顔に触れた時にポツリと手に当たるイボ、経験はありませんか?
顔のイボって気付かない間にできているし、ケアもしにくいし、皮膚科でまめに取るなんてお金もかかるし……だけどほうっておくと治りにくいだけじゃなくて、また復活しているなんてこともありますよね。
そんな厄介な顔イボの治療法を今回はまとめてみました。
もちろん病院でどう治療したらいいのか、自宅でケアはどうしたらいいのかに加えて顔イボの予防法まで。
そもそもどうして顔イボができてしまうのか?気になる疑問に今回はお答えしますよ!

【スポンサードサーチ】




顔イボが出来る原因は?

顔にイボができてしまう原因はいくつかありますが、大きく分けるとウィルス性の伝染病とそれ以外です。
それぞれを説明していきましょう。

ウィルスが原因のイボ


ウィルスが原因のイボの大半は「ヒトパピローマウイルス」というものに感染すると発症します。
これには伝染性があり、ウィルスを持っている人の皮膚から、その人が触れたものから感染が広がっていきます。
しかしそれに触れたから必ず発症することはなく、免疫力が低下していたり、まだ幼かったり、要因が重なることで発症することがほとんどです。
気をつけなければいけないのは免疫力が低下していては何度も感染する恐れがあり、治ってもまたすぐかかってしまうことがあることです。
なのでまずは治療とともに、免疫力を高めることが必要になります。

老化が原因のイボ


これは老人性疣贅とも言われて、老化現象によってもイボができます。
ほとんどは感染することもなく、できたとしても加齢で済ませてしまうこともほとんどですね。
ただこれは紫外線などの外部刺激によってできることもあり、若い内からこのイボが発生している人も見られるようです。

アクロコルドン

名前で紹介しましたが、このアクロコルドンというイボについてはまだ詳しいことが判明してはいません。 年齢が重なるほどに増えやすく、女性や肥満体の人に多く見られます。
また首周り、目元などの柔らかい場所に出来ることが多くあります。
これには老化だけでなく摩擦刺激、紫外線などの外的刺激が深く関わってきているのではと言われています。

これらが顔イボの主な原因です。
基本的にはできたら潰したりはせず、クリニックで見て貰う方が良いでしょう。
ウィルス性のイボの場合は広範囲に広がってしまう恐れがあるからです。
では病院で顔イボを治療するとどうなるのか?
主な治療方法と費用の目安、かかる時間を説明していきましょう。

顔イボの主な治療法と費用・期間について

レーザー除去


一番多いのがレーザーでイボを取り除く方法です。
イボのみを取り除くので痛みも出血も少ないというメリットがあります。
この方法ではイボ自体は手早く取り除けますが、暫く術後経過の確認のために病院に通うことが必要となります。
一般的には3ヶ月、イボが多かったりする場合は長くて半年ほどで終了します。

ただしレーザーでの治療方法は保険が適用されないことが多く、値段が高くなりやすいという特徴もあります。
クリニックによって、イボの大きさや種類にもよりますが3,000円ほどから20,000円以上もかかるなどかなり料金に差があることもあります。

液体窒素除去

マイナス196度の液体窒素によって人為的な低温やけどを起こして、イボを焼き取る方法です。
イボは皮膚の内部まで根を張っていることもあり、その場合は何度も行う必要があり、同時に強い痛みも感じることがあります。
なので簡単なイボなら3ヶ月、根が深ければ1年程度、場合によっては除去しきれずに再発する恐れもあります。
ただし料金は保険適用され、1,000円ほどになります。

内服薬での除去


「ヨクイニン」という成分が入っている内服薬で治療する方法、もしくは塗り薬でイボを除去していく方法もあります。
こちらはイボの種類によりますが、場合によっては一ヶ月くらいで免疫が付いて来はじめて快方に向かいます。
料金は1ヶ月で2,000円から6,000円といった所。
処方される薬によって少し値段に幅がありますね。

どれもイボ治療には時間とお金が掛かってしまうのが特徴
仕方ないこととは言え、小さなイボを取るのにレーザー治療はちょっと……という人のために。
自宅でも顔イボのケアができるアイテムをまとめてみました!
気になる口コミも一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

自宅で手軽に顔イボケアしたい人はこちらがおすすめ!

