友人でよく髪型が変わったりカラーを楽しんでいるなーという人がいたので、色々と話を聞いてみると、その子はどうやら自分でこの髪型を楽しもう!という理由で髪型が変わっている訳でなく、カットモデルをしているという事がわかりました。
カットモデルをしている人って髪型が変わる度に雰囲気も変わるから「こういう髪型もありなんだ!」という新しい発見もありそうですよね。
なんだかカットモデルに興味がわいてきました。

【スポンサードサーチ】




そもそもカットモデルとは?


カットモデルとは、美容師さんがスキルアップ目的で練習するためにお願いする事です。
一般的に多いのは新人の美容師さんとかアシスタントさんの練習として行うカットモデルです。

カットの練習は最初、ウィッグ(マネキンの首の部分のみのようなやつですね)を使ってカットしていきますが、実際のお客さんは髪型や髪質、髪の量に違いがあり、人それぞれです。
その人の髪に合わせてカットをしていったり、ショートヘアスタイルやボブなど「この髪型を練習したい」といった内容に沿って練習したり、スタイリストさんが練習したいスタイルに合わせてカットモデルをお願いする事もあります。
また、ベテランのスタイリストさんでも自分のスキルアップのためにカットモデルをお願いする事もあります。

カットモデルって誰でもなれるの?


「モデル」という言葉がつくのである程度容姿とか良くないとダメなの?と思ってしまうかもしれませんがそんなことはありません。
一般的にカットモデルはどんな人でもなる事が出来ます。
ただ、ある程度髪の状態や条件が揃ってないと難しい場合もあります。

カットモデルになりませんか?と声を掛けられる人に多い特徴としては、ある程度ストレートで髪が長い人が挙げられます。
そのため、女性が多いです。
練習の際にカットモデルにお願いする時も、10㎝ぐらいはカットできるぐらいの長さがあった方が良いと考えています。
なので、ある程度ロングヘアの人であればカットモデルになるチャンスはあります。
カットモデルを募集している美容室さんとかがあって条件などをうかがってみると「このぐらいの長さはあった方がいいかな」とか聞く事も出来ますね。

場合によってはショートカットの練習をしたいという理由でセミロングの人でもカットモデルをお願いされる事もありますので、必要な髪の長さは練習したい内容次第でもあります。

スポンサーリンク

カットモデルの料金の相場は?

カットモデルの場合に多いのが、無料でカットやカラーリングの練習台になってもらうという例です。
なのでタダでカットしてもらえるというメリットはあります。

また、新人の美容師さんが自分の顧客獲得をするために格安でカットしてもらえるというカットモデルのパターンもありますので、この場合は通常よりも割安でカットしてもらえるという例もあります。

例えばカラーリングもしたのでカラーリングの薬剤代金で2000円だけ払ったとか、通常料金の半額でカットしてもらうなど、その時の条件によってかかる金額も違ってみますので、あらかじめカットモデルのお話があった場合は事前に金額を確認しておくことをおすすめします。

カットモデルになる時に注意したいこと


カットモデルはお金が節約できる!という部分が大きなメリットですよね!
でもこの部分だけにひかれてカットモデルを引き受けるのはちょっと待ってください!
事前に注意しておきたい事がいくつかあります。

髪型は希望道理にならない事が


通常、美容室でカットしてもらう時には自分で要望の髪形などを伝えてお願いするのですが、カットモデルの場合、「美容師さんがカットをするための練習台」という状況を理解しておいた方が良いです。
そのため、美容師さんが練習したいヘアスタイルが優先の内容になる事が多いです。
とはいえ大まかな希望は聞いてもらえる事もありますので、カットモデルのお話が来た際はどのようなカット内容なのか、聞いてから判断するようにしてみましょう。
もちろん、聞いた上で断るというのは問題ありませんので遠慮はしなくて良いと思います。
もし、カットしたいけど、自分でこの髪型にしたい!という希望がある場合は、カットモデルでは条件的にも難しいので正規の金額を払って通常のカットをお願いしたほうが良いでしょう。

大抵は遅い時間です


カットモデルは美容師さんにとって練習台になります。
そして美容師さん、スタイリストさんにとっての練習時間はお店の営業終了後になるので、その時間にお店に行ってカットしてもらうという流れになります。
営業時間が18:00までの美容室の場合、受付終了時間がその時間となり最後のお客さんが終わった後に片付けもあるので19時や19時半以降からという場合もありますし、遅い時間で19時や21時までやっている美容室の場合、更に時間が後ろに押される事になるのでその後からという事になります。
そのため、日中が良いなど、自分の都合が良い時間帯にやってもらうというのはまず無理だと考えて下さい。

