普段あまり気にしないのに、すっぴんになってまじまじと鏡を見るとすごく気になるのが毛穴
何か以前に比べて目立つようになっているなーって実感したりしませんか?

  • 毛穴が開いている
  • 毛穴に角栓が入り込んでいる
  • 毛穴自体が黒くなっている

もう本当に困りますよね。
特に鼻の頭や小鼻の周辺は近くで見られたくありません!
出来れば毛穴が目立たないキメの細かい素肌になりたいですよね。
この毛穴の悩み、無理して解決しようとするとかえって悩みが悪化する事が多いのです。
このまま改善する事は出来ないのでしょうか・・・?
正しいケアをするためにまずは毛穴ケアの基本ともなる洗顔に注目してみましょう!

【スポンサードサーチ】




その洗顔できちんと汚れを落とせていますか?


普段、洗顔をする時に特に気にすることなく泡立てネットを使って洗顔フォームを泡立ててから顔を洗う、そしてなんとなく落ちたかなーというところまですすぐといった感じだと思います。
このいつもの洗顔だけで皮脂や汗、化粧などの毛穴の汚れがしっかり落としきれていない可能性があります
その結果、角栓が詰まっていたり、毛穴が黒くなってしまう事があるのです。
そしてこの状態が続くと炎症が起きたりして肌トラブルの原因にもなるかもしれません。
更にお肌に良いという化粧水や美容液なども充分にお肌の奥まで浸透しにくい状態になる事から、スキンケアによる充分な効果を実感できない場合もあります。
実際に肌がくすんで見える状態だったり、肌がゴワゴワした感じだった場合、しっかりと洗顔で落としきれていない部分があるかもしれません。

毛穴ケア効果の高い洗顔フォームの選び方

毛穴をしっかりケアするためにも洗顔フォームを選ぶ時に3つほどチェックしておいた方が良いポイントがあります。
これらの条件がなるべく揃っている洗顔フォームを選ぶようにすると良いでしょう。

不要な毛穴汚れをしっかりと落とす


毛穴や肌に余分な化粧、汚れ、皮脂を残さないように洗顔できる工夫がされている洗顔フォームがおすすめです。
フォームによって汚れを落とす成分に色々と違いがありますが、一例としては泥を配合した洗顔フォームもおすすめです。
泥の粒子は皮脂や脂を吸着する働きがありますのでしっかりと余分な脂や汚れを取り去ることが出来ます。
他にも酵素の力や炭酸泡の効果などを利用して汚れを落とす洗顔フォームなどもあります。

お肌に必要な潤いはしっかりと残す洗顔フォームを!


汚れをしっかりと落とす事だけに重点を置いてしまうとどうしても出てきてしまうのが肌に必要な潤いを保つための皮脂を適度に残さないで洗ってしまうといったトラブル。
そのため肌の乾燥や洗顔後のツッパリが出てきてしまうのです。
そこで適度にお肌の潤いを残す洗い上がりの洗顔フォームを使用する事をおすすめします。
配合成分などをチェックして保湿成分や美容成分などが配合されているフォームは洗い上がりもしっとりしてつっぱらない仕上がりになる事が多いです。

泡立ちにも注目!


洗顔のポイントは「たっぷりの泡で優しく洗う事」 充分に泡立てずこするように洗顔をすると肌への摩擦が多くなるので肌トラブルも起こしやすくなり毛穴自体も目立ちやすくなります。
たっぷりの泡を使って洗顔すると泡だけで転がすように洗う事が可能なので肌に負担をかけずに優しく汚れや皮脂を落とすのが可能なのです!
ただ、泡立ててもすぐに泡がへたってしまったり無くなってしまうようでは手でこするように洗う事になり、お肌に負担がかかるので、泡の持ち具合、そして結構モコモコな泡が作れるかなどもチェックしておくと良いですね!
(泡立たないタイプの洗顔フォームは除きます)

スポンサーリンク

毛穴に効果的な洗顔ランキング!口コミ評判が高い順に紹介!

