ほどよく筋肉のついたメリハリのある体、憧れますよね。

でも「トレーニングしてもあまり筋肉がつかない」と感じることありませんか?
実は、トレーニングをする際には、たんぱく質などの栄養素をしっかりと摂らないと筋肉は作られません。そして今、たんぱく質の中でもHMBという成分が筋肉づくりに効果的だと話題になっているのです!
そんな大注目のHMBサプリの中でもとくに人気のクイーンズスリムHMBの成分や口コミを調べました!

【スポンサードサーチ】




そもそもHMBサプリとは?

HMBとは正式名称をβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸といい、必須アミノ酸の1種であるロイシンを摂取することで体内で生成される成分です。
筋肉の増強には、このHMBが必要不可欠だということが明らかになっています。

アメリカなどサプリメント先進国では、昔から多くの人がHMBサプリメントを取り入れています。特に、ボディビルダーやアスリートはこのHMBを積極的に取り入れて体作りをしています。
最近では、若い女性の間でも糖質制限やたんぱく質中心の食生活、筋トレが流行していますよね。その流れで注目を集めているのがHMBサプリなのです。

2017年韓国で行われた美しい体を競う大会「WBC FITTNESS」で、ビキニクラス総合・MVP賞など5冠を獲得したゆんころこと小原優花さんも、トレーニングの際にはクイーンズスリムHMBを使用しているそうです。
ゆんころさんの引き締まったきれいな体や割れた腹筋はクイーンズスリムHMBが支えていたのですね。

HMBサプリはこんなに効果的!

筋肉を増大させるためには、筋肉トレーニングを行うだけでは不十分だということは広く知られています。
トレーニングを行うのとあわせて、筋肉を作るのに必要な栄養素を摂取する必要があるんですね。特に必要なのがたんぱく質。たんぱく質は、肉類、卵、魚、大豆製品、牛乳などに含まれています。

筋肉トレーニングする方であれば、プロテインを飲むことがありますよね。プロテインはたんぱく質を豊富に含んでいて、かつ、水に溶かすだけで簡単に飲むことができる優秀な健康食品です。

ですが、プロテインや食事でのたんぱく質の摂取はHMBの観点から見ると非効率だと言われています。食事やプロテインから摂取されたたんぱく質はアミノ酸に分解され、ロイシンに変わり、そしてそれがHMBに変わるという過程を経て筋肉の増大に寄与します。

この過程では、摂取したロイシンのおよそ5%しかHMBに変換されないことが分かっています。つまりHMB1gを生成するためには、20gものロイシンが必要となるわけです。これは食事から摂取するのはとても難しいですし、カロリーも気になります。そのため、HMBはサプリメントで取り入れるのがおすすめなんです。

クイーンズスリムHMBは、9粒でプロテイン10杯相当のHMBを摂取することができます。プロテインは結構カロリーも高いのであまりたくさん飲みたくないですよね。
ちなみに、クイーンズスリムは6粒でHMBの摂取目安量の1000mgが摂取できるので1日の摂取量は6粒です。

HMBの効果は?

筋肉が増強するメカニズムをご存知でしょうか?

筋肉トレーニングなどによって筋肉は伸びたり縮んだりします。これにより、筋肉を構成する筋繊維に損傷が起きます。この損傷を修復する際に、より強い不可に耐えられるようにと強い筋肉を作れと脳から指令が送られ、筋肉が肥大化します。
ですが、筋肉トレーニングの負荷のかけ方の塩梅が難しく、負荷が強すぎると傷の修復が追い付かず、効果が半減してしまうこともあります。また、激しい運動中には筋肉の分解が行われてしまうこともあります。

HMBは運動時に筋肉の分解を抑え、筋肉の量を増加させる働きがあります。
HMBを摂取しながら運動をすれば、いつもよりもハードな運動をしても筋肉の分解が少なく済み、かつ筋損傷を効果的に修復することができます。そのため、筋肉を効率よく増大することができるんですね。

さらに、HMBを摂取していると疲労を感じるまでの時間が通常よりも長くなることが分かっています。そのため、いつもより高い負荷をかけてトレーニングすることができるようになります。

3人の男性に毎日それぞれHMBを0g、1.5g、3.0g摂取したうえで、週3回筋肉トレーニングを行ってもらう臨床実験がありました。
すると、HMBを3.0g摂取した男性は、摂取していない男性と比べて、除脂肪量(体脂肪を除いた、主に筋肉量の数字)の増加量が3倍であったことが確認されました。

クイーンズスリムHMBの人気の秘密!配合成分と効果

BCAA

BCAA(Branched Chain Amino Acids)は、分岐鎖アミノ酸と呼ばれる成分です。
具体的には、必須アミノ酸のうち、バリン・ロイシン・イソロイシンの3つのことを指します。
必須アミノ酸は9種類ありますが、食事から摂取するたんぱく質のうち約50%はBCAAが占めています。人の筋たんぱく質の中の必須アミノ酸のうちBCAAの割合は35%です。この数字からも体作りに必要不可欠な栄養素だということが分かりますね。

