今までBBクリームを愛用していた女性たちがこぞって注目し出したコスメ。
それがCCクリーム そのアイテムは幅広く、ブランドメーカーのCCクリームから、プチプラ御用達のCCクリームまで多岐に渡ります。
もしかしたら皆さんの中にもCCクリームの愛用者がいるかも知れませんね。
なので今回は人気CCクリーム8選の口コミ・評判を徹底比較!おすすめはどれなのか?までをご紹介!
と言っても、もしかしたらCCクリームという物自体をよく知らない人もいるかも知れません……そこでまずはCCクリームの基本的なこと、BBクリームとの違いをお教えしましょう(*´∀`)ノ

【スポンサードサーチ】




そもそもCCクリームとは?特徴は?


CCクリームとは「Color Control Cream」。
「カラー」「コントロール」クリーム、もしくは「Complete Corection Cream」。
「コンプリート」「コレクション」クリームの途中の頭文字を取って、CCクリームと呼ばれます。
つまりは下地と肌色の調整をすることがCCクリームの用途ということになりますね。
使うことで化粧下地になるだけでなく、肌のポイントを自然にカモフラージュして整える働きをしてくれます。

しかしこれは基本的な話で、種類によってはクリームの上にファンデーションが必要になるもの、ファンデーションも入ったオールインワンのような働きをしてくれるクリームまで。
スキンケア、日焼け止めなどの効果も併せ持った物があり、幅広く展開しているアイテムというのがCCクリームの特徴でしょう。

「だけどそれならBBクリームと使い方は同じじゃないの?」
という疑問を解消するためにも、CCクリームとBBクリームの違いもお教えします。

CCクリームとBBクリームは何が違う?


簡単に言うとBBクリームは日焼け止めもできるファンデーション
CCクリームはコントロールカラー、つまり肌色の補正をするためのベースメイクです。

ベースメイクだけだとカバー力は薄いですが、ポイントを補正することでナチュラルに仕上げられます。
対してファンデーションは塗ってポイントを隠すのでカバー力は高いですが、メイクしているという仕上がりになるのは避けられませんね。

厚塗り感を出してもしっかりとカバーするか、ナチュラルに仕上げられるけれどカバー力は低いものにするか……この点は好みの、そして肌の状態でどちらを選ぶかは変わってきます。
ただ最近は厚塗りよりもナチュラルメイクが流行しているので、CCクリームに注目している人が多いのでしょう。
どちらも一本で仕上げられるオールインワンには間違いありませんからね!

それでも「どっちを選んだらいいか分からない」という人のために、CCクリームをオススメしたい人の特徴もピックアップしてみました。

スポンサーリンク

CCクリームはこんな人におすすめ!

ナチュラルな仕上がりを求めている

しっかりメイクではなくあくまでナチュラルな肌を目指している人には、CCクリームは打って付け! 自然な肌質を手に入れることができるでしょう。

透明感のある仕上がりが欲しい

CCクリームはナチュラルな仕上がりの他に、光の反射や屈折を利用してカバーポイントをぼかす効果があります。
それだけに透明感のある仕上がりになるので、べっとりメイクが苦手な人にオススメですね。

BBクリームは乾燥してしまう

BBクリームはカバー力が高いのですが、それだけに蓋をするようになってしまってインナードライが起こりやすくなります。
しかしCCクリームはカバー力が下がる分インナードライが起こりにくく、乾燥しづらいと言われています。

どんなポイントがCCクリームのオススメか知ってもらった所で、CCクリームの中でも人気の8選の特徴を紹介しましょう!