ある程度、選ぶ際のポイントは押さえられたと思います。
とはいえ、洗顔フォームって色々な種類が出ているので探すだけでも結構大変ですよね。
そこで今回は毛穴ケアに効果のあるおすすめの洗顔フォームをご紹介しますので参考にしてみて下さい!
そして洗顔フォームって結構、合う、合わないっていうのも分かれますよね。
なので実際に使用した事がある人の口コミも見てみました。

どろあわわ

名前の通り、きめ細かい泥成分をメインとした洗顔フォームです。
使用している泥は沖縄の海の海底に眠っていた「マリンシルト」と火山灰から生まれた「ベントナイト」の2種類です。
この2種類の泥のおかげで毛穴の汚れや不要な角質、皮脂などを優しく吸着してくれます。
更に弾力性が強い濃密な泡なので優しく肌を洗い上げることが出来ますし、豆乳発酵液、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸ナトリウム、黒砂糖エキスなどが保湿成分となり肌をしっとりと仕上げてくれます。
2、3㎝ぐらい出して泡立てネットを使う事でモコモコな泡が出来上がります。
香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤不使用なので、お肌が敏感な人でも安心して使用する事が出来ます。

泡立てネットを使うとモコモコの泡で優しく洗えます!
洗い上がりは汚れも落ちてさっぱりしててすごく良かったのですが、その後突っ張る感じだったので私はちょっと合わなかったかもしれません。

泡立ちも良いし、毛穴汚れもスッキリ。洗い上がりも気に入ったのですが、お値段的にちょっときついかなと思います。
お値段なりの効果はあるんですけどね。
なのでリピートはちょっと見送りです。

気になっていた汚れもしっかりと落ちるし肌の色も明るくなっています。
泡立ちも良いので結構気に入っているのですが、ちょっとつっぱるかも。
でも毛穴が目立たなくなっているので効果は実感しています

ヴァーナル

ヴァーナルは昔から親子で使っているというご家庭も多く、珍しい「W洗顔」を提案しています。
肌に刺激を与えすに汚れを落として必要な潤いは残すといった洗顔方法になります。
アンクソープで落とすべき汚れや皮脂をしっかりと落とす、そしてセンシティブザイフで潤いを与えながらお肌のキメを整えるといったステップで使えます。

1個目のせっけんで洗っている時にこすっているわけでもないのに不要な角質が落ちているのにビックリ、センシティブザイフを使って洗い上げるとお肌もつっぱらないのですごく良いです。

使ってみてメイクが落ちきれませんでした。
メイクを落としてから使うとしっかりと洗えています。
汚れも落ちるしセンシティブザイフを使う事でお肌の調子がよいです。

母のを拝借してずっと使っています。
この前、興味本位で別の洗顔を使ってみたところ1週間で毛穴汚れが目立つように。すぐに元に戻しました。汚れはしっかり落としてくれるのでその後のケアもしやすいです。

VCOマイルドソープ


赤ちゃんのようなキメの細かいもっちり肌を目指す洗顔フォーム。
母乳と同じ成分といわれているラウリン酸を50%含んでいるVCO(ヴァージンココナッツオイル)を配合した洗顔フォームです。
VCOはお肌を健やかに保つことが出来るので、使うごとに肌トラブルの悩みを改善できるようになります。
そして、皮脂と同じ成分なのでお肌に必要な皮脂を残しつつ洗うことが出来ます。
濃密なモコモコ泡が汚れを吸着してしっかりと洗い上げ、更にヒアルロン酸配合で保湿効果もあります。
通常、石鹸の場合、ほとんどが石けん成分で美容成分が1%しか配合できないのに対し、純練り製法の石鹸なので美容成分を40%も配合することが出来ています。
着色料、香料、石油系界面活性剤、防腐剤も不使用なので敏感肌の人でも安心して使えます。
そして全身にも使えるぐらいです。
是非、VCOの良さを実感してみて下さい!

