首や胸元をさわるとポツポツがあったり、ざらつきを感じたりしませんか?
実はこれ、首イボというもので、年齢とともに増えてしまうのだそうです。首元がザラザラしていると不快ですし、首元があいた服を着るのに抵抗ができてしまいますよね。それに首は意外と見られているものです。
そこで今回は、首のポツポツを解消する方法やセルフケアできるアイテムを調べました!

【スポンサードサーチ】




首のポツポツの正体は「首イボ」

気づいたら首の回りにポツポツができていたという経験、ありませんか?
ネックレスをしたり、デコルテの空いた服を着たり首元のおしゃれをしたいと思っても、首にポツポツがあっては台無しですよね。

実はこのポツポツ、ただの肌荒れではありません。
首にできるポツポツの正体は「首イボ」。老人性疣贅、脂漏性角化症などとも呼ばれます。
その名の通り、加齢により首の皮膚の角質が硬くなり、ポツポツと盛り上がってしまうことを言います。このポツポツは紫外線の影響で茶色くなってしまうこともあります。

人間の体にできるイボにはいくつか種類がありますが、首イボのほとんどは非ウイルス性のものです。

ウイルス性のイボは足の裏などにできることが多く、触るとウイルスが広がってしまうので家庭での治療はおすすめできません。医療機関での治療が基本となります。

一方、首のイボは肌表面の角質が変化してしまっただけのものなので、直接触れても問題ありません。また、放っておいても健康被害などはありません。
ですが、見た目上の問題もありますし、かゆみを持つこともあります。気づいたらできるだけはやく対策を行いましょう。
首イボは家庭でのケアで十分改善が期待できます

首のポツポツが出来る主な原因は?

遺伝、体質


遺伝的に良性のイボができやすい方がいます
イボができやすい方のほとんどは、身内にもイボがある方がいらっしゃるようです。色白の方や肌が柔らかい方にできやすいという話もあります。
また、遺伝と別の要因が合わさってイボができる可能性もあります。

そのため、ご家族にイボができやすい方がいらっしゃる場合、今現在イボがなくても注意しておいた方がいいかもしれませんね。加齢とともにイボは発生しやすくなるので、年配の血縁者にイボの有無を確認しておいてみてください。

摩擦


首の周辺は、服や髪の毛で摩擦が生じやすくなっています。イボは摩擦による刺激で発生してしまうことがあるので要注意です。
タートルネックやマフラーなどを身に着ける方は、チクチクしない肌に優しい素材のものを選びましょう。

衣服だけでなく、ネックレスやチョーカーなどのアクセサリーも刺激になります。できるだけ控えましょう。
また、髪の毛が首にあたってチクチクするという方は家ではまとめ髪にするといいですね。

紫外線


紫外線はお肌にとって百害あって一利なしの女性の天敵ですよね。首イボにとっても例外ではありません。

紫外線による刺激で肌がダメージを受け、DNAに変異が生じてしまいます。そしてその部分がイボになってしまうのです。
加齢によりDNAのエラーが生じやすくなってしまいます。首イボは老人性疣贅とも言われています。年齢とともに発生しやすくなるのは、紫外線ダメージの蓄積が関係しているようです。

顔の紫外線対策は万全でも、首はおろそかになっているという方は多いのではないでしょうか。顔と同じように首も念入りに日焼け止めを塗るようにしましょう。
また、入浴時に日焼け止めを落とすのを忘れないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

【首のポツポツの治し方①】首イボケアコスメを使ってみる

クリアポロン


クリアポロンはデコルテや首などのざらつきや不快感が気になる方用のオールインワンゲルで、全身に使うことができます。美容成分95.8%配合の高濃度美容ゲルです。

クリアポロンには、Wヨクイニン、あんずエキス、ダーマヴェールが配合されています。
Wヨクイニンは脂溶性ハトムギ油と水溶性ハトムギ種子エキスからできた成分で、イボを改善し、肌を滑らかにする効果があります。
あんず種子から抽出されるあんずエキスには、パルミトレイン酸が配合されており、こちらもなめらかな肌作りに役立ちます。
ダーマヴェールはセイヨウシロヤナギの樹皮から得られる成分で、肌に潤いを与え、乾燥を防ぎます。

そのほかにも美白成分のビタミンC誘導体や、プラセンタエキス、うるおい成分のコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどの美肌成分をふんだんに配合しています。

クリアポロンの口コミ

デコルテあたりのざらつきがどうしても気になっていろんな化粧品を塗りたくっていました。初めて効果を実感できたのがクリアポロンでした!オールインワンジェルなので、使いやすいです!

塗るとしっとりなめらかな質感になるので気に入っています。デコルテや首のトラブルは解決しましたが、今でもボディクリームとして使用しています。

年齢からか首にポツポツができやすくなっていました。タートルネックで隠すのが悪循環でした。これを使ってからはきれいさっぱり無くなって、デコルテのあいた服が着られるようになりました!

