のっけからちょっとはしたないですが皆さん本日はお通じがありましたか?
女性には恥ずかしい話題かもしれませんが、そんな女性にこそお通じは大事です。

ましてやお通じが悪くなる、つまり便通が悪いと肌トラブルなどの様々な悪影響が出てしまうことは有名ですね。
だけどそんな便通が悪くなってしまう原因に関しては、皆さん知っていますか?
そこで今回は便通改善に効果的なサプリメント・お茶を徹底調査してみることにしました!
色々な物が「便通が良くなる!」と言われていますが、その効果は本当なの?そして本当に便秘に効果的なのはどれ?
皆さんも一緒に考えてみましょうね(・∀・)ノ

【スポンサードサーチ】




便通が悪くなる主な原因は?

便通が悪くなる原因はいくつかあるので、順番に見ていきましょう。

食物繊維不足


食物繊維は野菜などに多く含まれる繊維質で、腸内で消化・吸収されません
なので消化されることなく排出されますが、この時に腸内の老廃物、古くなった腸壁などを絡め取って出てきてくれます。
これが便通なのですが、そもそも野菜不足などでこの食物繊維が不足していると便の主原料がなく、排出されないままになります。

水分不足

水分は主に大腸内で吸収されます。
さて水分が不足すると便が固くなり、腸内でつまり易くなってしまいます

これが便秘です。
が、この便秘の怖い所は便が大腸で止まってしまうこと
つまり大腸内に留まってしまった便はどんどん水分が奪われ、どんどん固くなり、そしてどんどん出にくくなります。
こうなると悪循環が始まってしまいますから、常日頃から水分を良くとっておかなければいけません。

運動不足


運動不足が便秘に関係あるの?と思うでしょう。
実は便を出すのには腹筋などの筋肉が必要になります。
なので筋力が衰えることは、便秘に関係してくるのです。
もちろん太りやすくなるだけでなく、それによって冷えやすくなって便も出にくくなってしまいます。

ストレス


ストレスによって自律神経が乱れる……これが便にも関係してきます。
ストレスを受けると副交感神経の働きが低下しますが、この副交感神経は大腸のぜん動運動、つまり便を出す動きをさせる役割を持っているんですね。
これで便通が悪くなると他の要因も重なってどんどん便秘が激しくなりますから、ストレスを溜めないように生活することも大事です。

こういった要因が絡み合って、便秘という症状が現れます。
ではこの症状をほうっておくとどうなるのか?
次は実はとても怖い、便通異常をそのままにしておいた場合の悪影響についてお話しましょう。

便通異常を放っておくとこんな悪影響が…

肌荒れ


便秘をするとニキビができる、なんて経験はありませんか?
便秘は腸内に便が、つまり老廃物が溜まっている状態です。
この老廃物は町内で腐って発酵していき、悪臭や有毒物質を発生させます。
この有毒物、腸壁から血液に流れて全身に流れていってしまいます。
なぜなら便秘で出せないので、毛穴を通って出そうという訳ですね。
そして汗や皮脂に混ざって排出されますが、これによって肌は老廃物排出に忙しくなって肌のターンオーバーが乱れます
結果的に肌が荒れる、という訳です。

体臭悪化


先ほど説明しましたが、詰まった老廃物は毛穴から排出されます
しかし元々は便であった老廃物は腐敗して、悪臭を放っています。
これが毛穴から発生することで、その臭いが汗などに混じって発生します。
そうなるとあのおならのような臭いが漂い、汗をかく度に嫌な臭いがし始めるようになります。
最悪の場合は皮脂に混ざった悪臭が毛穴に詰まって、この臭いが常に発生すること。
体臭悪化も実は便秘と深い関係があるんですね。

アレルギー悪化


「え?」と思うかもしれませんが、アトピーやアレルギーのある人の腸内は環境が悪く、8割の人が便秘に悩まされているのだそうです。
アレルギーと言うのはすぐに発生しません。
体内にあるアレルゲンの量が許容量を超えた時に発生する症状です。
だからアレルゲン反応のあるものが体内に入っても、許容量内なら症状は出ません。
そしてそれらが排出されると、また許容量は増えます。
が、便秘になるとそのアレルゲンが排出されずに体内に留まります
これがアレルギー反応やアトピーを加速させる原因、と言われているんです。
また腸内環境が良くなると免疫力も高まることから、腸内環境改善はアトピーなどの症状を改善、和らげることができると言われています。

こういった症状が、腸内環境が悪くなることで発生してしまうんですね。
どれもこれも体に悪いことばかり、ですから腸内環境は常日頃から良くしておかなければいけません。
では便通改善にはどのような栄養成分を取れば良いのでしょうか?
次にそれをアドバイスしましょう。

スポンサーリンク

便通改善に効果的な栄養成分

食物繊維


食物繊維は便の量を増やし、排出するのに欠かせない栄養素です。
食物繊維には水溶性と不溶性の2種がありますが、どちらにも偏らずにバランス良く摂ることが求められます。
因みに必要な食物繊維量は一日に25g以上
これは殆どの人が達成できていないとも言われているほどで、慢性的に食物繊維は不足しがちな栄養素です。
またかさ増し、満腹感も感じることから多く摂ることはダイエットにも繋がりますので、ダイエット中で食事制限をしていても食物繊維は優先して摂るようにしましょう。