クリアポロン


先程も説明したヨクイニンをダブル配合してイボにアプローチ。
しかもダーマヴェールというセイヨウシロヤナギの樹皮から抽出されたエキスが肌荒れを予防、乾燥肌のケアや気になるくすみのケアも一緒にできます。
そして五種類の組み合わされたヒアルロン酸がお肌の水分保持をしてくれるので、特に乾燥肌で悩んでいる人にはうってつけでしょう。

デコルテだけじゃなく全身に使ってます。肌がザラザラしていた箇所が目に見えてすべすべになっています。

首周りのポツポツがいつの間にかなくなりました。塗るとしっとりします。

ジェルだけどベタつかずサラサラなので、使い勝手がいいです。ボツボツケアを始めます。

クリアポロンの使用レポートはこちら♪

艶つや習慣


配合されたあんずエキスが肌のターンオーバーを促進させ、綺麗な肌へと生まれ変わらせます。
またイボに効果的なハトムギエキスも配合してあるだけでなく、アンチエイジングケアに評判のプラセンタエキスまで贅沢に配合。
年齢を重ねたら段々とできてきたイボ……を治すのにぴったりな艶つや習慣。
アンチエイジングケアと一緒にイボケアもしてみませんか。

乾燥肌ですがピリピリした痛みも感じず、良く潤うようになりました。胸元のイボも小さくなってきています。

一ヶ月ほどしたらイボが小さく、柔らかくなってきました。もう少し使ってみます。

目元にあったイボが消えてきました。Uゾーンのザラつきも減ってきています。

艶つや習慣の使用レポートはこちら♪

ぽろぽろとれる杏ジェル


杏ジェルにはパルミトレイン酸という杏から抽出されたエキスが配合されています。
このエキスによってイボを柔らかくしていき、肌に負担をかけずにイボを除去。
また配合されている成分にはイボに効果的なハトムギエキスの他に、保水力のある水なすから抽出されて作られているエキスも配合されて、水分たっぷりの柔らかい肌を作ってくれます。

ほおにできていた大きいイボが小さく引き締まってきました。杏の香りも良くて好きです。

まぶたのケアに使っていたらザラザラがなくなった。ピーリング剤は痛みがあるけどこれは大丈夫。

三ヶ月ほど使いましたが大きなイボは目立たなくなってきました。ジェルも柔らかいテクスチャーなので使いやすく、良くなじみます。

ぽろぽろとれる杏ジェルの使用レポートはこちら♪

シルキースワン


シルキースワンのポイントは配合されたヨクイニンにあります。
このヨクイニンには美肌作用や美白作用もあり、肌の新陳代謝を高めてターンオーバーを正常にしてくれる効果があるのです。
これによってイボを修復してくれますが、他にもシミやソバカスなどの肌トラブル全般に効果的な効果が期待できるので、イボだけでなく肌トラブル全般に対処したい人におすすめです。

首元だけじゃなくて全身に使えるのでお尻にも塗ってみました。ザラザラしていたのが赤ちゃんの肌みたいにすべすべしてきました。

いぼ治療と違って病院まで行かなくていいのが嬉しい。時間はかかるが確実にイボケアできる。

塗ると肌自体もキレイに。イボケアジェルとは思えないくらい美容成分が入っているんだと思う。

シルキースワンの詳細はこちら♪

アンミオイル


アンミオイルは天然100%の杏オイルを使用した、天然成分100%の美容オイル。
特に加齢によるイボに効果的で、このイボが出る原因の一つにはパルミトレイン酸という脂肪酸が足りなくなってくるからとも言われています。
そしてこの脂肪酸をたくさん含んでいるのがアンミオイル、年齢とともに失われていくパルミトレイン酸を補うことでイボを根本から治していきます。
またパルミトレイン酸は保湿効果も高く、シミやシワを防ぐ効果もあるのですよ。

オイルということでベタつくのかなと思いましたが、そんなことはありません。サラッとはしていませんが浸透していき、滑りなどは感じないです。

首周りにあったイボが気付いたら薄くなっていました!香りも良いので首周りだけじゃなく顔に塗っても感じが良いです。

まだ一週間なのでイボに対する効果は分かりませんが、保湿効果がとても高いです。このまま続けて経過を見ていきます。

アンミオイルの使用レポートはこちら♪

これらのジェルやオイルを塗りながらケアをしていくことで、イボを小さくしていく、除去していくことも可能です。
特に年齢によるイボは除去してもまた出てきてしまうので、まずはイボができないようにケアをすることが大事になります。
そして何度か出てきましたが、ヨクイニンという成分。
これは医療機関を受診した場合にも処方される薬の成分に配合されていますが、実はハトムギから抽出された成分です。
よく使用されているようにイボにとても効果的な成分です。

ですがこのヨクイニン自体は、薬局で購入することができます。
ヨクイニンは医療機関を受診しないと手に入らないということはなく、市販薬として多くの薬局で販売されています。
なのでヨクイニンを買って服用するというのもイボケアの方法の一つです。

そしてイボケアをしていく時に、このヨクイニン服用薬とイボケアのジェルやクリームを使って肌の中から外から、両方ケアをするというのも効果的です。
そこでヨクイニン市販薬をいくつか紹介しましょう。

ヨクイニン市販薬と併用もおすすめ!

