洗顔石鹸が肌に優しいと言われていますよね。
「でもどんな洗顔石鹸がいいのかわからない」
「たくさんある石鹸の中からどうやって選べばいいの?」
という方のために、肌タイプ別のおすすめの洗顔石鹸とその口コミをご紹介します!ぜひ参考にしてくださいね!

【スポンサードサーチ】




普通の洗顔フォームと洗顔石鹸は何が違う?


洗顔フォームと洗顔石鹸の最大の違いは、合成界面活性剤が使用されているかどうかです。

ほとんどの洗顔フォームには合成界面活性剤という成分が配合されています。これは食器用洗剤や洗濯用洗剤・シャンプーなど、泡がたつもののほとんどに配合されています。泡立ちが良いのが特徴です。
しかし、洗浄力が高すぎて肌に必要な皮脂も落としてしまうというデメリットがあります。食器用洗剤を使ってお皿を洗うと手荒れしてしまうのもこれが原因です。

一方、洗顔石鹸の成分のほとんどは石鹸素地です。石鹸成分によって汚れを落とすことができるのです。

石鹸で洗うのと合成界面活性剤入りの洗顔フォームで洗うのを比較すると、洗顔石鹸を使用するほうが肌への負担は少ないと言われています。

洗顔石鹸のメリット・デメリットまとめ


洗顔石鹸は界面活性剤が使用されていないので、洗顔フォームよりも肌に優しいというメリットがあります。また、添加物が配合されていない製品が多いのも特徴です。

洗顔石鹸のデメリットとしては、石鹸はアルカリ性のため、肌が極端に弱いという方には洗浄力が強いかもしれません。そういった方はコストはかかりますが、合成界面活性剤不使用の弱酸性洗顔フォームを使用したほうがいいかもしれません。

また、使用感が洗顔フォームに劣るという点があります。
洗顔フォームには界面活性剤が使用されているので泡立ちは抜群です。一方で、洗顔石鹸をたっぷり泡立てるのは石鹸単体ではかなり難しいです。洗顔石鹸を使用する際には泡立てネットが必要不可欠ですね。

スポンサーリンク

自分の肌にあった洗顔石鹸の選び方は?


脂性肌の方や、毛穴のつまりが気になるという方は、洗浄力の強いクレイ洗顔や酵素系洗顔料がおすすめです。

乾燥肌・敏感肌の方には、刺激の少ない無添加処方のものや植物由来成分でできた洗顔せっけんがおすすめです。泡が濃密なものの方が肌と手の間に摩擦が生じにくいので肌に優しいので、泡立ちも選ぶ際のチェックポイントにするとよいかもしれません。
肌が弱い方は、使用する前に二の腕などでパッチテストを行うようにしてくださいね。

それでは肌タイプ別に人気の洗顔石鹸をご紹介していきたいと思います!
なかなかお気に入りの洗顔石鹸が見つからない、探しているという方はぜひ参考にしてみてください。

【肌タイプ別】人気の洗顔石鹸の口コミ・評判

▼にきび・毛穴の汚れが気になる人

ヴァーナル


ヴァーナルの洗顔せっけんには2種類あります。
1つはメイクや古い角質などの汚れを落とすクレンジング洗顔のアンクソープ。
2つ目は肌への刺激を最小限に抑えながらキメを整えるセンシティブザイフです。

クレンジング洗顔であるアンクソープには、ホホバ種子油、どくだみエキス、アロエエキスといった美容成分が配合されています。もっちりとした濃密な泡です。
センシティブザイフには、シア脂やヒアルロン酸といった保湿効果の高い成分がなんと16種類も配合されています。

これらの2つの洗顔を用いW洗顔を行うのがヴァーナル流のスキンケアです。異なる役割を持つ2つの洗顔せっけんを駆使することで、汚れをしっかりと落としキメの整った肌を作り出すことができます。