人気CCクリーム8選の特徴・口コミ評判まとめ

LANOA ミネラルCCクリーム


LANOAミネラルCCクリームの特徴は、よりオールインワン化粧品として活躍できる所
1本でCCクリームのポイントである化粧下地はもちろん、乳液・美容液・日焼け止め・コントロールカラー・毛穴やくすみカバーと、多機能に渡るアイテムです。
更にポイントとして日焼け止め効果はSPF50、PA++++
これは一般的なBBクリームのカバー力にも引けを取りません。
また配合成分も豪華で、4種のミネラル成分と植物系美容成分たっぷりという人気の理由が分かるCCクリームですね。

色々なファンデーションやBBクリームを使ってきましたが、どれも塗って暫くするとカサカサになって痛みを感じました。乾燥肌なので基本的に日焼け止めも塗れません。だけどこのCCクリームはスルッと伸びて良く馴染み、カサつきもなくしっとりしています。使用感も良い上に一本で済むので、本当に助かっています。
肌に優しいクリームを探していたのですが、BBクリームよりもCCクリームの方が良いと聞いてこれを購入。付けるとサッと馴染んで、付けているのかどうかも分からないような軽さ。だけど開いてしまった毛穴やくすんだ肌のポイントもしっかりカバーしてくれているので、これからも愛用したいと思います!
スキンケア、ラノア、パウダーを軽く、という感じで使っていますが、これだけでナチュラルに仕上がって面倒な手間も必要ありません。手早くメイクを終えたいので助かっています。

口コミを見ても、手軽さや便利さ、そしてCCクリームの特徴であるナチュラルな仕上がりと、ほとんどのポイントを評価していますね。
CCクリーム初心者の人にも安心してすすめられるCCクリームです。

澄肌CCクリーム


SPF50+/PA++++という高い紫外線カット力をもったCCクリーム、澄肌CCクリーム
特徴はサラサラの使い心地、リキッドタイプのクリームはべと付く感じが苦手!という人もいるのでは?
だけど澄肌は特別配合のさらさらエアインパウダーで、サラっと感を極限まで高めています
だから暑い日でも崩れず、塗り直しもほとんど要りません。
更に配合されている毛穴ロックポリマーが毛穴の開きをカバー、皮脂吸着パウダーが皮脂を包み込んでサラッと感を維持するだけでなく長時間のメイク崩れを防いでくれます。

紫外線は気になるけれど、ベースメイクして崩れないように日焼け止めして……この一連の作業がとても面倒でした。子供もいるし、自分よりも子供の日焼けを気にして上げたいし……だけどやっぱり、自分の日焼けも気になるし。だけどこのCCクリームなら日焼け止めは不必要!脂性肌ですぐにベタついてしまうんですが、これは塗って暫くするとサラッと爽やかに仕上がってくれます。もちろん今までよりもメイクは時短、助かってます!
夏の外出のお供に、というかこれ一本で大丈夫。外でスポーツをした時に使いましたが、日焼けはしっかりとカバーしてくれました。ただ毛穴のカバーは私はちょっと不安が残るので、サッとパウダーを載せて仕上げています。若い人なら必要ないと思いますよ(笑)
リキッドで塗るとしっとり。暫くするとサラサラに馴染みます。しっとりしても変なクリームみたいにベタつきは感じません。メイクも崩れず、インナードライも起こっていません。使いやすいです。

注目されているのはやっぱりそのサラサラ質感。
リキッドが苦手な人でも安心して使えるので試してみてはどうでしょう。

LANAREY プリズムCCクリーム


「これ一本で」というクリームは多く見かけますが、ラナレイは想像以上! なんとファンデーション・化粧下地・カラーコントロール・毛穴カバー・コンシーラー・日焼け止め・美容液・乳液とこれ一本で8機能分、正にこれ一本で何もかもが済んでしまう一本です。
フムスエキス・加水分解酵母エキス・フォースセラミド・アーチチョーク葉エキス・スクワラン・トリプルヒアルロン酸とスキンケア成分やアンチエイジングケア成分も豊富に配合しているので、メイクカバーしながらお肌のケアもできてしまう最高のCCクリームでしょう。