時間がかかる可能性があると考えておきましょう

カットモデルは慣れない新人さんがカットを行うので、通常、美容室でカットをしてもらうよりも確実に時間がかかります。
更にその場には大抵、指導役の店長や先輩美容師さんも一緒にいます。
カットをしながら「ここはこうした方がいい」といった指導を受けたりしますし、全体的にカットが終了した後にも仕上がりの評価をはじめ、チェックが入り、手直しも説明しながら入ったりします。
そのため結構時間がかかるんだなと実感される方が多いです。
カットモデルをする場合、営業時間後+時間がかかるという事も踏まえて自宅から近くのサロンを選んだり、念のために帰りの終電の時間を確認しておいた方が良いです。

カットモデルおすすめアプリ3選!!これを使えば間違いない

カットモデルになる機会って自分にはなかなか無いと思っている人が多いと思いますが、そんなことはありません。
美容師さんの目線で言えばカットモデルが足りないぐらい!実は結構募集していたりするのです。
そんなカットモデルの募集を見つけられるアプリを3種、ご紹介します。

minimo(ミニモ)


美容室でもうちょっとお得にカットとかできればいいのに・・・という人におすすめのアプリがminimoです。
mixiコミュニティからヒントを得て誕生したアプリなので、特別な情報が載ってます。
美容室、ネイルサロン、まつげサロンなどでお得な価格でサービスを受ける事が出来る情報が満載です。
美容師さんやネイリストさんが個人発信でカットモデル、ネイルモデルの募集を行っているので、プチプラでネイルを楽しめたり無料でイメチェンするチャンスもあります。
内容によってはカットやカラー、トリートメント、ネイル、まつエク、マツパなどがクーポンサイトよりもお得な価格で出来てしまいます。

とか言ってあまり募集とかないんじゃない?と思っている人でもご安心ください。
美容師さんやネイリストさんの登録者数が増えてきていて、今では2.7万人を超えています。 常にお得な情報、募集が見つかるし、近所のお店の募集も見つけやすいカットモデルアプリになります。
minimoを利用すれば予約も1分で完了する手軽さが人気です。

minimoの利用で美容師さんにとってもカットモデルや新規の顧客を増やす事も出来、髪を切りたい人にとっても良い美容室探しが出来たりお得にカットできるといったメリットがあるカットモデルアプリ。
利用者が増えていますので、インストールしておくと便利です。

minimo(ミニモ)を利用しているユーザーの口コミ

いつも美容室を予約する時にはミニモを使っています。
ミニモを利用するようになってから自分にとって信頼できるヘアスタイリストさんやネイリストさんを見つける事が出来たので満足しています。

カットモデルで何回か安くカットする事も出来たし、この前はお得な金額でカラーも出来たのですごくいいです。
ホットペッパーみたいなクーポンサイトよりも安くできます。

普段、あまり予算をかける事が出来ないのでミニモを利用してお得にカットとかカラーしてもらっています。
自分の希望する価格帯でも検索できるのがいいですね。

requpo(リクポ)


検索をしないで美容室の予約が出来るアプリです。
よくたくさんの美容室が登録されてはいるんだけど、その中から予約する美容室を探すのって大変だと思いませんか?
条件が合わなかったらまた検索しなおすのも疲れてしまいます。
requpoなら希望コース、金額、日時など、自分の要望を10秒ぐらいでリクエストするだけで美容師さんから提案が入ってきます!
つまり美容師さんがあなたの要望を見てアプローチしてくるので、要望に合った美容室を検索することなく探して予約できるのです!

2018年1月現在でリクエストが出せるエリアは東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、大阪府、福岡県となっていますのでこのエリアの方は是非、利用してみて下さい。
エリアは今後、拡大していく予定なので、対象エリア以外の人も要チェックです。

ちなみに今現在はヘアサロンのみの取り扱いですが、いずれはネイル予約やマツエク予約も出来るようになる予定ですのでますます便利に使えそうなアプリです。

requpo(リクポ)を利用しているユーザーの口コミ

カットとトリートメントだけしたいとリクエスト出したらすぐに美容師さんからのアプローチが来るので予約がすごく便利です。

アクセスが多いのかな?サイトがずっと開けなかったリアップデート出来ない時があります。
サロンの予約に関しては便利なので使っています。

リクエスト出してから美容師さんの連絡が来るまでが早いのでスムーズ。
ストレスなく予約することが出来ます。

Cutmo(カトモ)


これまでになかったカットモデルの募集のみのカットモデルアプリになります。
カットモデルでお得にカットする事が出来るので便利ですし、カラーやパーマも出来る場合があります。
メンズも利用できるのでカットモデルに興味がある人は利用してみると良いでしょう。
登録料や成約料は無料になります。
「募集掲示板から選ぶ」「ヘアスタイルから選ぶ」といった2方向から選ぶことが出来、美容師さんのヘアカタログもみる事が出来るから、選ぶ時の不安も比較的少なくなります。