筋肉中に多く含まれている成分だということは、トレーニング中に分解される量も多いということでもあります。せっかく運動しているのに筋肉が分解されてしまっては意味がないですよね。

トレーニング中に筋肉が分解されるのを防ぐために、運動直前にBCAAを摂取するのが有効であることが分かっています。BCAAを経口摂取することで、血中と筋肉中のBCAA濃度が上がり、筋肉からの分解が抑制できるのです。

さらに、BCAAの摂取することによって運動による疲労の軽減効果があることもわかっています。
脳が疲労を感じるのは、必須アミノ酸のトリプトファンからセロトニンが生成されることが原因だと言われています。つまり、血液を通してトリプトファンが脳内に輸送されるほどに疲労度は高まるということです。

トリプトファンは、中性アミノ酸輸送体という輸送体によって脳内関門というゲートを通過し、脳に到達します。実は、この中性アミノ酸輸送体はBCAAと一緒に使用します。
トリプトファンとBCAAが同じバスに乗り合わせて脳に向かうようなイメージをしてみましょう。
BCAAが少ないと、トリプトファンは多くバスに乗ることができ、脳内に多く取り込まれます。そのため疲労感が促進されてしまいます。
逆にBCAAを十分に摂取すれば、バスは混雑した状況になるので、トリプトファンは少ししか脳に輸送されません。そのため、疲労の程度が緩和されます。

このBCAAは、運動後よりも筋肉トレーニングを行う直前に摂取するのがよりよいとされています。また、トレーニング中に摂取するのも効果的なのだそうです。

コレウス・フォルスコリ

コレウス・フォルスコリは、少し前にサプリメントのCMをよく放送していたので聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

コレウス・フォルスコリはインドやネパールに自生するシソ科のハーブです。インドでは、心臓病予防・体質改善・滋養強壮などの効果があるとして、古くからアーユルヴェーダに用いられてきました。

コレウス・フォルスコリの脂肪燃焼効果に注目が集まったのは最近のことです。
コレウス・フォルスコリに含まれるフォルスコリンという成分は、体内で脂肪の分解に関わる酵素アデニリルシクラーゼの働きを促すことが分かっています。そのため、コレウス・フォルスコリを摂取すると脂肪の燃焼を促進すると考えられるのです。

また、このフォルスコリンという成分は、血流を改善し基礎代謝をアップさせる効果も認められています。
血流が良くなると老廃物が溜まりにくく痩せやすい体になることができます。根本的な体質改善になりますね。

さらに、糖の吸収を抑制するする作用もあります。
摂取しすぎた糖は脂肪細胞に貯蔵され、中性脂肪に変化してしまいます。糖の血中濃度を急激に上げないことがダイエットの鍵となるのですが、甘いものやごはんが好きな方にとっては糖質を制限するのはつらいですよね。そんなときには糖の吸収を抑えるアイテムと一緒に食事をするのがおすすめです。

コレウス・フォルスコリは、脂肪燃焼の促進、基礎代謝のアップ、糖質の吸収抑制という3つのアプローチでダイエットをサポートしてくれる成分だということですね。
ちなみにダイエット以外にも、緑内障や血栓症などの病気予防や血圧を下げる喘息の緩和などの健康効果も期待できる優秀な成分なんですよ♪

ドラゴンフルーツ


ドラゴンフルーツはメキシコから中南米の熱帯雨林を原産とするサンカクサボテン科のフルーツです。ピタヤとも呼ばれています。現在では東南アジアなどで広く栽培されています。日本でも沖縄や九州で栽培されています。果肉の色が白いもの、赤いもの、ピンクのものなどいくつか種類があります。日本で多く流通しているのは果肉が白い「ホワイトピタヤ」という種類のものです。
鮮やかなピンク色と独特な形が特徴で、果皮が竜の皮のようだということからドラゴンフルーツと名づけられました。

ドラゴンフルーツには、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどが豊富に含まれています。

ビタミンB群は代謝を助けるのに必要不可欠なビタミンなので、ダイエット中には積極的に摂取したい成分です。活動に必要なエネルギーの生成を助けるので疲労感の緩和にも効果的です。
ビタミンC、ビタミンEは抗酸化作用のある成分で、アンチエイジング効果や美肌効果が期待できます。

また、ドラゴンフルーツは食物繊維やカリウムを多く含むので、お通じの改善やむくみの解消などの効果も期待できます。

スーパーフードをふんだんに配合


クイーンズスリムHMBは上記以外にも、マキベリー、クコの実(ゴジベリー)、コケモモ、ザクロ、アサイー、カムカム、アマランサス、キヌア、胚芽押芽、大麦、モリンガ、ココア、ヘンプシード、マカ、ココナッツオイル、スピルリナ、ブロッコリースプラウトなどのスーパーフードをふんだんに配合しています。

ダイエット中に不足しがちなビタミンやミネラル、脂質、ポリフェノールなどの栄養素も一緒に補うことができるんです。

スポンサーリンク

クイーンズスリムHMBを実際に試した人の口コミ評判は?