【第3類医薬品】クラシエ ヨクイニン


三歳児以上の幼児であればこちらの市販薬を服用することもできます。 ただ小粒タイプの錠剤ではありますが、喉に引っかからないように砕いたりするようにして上げると良いでしょう。
小粒なのでゼリータイプのオブラートを使用するのも良い方法ですね。

【第3類医薬品】ヨクイニン錠


こちらもヨクイニンを錠剤に使用されたもの。
ヨクイニンの含有量は多いのですが、そのために大人用となっています。
注意書きに15才未満には服用しないこと、となっています。
なので完全に大人用の服用薬だと思いましょう。

【第3類医薬品】ヨクイニンS「コタロー」


こちらは五歳児未満には服用不可のヨクイニンになります。
また五歳以上でもヨクイニンの服薬量が決められているので、保護者の方が良く読んで飲ませるようにして上げて下さいね。
それとこちらはやや子供には大きめのサイズの錠剤だと思われるので、飲みにくい時は砕いて上げた方が良いでしょう。
無理に飲んで喉に引っ掛けたりしないように注意してあげて下さい。

これらのヨクイニン市販薬は薬局でも購入できますが、注意点もあります。
まずは医師から治療を受けている人、薬を既に内服している人は要注意。
他の薬との飲み合わせによっては思わぬ事態を招くことがあるので、そもそも定期的に治療を受けている人はそちらの病院できちんと診察を受けて貰うことをオススメします。
それとヨクイニンは副作用は小さいとは言え、妊娠中の人は注意が必要。
この場合もまずはかかっている病院で相談をしてから服用するようにしましょう。

確かにヨクイニンは薬局でも販売されていて、手に入れることができます。
またヨクイニンを服用しながらジェルなどでケアをすることは、イボに効果的な方法とも言えるでしょう。
しかし病院に行くのが面倒だから、と安易な考えで服用すると、思わぬ事態になることもあります。
あくまで色々な状況を考えて、考慮した上でヨクイニン市販薬を服用しましょう。

ですがヨクイニン市販薬を服用しても、イボができるような環境のままではまたイボができてしまいます。
またそのような状態のままではいくらケアをしてもイボは良くならないし、気づけばまたできている、逆に増えてきていると言う状態になることもあるでしょう。
なのでイボができた場合はそのイボをケアしていくことも大事ですが、同時にそのイボがどうしてできたのか、そのイボを増やさないためにはどうしたらいいのかを考えることが大切です。
そこで最後に、顔イボを増やさないために気をつけるポイントをいくつかアドバイスしましょう。

顔イボを増やさないために気をつけることは?

まずイボでもウィルス性のイボ、これは予防方法というのはありません。
インフルエンザワクチンよりもイボのワクチンを作ることの方が難しいのか、イボに対する予防接種のようなワクチンは開発されていないのです。
なので絶対にイボを防ぐ……という方法はありませんが、ある程度の予防方法はあります。

顔イボの原因であるウィルスは、皮膚の状態が正常であるならほとんど感染することはありません。
皮膚が何らかの状態で弱っている、ダメージを受けている、免疫力が低下している場合に感染するのです。

なのでその正常な状態、肌の健康を保つことが大事です。
そのためにも免疫力が低下するような生活は避け、健康的な生活を送ることも大事です。

そして肌をキレイにするために清潔にしましょう。
手洗いは特に大事です。
なぜなら手で触れる箇所の多くにはそういったウィルスが付着している可能性があり、そこから他の体の皮膚に移るということも考えられるからです。

それと実は紫外線対策もウィルスに対して有効だと言われています。
紫外線は目には見えないけれど日焼けというやけどを皮膚に負わせるように、強い刺激力を持っています。
これが一番当たりやすいのが顔、服で覆われている他の皮膚よりも露出しやすい部位ですね。
そして紫外線によって刺激された肌は弱り、そこにウィルスが感染してイボができることがあります。 ですから日頃からのイボ対策として、紫外線対策も有効なのです。

そして万が一出来てしまった場合は、そのイボを周囲に移さないようにしましょう。
タオルの併用などは避けて、イボに触った手で周囲を触らないようにして下さいね。

老人性イボの場合は、やはり紫外線によるダメージが大きいです。

なので普段から、特に服から露出している部分には念入りに日焼け止めを塗って、バリア機能を失わないための保湿もしっかりと行って下さい。

それとちょっと気をつけにくいのですが、服の摩擦なども肌へのダメージ
うなじや脇などの柔らかい部分が服と擦れるとそれが刺激になってイボとなることもあるので、どうしてもイボができるような場所は刺激が行かないように工夫をしてみて下さいね。
保湿ケアをする時にマッサージする際にも擦り過ぎは逆効果になるので、優しく触れることを意識してやるようにしましょう。

まとめ

顔に出るイボ、目についてとても嫌ですよね。
しかしイボは出ないようにすることも、出てもケアすることも可能です。
まずはクリニックでの受診も考えて、イボケアをしていきましょう。
ザラザラぶつぶつのない顔を目指して頑張りましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事