クリアポロンの筆者使用レポートはこちら♪

↓もっと詳しくクリアポロンについて知りたい人はこちらの記事も参考に。

艶つや習慣


艶つや習慣は、ザラザラケア成分をふんだんに配合したざらつき改善アイテムです。オールインワンゲルなのでこれ1本でOKです。
デコルテや首のザラザラを改善する成分として、あんずエキス・ハトムギエキスを配合しています。艶つや習慣のリニューアルに伴って、この2つのザラザラ改善成分が5倍に増量しています!
の新陳代謝を促し、保湿する効果のあるこの成分が高濃度配合されていることによって効果的にザラザラを改善することができます

さらに、美白・エイジング作用のあるプラセンタエキス、保湿効果のあるアロエベラ、保水効果のあるヒアルロン酸なども配合されており、トータルで肌を健やかな状態に戻します。
艶つや習慣は全体の98%が美容成分で構成されています。たっぷり大容量の120gなので、全身に惜しみなく使えるのも嬉しいですよね。

艶つや習慣の口コミ

あまり目立ちはしないけれど、手に触れると不快なザラザラ、顔用の化粧水を塗ったりしていましたがイマイチ効果はなく艶つや習慣を購入しました。やっぱり専用の商品はすごいです!ざらつきが無くなりました!

全身の角質ケアに使えて便利です!主人も髭剃り後の保湿用に使っています。主人の肌もきれいになっていて驚きました。

これ1本で全身のケアが済むのと、伸びが良くてたくさん入っていることからもう手放せません!お風呂上がりの習慣になっています。

艶つや習慣の筆者使用レポートはこちら♪

ぽろぽろとれる杏ジェル


ぽろぽろとれる杏子ジェルは、気になるポツポツを取る自然派ピーリングジェルです。
お風呂の後・スキンケア前にこのジェルを気になる部分につけ、指の腹でくるくるとマッサージします。そうするとジェルが古い角質を巻き込んで、ぽろぽろと落ちていきます。これを何日か繰り返すと、ザラザラや首のイボがとれやすくなります。

もちろん首のイボだけでなく、顔のくすみや毛穴、かかとのざらつきなど、全身の角質トラブルがある部分に使用できます。古くなった角質を取り除くことができるので、その後の化粧水の浸透もよくなります。みずみずしい素肌を取り戻すことのできるピーリングジェルです。

ぽろぽろとれる杏ジェルの口コミ

目の下にイボのようなポツとしたものがありました。レーザーをするほどではないと思ってあきらめていたのですが、主人が買ってくれたこちらの商品を使ってみました。何回か使っていると、イボがぽろっととれて無くなったのでびっくりしました。

胸元のザラザラが10日でなくなりました!もっと早く出会いたかったです!使った後はしっかりと保湿するのがポイントだと思います。

目の下のザラザラが気になって購入。1週間くらいでほとんどなくなりました!ついでにザラザラだった小鼻もつるつるになりました。

ぽろぽろとれる杏ジェルの筆者使用レポートはこちら♪

シルキースワン


シルキースワンはハトムギ・ヨクイニンエキスやあんずエキス、キハダ樹脂エキスなどのざらつきを解消する成分と保湿効果のある成分を中心に12種類の美容成分を配合したスキンケアジェルです。

角質ケアアイテムである「ぽろぽろクリアジェル」というピーリングジェルと併せて使用するとより効果が期待できます。ぽろぽろクリアジェルには、ハトムギオイル・あんずエキスのほか、4種の植物発酵液が配合されています。これで優しくマッサージを行えば、ぽろぽろと不要な角質がとれます。
その後にシルキースワンを使用すれば成分がしっかりと浸透し、より高い効果が得られます。2ステップの首イボ対策アイテムです。

シルキースワンの口コミ

首のザラザラが気になっていて、友人に相談したところ教えてもらったのがこちらでした。10日くらい毎日マッサージをしていたら無くなっていました。今も予防のため定期的に使っています。

首元のざらつきから解放されてデコルテのあいた服を楽しんでいます!ピーリングはおもしろいくらいぽろぽろとれて楽しいですし、保湿ジェルはしっとり潤うので2本セットで買ってよかったと思います。

週に1度のスペシャルケアとして、ぽろぽろジェルを、毎日のケアにシルキースワンを使っています。目の下のザラザラや鼻の頭に効果がありました!

アンミオイル


アンミオイルは、パルミトレイン酸を含む杏仁オイルを中心に美容効果の高いオイルをブレンドした角質対策用美容オイルです。
杏仁オイルはあんずの種の中の仁からとれるオイルで、とても希少で高価なものです。杏仁オイルは効果の高いオイルなので100%だと刺激が強く、かといって少なすぎると効果が感じられません。試行錯誤の末にたどり着いたのが70%という配合率です。この数字が杏仁オイルの黄金比率だったのです。

アンミオイルには杏仁オイルのほか、月見草油、ヨクイニンエキス、ヨモギオイルなどが配合されています。硬化してしまった角質を柔らかくし、うるおいを与える成分が中心になっています。酸化しにくい油なので、油やけの心配はありません。

アンミオイルの口コミ

朝晩、忘れずに毎日塗っていたら首のポツポツがなくなって、きれいになりました!潤ったからか首のシワも目立たなくなって「若く見える」と主人に言われました!