オリゴ糖


腸内には多くの微生物が住んでいて、その中でも腸内環境を整えてくれる菌を善玉菌と呼びます。
オリゴ糖は食品名ですが、このオリゴ糖は消化器官では消化されずに腸まで届いて善玉菌の餌になります
これによって善玉菌の活動が活発になります。
そしてその活動が活発になると、腸内環境は良い方に傾くのです。
善玉菌は食品から摂ることが難しいと言われており、そのため餌になるオリゴ糖の方を摂るようにしましょう、と言うのがオリゴ糖の仕組みなんですね。

ビタミンC


ビタミンCは腸内で分解されますが、その時発生するガスが腸のぜん動運動を活発化させます
またビタミンCには便を柔らかくする効果もあり、便秘にも効果が期待できるのです。
ビタミンCは摂りにくい栄養素でもあるので、積極的に摂りたい成分ですね。

これらの栄養成分が、便通を良くするのに効果的と言われています。
しかし現代ではこれらの栄養素は慢性的に不足しており、また食生活を見直すのもすぐには難しいという人もいるでしょう。
もちろん基本的な生活を変えなければ便通は良くなりませんが、サポートアイテムを使うことも大切です。
そこで便通改善に効果が期待できるサプリメントや、お茶などの健康食品を紹介しましょう。

便通改善に効果的なサプリメント・健康食品を紹介!

善玉菌のチカラ


善玉菌のチカラはフジッコから販売されているプロバイオティクスサプリメントです。
プロバイオティクスと言うのはそういう名前の菌の名前ではなく、生きて腸まで届くこと、腸内環境を改善してくれること、腸内で腐敗している物質を減らしてくれるなどの効果を持っている菌に付けられる総称のようなものです。
これによって腸内を整えて便通を改善してくれますが、そこに更に配合されたのがプロバイオティクスサプリメント善玉菌のチカラ。
私たちの普段の生活で不足しがちな栄養素であるカルシウム、善玉菌の食事である食物繊維などを配合することで、よりプロバイオティクスの効果を高めています。
カルシウムや善玉菌を摂るならヨーグルトですが、ヨーグルトが苦手な人でもサプリメントなら無理なく取ることができますね!

乳酸菌革命


腸内環境を整えてくれる乳酸菌、その乳酸菌サプリメントである乳酸菌革命のポイントはその一粒に含まれている乳酸菌の数
そこにはなんと三大乳酸菌であるビフィズス菌、ラブレ菌、カセリ菌の三種を含んだ16種類、500億個の乳酸菌が配合されているというのですから、驚きです!
また三大乳酸菌に関しては皆さんも聞いたことがあるでしょう。
ビフィズス菌、ラブレ菌、カセリ菌は有名な乳酸菌であり、ヨーグルトなどを始めとした乳製品にも良く配合されていますよね。
ですがこれら全てを一度に取ろうとしたら、色んな乳製品を食べなければいけません。
しかし乳酸菌革命を一粒飲めば、それと同等の効果が得られるのです。
お財布にも優しいし、準備もいらない、しかもヨーグルトなどで気になるカロリーは一粒1.36キロカロリー!
腸内改善はしたいけれど、お財布に優しくしたい、太りたくないという女性の味方なサプリメントです。

モリモリスリム


モリモリスリムは便秘解消を目的としたお茶で、ダイエット効果も期待できるとして話題になっているお茶です。
その配合成分の中でも特徴になるのがオオバコ。
これは漢方薬の一つで、水溶性食物繊維が配合されています。
この水溶性食物繊維というのがポイントで、海藻やこんにゃくを想像して貰えれば分かりやすいと思います。
海藻やこんにゃくに含まれている水溶性食物繊維は食物繊維の中でも柔らかい、水分を含んでドロドロになるのが特徴の食物繊維です。
便にはこの水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維の二つで構成されますが、不溶性食物繊維が多くなりすぎると実は逆に便秘になってしまうのです。
そこで水溶性食物繊維を含ませると便が柔らかくなりモリモリスルッと名前の通り便通が良くなるというのです。
また腸内の善玉菌をサポートするオリゴ糖が含まれているヤーコン葉も配合して相乗効果アップ!

