妊活中・妊娠中の体に必要な栄養をご存知ですか?
葉酸だけでなく、その他ビタミン、鉄分、カルシウム、アミノ酸などバランスよく様々な栄養を摂る必要があります。
そんな栄養素を1日4粒でしっかりと摂れる妊活・ママ活サプリの「ママニック」をご紹介します。
安心の国産原料から作られた無添加サプリなので、赤ちゃんの体にもママの体にもとても優しいのです!

【スポンサードサーチ】




妊活サプリ『ママニック』とは?


ママニックは、妊娠前・妊娠中に必要な葉酸などのビタミン、ミネラル、アミノ酸を23種類、それに加えて乳酸菌や美容成分を合計40種類以上バランスよく配合した、妊活中・妊娠中の女性に絶対に飲んでもらいたいサプリメントです。

妊活中・妊娠中に必要な栄養素が過不足なく摂取できるため、赤ちゃんが育つ大切な時期に摂るサプリとして最適です。飲むタイミングはいつでもOKかつ小粒でニオイも少ないので、体がつらい妊娠中でも負担なく飲めそうですね。

ママニックは第三者機関による放射能試験、残留農薬試験をクリアした原材料を使用しています。さらに、着色料・香料・人工甘味料・保存料・膨張剤など不使用で無添加にもこだわっています。原材料の受け入れから製造・出荷まで品質が保たれるようにする「製造工程管理基準」を満たす、国内のGMP認定工場で製造されています。

楽天やAmazonの葉酸サプリランキングで1位を獲得、「妊活たまごクラブ」「赤ちゃんがほしい」「First pre-mo」「anan」などの雑誌にも掲載され、注目が集まっています。

葉酸が妊娠中に必要な理由は?

妊娠初期に必要な栄養素の代表格ともいえるのが葉酸ですよね。厚生労働省も「妊娠する1か月以上前から妊娠3か月までは、葉酸をしっかりと摂取するのが望ましい」としています。

葉酸は細胞分裂に関わる栄養素なので、特に妊娠初期の赤ちゃんの成長には必要不可欠です。
妊娠初期に葉酸を摂取することで、赤ちゃんの「神経管閉鎖障害」のリスクが低減できることが分かっています。神経管閉鎖障害とは脳や脊髄といった中枢神経のもととなる神経管の一部がうまく塞がらず、脳などが正常に発達しなくなるという疾患です。その結果、生まれてくる赤ちゃんには二分脊椎症や無脳症などの障害が生じます。二分脊椎症は神経管の下部がふさがらなかった場合に起きる症状で、生涯にわたって治療・リハビリを要することの多い重大な疾患です。無脳症は神経管の上部がふさがらない場合に起こる障害で、流産・死産につながります。

妊娠4~5週頃に神経管がつくられるため、この時期以前からしっかりと葉酸を摂取する必要があります。

葉酸はレバーやうなぎの肝、ブロッコリー、モロヘイヤ、ほうれん草などに含まれています。ですが、妊娠初期はつわり等によって食事を十分にとれないという方も多いですよね。

葉酸が不足すると、赤ちゃんの発達に影響があるだけでなく、お母さんの体も口内炎や食欲不振、下痢といった不調に悩まされることがあります。葉酸には造血などの働きもあるため、必要な血液を作ることができず貧血になってしまうことがあります。さらには、葉酸は精神を安定させる働きがある栄養素なので、不足することによって情緒不安定やイライラ、睡眠不足、鬱のような症状に見舞われることもあります。

妊娠時に葉酸が不足していると、お腹の中の赤ちゃんに優先的に葉酸がいきわたるため特にお母さんは不調を感じやすいのだとか。妊娠中のストレスや不眠などは赤ちゃんにも悪影響を与えてしまうので注意が必要です。

葉酸は神経管閉鎖障害の予防のためにも、妊娠前からの摂取が望ましい栄養度なんです。それだけではなく、出産後も母乳を作るため多くの血液が必要となるので摂取し続けるのがよいそうです。