ニキビが若いころからずっとあって、コンプレックスでした。今まで、何十種類もの化粧品を使ってきたのに洗顔を変えるだけで治るなんて驚きでした。もっと早く出会いたかったです。
ヴァーナルのダブル洗顔をやりはじめてから1か月です。最初は少し面倒くさく感じていましたが、すぐになれました。顔がワントーン明るくなりました!
最初は石鹸でメイクが落ちるのか半信半疑でしたが、こすることなく泡だけでするっとしっかり落ちました。毛穴の汚れや角栓もなくなってきました!
ヴァーナルについてもっと詳しく↓

NonA ノンエー


NonAはニキビを予防する石鹸を作るというテーマで開発された洗顔石鹸です。肌トラブル相談室に寄せられた7万件もの相談内容を分析し作られた洗顔石鹸で、テレビ番組でオネェ系美容家のおぐねーこと小椋ケンイチさんが紹介したことでも話題になりました。

通常の固形せっけんに使われている石鹸素地の代わりに、カリ含有石鹸素地を使用しています。こうすることによって、通常よりも約4倍弾力のある濃密な泡を作ることができるのだそう。カリ含有石鹸素地を使った石鹸は、通常の石鹸と比べて脂肪酸イオンが多く配合されており、保湿効果が高いという特徴があります。また、すすぎ残しが生じにくいというメリットもあります。

NonAには、肌にアミノ酸など栄養を届けるローヤルゼリー、強い保水力を持つヒアルロン酸、肌を外部刺激から守るリピジュアといった保湿成分も配合されています。
無添加処方なので敏感肌の方でも使用することができる洗顔石鹸です。

ニキビが多かった友人に久しぶりに会ったらかなりの美肌になっていて、どうしたのかと聞くとこの石鹸を使っていると教えてくれました。早速私も購入し、使ってみました。肌の調子がいいです!
こめかみのあたりにずっとあった慢性的なニキビが2週間くらいで完全になくなりました!今後も継続して使います。
泡は本当にもこもこです。乾燥肌なのにニキビができるという肌質ですが、問題なく使えています。顔だけでなく体のニキビにも効果があります。
NonA ノンエーについてもっと詳しく↓

いつかの石けん


肌のターンオーバーが乱れると、古くなった角質が剥がれ落ちず、シミになったり角栓が肥大化したりしてしまいます。いつかの石けんは、肌トラブルの原因である古い角質を落とす酵素プロテアーゼが配合された洗顔石鹸です。
角質はたんぱく質で出来ています。プロテアーゼはそのたんぱく質を分解する酵素なので、古い角質を溶かしながら除去することができるのです。古い角質を除去することで、毛穴に詰まった角栓を小さくしたり、肌のごわつきを改善したりすることができるんですね。

いつかの石けんは普通の石けんと少し違う使い方をするのが特徴。石鹸をネットで十分に泡立てたのちに、泡を肌に置き20~30秒待ちます。その後冷水で洗い流すだけで完了です。こする必要も、ぬるま湯を使う必要もありません。これだけで十分に汚れが落ちるので、お肌に摩擦が起こることもありません。

余分な美容成分は配合せず、シンプルな成分にこだわって作られた石鹸です。工場ではなく会社が直に製造しているのも安心ですよね。

毛穴のプツプツが気になって購入。正解でした!毛穴がツルツルになって顔もワントーン明るくなってメイクが楽しいです。
敏感肌なので合わないかなと思いながらも試してみましたが、今のところ肌トラブルは起きていません。日に日にシミが薄くなっていくのを実感しています。洗顔でここまで効果があるのはすごいなと思います。
こちらの商品で1か月毎日泡パックをしていました。普通にクレンジング後に使っています。鼻のくろずみが改善されてきています。リピート決定です!