少量で良く伸びて、しっとりとした肌なじみ。だけどベタつきはありません。これだけを付けて鏡を覗くとびっくりするほど肌が綺麗!これだけで?と思うくらいのカバー力♪さすがにぐっと顔を近付けてみると所々のポイントは見えてしまいますが、パウダーをサラッと載せれば全然平気ですよ。
テカリもなく、だけどツヤは出ている。特に夏に付けるとカバー力が高い。ファンデーションでは荒れていた肌だけど、これを始めてからは荒れが少なくなった。冬は少し乾燥を感じたので、何かと併用したいと思う。
これを付けるとナチュラルなのに肌がキレイに見えます。ヨレや崩れもほとんどなく、ファンデーションはマスクをしたら崩れて塗り直しになりますが、これは大丈夫。ただファンデーションほどのカバー力はないと感じました。だけどCCクリームと考えれば満点の使い心地です。

特筆するべきなのは肌を美しく見せる効果! 口コミのほとんどが肌が綺麗になったと話題を呼んでいたCCクリームです。

ラウディ BB&CCクリーム


その名の通り、BBクリームとCCクリームの効果が一本に集約されました。
化粧下地、UVケア、ファンデーション、コンシーラー、毛穴カバー、美容液という7つの効果に合わせて、カバー力はBBクリーム、自然な仕上がりはCCクリームと良いとこ取り
セラミドコラーゲンも配合されているので保湿効果も高く、クリームでインナードライを経験してきた人はこちらを試してみて下さい。

クリアとナチュラルのベージュがありましたが、私はナチュラルベースを愛用しています。リキッドタイプで、ちょっとクリームよりのテクスチャかも。クリームほど固くはないです。最初指にとって「え、すごいイエロー……失敗したか?」と思いましたが、伸ばすとスッキリ肌に馴染んで自然な色味に。頬の赤い所や気になる場所を綺麗にカバーしてくれます。ツヤが欲しい人はクリアの方が良いと思いますが、私はナチュラルのマットさに必要に応じてパールパウダーを併用しています。
伸びの良いリキッドで、使用感はしっとり系。最初は加減が分からず付けすぎてしまい、ちょっとべっとりした仕上がりになってしまいました……なので私は本の少量を薄く伸ばして使っています。そのためコスパが非常にいい!使い方で悩んでいる人はちょっと使うこの方法がオススメ!軽いですよ!
クリアの透明感のある肌が理想の色合いです。一本でサッとベースメイクが終わり、気になる所はパフで叩くようにすると綺麗にカバーできます。塗った直後よりも時間が経ってからの方がより透明感と自然さがマッチ、薄いのに崩れず助かっています。
メイクしたっけ?と思うほどのナチュラルさ、だけど透明感はしっかり演出
BBクリームに馴染みがある人もこちらのクリームで、CCクリームデビューしてみませんか?

雪肌精ホワイトCCクリーム


コーセーから発売されている雪肌精は、雪のような美白を売りにしたシリーズです。
そこから発売されたホワイトCCクリームもまた、美白もできるCCクリームとして評判
和漢植物エキス配合、美白や保湿で透き通った肌を作るハトムギ種子エキスが配合されるのがポイントです。
また日焼けから肌を守るSF50、紫外線対策もばっちりです。

元は雪肌精のBBクリームを使ってましたが、CCクリームもあるとのことで試してみました。比べていると良く分かりますが、BBクリームよりも肌がツヤがあり、輝くようです。それ以降はずっとこちらです。
毛穴、肌荒れをしっかりカバーしてくれます。自然な仕上がりだけど、肌に白さというよりは透明感とツヤが出ます。CCクリームだけど日常ならこれ一本で大丈夫。もしもうちょっとしっかり目にメイクしたい時はパウダーファンデを軽く叩けば終わり!すごい楽、の一言。
崩れがほとんどなく、長時間でも安心して使えます。たださすがに夏場は崩れが気になりましたから、ちょっと気を付けた方がいいです。そして冬場は一回やれば十分。手軽さに勝るものなしということで、愛用しています。