葉酸は、お腹の赤ちゃんのためにもママのためにも、とても大切な栄養素なんですね。

ママニックの配合成分の特徴について

モノグルタミン型葉酸

葉酸は妊娠中のお母さんの体のためにも、赤ちゃんの成長のためにも大切な栄養素です。

葉酸の摂取の目安となる推奨量は、非妊娠時で240μg、妊娠時はその2倍の480μg、授乳期には340μgとなっています。
また、妊娠1か月前から妊娠3か月までの期間は特に葉酸が必要となる期間です。通常の食事からの摂取に加えて、1日400μgほどはサプリメントで摂取し、合計640μg摂取することが推奨されています。
これらの数値は、厚生労働省が5年おきに発表している「日本人の食事摂取基準(2015年版)」を基準にしています。

葉酸は水溶性ビタミンで熱にも弱いため、調理の過程で壊れてしまうことが多いとされています。また、妊娠初期はつわりによって思うように食べることもできない方が多いので、葉酸サプリは特に重要になってきます。

葉酸にはポリグルタミン酸型葉酸と、モノグルタミン酸型葉酸の2種類があります。
ポリグルタミン酸型葉酸は食品中に含まれる天然の葉酸です。
一方、モノグルタミン酸型葉酸は化学的に合成して作られる葉酸です。

その違いは吸収率にあります。
ポリグルタミン酸型葉酸の体内への吸収率はモノグルタミン酸型葉酸の半分程度です。同じ400μgをサプリから摂取しても、ポリグルタミン酸の場合は200μgしか吸収されないということですね。
そのため、厚生労働省もモノグルタミン酸型葉酸を使用したサプリメントを推奨しています。

ママニックは、モノグルタミン酸型葉酸が400μg配合された理想的な葉酸サプリです。

鉄分15mg


鉄は造血を行うのに必要な栄養素で、妊娠中、最も必要になるミネラルともいわれています。赤ちゃんの成長や、臍帯・胎盤への鉄貯蔵などに使われます。また、妊娠中は循環する血液の量が増加するため、赤血球が増えます。妊娠初期から後期~授乳期にかけて常に意識的に摂取する必要があります。

非妊娠時の鉄の摂取推奨量は、18~29歳女性で6.0g、30~49歳女性で6.5gです。
妊娠中の女性の鉄の推奨量は、この数値に加えて下記の量を摂取する必要があります。

  • 妊娠初期の場合、1日当たり+2.5mg
  • 妊娠中期・後期の場合、1日当たり+15mg
  • 授乳中の場合、1日当たり+2.5mg

また、非妊娠時の鉄の耐用上限量(摂取しても良い上限の量)は1日40mg。妊娠時もこの数値を参考に摂取量の上限を決めるとよいとされています。

ママニックには鉄が15mg配合されています。これは、妊娠中期・後期の付加摂取量と同量で、かつ通常の食事と併せても耐用上限量を越えない数値だと言えますね!

カルシウム250mg

カルシウムは体重の1~2%を占める多量ミネラルです。もともと日本人女性は、カルシウムが不足している傾向にあるようです。

厚生労働省の日本人の食事摂取基準では、18~29歳の女性のカルシウムの摂取推奨量は660mg、30~49歳女性の場合は662mgとなっています。

一方、実際に摂取しているカルシウムの量の平均は、以下の通り。

  • 20代女性で449mg
  • 30代女性で437mg
  • 40代女性で456mg

これを見ると、どの世代でもカルシウムが不足しいることが分かりますね。

厚生労働省の基準では、妊娠中の摂取推奨量は非妊娠時と同じとなっていますが、妊娠中、カルシウムは赤ちゃんの骨や歯を作るのに必要になります。そのため、日常の生活で不足している方はその分を補う必要があります。