昔からぽっちゃり体型で、彼氏もできなくてどうしたらいいのかと思っていたところクイーンズスリムHMBに出会いました。
軽い運動は必要だということで、会社までの電車を一駅分だけ徒歩に変えました。電車の中でも座らずにつま先立ちをして過ごすという程度でしたが運動はしました。
それでなんと3か月で10キロ近く痩せたので本当に驚いています!職場の人にも驚かれました。
夜寝る前に、クイーンズスリムを飲んでエクササイズ動画を見ながら軽く運動をしています。2か月くらいでくびれが出現!分かりやすく効果が出てきたので、続けられそうです。
写真に写った自分の姿に愕然としてダイエットを決意。口コミが良かったクイーンズスリムHMBを購入し、自宅で筋トレ+週に1度のジム通いをしました。1~2か月で効果が出てデニムのサイズが1サイズ落ちました。

クイーンズスリムHMBの口コミを調べた結果、運動を生活に取り入れた人は特に効果を実感しているように感じました。逆に、全く運動をしないのにサプリだけ飲んでいる方は効果が出にくいようです。
せっかくHMBサプリを取り入れるのなら少しずつでもいいので運動をしたいですね。

クイーンズスリムHMBはこんな人におすすめ!

クイーンズスリムHMBは、1日6粒で1000mgものHMBが手軽に摂取できるサプリメントです。

  1. 体脂肪を減らしたい方
  2. 筋肉のある体を手に入れたい方
  3. 効率よく運動の効果を得たい方
  4. プロテインのカロリーが気になる方
  5. 痩せやすい体質を手に入れたい方

などにおすすめです。

HMBサプリを使ったダイエットの特徴として、ある程度の運動は必要だという点が挙げられます。運動習慣が全くないという方は、HMBサプリダイエットを機に軽い運動を生活に取り入れてみるといいでしょう。

クイーンズスリムHMBの効果的な飲み方は?

HMBの摂取量の目安は1日あたり1000~3000mgとされています。それ以上取ってもあまり意味がないようです。ク
イーンズスリム6粒にHMBが1000mg配合されているので、1日6粒を目安に飲むようにしましょう。

クイーンズスリムHMBは健康食品なので飲む時間に指定はありませんが、トレーニングをする日の場合は、トレーニングの直前・直後に飲むのが効果的です。トレーニング前に3粒、トレーニング後に3粒という具合に分けて飲むという方が多いようです。

トレーニングをしない日には、出かける前など少しでも体を動かす際に摂取しましょう。トレーニングをしない日であってもクイーンズスリムHMBは必ず摂取するようにしましょうね。

クイーンズスリムHMBの安全性・副作用は大丈夫?


HMBは肉類や野菜などの食品に含まれるロイシンという必須アミノ酸から体内で作られる成分です。
そのため、基本的には重大な副作用が起こる可能性は低いと考えられます。

ですが、プロテインや肉・魚といったたんぱく質を多く含む食品の過剰摂取は肝臓や腎臓を酷使してしまいます。HMBも例外ではありません。
そのため、クイーンズスリムHMBは規定量を守って摂取する必要があります。1日当たりの規定量は6粒です。

クイーンズスリムHMBはドラッグストア・薬局で買える?


クイーンズスリムHMBは、ドラッグストアや薬局などの実店舗での取り扱いはないようです。インターネット等の通信販売で購入することができるので、そちらで購入しましょう。

クイーンズスリムHMBはどこで買うのが最安値?Amazon?楽天?

さて、通販でしか購入できないクイーンズスリムHMBですが、どこで買うのが一番おトクなのかを調べていると、衝撃的な一言が目に入りました。
それは・・・

販売終了Σ(´∀`;)

なんと残念ながら今月末、2月28日の配送分をもって販売終了なんだそうです。。。残念です。
公式サイトは既に受付を終了しているので、今現在購入可能なのはAmazonのみ。
コチラの在庫もいつなくなるか分からないので、気になる方は早めに購入した方がいいかもしれませんね。

とはいっても、HMBサプリは継続することが必要となるので、販売終了してしまうクイーンズスリムHMBより、今後も販売が続くHMBサプリを試した方が良いかもしれません。
以前、女性向けのHMBサプリについての記事をかいていますので、よかったらこちらも参考にしてみてください。


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事