利用方法は簡単

  • 募集掲示板から地域やヘアスタイルを検索します
  • 気になったカットモデルの募集内容を見つけます
  • 担当美容師さんに予約連絡をしてみて問題なければカットモデルになれます

この他、「カラーしたい気分」「イメチェンしたい気分」といった具合に今の気分というのを登録しておくと美容師さんからオファーが来ることもあります。
意外に美容師さんはサロンモデルを探している事もあります。
場合によってはCutmoがきっかけでサロンモデルとして雑誌に掲載されるチャンスもあるかもしれません♪

Cutmo(カトモ)を利用しているユーザーの口コミ

既読とかがわかるので便利ですね。
ちょっとサイトの状態が不安定なのでしょうか?うまく開けない時やアプリがうまく使えない時があります。

美容師側です。プロフィール欄に自分で書き込みできるがいいと思います。
連絡を取りたいと思ってもうまくやり取りできなかったりアプリケーションエラーになる事があります。

応募しているけど既読無視とかあるのがイヤだけど、ある程度マッチング率が高いので使っています。

実際にカットモデルをやってみた人の感想まとめ

これまでにカットモデルの経験がない人にとって気になるのは実際にやってみてどう思った?良かった?
と気になりますよね。
実際にカットモデルをやってみて良かった人の感想と後悔したという人の感想を見てみましょう。

やってみて良かった!という感想

練習台というイメージなのでとても心配だったのですが、最終的に店長さんやチーフ、先輩美容師さんからの手直しが入るので特に心配する必要はありませんでした。無料だしやってよかったと思います。
カット自体は遅いと思ったけど、その分慎重にやってくれているのがわかったし、その人のまじめさを感じました。頑張ってください!って応援したくなります。

ほとんどの人が「後で手直ししてくれるので問題なし」という意見でした。

ちょっと後悔したかも という感想

  • 指導の店長さんがピリピリしていて私まで泣きそうだったことがあります。
  • 大まかな長さは聞いていたんですが、かなりモード系な髪型になりました。
  • 上の人の指導の際に「この人の頭は〇〇だから~」という指導、必要かもしれないけどちょっとコンプレックスに感じていた事なのでいない時に言ってほしかった。
  • 時間がかかったので終電ギリギリになった事があります。
  • 途中まではいい感じに切り終わったのに、上司の方の手直しでかなり短く切られました。伸びるまで待たないといけないという経験がありました。

こういった経験をしてしまうと若干、次回の時に躊躇してしまいますよね。

念のため、カットモデルをする際には

  • 金額がかかるのか
  • どのような髪型になる予定か
  • これ以上は切りたくないというラインがあったら伝えておく
  • 予定時間について

この辺りを確認してから最終的に決めるようにしてみましょう。

アプリ以外でカットモデルはどんな方法で応募できる?

カットモデルアプリを利用する事でカットモデルになれる機会って結構増えてきますよね!
でも他にも意外にカットモデルになれる機会ってあるのでこの2つの方法を参考にしてみましょう。

街中のスカウトを利用する


急遽、カットモデルが必要になったり、自分のスキルアップのためにカットモデルを利用したい!という時に美容師さんは直接、街中でスカウトをする事があります。
渋谷など、人通りが多いエリアでスカウトする事が多いです。

でもこれ、美容師さんにとっては結構大変なのです。
いきなり知らない人に声をかけるわけですからかなり警戒されます。
1日中頑張って1人も獲得できなかったという人もいるぐらいです。
それにいきなり声を掛けられる側としても本当の話かどうか、心配ですよね。
実際にカットモデルの話だと思ったら後日、契約系の話だったという例もあるようなので注意が必要です。
でも、実際に街中のスカウトでカットモデルになっている人は多くいますので、カットモデルのスカウトがあった場合は必ず名刺をもらっておいて、後で美容室のサイトを確認、その美容師さんがちゃんと在籍しているかを確認してから検討してみると良いでしょう。

美容室からのお知らせを利用する

美容室を利用した際に「カットモデル募集」という張り紙をしているようであれば、直接問い合わせて詳細を聞くという方法があります。
他にも美容室のHPやTwitter、Instagram、Facebook上でカットモデルを募集している場合もありますので、気になる美容室があったらサイトからのチェックもしてみると良いですよ。

他には自分からの応募ではないけど知り合いから頼まれてカットモデルになるという方法もありますし、たまたま行った美容室で施術してもらっている時にカットモデルのお話をされるといったきっかけもあります。
いずれかの方法も利用してカットモデルに挑戦してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事