CCクリームでも、ナチュラルでも、美白はしっかりしたい!
そんな人はこのホワイトCCクリームで、ツヤのある白さを手に入れましょう

エクスボーテ CCクリーム


「女優肌」が長時間持続する、そんな話題のエクスポーテCCクリーム
1/30微粒子パウダーの細かい粒子が肌の凹凸部分に自然にフィットして、凸凹してしまった肌も滑らかに。
特殊構造の3層光学ミネラルパウダーはあのテレビで女優さんに向けられているという女優ライトの効果をクリームで再現、白さと透明感を自然に演出してくれます。
リコピンやコラーゲン、ヒアルロン酸といった22種の美容成分も配合しているので、CCクリームでカバーしながらエイジングケアができますよ。

年齢が行っているのでパウダーファンデーションと併用していますが、とても仕上がりが軽く、それなのにしっとり肌に密着してカバーしてくれているという安心さもあります。開いた毛穴も自然にカバーしてくれるし、だからといって厚塗り感は全くありません。ナチュラル好きさんはこれだけで仕上げられると思いますよ。
無添加で肌に優しいクリームを探していました。これは付けていてもあの蓋をされたような重さはなく、肌への優しさを感じます。それとさっと塗るだけで凄くツヤツヤになってちょっと驚きました。くすみも光で飛ばしたように見えませんよ。
カバー力も高く、日焼け止めも安心なのでちょっと出るだけならこれをサッと塗ればおしまい。手軽に使えてとても助かります。だけどちょっと色が濃いめなので色白さんは気をつけて。

特に肌への優しさを重視する人たちに人気のようですね。
最後の口コミにあるように色が濃い目なので、色白さんは購入の際には試してから!

エテュセ プレミアム CCアミノクリーム


7種類の保湿成分アミノプレミアム7で肌に潤いを、エテュセのCCアミノクリーム スキンケアをしながらフラットゲルが肌の凸凹を自然に仕上げ、汗の油分に負けないベースになっています。
カラーもベーシックとピンクの2種類ありますが、ピンクは塗るととても自然な血色肌を演出。
肌を明るくみせたい方はこのピンクに挑戦してみてはどうでしょうか。
肌の色ムラが気になる、ニキビ跡で赤くなってて……と言う人は肌馴染みのよいベーシックを選んでカバーしましょう♪

ピンクを使っています。手に取った時はえ、と思うほどのベビーピンクですが、これがとても自然に肌になじんでくれます。嫌な赤みやドギツイファンデーションのピンクではなく、あくまで自然に肌の血色が良くなった感じ。自分は血色が悪くて暗く見えてしまっていたのですが、これに助けられています。
朝メイクして、夕方まで肌がくすまず、化粧も崩れずの抜群の持ちの良さです!つけ心地も軽くて良いのですが、私はちょっと大きめのシミがあって……さすがにそこだけコンシーラーでカバーしてますが、それ以外はなんの問題もなく使えてますよ。
下地として使ってます。毛穴のカバーはBBクリーム以上かも……でもマットになりすぎず、つるっとした仕上がりでツヤもあります。敏感肌ですが刺激もなく、これは肌荒れを起こしていません。

手に取ると分かります、本当にベビーピンク。
しかしそれがするりと肌になじんで自然な仕上がりを作り出してくれるので、ピンクが苦手な人も一度は試してみて欲しいですね。

シャネル CC クリーム 50


ついにシャネルからCCクリームが! シンプルで可愛いパッケージ、だけど紫外線をしっかりガードしてくれるパワーも。
そしてスキンケア効果もばっちり有り、肌の弾力、高い保湿効果のピーチエキスコンプレックス、保湿効果と言えばのヒアルロン酸も配合されています。
同時にしわを目立たなくすると言われているプランクトンエキスが配合されているので、そちらのカバー力もばっちり♪