使い始めたばかりですが、びっくりしたのがニキビが早く治った事
そして次の日の化粧ノリも良くなっているんです。
こんなに変化がわかるとは思っていなかったので良い石鹸に出会えたなって思っています。

泡立てネットでモコモコにしてから使っています。
汚れはしっかり落ちて必要な潤いは残っているのでお肌の調子もなんか良いです。
無添加せっけんという感じなので安心して使えます

敏感肌なのですが問題なく使えています。
しかも、使い続けていくうちに、肌トラブルが起きる頻度が減っている?という点に気がつきました。なくなったらリピします。

ビーグレン・毛穴ケアトライアルセット


ビーグレンはモンモリロナイトを使用して洗顔料を作っています。
モンモリロナイトは泥の仲間で、毛穴の汚れを吸着する効果があります。
吸着による洗顔なのでお肌の潤いに必要な皮脂は残すといった作用になり、お肌に優しい洗顔です。

クレイウォッシュは最初使った時に泡立たない洗顔なので違和感たっぷりですが洗い上がりがすべすべになりビックリしました
毛穴の汚れもスッキリしたのがわかるぐらいです。

汚れがしっかり落とせる洗顔なのでもう何回もリピしています。他のを使うとすぐに毛穴に角栓が出来てしまうぐらいなので手放せません
使うようになってから毛穴が目立ちにくくなっています。

洗い上がりがツルツルすべすべ!お肌がつっぱりません。
最初、泡立てないタイプにちょっと戸惑いましたが慣れればすごく使いやすいです。

リッチモイストクレンジング(肌ナチュール)


藤本美貴さんご愛用!炭酸ホットクレンジングです。
温めながら炭酸の力で汚れを浮かせて取ってくれます。
しかもすごいのが、こすらなくても汚れを浮かせてくれるという点です。
洗顔時に面倒な泡立ても不要。泡の状態で出てくるので便利です。
クレンジングと洗顔がこれ一つで出来てしまうので、お肌への負担も少なくしっかりと毛穴の汚れを洗い流してくれます。
配合されている炭酸は高濃度。
通常高濃度の炭酸泉でも1000ppm以上となりますが、リッチモイストクレンジングの場合、3500ppmと非常に高濃度になっています。
更に吸着型ヒアルロン酸、ナノコラーゲン、濃厚プラセンタをはじめ他にも53種類の美容成分を配合。まるで美容成分で炭酸クレンジングしているような状態です。
洗顔、クレンジング以外の役割として炭酸パックとしても使えます
炭酸パックの場合はメイクをオフした後にもう一度肌に乗せて下さい。

肌に乗せたらすぐに泡が落ちてしまう感じ。大丈夫かな?と思ったけど汚れは落ちているようです。
それに使った後にお肌が乾燥しないのがすごいです。

お風呂でクレンジングをしたけど泡立てる必要もなかったし使いやすいです。
使った後のお肌もいい感じで、美容液でクレンジングしたって感覚になります

初めての泡炭酸クレンジングです。
使ってみると思ったよりもメイクが落ちたのでびっくりしました。
それに毛穴がきれいになるんです!使うようになってから毛穴が目立ちにくくなっています

二十年ほいっぷ


時間のかかる昔ながらの釜練り製法の洗顔フォームです。
そのため、泡立てると気泡が小さくクリーミーで弾力のある泡なので、お肌に優しく、そしてきめ細かい泡がしっかりと毛穴の汚れを落としてくれます。
二十年ほいっぷで洗った後は肌のくすみもきれいに落ちて肌が明るくなります。
そして肌の潤い対策として北海道の乳製品から出来るホエイを配合しています。
ホエイには肌を潤す性質があり、なおかつ水分を保持します。
そのため、洗い上がりもつっぱることなく潤いをキープしてくれます。

これまで色々な洗顔フォームを使ってきましたが、今までで一番泡立ちがきめ細かい、いつまでも泡が壊れないんです!
初めて使った時に肌のくすみが落ちたのがわかる位でした。
毛穴の汚れもちゃんと落ちるので無くなったらまた買うつもりです。

泡がフカフカで汚れもしっかりと落ちます
しかも洗った後に肌もつっぱりません。もうすぐなくなりそうです。
リピートに関してはお値段も結構お手頃価格なので購入しようと思っています。

もう何回も買って使っています。
お肌もくすみとかの心配をする事もありませんし、お肌の乾燥もしません
泡立ちが細かくてもっちり泡って感じです。
これを使うようになってから肌トラブルも減っています。