ママニックにはカルシウムが250mg配合されているので、不足分をきっちりと補うことができますね。

妊活に必要なビタミン配合

葉酸以外にもビタミンC、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、ビオチン、パントテン酸などのビタミンを配合しています。サプリによる過剰症が心配されるビタミンAは配合されていません。

妊娠中は、1日当たりビタミンB1を+0.2mg、B2を+0.3mg、B6を+0.2mg、B12を+0.4μg、ビタミンCを+10mg、多く摂取することが推奨されています。なかでもビタミンCの摂取は新生児の壊血病を予防する効果があるとされています。ビタミンB1、B2は代謝に大きく関わるビタミンです。妊娠によってカロリーの摂取が増えることが考えられるためこれらのビタミンも必要となります。

ビオチン、パントテン酸に関しては厚生労働省の食事摂取基準において推奨量は設定されていないものの、目安量が設定されています。

ママニックには、妊活・妊娠中に必要なビタミンがしっかりとバランスよく配合されています。

バランスの取れたミネラル配合!

ママニックにはカルシウムや鉄以外にも、銅、亜鉛、カリウム、マグネシウム、モリブテン、ナトリウム、マンガン、リン、クロムといったミネラルが配合されています。

妊娠時には、1日当たり亜鉛+2mg、銅+0.1gの付加摂取が推奨されています。また、カリウム、マンガン、リン、クロムなどには目安量が設定されています。

ミネラルは体を作ったり機能させたりするのに必要不可欠な栄養素です。妊娠中は摂取カロリー、消費エネルギーともに増えるのでそれに応じてミネラルをしっかりと摂取しましょう。

アミノ酸配合

ママニックには、ロイシン・イソロイシン・バリンの3種類のアミノ酸が配合されています。

アミノ酸は、肉や魚、豆類、乳製品、卵などのたんぱく質を摂取することで得られる栄養素です。
妊娠時は、赤ちゃんの体を作るためにも特にたんぱく質が必要となります。妊娠中期には1日当たり+10g、後期には+20g摂取する必要があります。赤ちゃんがぐんぐんと大きくなる妊娠後期にはとくに大切な栄養素です。

また、たんぱく質は筋肉を作るのに必要な栄養素なので、不足すると筋力が落ち、出産後の体力の減少につながります。スタミナをつけるためにもたんぱく質やアミノ酸はしっかりと摂取しましょう。

安心の8種類の国産野菜!

ママニックには、根菜を中心とした国産野菜のエキスが配合されています。

  • 九州・広島産の大麦若葉・ケール
  • 宮崎・鹿児島産のさつまいも
  • 九州産のホウレン草
  • 北海道産のカボチャ・人参
  • 島根産の桑の葉
  • 新潟・青森・静岡産の大葉

妊活・妊娠中に限らず野菜不足は健康によくありませんよね。安心の国内産原料からできたママニックなら気軽に野菜の栄養を摂ることができます。

8種類の美容成分配合

ママニックは、美容や健康に役立つ8種類の成分を配合しています。具体的には以下の通りです。

  • 有胞子性乳酸菌
  • ツバメの巣
  • 黒酢もろみ
  • 発酵黒タマネギ
  • ザクロ果実
  • ライチ種子
  • イチゴ種子
  • ヒアルロン酸

妊娠中は赤ちゃんに栄養が行くので、お母さんの体が栄養不足になってしまい肌が荒れやすくなります。そのため、外側からでなく内側からしっかりと栄養や美容成分を補ってあげる必要があるのです。
妊娠中から子供が生まれてからの時期は特に写真を撮る機会が多いのできれいでいたいですよね。そんなママの気持ちにも配慮されているサプリなんです。

スポンサーリンク

ママニックを実際に試した人の口コミ評判は?