肌のくすみやシミが気になる人

どろあわわ


どろあわわは泥(クレイ)を使用した洗顔です。固形石鹸ではありませんが、それ故に泡立ちがとてもよく、つぶれにくいモチモチの濃密な泡が特徴です。

どろあわわに使用されている泥はベンナイトとマリンシルトです。どちらも粒子が細かく、毛穴の奥の汚れまで吸着することができます。マリンシルトはマイナスのイオンを帯びており、プラスのイオンを帯びる汚れを磁石のように集めて汚れを落とします。

保湿成分として豆乳発酵液やヒアルロン酸ナトリウム、黒砂糖エキスなどが配合されており、洗顔後のつっぱりが気になる方でも使用できます。

イチゴ鼻に効果があると聞いてどろあわわを使いました。ほんとうに濃密で弾力の泡に驚きました。毛穴までさっぱりします!メイクノリもよくなるのでここぞという日には泥パックのように顔において使っています。
くすみや顔の色ムラが気になっていました。どろあわわは、1度使っただけで、肌が一回り明るくなったように感じたので継続して使いたいと思っています。
ほかのクレイ洗顔も使ったことはありますが、これが一番スッキリします。その割に乾燥やツッパリを感じません!
どろあわわについてもっと詳しく↓

二十年ほいっぷ


二十年ほいっぷはくすみ対策に特化した洗顔料です。

くすみの原因は2つあります。1つ目は肌表面の角質層に汚れがこびりつくこと。2つ目は皮膚の乾燥によって角質が厚くなってしまうということです。
この2つを同時に解決することはとても難しいのです。角質層の汚れを落とそうと強い洗顔料を使うと、乾燥が進み、角質の厚化が悪化してしまうからです。この矛盾した2つのくすみの原因を解決するために開発されたのが二十年ほいっぷです。

二十年ほいっぷは、独自の窯練り製法によって製造されています。この製法で作られた泡は超極小の濃密泡です。そのため、泡が割れることなく汚れを絡み取ることができます。この泡によって皮脂膜の汚れをきれいに取りさることができるんですね。

また、二十年ほいっぷにはチーズなどを製造する際に生じるホエイが配合されています。ホエイは肌の角質層に水分を送り込み、保持する力がある美容成分です。この成分によって角質層の乾燥を改善することができるのです。

二十年ほいっぷは、濃密泡とホエイの力で相反する2つのくすみの原因を解決して、透明感のある女優肌を作り上げることができる洗顔料ということですね。

30を過ぎてからくすみがひどくなって、老けた印象になってしまいました。二十年ほいっぷを1度使ってみたら、顔がほんのり明るくなりました!もっと続けてみたいです。
二十年ほいっぷを使ってみて、顔のザラザラや黒ずみ、色むらが改善されたように思います。エステ後みたいな肌になれました!
二度洗いでファンデーションも落とせるので便利です。顔のくすみやざらつきもよくなりました。Tゾーンもテカらないし、乾燥もしません。
ほかのクレイ洗顔も使ったことはありますが、これが一番スッキリします。その割に乾燥やツッパリを感じません!
二十年ほいっぷについてもっと詳しく↓

VCOマイルドソープ


VOCマイルドソープのVOCはヴァージンココナッツオイルのことで、ヤシ油がたっぷり配合されています。ヤシ油はココヤシの実から取れる油分のことで、ラルリン酸が含まれています。ラルリン酸は皮脂や母乳ととてもよく似た成分。そのため肌へのなじみが良く、優しく肌を保護してくれます。

通常のココナッツオイルは、ココヤシに漂白剤や添加物を入れることで人工的にオイルを抽出したものです。一方でヴァージンココナッツオイル(VOC)は、加熱処理や化学的な処理を行わずに、自然に分離するのを待ってから抽出しています。
そのため肌への刺激も少なく、ラウリル酸などの栄養素も損なわれていません。VOCマイルドソープは肌に優しいヤシ油を使っているということですね。それに加えて、ヒアルロン酸Naなどの保湿成分も配合されています。無添加せっけんなので敏感肌の方でも使用できます。

3時間たってもなくならないほど濃密な泡も特徴の1つです。

乾燥肌です。とても濃密な泡で肌に触れることなく洗うことができました。しっとりした仕上がりでまったくつっぱりません。
VOCにはアンチエイジング効果があると聞いてVOCマイルドソープを購入しました。ほんとうに赤ちゃんの肌のようにつるつるになります。
乾燥肌ですが、肌がピリピリすることはありませんでした。W洗顔でもメイクが落とせます。泡が吸い付く感じがしてとても気持ちいです。

