ BBミネラルクリーム


美容液、化粧下地、日焼け止め、毛穴カバー、コンシーラー、ファンデーションと6役をこなしてくれます。
UVカットに関してはSPF30 PA++です。
そして皮脂が毛穴にたまってしまうようなコメドを予防するケアも出来ます。
スキンケア成分が79%、ベビーミネラルパウダーが配合されているのでサラサラした使い心地です。
弾力性のあるゲルの凹凸クリアコンプレックスがお肌の凸凹をカバーしてくれます。

つけた感じがすごく良いので気に入っています。
カバー力はちょっとない方かも・・・

肌へのなじみが良いのでBBクリームをつけた時に違和感を感じている人にはお勧めです。

肌への伸びが良いし、白浮きしないでお肌をカバーしてくれるので気に入っています。
血色良く仕上がりますよ♪

マキアージュ パーフェクトマルチベースBB


スーパーヒアルロン酸を配合したまるで濃密美容液のようなBBクリーム。
光の効果で気になる色ムラや毛穴をカバーしてくれます。
化粧下地とUVカット効果もあります。
10時間化粧持ち(資生堂調べ)といったデータも取得しています。

色ムラが出来る事も無いしきれいに仕上がります。
時間が経ってもあまり化粧が寄れることもないのでリピートしたいと思っています。

化粧下地代わりにこれを使っています。
UVカット効果もあるし、美容液効果もあって肌への伸びがすごく良いです。

すごいです。
化粧崩れしないから午後に化粧直しする事も無く過ごせています。

BBクリームの効果的な使い方

BBクリームを使い始めてみたけど、いまいちカバーしきれない?使いこなせていないかも・・・という悩みがあるようでしたら使い方を見直してみると良いかもしれません。

スキンケアをしてから使いましょう


お肌が乾燥している状態の時にBBクリームを塗るとメイクが崩れやすくなります。
化粧水や乳液などを使って適度な保湿を行ってからBBクリームを塗る方がクリームの伸びも良くなりますし、メイクの持ちも良くなります。

日焼け止めも併用すると良いです


お肌へのダメージを防ぐ事を考えるとBBクリームだけでもUVカット効果がありますが、汗をかいたりする事も考えてBBクリームを塗る前に日焼け止めを塗っておくと更に紫外線によるダメージを防ぐ事も出来ますよ!

量は大丈夫ですか?


ちょっとでもコスパ面が気になって少ない量を塗っているという人もいますが、結構これが色ムラが出来る仕上がりになってしまうのです。
商品ごとにもし1回分の目安量がかかれていたら参考にする、もしくは目安量が書かれていない場合はパール粒大ぐらいの量を使うようにしてみましょう。

顔全体にしっかりとのばす


まず、顔のおでこ、鼻、あご、両方のほほと5か所にBBクリームを乗せるようにします。
そして顔の中心から外側に向かうような方向で伸ばしていくようにします。
鼻の部分は上から下に伸ばすような感じです。
塗っていて指に残ったBBクリームは目元や気になる部分に伸ばすようにしてみましょう。

スポンジとパウダーも使うとより効果的


BBクリームを伸ばした後、スポンジを使って押さえるようにして馴染ませると余分な皮脂をとってBBクリームが肌につきやすくなるので、時間経過による崩れも起こしにくくなりますし、仕上がりがきれいになります。

また、時間経過によるメイクのヨレを防ぐ対策としてBBクリームをつけた後にパウダーを軽くはたいておく事をおすすめします。

選ぶ際には実際に肌につけて試す


BBクリームを選ぶ際に出来るだけ自然に近い仕上がりにするためにも直接、自分の肌につけて質感や色が自分の肌に近いものを選ぶようにして下さい。
ちょっとでも肌を明るく見せたい!と思って肌の色より明るいカラーを選んでも肌の色が合っていないと顔だけ浮いたような不自然な仕上がりになってしまうので注意して下さい。
自分の顔の肌の色に近いBBクリームを選ぶようにしましょう。

まとめ

BBクリームにどんな役割があるのかが分かると、使わないと損なアイテムだってことが分かると思います!
数多くBBクリームが販売されていますが、大切なのは自分のお肌にあうかどうか。
色々試して、自分の肌質と肌色にあうBBクリームを見つけましょう♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事