妊娠が分かってすぐに主人とサプリを探し始めました。ママニックは放射線や農薬の検査が行われているということで安心して飲むことができました。初めての妊娠で不安だったのですが、電話でもいろいろと教えていただいて心強かったです。

妊活中から妊娠中の現在までママニックを飲んでいます。これだけで栄養や美容成分が摂取できるので、とても助かっています。妊娠初期にはつわりがひどくて何も食べられなかったのですが、ママニックは粒が小さく臭いもあまりしないので問題なく飲めました。

妊娠初期には葉酸が必要だと知っていたのですが、ドラッグストアなどで売られている普通の葉酸サプリよりもたくさん栄養が入っているママニックの方がいいと先輩ママに勧められて購入しました。おかげさまで、無事に生まれすくすく育っています。

ママニックの口コミでは、小粒でにおいが少ないので、つわり中でも栄養不足にならずに済んだという声が多く聞こえました。妊娠中は葉酸だけ摂っていればいいというわけではないので、いろんな栄養素が配合されているのはありがたいですよね。
妊娠前の妊活中の段階からママニックを摂っている方も多くいらっしゃいました。

ママニックはこんな人におすすめ!

ママニックは、葉酸をはじめとしたビタミンやミネラル、さらには美容成分まで妊活中・妊娠中・授乳期間中に必要な栄養素がバランスよく過不足なく配合されたサプリメントです。

  • 妊娠を考えている方
  • 妊娠しやすい体作りがしたい方
  • 頑張っているけどなかなか妊娠につながらない方
  • 妊娠中の方
  • 授乳中の方
  • つわりで十分な栄養が摂れない方
  • 安全性の高い原料や製法で作られたサプリを摂りたい方
  • ビタミンなどの過剰摂取が気になる方

などにおすすめです。また、小粒でにおいが少ないサプリなので、つわりがひどい方でも比較的飲みやすいと思います。

ママニックの販売店?ドラッグストア・薬局で買える?

ママニックは、残念ながらドラッグストアや薬局などの実店舗では販売されていません。公式サイトやAmazonなどでの通信販売限定となっています。

販売ルートを絞ることで高品質の商品を手軽な価格で販売することができているのですね。

ママニックはどこで買うのが最安値?Amazon?楽天?

ママニックの販売店であるAmazon・楽天・公式サイトでの価格を調べてみました。ママニック1袋1か月分(124粒)は通常価格5,400円(税込み)です。

Amazonでは通常価格と同じ1袋5,400円(税・送料込み)で販売されていました。
楽天のショップでは1袋5,400円(税・送料別)で販売されていました。
送料の分、Amazonの方が少しお得ですね。
また、楽天のショップでは定期コースがあり、定期購入の場合は1袋4,200円(税・送料込み)で購入できます。送料も無料で本体価格が20%安くなるので少しお得です。

公式サイトでは、お得なセット販売や定期コースが用意されています。
1番人気の定期コースでは1袋が30%オフの3,500円(税抜き・送料込み)で購入できます。なんと2回目以降もこの価格です!コースの最低継続回数は6か月です。

また、3袋セットは20%オフの12,000円(税抜き・送料込み)、6袋セットは25%オフの2,250円(税抜き・送料込み)で購入できます。
定期コース、まとめ買いコースどちらにしてもAmazonや楽天よりもお得な印象ですね。

さらに、公式サイトからの購入の場合、15日間の全額返金保証サービスを受けられます。妊娠中の体はデリケートなので、万が一体に合わなかった場合も安心ですね。

ママニックなどの葉酸入りのサプリは、妊娠前から(おそくとも妊娠初期から)授乳中まで飲む必要があります。買い忘れがあるとその間、赤ちゃんに栄養が行き届かないということがあります。買い忘れの心配がなく値段もお得な公式の定期コースで購入するのがおすすめですよ♪

まとめ

ママニック

妊娠を考えている方、妊活中の方はできるだけ早い時期から積極的に葉酸入りのサプリを飲み始めましょう。
小粒でにおいが少ないママニックはつわりがひどくても飲みやすいのでおすすめです。
赤ちゃんが育つ大切な時期に口にするものなので、原料や工場の安全性が高い商品を選んでくださいね。公式の定期コースを利用すれば買い忘れの心配がないので安心ですよ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事