えん麦のちから


スティックタイプのダイエット商品えん麦の力、持ち運びやすく何にでも混ぜやすいというメリットがあります。
分かりやすく言うと「ブラン」であり、麦ふすまのことでブランパンなどの食物繊維たっぷり、小麦粉の代わりに使って炭水化物源の食品にも使われている安全性のある成分。
ですから安心して食べることができますね。
そしてこのえん麦のちからの凄さは食物繊維量が玄米の9倍も含まれており、腸内の老廃物を絡め取って刺激して便通を促す不溶性食物繊維、できあがった便を柔らかくして便通を良くする水溶性食物繊維がバランス良く含まれているので、ただ食物繊維を配合しただけでなく、その効果の高さもピカイチです。
また水や牛乳に混ぜて飲むことでおなかの中で8倍に膨らむので満足度も高く、ダイエットに最適なアイテムです。

するっと抹茶


その主成分はグア豆という豆特有の成分であり、腸内環境を良くしてくれる善玉菌に作用する働きを持っています。
そこにビタミンやミネラルなど体に優しく嬉しい栄養素を含んだ桑抹茶、こちらも善玉菌の働きをサポートするオリゴ糖をたっぷりと含んだてんさい糖をプラスしてできたのがするっと抹茶。
ビタミンやミネラルを含んでいるから、老廃物を排出してお肌の老化を防ぐだけじゃない、肌を綺麗にする成分を含んだお茶です。
また下剤成分を一切含んでいないのであくまで辛くなく、自然なお通じをサポートしてくれるお茶でもあります。

カイテキオリゴ


オリゴ糖は善玉菌を活性化させることで腸内環境を良くして、便通を良くするために使われます。
ただ甘味料のオリゴ糖は実際のオリゴ糖は30%ほどしか含まれておらず、オリゴ糖としての働きはそこまで期待できません
しかしカイテキオリゴはこのオリゴ糖の力をアップさせるために独自の方法で複数のオリゴ糖を組み合わせることを実現させました。
しかも純度ほぼ100%の高純度でありながら、北海道の国産品を原料にした高品質なオリゴ糖食品となっています。
しかもオリゴ糖を複数組み合わせているから、どのビフィズス菌にもしっかり作用!
オリゴ糖の好き嫌いが有るビフィズス菌のどれにも対応できる完璧なオリゴ糖は、腸内環境を活性化させるためにビフィズス菌に最高の力を出させることが可能になっています。

これらのサプリメントやお茶を利用することで、慢性的な便秘、悪くなってしまった便通を改善しましょう
とは言ってもやはり大事なのは毎日の生活を変えて、食生活や生活習慣を改善して、便通が悪くならないように日々心がけることが大事です。
「これらを使っているから大丈夫」ではなくあくまで「最近調子が悪くなったから、補助として使おう」と言う手助け程度に留めることが大切なのです。
そこで最後におさらいとして、まとめとして。
便通を改善する食生活、生活習慣のチェックをしていきましょう。

便通を改善する食生活・生活習慣のチェックポイント

バランスの良い食生活をしているか


腸内環境を良くするためには、普段の食生活を見直していくことが大事なのは当然のこと。
その中でもバランスの良い食生活をしているかどうかが大切です。
特に発酵食品や食物繊維はできるだけ毎日摂るように心がけたいですが「バランスの良さ」に注目。
食物繊維には水溶性と不溶性の二種類があると説明しましたが、これが片方に偏ると逆に便秘になったり下痢になったりして腸内環境は悪化します。
なので色々な食品をバランス良く、まんべんなく取るようにすることが大事です。
何か一つに偏らず、毎日の食事バランスを見ていきましょう。

睡眠は十分に取れているか


睡眠時は自律神経の副交感神経が活発化する時間です。
この副交感神経は大腸のぜん動運動を促進させて、排便を促すのは説明した通り。
また大腸だけでなく内臓全体の動きが活発になりますので、消化吸収活動が効率よく行われます。
これによって便が作られ、排便されるという活動がスムーズになるのですね。
逆に睡眠不足になると消化吸収が上手くいかず、消化に時間がかかって栄養素が上手く吸収できない、老廃物が便になりにくい、排便も上手くいかないという状況が作り上げられてしまいます。
だから睡眠時間をしっかりと取ることは、便通を良くするために必須の条件とも言えるのです。

適度な運動をしているか


適度な運動は筋肉を鍛え、便通を促します
また自律神経の働きを高める効果もあるので「適度」に運動をしましょう
無理をしてきつい運動をするとストレスになるだけでなく続かないので、できる時を作って定期的な運動を続けていくのが大切です。

ストレスを溜めてないか


そしてこれが腸内環境を整えるために一番大切なこと
毎日の生活の中で気をつけることは大切ですが、気を付けすぎて全てがストレスになるとそれ自体が腸内環境を悪化させる原因になってしまいます
だから無理しすぎない範囲で、ストレスにならない範囲で気を配るというのも大切なことなんですよ。

全てをしなければいけないと思うと、それだけでストレスにもなるし続きません。
そして毎日の生活というのはあくまでトータルで見た結果
たった一日が悪くても劇的に悪化もしなければ、一日気を付けただけでは腸内環境は改善しません
毎日の生活に無理のない範囲で腸内環境を整えるための行動をしながら、楽しく生活を送ってくださいね。

まとめ

腸内環境は常に変動するものですから、ほんの数日対策したからOKとなることはありません。
常日頃から腸内環境を良好に保つよう心掛けることで、それが便秘の対策にもつながります。
なかなか改善できない場合は、便通改善サプリやお茶でサポートをしてみてくださいね。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事