テクスチャがとてもなめらかで使っているだけで気持ちいい……伸ばすとゆっくりと広がってしっとり肌が潤います。美容液かな?と錯覚する心地よさ。だけどしっかりベースメイクはしてくれて、気になっていた色ムラがなくなり、肌が自然な肌になっていました。時短になってキレイに仕上がって、言うことなしです。
夏場のメイクはどうしてもテカリが(ツヤではない…)気になっていたのですが、このクリームはそんな嫌なテカリがありません。カバー力もCCクリームの中では高く、軽いファンデーションのよう。崩れず長持ちするので塗り直しもしなくて大丈夫でした!
これを使い始めてからはほとんど頼りっきりで、ラインで揃えていた化粧品を使わず/苦笑。だけどその分肌にも優しいだろうし、面倒な手間が省けて助かりました。それとさすがシャネル、香りがとても良いです!

やはりシャネルは女性の味方、ファンデーションかと思うカバー力の高さに、CCクリームの軽さ。
浸透してくれる美容成分でエイジングケアしながら、手軽にメイクを仕上げましょう♪

たくさんのCCクリームがあり、その特徴も様々。
しかしこの中でも一押しなのは、やっぱりLANAREYプリズムCCクリーム
その多機能性だけでなく、メイクとケアもできてしまうCCクリームはやっぱり便利!
忙しい女性の手助けとなる一本でしょう。

だけどオススメといっても万が一合わなかったら無理に使うことはありません。
コントロールカラーは色味が合うかという条件もありますから、ぜひ吟味をしてもらいたいです。
そこでCCクリームの選び方のポイントもアドバイスしましょう。

自分にあったCCクリームの選び方のポイントは?


自分にあったCCクリームの選び方のポイントは、しっかりと色味をチェックすることにあります。
CCクリームはコントロールカラー、色味のあっていないものを選んでしまっては、そのカバー力は更に下がってしまうでしょう。
逆を言えば肌に馴染む色選びができれば、カバー力も高められるというものです。

ポイントとしては、微妙な色の違いを見極めること。
CCクリームは色がナチュラルなものが多いですが、それでも微妙な違いがあります。
なのでより自分の肌色に合った色を選ぶことで、仕上がりが自然になります
基本的には自然なのはイエローかピンクベース、オークル系を選べば間違いはないでしょう。
ただニキビで荒れた肌の人はグリーンベース、より透明感のある仕上がりを追求したい人にはパープルベースをオススメします。
どのベースもサンプルを試してみて、発色を確かめてから購入して下さいね。
色を見ただけで決めてしまったりすると、肌に塗ってからの違いに悩まされますし、今までのクリームのカラーで選んでしまうのも良くありません。
自分の目で確認して、より合う色味をチョイスして下さい

最後にCCクリームの効果をより引き出す使い方を解説しましょう。
小さなポイントですが大きなポイントになりますので、しっかりと覚えて下さいね!

CCクリームの効果的な使い方

CCクリームは塗る前の下準備が大事!


CCクリームを使う前に肌の状態を整えておくことが大事です。
肌が乾燥していたり、逆に肌の油分が多すぎても肌に馴染まずに浮いた状態になってしまいます。
例えスキンケア成分を配合しているCCクリームを使うのであっても、保湿、過剰な皮脂分泌分は拭き取ってからCCクリームを塗りましょう。

CCクリームの用途を考える

CCクリームはベース下地であり、肌のカラーコントロールが目的。
ですが美容成分を多く配合した美容特化アンチエイジングケア特化日焼け止めに特化したCCクリーム……どれを選ぶかは貴女次第。
自分の望むCCクリームを選びましょう。

まとめ

さあ、これで貴女もCCクリームマスター!
今まで良く分からなかったからチャレンジしてこなかった……そんな人も、これをきっかけにCCクリームを試してみて下さいね☆

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事