油なのに、さらりとしています。吸い付くようなしっとりとした触り心地が病みつきです!オイルなのに、朝も使えるのがいいですね。

杏仁でざらつきが治るとは思ってなかったので驚きました!3か月でつるつるになりました!香りは、杏仁豆腐みたいなまろやかな香りがします。

アンミオイルの筆者使用レポートはこちら♪

【首のポツポツの治し方②】ヨクイニン配合の市販薬を試してみる

ヨクイニンはイネ科の植物、ハトムギの皮を取り除いた種から取れる成分です。古くからイボや肌荒れに効果が認められ、漢方薬として使用されてきました。現在ではハトムギ配合の化粧品も多く販売されていますよね。

ヨクイニンには、たんぱく質やカルシウム、鉄、ビタミン類などの栄養素が豊富に含まれています。これらの豊富な栄養素によって、新陳代謝を活発にする・血流アップ・毒素排出・炎症を抑える・皮膚を柔らかくする・保湿などの効果が期待できます。
そのため、イボやニキビ・肌荒れ等を改善してくれるのです。

ヨクイニンは副作用も起きにくく、肌以外にも口内炎の予防や便秘などの健康効果も期待できる成分です。イボや肌荒れを内側から改善し、健康にも一役買う漢方薬です。

【第3類医薬品】クラシエ ヨクイニン


こちらのヨクイニンは、天然のヨクイニンのエキスを用いて作られた錠剤でクラシエから発売されています。
15歳以上の場合、1日3回、1回6錠、食前または食感に服用します。1日分18錠中、ヨクイニンエキスを1500mg含んでいます。ヨクイニン19.5gに相当します。

【第3類医薬品】ヨクイニン錠


こちらのヨクイニン錠は松浦薬業から発売されています。天然のヨクイニンを使用しています。
15歳以上の方が1日3回、1回4錠、食間もしくは空腹時に服用します。1日分12錠あたり、ヨクイニン末を3000mg含んでいます。また、15歳以下の服用は認められていません。

【第3類医薬品】ヨクイニンS「コタロー」


ヨクイニンS「コタロー」は小太郎漢方製薬から発売されているヨクイニン錠です。
15歳以上の場合、1日3回、1回5錠、食前もしくは食感に服用します。1日分15錠あたりヨクイニンエキスが2000mg含まれています。

【首のポツポツの治し方③】病院で専門医に相談


首イボを病院で治療したい場合は皮膚科、または美容皮膚科にいきましょう

首イボの治療の中でもポピュラーなのがハサミでの切除です。ピンセットやハサミといった医療用の器具を用いて、首イボを切り取る治療法です。直接切り取るというと少し怖いですが、イボは角質が角化したものなので、比較的痛みは少ないといわれています。切除後は、軟膏を塗ってバンソウコウを貼るだけ終わるので気軽に行える処理です。また、跡も残りにくいようです。
ハサミによる切除は保険適用です。3割負担の場合1,000円ほどなので、イボの数が少ない場合には気軽に受けられる治療ですね。

また、首にできる可能性は低いですが、ウイルス性のイボの場合は液体窒素を使った治療が行われます。約マイナス200度の液体窒素をピンセットでイボに押し付け、イボの細胞を表面から焼き殺します。たくさんのイボを一度に治療することができるというメリットがあります。表面の細胞しか殺せないので、肌の新陳代謝に伴い数回行う必要があり、治療には数か月かかることがあります。この治療は痛みを伴います。治療後、液体窒素を当てた部分はやけどのような状態になるので、数日は目立ちます。
液体窒素での治療は保険適用で、3割負担の場合1回2,000円ほどです。

普通の皮膚科では行っていないことが多いですが、美容皮膚科ではレーザーによる治療を受けることができます。ホクロ除去にも使われる炭酸ガスレーザーを使ってイボの細胞を殺します。こちらの治療はきれいに治り、再発もしにくいというメリットがあります。デメリットとしては、液体窒素と同様、何度か繰り返し治療を行わなければならないという点が挙げられます。
レーザーによる治療は保険が適用されません。保険外の治療なので病院によって価格は異なりますが、1回5,000円から10,000円ほどかかることが多いようです。価格や口コミをもとに慎重に病院選びをしましょう。

まとめ

不愉快な首や胸元のポツポツの正体は、加齢や摩擦が原因でできるイボで、角質が硬化したものだということが分かりましたね。
専用のアイテムで硬化してしまった角質のケアをすれば改善が期待できます。ですが、首付近は皮膚が薄くデリケートな部分です。肌に優しい成分でできたアイテムを選ぶようにしましょう。
それでも治らない場合は、医薬品のヨクイニン錠の服用や病院での治療をおすすめします!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事