敏感肌の人

ガミラシークレット


ガミラシークレットは、15種類以上の植物ハーブや植物オイルが使用されている100%植物由来の洗顔石鹸です。

食してもおいしいシリアンオリーブのエキストラバージンオリーブオイルを1個あたり1リットルも配合されているのが特徴です。オリーブオイルは保湿効果が高く、肌に優しい成分です。ほどよく粘り気もあるため、濃密な泡を作ることもできます。
オリジナル、ゼラニウム、スペアミント、ラベンダー、ローズマリーの5つの匂いが選べます。とても良い香りなので、リラックス効果が期待できます。

混合肌ですが、しっかり洗えている割に、つっぱることもないのでとても気に入っています。ラベンダーの香りを使っています。リラックスできます!
粉をふくくらい乾燥していましたが、1か月くらい使っているうちに、肌が柔らかくなっていきました。ほんのりオリーブの香りがするオリジナルが気に入っています。
とてもしっとりします。全身に使っています!肌がもちもちになります。
ガミラシークレットについてもっと詳しく↓

NOVソープ


NOVは臨床皮膚医学に基づいて敏感肌・乾燥肌の方のためのスキンケアアイテムを開発・販売しているメーカーです。

NOVのDソープは1987年から販売されているロングセラー商品。高級植物性油脂であるパルミチン酸、ミリスチン酸、ステアリン酸、オレイン酸を使用しています。刺激が少なく、肌に残りにくいのが特徴です。
また、アルギニンやスクロースといった保湿成分が配合されています。汚れをしっかりと落とし、うるおいは残す低刺激な洗顔石けんです。その他のスキンケアアイテムとライン使いするのもおすすめです。

皮膚科医に勧められて購入しました。赤みやかゆみがひどかったのですが、徐々に改善されてきました。
アトピーの子供のために購入。今のところトラブルはないので合っていたようです。合っているものを見つけるのが難しいので本当にうれしいです。
大人ニキビと乾燥に悩まされていました。ニキビは改善しましたし、つっぱることもないので調子がいいです。

カウブランド(牛乳石鹸) 赤箱


ドラッグストアでも販売されているおなじみのロングセラーのカウシリーズ。昔ながらの鎌滝法で製造されています。カウシリーズには赤箱と青箱があります。
赤箱はクリーミーな泡としっとりとした洗い上がりなのが特徴で、ローズ風の香りです。青箱はさっぱりとした仕上がりでジャスミン風の香りです。

とてもリーズナブルな価格にもかかわらず、ミルク成分やスクワランといった保湿成分がしっかりと配合されています。使用されているのは、食用にも使えるほどの新鮮な牛乳から作られるミルクバター。肌を滑らかにし、キメを整える働きがあります。

安くて余計なものが入っていない感じがして気に入っています。しっとりします。
青箱よりも赤箱が好きです!クリーミーで顔も体も洗っています。
昔から我が家ではこれでした。一回もトラブルが起きたことはありません。

洗顔石鹸を更に効果的に!正しい洗顔方法を知っておこう

洗顔石鹸を使用する場合、何よりも重要なのはしっかりと泡をたてるということです。泡立てネットを使って数分間かけて濃密な泡を作りましょう。

その後、清潔な手でTゾーン頬の順で泡を乗せていきます。
肌を直接触らないイメージで、泡を指の腹でくるくると動かします。この時に肌と指が触れてしまうと、それが原因で肌荒れにつながってしまうこともあります。できるだけ優しく、お肌と摩擦が起こらないように洗っていきます。

洗い終わったら、人肌よりも少し冷たい32度くらいのぬるま湯で数回に分けてすすぎましょう。
すすぎ残しは厳禁!すすぎ残しも肌荒れの原因となってしまいます。特に髪の生え際などはすすぎ残しが発生しがちですから、しっかりと流してくださいね。

まとめ

洗顔石鹸には様々な商品があることが分かりましたね。自分のお肌に合った洗顔石鹸を見つけて肌トラブルを改善していきましょう!
今まで適当に洗顔していた、という方は洗顔方法も見直してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事