テンデシカ


最初から泡で出てくるので泡立てる心配なし、泡の中に炭酸を閉じ込めています。
炭酸の泡はマイクロ炭酸泡なので、毛穴よりも小さいサイズです。毛穴の汚れをしっかりと落としてくれます。
そして天然のフルーツ酸を配合しているので、ソフトピーリング効果もあり古い角質も柔らかくしてくれるので、透明感のあるお肌に仕上げてくれます
天然由来のアミノ酸洗浄成分を使用しているので敏感肌の人にも安心して使える点が良いですね!
使い方も泡を顔につけて1分してから洗い流すだけ。
こする必要もなく肌に優しく洗顔をする事が出来ます。

ローズの香りで癒されながら洗顔できるのでとても気に入っています。
毛穴の汚れもちゃんと落ちているのですが、洗い上がりがツルツルになる点がビックリしました。

細かい泡がすごく気持ちよいです。自分で泡立てる必要がないという部分はすごく楽に感じます。
泡を顔に乗せてしばらく置いておくとじっくりと汚れが落ちていきます。

いつも肌がべたつきがちで化粧も崩れやすい方だったのですが、これを使うようになってから肌のべたつきもなくなってきたし、化粧ノリから違いを感じました。
おかげでお肌の状態が良い方向に変わったと実感できます

毛穴ケアのための正しい洗顔方法まとめ

お肌の基本的なケアともなる洗顔、ただ何となく洗うという方法は毛穴が目立ちやすくなる結果になります。
しっかりとした毛穴ケアをするためにも正しい洗顔方法を覚えておきましょう。
今回は泡立つタイプの洗顔フォームを使用した場合で説明します。

毛穴を開くようにします

いきなり洗顔をしても充分に汚れが落ちない可能性が高いので、まずは毛穴を開くようにして汚れを落としやすい環境を作っておきましょう
一番お手軽なのは蒸しタオルです。

お湯をかけて絞る方法もありますが、絞る際に熱くて危ないので、濡らして絞ったタオルをお皿に乗せレンジで1分ほどかければ蒸しタオルにした方が安全だと思います。
肌に乗せても大丈夫な温度になるまで待ってから顔に当てて毛穴を開くようにします。
もしくはバスタイムの時にしばらく湯船に入っておいて毛穴が開いた状態の時に洗顔すると良いでしょう。
そして洗顔する事前にぬるま湯で素洗いします。

きめ細かい泡を立てる


ポイントはきめが細かい泡を作る事です。
洗顔は泡で汚れを洗う事になりますが、泡が細かいとその分毛穴にもしっかり入り込んで汚れを洗う事が出来るからです。
泡立てネットでしっかりときめ細かい泡を作りましょう。
量の目安は洗っていて手で触れる必要がない(泡のみで転がして洗えるぐらいの)量になります。
洗顔フォームによって泡の出来なども違うので適した量の泡を作りましょう。

泡で洗う


洗う時に指や手で触れるようにして洗うと擦っている状態になるので、泡のみで転がして洗うようにします。
動きは縦方向ではなく細かくクルクルと回すような感じです。
この方法で額を洗ってこめかみや眉のあたり、そして鼻を洗います。
その後目の周辺やほほ、口の周辺をクルクル洗ってください。
上から徐々に下という感じですね。
毛穴が気になるほほや鼻周辺は念入りにやってしまいがちですが、あまり念入りにやってしまうと洗いすぎになって逆効果になる事もありますので洗いすぎに注意しましょう。

ぬるま湯で洗い流す


洗い流す際はぬるま湯でしっかりと何回もすすぐようにして下さい。
すすぎ終わってから手触りはどうでしょうか?
まだなんかぬるっとした感じがあるようであればすすぎきれていませんのでさらにすすぐようにしてみて下さい。

 仕上げは水で
水で最後にすすぐ事でお肌の引き締め効果があります。

このように

  • 毛穴を開いて
  • きめ細かい泡で優しく洗い
  • しっかりすすぐ

このポイントを押さえておきましょう。

まとめ

毛穴が気になる場合は、まず毛穴に効果のある洗顔を選ぶこと。
そして正しい洗顔方法がとても大切になります。
もしなかなか消えない毛穴が気になるなら、正しい洗顔方法をマスターしてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事